吉田豪 AKB48 横山由依・NGT48 中井りかを語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

吉田豪さんがTBSラジオ『アフター6ジャンクション』にゲスト出演。AKB48 横山由依さん、NGT48 中井りかさんにインタビューした際の模様についてトーク。お二人の共通点などについて話していました。

(宇多丸)とか、いろんな蓄積でね。始まってますね、吉田さん!

(吉田豪)だから最近、雑誌界隈でもなぜかAKB関係の方のインタビューの仕事とかも増えてきて……。

(宇多丸)それでの、これなんだ。

(吉田豪)向こうのゴーサインが出ているのかわからないですけど。本当に僕、AKB関係の方って縁がすごい薄かったんですけど。

(宇多丸)ここに来て。しかもこのFLASHでの横山由依さんのインタビューとか、完全に吉田さん、ツーショットじゃないですか。だって、もう。

(吉田豪)謎のね。路上で。

(宇多丸)完全にもうイーブンですよ。しかも「ラストアイドル炎上騒動が話題・吉田豪」(笑)。

(吉田豪)ダハハハハハハッ! 「肩書、それ? プロインタビュアーとかじゃないんだ!」っていう(笑)。

(熊崎風斗)あ、本当だ。「炎上で話題」っていう肩書なんですね(笑)。

(吉田豪)ひどい(笑)。

(宇多丸)まあでもこれね、がっぷりインタビューをされてっていう。

(吉田豪)横山由依さんは僕、正直そんなに知識も面識もなく。真面目な人ってことだけ聞いていたんで絶対に話が合わないだろうって思っていたんですよ。でも想像以上に意気投合できて。総選挙特集号で「総選挙の話さえ聞いてくれれば……」みたいな感じだったんで、僕がいまAKBとかに対して思っている不満とかいろんなことをぶつけてみたら、全てが「そうなんです」っていう感じで。

(熊崎風斗)総監督みずからが。

(宇多丸)いま、横山さんは結構ベテランというか、先輩の立場だからやっぱり思うことがあるということですかね?

(吉田豪)そうなですよ。いろんな板挟みになっている状態っていう。

(宇多丸)むしろ中間管理職的な。

(吉田豪)結局AKBって総選挙が立候補制になったじゃないですか。昔はそれこそ強制参加だからこそ生まれる大変さもあったし。だからこそ世間に伝わるなにかもあった。一時期はそれこそ宇多丸さんとかね、映画を見て大騒ぎしていたじゃないですか。「最高だけど、法律で禁止すべき!」とか。

(宇多丸)そうそう。「最高だ、最低だ! 最高だ、最低だ!」っていうね、アンビバレントな気持ちを。残酷ショーだったね。

(吉田豪)そうそう。そうなんですよ。残酷さがどんどん薄れていって。「それこそ、恋愛スキャンダルが起きたら大変なことになるとか、そういうような要素がどんどんなくなった結果、たぶん届かなくなった部分もあると思うんですよ」って言ったら「わかります」みたいな感じで。全てを肯定されちゃって、こっちもびっくりして。

(宇多丸)ある意味、ご本人たち的には負荷をかけられてひどい目にあってね。

(吉田豪)違うんですよ。「むしろ私はもっとどんどんどんどん翻弄されたいっていう気持ちがあって……でも、若い子たち。やっぱり世代の違いなのか時代の違いなのか、いまはなかなかそれが伝わらなくて」みたいな。

(宇多丸)横山さん、いくつですか?(笑)。

(吉田豪)本当に中間管理職の苦労なんですよ。

(宇多丸)横山さん、1992年生まれということで。まあ、大人っちゃあ大人ですけどね。だからある意味、ちょっと俯瞰した立場で盛り上げるならそういうのも必要なんだよねっておっしゃるような立場。

(吉田豪)だから「『ラストアイドル』とかを見て、私たちは総選挙のたびにああいうような思いをしているけど、彼女たちは毎週そういう思いをしている。それが届くのがあるのはわかる」っていう。

(宇多丸)たしかに『ラストアイドル』はすごい話題になるし。中でもいちばん炎上した吉田さんが話題になるし(笑)。

(吉田豪)そう(笑)。

(宇多丸)ここで組まされているのが同じ苦労をしてきた者同士の、イーブンなのは理由があるわけですね。

(吉田豪)僕も最近よく言っている「48のメンバーの気持ちがわかるようになった」っていうね。「大人に翻弄される気持ちって、これか!」っていう(笑)。

(宇多丸)この記事、本当にすごいですよ。全部写真、吉田さんとイーブンですね、これ。

スポンサーリンク

吉田豪と横山由依がイーブンの写真

(吉田豪)だってなにが異常って、この読者プレゼント。僕と横山さんのツーショットチェキですからね(笑)。

(宇多丸)アハハハハッ! あーあ、始まっている……ほらほら、本当だ!

(吉田豪)ツーチェキにサインを入れているんですよ。

(宇多丸)これはもうだって、すごい。何をか言わんやですね、これはね。うん。

(吉田豪)異常事態。

(宇多丸)まあ、それで横山さんをやって。あと、もうお一方。

(吉田豪)そうですね。NGTの中井りかさんという方。宇多丸さん、どうですかね? あんまり知識がない?

(宇多丸)僕はあまりわかっていない。

(吉田豪)いま、秋元さんがいちばん推していると言われている新潟のものすごい毒舌な口の悪い人ですね。なんですよ。SHOWROOMとかでこの人も名前を上げている人で。

(宇多丸)BUBKAでも「アンチヒーロー」ってなっていますね。

SHOWROOMで名前を上げた中井りか

(吉田豪)そうですね。BUBKAでやったインタビューが相当な内容で評判になったんですけど、実はこれ、1/4ぐらいカットされていてこれですからね。

(宇多丸)ほう。じゃあもっと尖った発言を?

(吉田豪)シャレになんない話を本当に……僕、これだけアイドルのインタビューをしてきた僕が度肝を抜かれるような話を平気でしていましたよ。いろいろと。

(宇多丸)へー!

(吉田豪)ストッパーがないんですよ。「私は全部載せてほしい」って言っていて(笑)。

(宇多丸)そういう人、SHOWROOMとか動画配信を生とかでやったら危なくないの?

(吉田豪)ところが、それがハマッたんですよ。SHOWROOMでアンチをいじったりとか、そういうのが面白いっていうことで名前を上げた人なんですけど。そもそも僕、Twitterの過去ログで中井りかさんのこと、どんなことをつぶやいていたのか調べたら、すっかり忘れていたんですけどこの人が最初に話題になったのってSHOWROOMで自宅で配信していたら、自宅をオタに特定されて、家の外から「ジャージャー、ジャージャー」オタが言って……っていう事件で話題になった人なんですよ。

(宇多丸)ああーっ! 怖いわ……。

(吉田豪)そんな怖い目にあった媒体で名前を上げていった人なんですよ。

(宇多丸)なるほど、なるほど。やっぱり転んでもというか。「たくましい」っていう言い方で済ませていいかどうかわからないけど。へー!

(吉田豪)ただ、本当に余計なことしか言わない人で。「本当にSHOWROOMのおかげで私は助かった。前田社長、石原さとみであんな風になってますけど」って。「なんでそういうことを言うんですか!?」みたいな(笑)。かならず何かをかぶせてくるんですよ。でも、才能がすごいあるような感じで。

(宇多丸)回転がいいわけですもんね。

(吉田豪)いま、だからいとうせいこうさんと深夜『白昼夢』っていうのをやっている。

(宇多丸)ああ、そうか。あの方か。

(吉田豪)指原さんとリリーさんで『真夜中』っていうのをやっていて。その第二弾というか。それぐらい抜擢されるぐらい、秋元さんが推していて。

(宇多丸)あれ、羨ましいなと思って見ていましたからね。へー、そんなアサルト型なわけだ。

(吉田豪)アサルトどころじゃないですよ。キレのいい名言。

(宇多丸)じゃあ、出せる範囲で。

(吉田豪)ちょっと待ってください。あの、だからSHOWROOMって僕、正直よく見ていたんですけど、つまんないんですよ。だいたいアイドルのを見ていると、ファンの人の名前を読み上げて「ありがとうございます」とか。「あっ、タワーが建った。ありがとうございます」って。だいたい感謝をするだけで。クソつまんない……。

(宇多丸)フフフ、まあファンの方はね。

(吉田豪)っていうことを言ったら、「本当、そうなんですよ! あんなことやって、なんになるのか? みんな、何もわかってないんすよね!」みたいな。

(宇多丸)なるほどね。でも、それを上手く使っている側としてはそうだよね。

全方位に噛み付く中井りか

(吉田豪)全方位に噛み付く。もともとだから毒舌が拡散されたんですよ。SHOWROOMで。「あの時、ヤバいことになったと思いました?」って聞いたら「思わない」「どういう感情でした?」って聞いたら「なんか言ってんな、ぐらいの。ヤバいなとは思わなくて、もうちょっとこういうふうに言えばよかったっていうのある」っていう。「それはもうちょっとソフトにすればよかったとかですか?」「うん、逆。こんなに話題になるんだったらもっと踏み込めばよかった」みたいな。そういう人なんですよ。

(宇多丸)はいはい。あんまりだから、悪名とかなくて、ちゃんと話題になるんだったらいいじゃないかっていう。

(吉田豪)だから視点が完全に外に向いているんですよ。「本当にみんな、いま中しか見ていないでしょう?」って。実はだからいろいろと話していたら横山さんと言っていることがほぼ同じなんですよ。横山さんはものすごい気を使ってソフトに表現していて。

(宇多丸)ジェダイの立場で言うか、シスの立場で言うか的なね。

(吉田豪)そんな感じです。すべての表現が悪いけど、正論っていうのが中井さんで(笑)。

(宇多丸)とはいえ、吉田さんが「ちょっとちょっと」ってなるぐらいのことを言っちゃうのは、ちょっと危うさも感じますけども。

(吉田豪)感じます。感じますけど、そこを秋元さんが面白がっているんですよ。

(宇多丸)まあ、さすがね。そうね。とにかく秋元さんって予定調和が嫌い。そういう事故が起こりやすいのが……。

(吉田豪)そうなんですよ。コントロールできない人間が大好きっていう。わかるわーっていう。

(宇多丸)そのうちにカウントされちゃっているじゃないですか。吉田さんも。

(吉田豪)そういうことなんですよ。忖度しないやつが好きっていう。

(宇多丸)吉田さん、忖度はちゃんとしてるはしていると思いますけどね。

(吉田豪)意外とね、空気は読むんですけどね(笑)。

(宇多丸)本当はしていると思いますけども。誰よりもコードの読み方がすごいっていうだけで。なるほど。でも吉田さんもうならせるんだ。中井りかさん。これ、ちょっとあれじゃないですか。クマス。熊崎くん。

(熊崎風斗)私もその吉田さんのコラムを見ていて、「なにも話題にならないぐらいだったら悪いことでもいいから話題になった方がいいんだ。とにかく知名度を上げることが大事なんだ」っていう……。

(吉田豪)そこでも完全に意気投合しましたからね。「本当にエゴサーチして自分の名前が出ないなんて考えるだけで絶望する」「そうなんですよ!」っていう。

(宇多丸)ああー、たしかにね。

(熊崎風斗)「いちばんダメなのは話題にもならないこと。褒められるっていうのはもちろんいいかもしれないんですけど、悪いことでもなんでもいいけど世間からなにか話題になること。これが大事」って言っていて、やっぱり怖がっていないんですよね。

(宇多丸)なるほど、なるほど。これ、要するにヒール的なことじゃないですか。

(熊崎風斗)完全にヒールですよ。

(宇多丸)ヒールを怖がっていないっていう。

(熊崎風斗)セリフでこれ、「プロレスでもヒールが試合を作っている」って。

(吉田豪)本当にね、『豆腐プロレス』っていうドラマでちょっとプロレスをやって。ちょっと興行もやったんですけど、それぐらいちょっとやっただけなのにプロレスの理解度がすごいんですよ。「本当、だからみんなメンバーはベビーフェイスじゃないですか。試合っていうのは私たち、ヒールが作っているんですよ! ヒールが観客をエキサイトさせて。ベビー同士で面白い試合をできると思ってんの?」みたいな。超わかってるんですよ!

(宇多丸)すごいね(笑)。プロレスラーの発言だよ、完全に。

(吉田豪)なんでちょっとやっただけでそんなに理解できてるんですか?っていう。

(宇多丸)まあ、だから性に合っているんですかね。まあ、当然頭がいいっていうのもね。

(吉田豪)「だから正直、無難なアイドルが増えている。48のメンバーも無難なのが増えていて。そんなんだったらいま、乃木坂が天下とっているのに48がそんなのやったってしょうがないじゃないですか」っていう。

(宇多丸)あの、きれいなきれいな(乃木坂)っていう……。

(吉田豪)そう。ちゃんとしたアイドル。「正統派でこっちが立ち向かえるわけがないんだから、そうじゃないところでやらなきゃいけないのに……」っていう。

(宇多丸)すごいなー。なんかAKB……でもたしかにAKBが最初にのし上がってきた時のイズム。

(吉田豪)そう。「それを受け継いでいるのが私だ」って言っていて。「なんで外に向かなきゃいけないって気づく人が少ないんですかね?」って聞いた時の中井さんの返答。「バカなんじゃない?」っていう(笑)。

(宇多丸・熊崎)フハハハハハハッ!

(宇多丸)もうさ、本当にヒールのプロレスラーですよ!

(吉田豪)そうなんですよ。よくできているんですよ。

(宇多丸)プロレスラーのコメントですよ。「おう、あいつは!」っていう。

(吉田豪)「生ぬるくアイドルやってりゃいいと思ってんじゃないの?」っていう(笑)。

(熊崎風斗)すごいなー。でも、ここまで突き抜けられるってすごいですね。

(吉田豪)「歌って踊っていれば成立すると思ってやがるやつらばっかりだから」っていう。

(宇多丸)おいくつ? 97年生まれか。21か。なるほどね。

(吉田豪)ただ、これぐらい腹がすわっている人もSHOWROOMとかでいま、選挙の配信をすごいやっているんですよ。もうボロボロなんですよね。

(宇多丸)ああ、そうなの?

(吉田豪)結局彼女、実はSHOWROOMで名前を上げたから。SHOWROOMって在宅のオタばっかり。プラス、平日の昼間とかやっているからファンがニートばっかりなんですよ。課金の能力がない人たちばっかりで。「だから私は選挙には弱い」って言っていて。「いまの総選挙って正直言ってお金持ちのバトルだから。あんなの、人気投票じゃないしやめればいいのに」みたいなことを平気で言ったりとか。すごいんですよ。

(宇多丸)ああー。まあね、そういう世間的な巻き込みで順位は反映されづらいですもんね。

(吉田豪)ただ、そのSHOWROOMとかで見ている人数。そこで勝負をしようとしていて。だから朝4時とかに起きてSHOWROOMやったりとか。もう顔が完全に死んでいるんですよ。目も見開きながらずっと無言でただ配信していたりとか。ボロボロになっていて。

(宇多丸)へー。大丈夫? ちょっと心配にもなりますよ。

(吉田豪)選挙、追い込まれていないように思ってたけど、いまでもこれ、すごいわっていう。だから世間に届くところじゃない、SHOWROOMとかの閉じたところでやっているからあまり見えていないけど、実はすごいことにはなっているという。

以前とは別の形で追い込まれる総選挙

(宇多丸)それはね、吉田さんとかが発信をして、そのすごみをこういうところでっていうのはあるかもしれないけど。ただ、その自分の削り方がちょっと心配になりますね。

(吉田豪)すごいですね。だからちょっと、仕事の考え方とかがすごい僕と近いんですよ。休んでいるとすごい病む人で。「仕事をしていたい。仕事していない時の私は私じゃないから、死にたくなる」ぐらいに言っていて。「気持ち、わかるところありますよ。仕事が人生だから」っていう。

(宇多丸)じゃあ、ある意味起きた途端にSHOWROOMも、そういう私生活の切り売りもそれはそれでよしと。まさにだから自宅からSHOWROOM中継……あれ? 完全に吉田さん?

(吉田豪)たぶん僕がゲスト招いてやっている時、外からジャージャー聞こえたりとかすると思いますよ(笑)。

(宇多丸)フハハハハハハッ!

(吉田豪)僕の自宅ぐらい特定しやすいところ、ないですからね(笑)。

(宇多丸)「新宿二丁目」って言っちゃってるしさ。場所も相当言っちゃってますからね!

(吉田豪)ほぼ言ってますからね(笑)。大変なことになると思いますよ。これから。

(宇多丸)いやいや、吉田さんも心配だわ、これ。いままで吉田さん、それなりに万全の陣で戦に臨んでいたじゃないですか。いま、結構……。

(吉田豪)いまは巻き込まれ型になってますからね(笑)。

(宇多丸)割と無防備な状態で行かれる場面も増えたから。なかなか大変じゃないかっていうね。

(吉田豪)ただ、おかげで自宅がきれいになって、ちょっとね。SHOWROOMのスタッフと片付けをしたっていう(笑)。配信できるスペースができたんで。

(宇多丸)何を言っているんだ?っていう話もありますけどね。とにかく熊崎くん、やっぱりヒールターンもそうですし。

(吉田豪)腹をくくったヒールはいいですよ。

(熊崎風斗)やっぱり僕みたいな腹をくくれないヒールっていうのがいちばん刺さらないんですよね。

(宇多丸)フフフ、いや、かわいいけどね。そこもかわいいんだけどね。

(熊崎風斗)中途半端ヒールっていうのはね、いちばんダメな……。

(宇多丸)違う違う。自分に嘘をつかないところですよ。だからクマスはクマスの花の開き方があると思いますよ。

(熊崎風斗)まあそう……かな?(笑)。

(宇多丸)無理して他人になろうとしてもしょうがないじゃないですか。だから、逆に学ぶべきはもうむき出しで行けばいいんだっていうね。

(熊崎風斗)むき出しで……そうですね。むき出しで行かないとダメかな?

(宇多丸)どうですか? ちょっとアドバイスをお願いしますよ。

(吉田豪)フフフ(笑)。

(熊崎風斗)僕をプロデュースするっていうので、吉田さん。

(吉田豪)正直、ほぼ毎回聞いてるんですけど、いちばんハラハラしたのがあのヒールのキャラの時でしたからね(笑)。「事故だ!」っていう(笑)。

(熊崎風斗)あれは完全に事故ですね。

(宇多丸)端的に言うと「向いていない」っていう(笑)。

(吉田豪)フフフ(笑)。全く向いていない(笑)。

(熊崎風斗)自分でその役を演じようと思うと笑っちゃうっていう、いちばんダメなパターンなんですよね。

(宇多丸)これはササダンゴ・マシンさんのディレクションの問題もありますからね。ああ、そう。でもこれはいい人を知りました。中井りかさん、注目してみようかなと思いますね。

(吉田豪)ぜひ。BUBKAのインタビューも読んでみてください。そして書けなかった話はあとでバラしますよ。

(宇多丸)ああ、ぜひぜひ(笑)。

(吉田豪)超いい話ですよ。こんだけいろいろとアイドルの裏話を聞いている僕が度肝を抜かれて。「言いふらしてください」って言われたから言いふらしてますからね(笑)。

(宇多丸)ああ、媒体には載せられないけど。「言いふらしてください」?

(熊崎風斗)ご本人としては別に載せてほしいんだけどっていう?

(吉田豪)「全然、全然!」っていう。

(宇多丸)怖いわー。

(吉田豪)「いいわけねえだろ、そんな話!」っていう。僕が聞いてもわかるやつ(笑)。

(宇多丸)フハハハハハハッ! 後ほど、じゃあオフでうかがって。ムードだけみなさんにお伝えしようかと。じゃあ、吉田さんなにかお知らせごとはございますか? そのSHOWROOM?

(吉田豪)SHOWROOMですね。6月18日スタートで、僕は19日ですね。毎週火曜日が僕の日になります。

(宇多丸)毎週火曜の9時から。

(吉田豪)9時から11時まで。

(宇多丸)僕が瞬間移動できれば、ちょっと。

(吉田豪)まあ30分ぐらいは待っていますから。

(宇多丸)ああ、途中参戦も。

(吉田豪)いろんな人を呼ぶつもりなので、ぜひともという感じです。

(宇多丸)あとはなにか?

(吉田豪)そんなもんでいいです。

(宇多丸)じゃあ、いろいろとツイッターとかをチェックという感じですかね。はい。

(熊崎風斗)吉田豪さん、ありがとうございました。

(吉田豪)ありがとうございました。

(熊崎風斗)カルチャートークのコーナー、吉田豪さんによるAKB総選挙直前ということで48グループの横山由依さんと中井りかさん。さらには吉田豪さんの続報という形で様々な話をおうかがいしました。

(宇多丸)「吉田豪さんの続報」(笑)。

(吉田豪)マツコです(笑)。

(宇多丸)これ、いいパンチラインだわー!(笑)。

(熊崎風斗)どうなるんだろう? 楽しみだ(笑)。

<書き起こしおわり>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする