スポンサーリンク

吉田豪と竹中夏海 藤井隆を語る

吉田豪と竹中夏海 宇多丸を語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

振付師の竹中夏海さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』にゲスト出演。吉田豪さんと藤井隆さんについて話していました。

(吉田豪)(コメントを読む)「竹中先生の今後、振り付けしてみたいアイドルは?」。

(竹中夏海)振り付けしてみたいアイドル……アイドルって私、意外と最近はミュージックビデオとか広告とかが増えてきて。

(吉田豪)藤井隆さんにああいうのとかね。

(竹中夏海)そう。だからジャンルで「アイドル」っていうよりはアイドル性の高い人のそのアイドル性をもっと振り付けによって引き出すみたいなオファーはすごい嬉しいので。

(吉田豪)なるほど。生き物としてのアイドルみたいな?

(竹中夏海)そうですね。そうそう。という意味で言うと、あれか。いま私がいちばんアイドル性を感じているのはデーブ・スペクターちゃんです(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハッ! そっちかー!

(竹中夏海)デーブちゃんに振り付けしたい(笑)。

(吉田豪)日村さんだなんだってアイドル性の高い男とかをいっぱい見てきた人がデーブに行った。

(竹中夏海)デーブにたどり着いた。「最後はみんなデーブにたどり着く」。

(吉田豪)藤井隆さんも結構異常な人ですよね。

(竹中夏海)フフフ、藤井さん、面白い! ここでは話すような話でもないけど。打ち上げの時とかもめっちゃ面白くて。

(吉田豪)僕も一切放送では言えないですけど、この前東野幸治さんに聞いた話が最高で。あとで話します(笑)。

(竹中夏海)あとで(笑)。

(吉田豪)東野さんが「絶対にこれ、使えないと思うけど……」って言っていた僕も知らない、藤井隆さんが真面目すぎて明らかに頭がおかしいことになる問題っていう(笑)。

(竹中夏海)真面目すぎるんだよね。藤井さんはね。本当に……超できまくった人ですよね。人としてね。私の……ここで話すほどの話ではないけど、すごく面白い話はタイトルは「人形浄瑠璃」っていうタイトルです(笑)。

(吉田豪)なんだろう?

(竹中夏海)あとでお話しますね(笑)。

(吉田豪)今度ね、鈴木京香さんのCDを出すっていうことで。

(竹中夏海)そうですね。『dress-ing』。

(吉田豪)あれも本気すぎて。ずーっと僕に「相談がある」って言っていて。「お渡し会をやるのに、彼女ほどの人がやってくれるのに満員にならなかったら僕は申し訳ないから。豪さん……どうすればいいですか?」みたいなことをずーっと、ずーっと聞かれ続けて(笑)。

(竹中夏海)へー!

(吉田豪)真面目なんですよね。そのことがずーっと気になっていて、最近ちょっと手術をしたらしいんですけど藤井さん、麻酔から覚めた瞬間に「あっ、あの件! どうなった、あの件!? 鈴木京香さんの……」みたいな。そのことしか考えられないぐらいの。

(竹中夏海)あれ、見ました? 藤井さんがただひたすら3分か4分? もっとかな? なんか鈴木京香さんのお渡し会の説明動画。

(吉田豪)それも責任感なんですよ。「俺がこれをなんとかしなきゃいけない」っていうことで。「ちゃんと伝えなきゃ!」っていう。

(竹中夏海)ああ、合点がいった。オチがあるとかでもなく、ただただ「不思議かもしれませんが、お金を払ってまずはCDではなく、引換券を受け取ってください」みたいな。で、そういうのに行ったことがある人なら全然言われなくてもわかるよっていうことをめちゃくちゃ丁寧に、ただ藤井さんがずっと説明をするっていう動画があるんですよ。

スポンサーリンク

「鈴木京香さんCDお渡し会」ご参加方法について

(吉田豪)責任感なんですよ。

(竹中夏海)責任感なんだ。すごいなー。面白!

(吉田豪)真面目すぎてズレている感じが素晴らしい!っていう。

(竹中夏海)素晴らしいですよね。

(吉田豪)そんな藤井さんにもぜひ、どうしてもその件もあるからっていうことで。なにかで告知したいっていうことで。「じゃあギリで『猫舌SHOWROOM』に出ますか?」っていうオファーをしているんで。

(竹中夏海)ああ、なるほど。

(吉田豪)ぜひとも。アイドル性の高い男も出ます!っていうことで。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました