スポンサーリンク

安住紳一郎 乾杯の音頭「KP」を語る

安住紳一郎 乾杯の音頭「KP」を語る 安住紳一郎の日曜天国
スポンサーリンク
スポンサーリンク

安住紳一郎さんがTBSラジオ『日曜天国』の中で乾杯の音頭の言葉「KP」について話していました。

乾杯 (24bit リマスタリングシリーズ)

(安住紳一郎)さて、今日のメッセージテーマはこちらです。ジェネレーションギャップです。ジェネレーションギャップ(世代間格差)。だいたい歳が7歳違うとジェネレーションギャップが生まれると言ったりしますけれど。なんとなく話す相手と年齢差を確認して7つ差があるとちょっと話がずれるぞということを前提に話し始めるといいって言ったりしますけれども。

(中澤有美子)そうなんですねー。

(安住紳一郎)ジェネレーションギャップ。市川市の47歳男性の方。ありがとうございます。「ある日の職場の飲み会での話です。みなさん、これからも頑張っていきましょう。お疲れ様でした。KP!」と入社3年目の若手女子が声も高らかに音頭を取りました。僕を始め、その場のおじさん世代は「なになに? KP? KPってなに?」とざわついていると若手が「ああ、『乾杯』のことですよ」と一言。「あ、ああ……そうなの? 最近はそう言うの? じゃあ、長渕剛の『KP(乾杯)』って知ってる?」とどうでもいいことを言うしかありませんでした」。

(中澤有美子)フフフ(笑)。

(安住紳一郎)そうなの? 乾杯事情はこの間も話に出ましたけども。この間はね、「ブルートゥース!」って言って乾杯する世代が出始めたっていう。

(中澤有美子)遠くの人ともつながるっていうね。

(安住紳一郎)うん。いまは「KP」って言うんですって。

(中澤有美子)マジで!?

(安住紳一郎)そうなんだ……知らないこと、あるな! 「乾杯」で「KP」か。へー! そうなんだね。なんだろう? 略語的なことで盛り上がるんだろうね。「じゃあそろそろOH(お開き)でーす!」みたいなことですか?

スポンサーリンク

いろいろな飲み会略語(候補)

(中澤有美子)アハハハハハハッ! いいですね(笑)。

(安住紳一郎)いいですよね。「ここでNJ(中締め)の挨拶を……」って。

(中澤有美子)フハハハハハハッ! かっこいい!(笑)。

(安住紳一郎)かっこいいですよね? 「課長、NJの挨拶をお願いします」みたいな。「じゃあ、幹事としてはこちらでOHとさせていただきます」みたいな。

(中澤有美子)フハハハハハハッ! めちゃかっこいい!(笑)。

(安住紳一郎)かっこいいですよね? へー。「代金は部長のOGです」。

(中澤有美子)「おごり」?(笑)。

(安住紳一郎)「本日はWK(割り勘)でお願いします」「WKになっております」。

(中澤有美子)フフフ、「KH(会費)、集めます」(笑)。

(安住紳一郎)うーん、いいっすねえ。

(中澤有美子)いいですね。

(安住紳一郎)ちょっと今度、やってみるかな?

(中澤有美子)どうですかね?(笑)。

(安住紳一郎)引かれる恐れ、あるね。

(中澤有美子)あるね(笑)。

(安住紳一郎)「そろそろOHでーす!」「KPの挨拶、お願いします!」。いいかもしれない。

(中澤有美子)はい(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました