スポンサーリンク

宇多丸 三浦大知・天皇陛下ご在位30年式典『歌声の響』記念演奏決定を語る

宇多丸 三浦大知・天皇陛下ご在位30年式典『歌声の響』記念演奏決定を語る アフター6ジャンクション
スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇多丸さんがTBSラジオ『アフター6ジャンクション』の中で三浦大知さんが天皇陛下のご在位30年式典で天皇陛下作詞、皇后陛下作曲の楽曲『歌声の響』を記念演奏することについて話していました。

(宇多丸)あとですね、なんと言っても今日は……これ、ネットのニュースなんかでは「これ、絶対にガセでしょ?」なんて一瞬思ったニュースが飛び込んできて。これね、本チャンの話に行く前に昨日、ずっと星野源くんの話をしていたのかな。とにかくアルバム『POP VIRUS』が素晴らしいと。星野源くんの話をしていて、まあでも彼もいま、とにかくスーパースターじゃないですか。数年前と比べてもそのスーパースター度が半端ないぐらいになっているじゃないですか。で、星野くんとかも近しいところにいる人がなるんだけど、僕の場合もう周りの人がすごい高いところまで出世するみたいなのが僕、結構な頻度であるから。

(宇内梨沙)運気をだから宇多丸さんが持っているんですよ。

(宇多丸)周りに上昇気流を作る力はあると言わざるを得ないっていう。

(宇内梨沙)神様だよー!

(宇多丸)「神様だよー!」って(笑)。……拝むなよ(笑)。

(宇内梨沙)フフフ(笑)。

(宇多丸)まあ、とにかく誰かが出世をしていきなり知り合いがテレビに出ていたり、いきなり知り合いがものすごいヒットを飛ばしたり、スターになってもあんまり驚かなく鳴っちゃったよっていう話をしていたんだけど……今度ばかりは想定を完全に超えておりました。どういうことかと言いますと、2月24日、東京の国立劇場で行われる天皇在位30年記念の式典でいまの、平成の天皇陛下が作詞、そして皇后陛下が作曲をしたという……しかも、天皇陛下がはじめて沖縄を訪問された時の思いをお読みになった歌に皇后陛下が曲を添えられたという『歌声の響』という。それをなんとあの三浦大知くんが国立劇場で歌うという。

(宇内梨沙)すごーい!

(宇多丸)だからその、出世のラインっていう……だから天皇陛下にお会いするとかみたいなことで言うと、園遊会に出ましたとか、まああとはわかんない。かなりすごいけど、紫綬褒章を受けましたとか。まあ長くなにか芸術活動をしていれば、僕らの周りでも出てこないとは限らないけど……この、やっぱり平成最後のタイミングで。

(宇内梨沙)これは相当……だってもう唯一じゃないですか。

(宇多丸)しかも、作詞:天皇陛下、作曲:皇后陛下っていうこんな曲を歌うって……これ、だから俺の中では一応日本国内的なラインで言うと上限に来たな!っていう感じじゃないですか。

(宇内梨沙)本当に天井ですね。これ以上はないぐらいの上昇気流。

(宇多丸)しかも、やっぱり「はじめての沖縄訪問の際に……」っていうことで、もちろん沖縄出身の三浦大知くんをフィーチャーしてっていうことで。さすが、今上天皇のとってもそういう沖縄だとかアジア諸国とかを回られている時のいろんなコメントとかも本当に素晴らしくて……この言い方はあんまり天皇陛下に対してするのはよくないかもしれないけれども、まあリベラルで本当に素晴らしい意識のお言葉に毎回、感動をするんだけども。だからそこで三浦大知くんをフィーチャーするっていうのはとってもいいなって思います。そして大知くん、おめでとうっていうのもあるし。それもあるし……迷惑がかけられないっていう。

(宇内梨沙)フフフ、これからは?(笑)。

(宇多丸)大知くんにここから先、迷惑はかけられないっていうのがあるから。

(宇内梨沙)ちょっと距離ができちゃいますか?(笑)。

(宇多丸)ええ。まあ会いませんよ、そんなの。

(宇内梨沙)フハハハハハハハッ!

(宇多丸)会わない、会わない。ほとぼりが冷めるまでは会えないよ、そんな。

(宇内梨沙)フフフ、嫉妬みたい(笑)。

(宇多丸)嫉妬じゃない。こういう地べたのゴキブリ……だって、いまだに人の靴の裏を舐め、それをおかずにご飯をバクバク食べているわけですから。

(宇内梨沙)フハハハハハハハッ!

(宇多丸)あ、ヤバい! 大知くん、そういえば去年、大知くんがこの天皇陛下ご在位30周年の前にした仕事といえば、あれですね。単行本『低み』のコメント……ですよね。これはマズいぞ!

(古川耕)絶版!

(宇多丸)絶版、絶版! もうダメ、ダメ、ダメ!(笑)。

スポンサーリンク

『低み』(推薦コメント:三浦大知)

ライムスター宇多丸も唸った人生を変える最強の「自己低発」 低み
イースト・プレス (2018-09-16)
売り上げランキング: 49,408

(宇内梨沙)いや、でも仕事の幅が広くて素晴らしいじゃないですか。

(宇多丸)ねえ。だから人柄で低いところから……まさに『低み』からって。本当だよね!

(宇内梨沙)もう全てを網羅して(笑)。

(宇多丸)しかも、その全てに……低いからって「おい、コラァ!」って橋本吉史プロデューサーばりに「低いんじゃ、ボケェ!」って、こういうことは大知くんしないですからね。常にいい人だからさ。でも、本当にすごいことですし。もちろん成功をお祈りしておりますし、同時に絶対に絶対に足は引っ張らないように。2月24日まではね、家にこもってゲームをやって……ゲームもマズいか? マズいか? もう、息を止めて……(笑)。

(宇内梨沙)フハハハハハハハッ! 息すら? じゃあ、私も息を止めよう(笑)。

(宇多丸)息をひそめて暮らそうかなって思っている次第です。本当に大知くん、おめでとうございますというか、非常に楽しみでございます。これ、でも様子は中継とかは? なんかしらあるだろうね。さすがに。どういうアレンジになるのか?ってことですよね。作詞:天皇陛下、作曲:皇后陛下っていう。だからアレンジにやっぱりね、Nao’ymtくんとかね、そういう……でも、やっぱりそういう相方を呼んできたりするんじゃない? 大知くんって踊ったり振り付けとか、どういうこと? どういう曲?

(宇内梨沙)踊りもあるんですかね?

(宇多丸)わかりません。

(宇内梨沙)独唱なのか……。

(宇多丸)どうしよう? 呼ばれて「宇多丸さん、フィーチャリング、後ろでウロウロとブレイクで……」って(笑)。

(宇内梨沙)フフフ、「息もしない」って言っていたのに(笑)。

(宇多丸)いや、出ない! 出ない! もう大知くんの通知の電話、出ない。着信拒否(笑)。

(宇内梨沙)フハハハハハハハッ!

(宇多丸)いや、本当にね、とにかく成功をお祈りしておりますということです。

<書き起こしおわり>
https://miyearnzzlabo.com/archives/55557

タイトルとURLをコピーしました