スポンサーリンク

下井草秀 2018年・三井ビルのど自慢大会決勝戦の見どころを語る

下井草秀 2018年・三井ビルのど自慢大会決勝戦の見どころを語る TOKYO FM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ライターの下井草秀さんがTOKYO FM『クロノス・フライデー』で2018年、新宿三井ビルディング会社対抗のど自慢大会決勝戦の見どころについて紹介していました。

(速水健朗)速水健朗がお送りしている『クロノス・フライデー』。今朝は新宿の知る人ぞ知る名物イベント、新宿三井ビルディング会社対抗のど自慢大会。こちらを取り上げます。新宿の超高層ビル街の一角、三井ビルの1階広場で3日間に渡り開催されているのど自慢大会。それを取材するライターの下井草秀さんと電話がつながっています。下井草さん?

(下井草秀)おはようございます。下井草秀です。よろしくお願いします。

(速水健朗)まず、こののど自慢大会。これ、毎年やっているんですけど、年々話題になっていますよね。

(下井草秀)はい、そうですね。僕も6年間ぐらい通いつめているんですけども。

(速水健朗)そんな人、いないですよね(笑)。

(下井草秀)一切、別に主催者でもなんでもないんですけども。勝手に盛り上げております。

(速水健朗)これ、店子対抗の歌合戦なんですよね?

(下井草秀)そうですね。基本、資格としては三井ビルディングに入居しているテナント企業の従業員のみが参加できるという。各社の名誉をかけたパフォーマンスを繰り広げます。

(速水健朗)一流企業ばかりなわけですよね?

(下井草秀)そうですね。「三井〇〇」みたいな三井の子会社と、それ以外にもやっぱり家賃が高いでしょうから、きちんとしたって言ったら失礼ですけども。名の知れた会社がたくさん入っていますね。

(速水健朗)昨日、一昨日と予選大会があったわけですよね。

(下井草秀)はい。もう予選って……これ、なにがすごいって3日間に渡って行われるんですが、予選には連日50組弱の出場者が登場して。その後に各日10組、10組の計20組が今日、24日の決勝に進出します。

(速水健朗)予選、どうでしたか?

(下井草秀)予選は本当に素晴らしかったですよ。だってね、いままでの予選のことを話すとOLがKARAの扮装でヒップダンスしたり。

いつも通っているスターバックスの店員が乃木坂46とかAKB48をミニスカートで歌い踊ったり。

あとは郵便局のカウンターの女の子がももクロの衣装で熱演したりする。そういうのが予選で落ちちゃったりするんで。やっぱり予選から見ないと本当はダメなんですよ。

(速水健朗)普通はそういうの、決勝に行きそうじゃないですか。厳しいんだ。

(下井草秀)割とストイックなんですよね。たとえば、一度3位以内に入ると、その後5年間は出られないっていうルールがあって。殿堂入りしてしまう。それでフレッシュさを保っていたりするんですよね。

(速水健朗)どういう……おじさんたちの本気度を見るのか、そういう女の子たち、むしろ会社の若手のコミュニケーションなのか、これはどっちですか?

(下井草秀)どっちもですね。昔は本当にその年の2ヶ月後に定年を迎える鹿島建設の次長の方が『お嫁サンバ』をタキシードみたいな格好で歌って。で、黄色いタオルを社員の方々が我々に配り始めて。そこに「ありがとう、〇〇次長」って書いてあって。僕、1回も会ったことのないその次長が定年退職を迎えることに対して涙を流しながら「お嫁、お嫁、お嫁サンバ~♪」と叫んだこともありますからね。

(速水健朗)フフフ(笑)。

(下井草秀)さらに、若い女の子も素晴らしいんですよ。今年の一押しは三井不動産リフォームのキャンディーズですね。顔もスタイルもほとんどアイドル顔負けのOL三人組が赤いドレスに身を包んで『ハートのエースが出てこない』を歌うんですよ。これは本当に素晴らしいんで、絶対に見に来てほしいですね。

スポンサーリンク

三井不動産リフォームのキャンディーズ

(速水健朗)これ、決勝では予選とはみなさん、例年違うネタをやるんですか?

(下井草秀)違うネタをやりますね。予選は1コーラスなんですよね。なんで、決勝でフルコーラスになるので明らかにそこから小芝居を始めたり、新しい展開をやるであろうことが予選からもうかがえるんですよ。だから予選で落ちてそれができなかった人たちがいるんだろうなと思うと、ちょっと寂しいんですけど。

(速水健朗)しきらずに終わった人たちもいるんですね。けど、キャンディーズはこれはまだ仕掛けがあるぞっていう?

(下井草秀)まあ、何かなくても満足なぐらいにかわいいんですけども。はい。

(速水健朗)ちなみにこれ、決勝戦には下井草さん、行かれると思うんですけど。普通の人も見に行っていいものなんですか?

(下井草秀)これはね、基本的には入居企業の親睦イベントではあるんですが、完全に開放された広場。55階建てのビルの1階の広場でやっているので。

(速水健朗)じゃあ通りがかりの人はぜひ……っていうことですかね?

(下井草秀)そうですね。まあ、あくまでも親睦イベントということで、お邪魔にならない程度の気持ちで参加していただければと思います。

(速水健朗)はい。下井草さん、どうもありがとうございました。

(下井草秀)ありがとうございました。

<書き起こしおわり>
https://miyearnzzlabo.com/archives/52107

タイトルとURLをコピーしました