スポンサーリンク

下井草秀 2019年・新宿三井ビル会社対抗のど自慢決勝直前レポート

下井草秀 2019年・新宿三井ビル会社対抗のど自慢決勝直前レポート アフター6ジャンクション
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ライターの下井草秀さんがTBSラジオ『アフター6ジャンクション』に電話出演。宇多丸さんに新宿三井ビルディング会社対抗のど自慢決勝戦の見どころをレポートしていました。

(山本匠晃)ここからは熱狂の現場からお送りするカルチャー最新レポートです。

(宇多丸)本日はどなたとお電話がつながっているんでしょうか? もしもーし? こんばんは。

(下井草秀)もしもし、こんばんは。アフター6ジャンクションの季節労働者こと、ライター、エディターの下井草秀でございます。

(宇多丸)「季節労働者」。やはりこの季節、時期、この期間になるとお呼びするという下井草さん。一昨日、大変お世話になりました。

(下井草秀)楽しいでいただけたようで。

(宇多丸)ねえ。最高でしたよ! 今日は一昨日の続きということで。

宇多丸と下井草秀 2019年新宿三井ビル会社対抗のど自慢予選・現地レポート
ライターの下井草秀さんがTBSラジオ『アフター6ジャンクション』に電話出演。現地入りしている宇多丸さんとともに新宿三井ビルディング会社対抗のど自慢予選初日の会場から、現場の様子をレポートしていました。

(下井草秀)はい。今日は決勝ですね。説明いたしますとこの大会、3日間行われまして。8月21日、22日が予選。23日の本日が決勝ということになります。

(宇多丸)新宿三井ビルに入居している会社対抗ののど自慢の決勝大会ということですね。

(下井草秀)はい。新宿三井ビルディング会社対抗のど自慢大会。予選大会には計45組が出場しまして計20組が決勝に進出するという。で、その決勝が本日になります。

(宇多丸)今日はちなみに天気、大丈夫そうですか?

(下井草秀)天気ね、ここ3日間割と心配されたんですが、晴れました。これ、今日のゲストがダイヤモンド・ユカイさんなんですけども。ダイヤモンド・ユカイさんが楽屋入りした瞬間に晴れたっていうことのようです。晴れ男ですね。

(宇多丸)すごいですね。はいはい。ということでまず僕は1日目の最初の方しか見れなかったんですけども。その後、注目のパフォーマンスとかありましたか?

(下井草秀)ありましたね。今年はなんといっても曲がかぶったというのがトピックでして。

(宇多丸)僕が見ただけでも『A Whole New World』。アラジンのやつとあと、嶋大輔さんの『男の勲章』。これは『今日から俺は!!』で使われているからということで。それで人気曲が重なっていたということですね。

(下井草秀)で、整理をしますと嶋大輔『男の勲章』を歌った会社は三井ホーム、三井不動産レジデンシャルリース、三井不動産リアルティ、三井デザインテック……三井グループばっかりなんですよ。

(宇多丸)ええっ? 三井グループは『男の勲章』推し?

スポンサーリンク

三井グループは『男の勲章』推し

(下井草秀)どういう流行りなのかはわからないんですけども。で、結局三井不動産リアルティという会社が決勝に進出していまして。もうすでに決勝で歌いました。

(宇多丸)いかがでした?

(下井草秀)もう最高でしたね。後ろのダンサーにセーラー服を着た女の子が4人いるんですけども。そのうちの後ろの左側の女の子が極端にかわいくて。最高でした。

(宇多丸)そういう見方もね……好みの話じゃないですか!

(下井草秀)いやいや、同僚がセーラー服を着て踊っていたら、それは興奮するでしょう?

(宇多丸)まあたしかになー。そういう普段見れない顔が見れるのはいいですよね。

(下井草秀)そしてアラジンのテーマ曲『A Whole New World』は5社でしたね。アフラック、ジャパンネット銀行、カルビー、損保ジャパン日本興亜サービス、そして三井不動産リアルティ。この五社ですね。

スポンサーリンク

『A Whole New World』で五社エントリー

(山本匠晃)この情報、どう受け止めればいいんだろう?(笑)。

(宇多丸)なんかさ、でも外資会社が多いとか、そんな感じも感じなくもないけどね。

(下井草秀)でも結局ね、決勝に進出したのはカルビーでした。カルビーはね、この三井ビルのど自慢に出たいばかりに去年、ここに事業部ごと引っ越してきたらしいです。

(宇多丸)ああ、わざわざテナントに入ってきた!? カルビー、なに考えている?(笑)。すごいな!

スポンサーリンク

わざわざ新宿三井ビルに引っ越してきた強豪・カルビー

(下井草秀)カルビーは強豪ですよ。決勝進出20組中の2組、カルビーは進出しています。

(宇多丸)これはすごい。気合が入っていてすごいんだ。

(下井草秀)ちなみにその『A Whole New World』はダメだったんですけども。決勝進出したのはMr.Children『Tomorrow never knows』。そして美空ひばりの『川の流れのように』。これ、特に『川の流れのように』っていうのは「かっぱの川流れ」っていう言葉……これ、「かっぱえびせん」から「かっぱの川流れ」っていう風に……。

(宇多丸)ああ、それを引っ掛けている? 考えすぎじゃないですか、それは?

(下井草秀)俺は勝手に考えているんですけども(笑)。

(宇多丸)で、いよいよこれ、いま大詰め、決勝。雰囲気、会場の様子というのは?

(下井草秀)熱狂です。大変です。こんな雨で人が来ないかと思ったらもうね、満杯ですよ。フルハウス!

(宇多丸)やっぱり紙吹雪もバンバン飛んで?

(下井草秀)バンバン飛んでいます。今日は雨降らないで大丈夫だと思いますんで。

(宇多丸)紙、水を吸っちゃうとなかなか重そうで大変でしたからね。いやー、すいません。観戦中というか、まだまだ続いている中でお電話をいただいて。でも僕、本当に今年はじめて、まだ触りだけでしたけども……本当に多幸感あふれる人間讃歌というか。

(下井草秀)いまさら言いますけども、なんで来ないんですか?

(宇多丸)仕事だよ、仕事!(笑)。でも本当、「『のど自慢』の最新版として井筒さん、三井ビルのど自慢で映画を撮ってよ!」って思いました。

(下井草秀)ああ、そうですよね。昔、撮っていましたもんね。

(宇多丸)一作目は大傑作だったんですけどね。

(下井草秀)はい。二作目は……っていう。

(宇多丸)二作目はちょっとイマイチでしたけども。はい、余計なことはいいんだ(笑)。ということで、素晴らしいイベントでした。

(山本匠晃)下井草さん、最後にもう一言、宇多丸さんを誘ってもらっていいですか?

(下井草秀)はい。宇多丸さん、新宿三井ビル会社対抗のど自慢の決勝、見に来ないなんてもったいないですよ!

(宇多丸)えっ、今日は何時までやっているんですか?

(下井草秀)8時までだと思いますね。

(宇多丸)ダメだー!(笑)。だからTBSが新宿三井ビルに入ればいいんじゃん?

(下井草秀)そうですよ。入居してください!

スポンサーリンク

TBSが新宿三井ビルに入居するべき

(宇多丸)あ、(RHYMESTER所属事務所の)スタープレイヤーズでもいいか。

(下井草秀)9時までだったかもしれないといま、思いましたが……まあ、それでも来れないと思いますけども。

(宇多丸)そうですね。とにかく下井草さん、現場でもお世話になりましたし、毎年毎年レポートありがとうございます。素晴らしいイベントをご紹介いただいて。来年もまた季節労働、お願いします。

(下井草秀)来年は日比麻音子さんと一緒にいらしてください。

(宇多丸)そうですね。じゃあ、スタジオは誰がやるんだ?(笑)。下井草さん、ありがとうございました!

(下井草秀)はい。ありがとうございました!

(山本匠晃)以上、カルチャー最新レポートでした!

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました