吉田豪 秋元康「これから吉田豪を売り出す」発言のその後を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 55

吉田豪さんがTBSラジオ『アフター6ジャンクション』にゲスト出演。以前の番組出演時に紹介した、秋元康さんが「これから吉田豪を売り出す」と発言していたことについて、その後の展開を話していました。

(宇多丸)本日は吉田豪さん、なんのお話をしていただけるんでしょうか?

(吉田豪)最初は番組サイドに「AKBの総選挙について話してくれ」っていう風に無茶振りをされて。

(宇多丸)あ、これは無茶振りなんですか?

(吉田豪)僕、なにも知らないですからね(笑)。

(宇多丸)ああー、俺ね、吉田さんがAKBの話って珍しいなと思っていて。

(吉田豪)ただ前にここでちょっと振りをしたじゃないですか。秋元さんが……みたいな。その話から始まってのAKBです。

(宇多丸)『ラストアイドル』という番組で……。

(吉田豪)『ラストアイドル』という番組で僕が炎上騒ぎを起こして……。

(宇多丸)「炎上騒ぎ」(笑)。ちょっと語弊がありますけども。審査員をやられていて、図らずも……。

(吉田豪)「あのジャッジはなんなんだ?」っていうことでちょっと燃えた時、なんか秋元さんが「これは面白い」って思ったみたいで。なんか僕を押し始めた。

(宇多丸)「これからは吉田豪を押すぞ」っていうね(笑)。

(吉田豪)っていう会議での発言があったという。それをこの番組でオープンにしたじゃないですか。その後の展開がいろいろとあったわけですよ。

スポンサーリンク

「これからは吉田豪を売り出す」(秋元康)


(宇多丸)はいはいはい。

(吉田豪)「大きな話が来つつある」みたいなことをちょっとここでも話しましたけども。表に出ました。SHOWROOMが『猫舌SHOWROOM』って帯でオールナイトニッポン的というか、そういう番組が始まる。で、ホリエモンとかキングコング西野さんとか乃木坂とか指原莉乃さんとかと同じ枠で吉田豪っていうのがあるんですよ。

月曜から日曜の各曜日に「オーナー」を配置。 (月)西野亮廣/(火)吉田豪/(水)乃木坂46/(木)鈴木おさむ/(金)指原莉乃/(土)前田裕二/(日)堀江貴文 オーナーは、それぞれの手腕を活かし番組をプロデュース。 企画からキャスティングまでオーナー自身が全面的にプロデュースし 毎日、全く違う色の番組が勢ぞろ...

(宇多丸)つまり、出た。アイドル枠。

(吉田豪)というのがこの前、記者会見もやりまして。で、SHOWROOMの社長。前田社長がちょっといま、いろいろと話題なんでものすごいマスコミが来たんですよ。で、僕は何も知らされていなくて。ホリエモンとかキングコングの西野さんとか、知り合いだから。あのへんがいるんだったら埋もれるなと思って軽い気持ちで行ったら、誰も来ていないんですよ。いたのは乃木坂のメンバー、新内眞衣さん、衛藤美彩さん、与田祐希さんっていう何の面識もない人たちと指原さんと前田社長と僕なんですよ。

(宇多丸)ええ、ええ。

(吉田豪)で、マスコミが山ほど来ています。どうなるか?っていう話ですよ。

(宇多丸)まあまあ、当然……。

(吉田豪)結構な事故ですよね?

(宇多丸)SHOWROOMっていうのは動画配信サービスで。吉田さんにそういう、たとえば『ラストアイドル』の話が来たり?

(吉田豪)というか、みんな前田社長のスキャンダルの話をみんな聞きたいわけですよ。で、当然その話はNGになっちゃうじゃないですか。で、僕と指原さんで軽くいじるじゃないですか。壇上では。で、そのままなぜかワイドショーのインタビューに僕と前田社長の2人が名指しで残されて……。

(宇多丸)囲み取材みたいな?

(吉田豪)「なんで、僕?」じゃないですか。で、いろいろと聞かれるんですよ。「人生のテーマは?」とか。

(宇多丸)アハハハハッ!

(吉田豪)答えても、明らかにあっちが僕に興味を持っていないのがわかるんですよ。話しながら。

(宇多丸)向こうは吉田さんのことをわかっていないような人も?

(吉田豪)いやいや、僕を利用するために呼んでいるんですよ。つまり「プロインタビュアーと呼ばれる吉田豪さんですが、いま前田社長になにか聞きたいことはありますか?」って。要は、地雷を踏ますためだけに僕を残して。


(宇多丸)すごいね! しかも、吉田さんを迂回して話をさせるって……ある意味、狡猾な。

(吉田豪)狡猾ですよ。そのためだけに利用されたりとか。謎企画。

(宇多丸)これ、でもどうすんの、それ?

(吉田豪)まあとにかく、SHOWROOMが始まることになって。前に宇多丸さんも来たことあるじゃないですか。僕の事務所というか。新宿二丁目の。

(宇多丸)事務所。はい。

(吉田豪)あそこから放送が始まることが決まりました。

(宇多丸)あの資料部屋というか。あそこですか? すごいんですよ。360度吉田さんのタレント本とタレントグッズ。もうね、しょうもないもんが……(笑)。

(吉田豪)フフフ、「情報量が多すぎて落ち着かない」って宇多丸さんが言っていたのをすごい覚えてますよ。

(宇多丸)ああ、そう?

(吉田豪)あそこにゲストを招いての放送が来週からかな? 毎週。大変ですよ。宇多丸さんも来てくださいよ。

(宇多丸)まあ、うかがいますけども……。

(吉田豪)9時からなんで大変ですども(笑)。

(宇多丸)フフフ、タイムラグ、タイムラグ! あの、途中で抜けるやつをやらないといけないですけども。

(吉田豪)それが、だから実は前田社長のコメントとかも僕、求められたんですけどそもそもこれではじめて会ったんですよ。これの打ち合わせではじめて会って。で、前田さんにはじめて会った時、なにか?って思ったら「秋元さんに『吉田さんでやろうよ』って言われたんですよ」って。

(宇多丸)あっ、出た! じゃあやっぱり噂は本当だったんだ。

(吉田豪)本当だったんですよ。なおかつ、それだけじゃなくて。最近、明らかに僕は秋元さん絡みの仕事が増えているんですよ。『EXD44』っていう番組にもやけに僕が出るようになって。これ、秋元さんが企画監修なんですよね。で、『ラストアイドル』はいま、Abemaでも始まっているんですけど、そっちでもほぼ毎回出ていたりとか。「あれっ?」って思うことが増え始めていて。

(宇多丸)ええ、ええ。

(吉田豪)で、最近あるルートから怖い話を聞きまして。秋元さんが僕のことを売り出す発言、これは正確には「吉田豪をマツコ・デラックスにする」って言っていたっていう(笑)。

(宇多丸・熊崎)フハハハハハハッ!

「吉田豪をマツコ・デラックスにする」(秋元康)

(吉田豪)「ええっ、それ新宿二丁目なだけじゃないですか!」っていう(笑)。

(宇多丸)いやいや、でもまあね、しゃべれるし。鋭く斬ることもできるし……っていう。いやー、そう。そこまでついに来ましたか?

(吉田豪)二丁目のアイドルオタみたいな感じですよ、たぶん(笑)。

(宇多丸)フフフ(笑)。

(熊崎風斗)じゃあもう数年後には各局、吉田さんの番組が?

(吉田豪)そっちには絶対にならないですよ!

(宇多丸)ちょっと怪人扱いっていうか、ねえ。でもキャラが……あれだけの人がキャラがそれだけマツコさん級に強いっていうことじゃないですか。単に頭がいい、しゃべれるっていうだけじゃなくて。

(吉田豪)そっちじゃないじゃないですか。でも、僕は明らかに。

(宇多丸)でも秋元さんが言うんだから、なんかあるんじゃない?

(吉田豪)そういうのが?

(宇多丸)そういうのがあるんすよ。そういうのが(笑)。どういうのか、わかんないけど(笑)。

(吉田豪)ダハハハハハハッ!

(宇多丸)いつの間にか、ついちゃったんですよ。その、僕ら界隈でウシャウシャやっていたけど、いちばんすごい人にインタビューしていくうちにカリスマがついちゃったんですよ。自然と。たけしさんに恫喝された時になんか乗り移ったんすよ。なにかしらが。

吉田豪 ビートたけしから受けた恐怖体験を語る
吉田豪さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、TVタックルの収録中にビートたけしさんから受けた恐怖体験について、玉袋筋太郎さんと話していました。 (玉袋筋太郎)豪...

(吉田豪)「ビビらないあいつ、すげーな」みたいな感じで?(笑)。

(宇多丸)とか、いろんな蓄積でね。始まってますね、吉田さん!

(吉田豪)だから最近、雑誌界隈でもなぜかAKB関係の方のインタビューの仕事とかも増えてきて……。

(宇多丸)それでの、これなんだ。

<書き起こしおわり>
吉田豪 AKB48 横山由依・NGT48 中井りかを語る
吉田豪さんがTBSラジオ『アフター6ジャンクション』にゲスト出演。AKB48 横山由依さん、NGT48 中井りかさんにインタビューした際の模様についてトーク。お二人の共通点などにつ...



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする