スポンサーリンク

小袋成彬 ロンドンドリームを語る

小袋成彬 ロンドンドリームを語る MUSIC HUB
スポンサーリンク
スポンサーリンク

小袋成彬さんがJ-WAVE『MUSIC HUB』の中で「ロンドンドリーム」について話していました。

How I Bought 3 London Properties for a Football Ticket

(小袋成彬)ええと、まだこっちに来て1週間経ってないんですけど、毎日新しいことが刺激的ですごく楽しいですね。俺、アメリカンドリームって聞いたことあるけど、イギリスドリームって聞いたことないなと思って。そう言っていたら友達が教えてくれて。僕にはあんまり関係ない話ですが、「不動産を持つといい」っていう結構身も蓋もない話をされて(笑)。たしかに、借りるより買った方が安いっていうのは嘘じゃなくて本当で。めちゃくちゃ上がり続けてんですよ、こっちは。

スポンサーリンク

ロンドンドリームは不動産

で、えげつないなって思ったのは、すごい立地のいい物件を持ってるとテナントが入るじゃないですか。で、店舗の土地代。レンタルフィーにプラス、営業利益の何%かを取っていくらしいんですよ。売上だったかな? ごめんなさい。売上だったか、ちょっと忘れちゃったけど。とにかくその売上だか利益だか、その店の営業活動に対するロイヤリティーを持っていくっていう結構えげつないビジネスをやっていて。それは笑っちゃいましたね、うん。

まあ、僕はちょっとそこまで来たあんまり興味がなくなっちゃうんですけど。でも「ロンドンドリーム」っていうものがあるっていうだけで、ちょっと嬉しくなりますね。いま、Airbnbで見つけたホストの家に泊まってるんですけど。彼、すごいいい人で。大きい、マンチェスター・シティのスターリングみたいな感じなんですけど。

ラフ・トレードで働いていて。なんかね、すごいずっと悲しそうなんですよね。で、なんかアイコンとかを見ると、カップルのアイコンだから。でも俺、一部屋住まわせてもらってるんですよ。もしかすると失恋直後なのじゃないかとか、ちょっと勘ぐってしまうんですけどね。すごいいい人です。1曲目、行きます。Balming Tigerで『Armadillo』。

スポンサーリンク

Balming Tiger『Armadillo』

お聞きいただいたのはBalming Tigerで『Armadillo』という曲でした。アルマジロです。Balming Tigerは韓国のコレクティブでラッパー、クリエイター、映像クリエイター、トラックメイカー、いろいろいる韓国のグループです。実はですね、その中のこの曲の中でメインでラップしているOmega Sapienくんっていう人がいて。緑色の髪でめちゃくちゃイケてるんですけど。

彼ね、日本にちょうどいたんすよ。で、俺は出国前に会って。「なんでそんなに英語喋れるの?」とか、なんか「これからどうしていきたいの?」とかっていう話をして。「88rising、どう思う?」とか。まだハタチとかなんですけどね。めちゃくちゃかっこいいんで、なんかすごく気が合う気がします。まだそんなに深く仲良くなれてないですけど。

そしたら、なんか2人で飯食ってたら、目の前に上白石萌歌ちゃんがちょこんと座って。
「あっ!」って思って。偶然な出会いでしたね(笑)。だから絶対会うはずのないOmega Sapienと萌歌ちゃんが会うっていうのを傍から見てて、「本当に人生って面白いな」って思ってたんですけど。

まあそんな……そう。僕、ストリート運が結構強いんですよ。うん。なんか、ありがたいですよね。本当に。あんまり、なんか実力以上に自分のストリート運がありすぎて。「生かされている」っていう感覚の方が最近強くなってますね。まあ、とういことでBalming Tiger、韓国のかっこいいグループなので是非チェックしてみてください。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました