スポンサーリンク

春風亭一之輔 『プロフェッショナル 仕事の流儀』の反響を語る

春風亭一之輔 『プロフェッショナル 仕事の流儀』の反響を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

春風亭一之輔さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、ご自身のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』に対する反響について、博多大吉さん、笹川友里さんと話していました。

(博多大吉)『プロフェッショナル』、見ましたよ。

(春風亭一之輔)ありがとうございます。

(博多大吉)大変でしたね。

(春風亭一之輔)まるで使われなかったですね。

(博多大吉)いや、そりゃそうでしょう。

(笹川友里)『たまむすび』ブロックが。

(博多大吉)いや、使われると思っていたこっちのスタッフがおかしいんですよ。使われるわけがないじゃないですか。

(春風亭一之輔)言ったんですよ。気を遣って。やっぱり。「出産祝いなんで、ちょっと使ってやってください」って言ったんですけどね、ダメでしたね。いや、どうでしたかね? 見ていただいた感想は。

(博多大吉)僕、2回見ました。

(春風亭一之輔)ええっ?

(博多大吉)「じゃあ、3回見ろよ」って思うかもしれないですけど。

(春風亭一之輔)いや、思わない(笑)。

(博多大吉)やっぱり来ましたね。もちろん落語家さんと漫才師は並ぶものじゃないですけども。まあ、オープニングでもちらっと言いましたけど。もう「安泰だね」って言われるのがすっごい嫌ですね。「あがったね」とか「もう大丈夫」とか言わると、めっちゃムカつくんですよね。

(春風亭一之輔)勝手なことを言いやがって。後輩に言われるの、腹立ますね。「兄さん、もういいじゃないですか。こんな仕事やらなくても。もう十分っすよね。ここまで来たら」「いや、そういうものか?」と。

(博多大吉)「華大さんはもういいですよね。安泰で。もう見えてますもん。将来」って言われるのがもう嫌ですね!

(春風亭一之輔)そういう時、なんて返すんですか?

(博多大吉)「そう?」って。

(笹川・一之輔)(笑)

(春風亭一之輔)全部受けとめて。1回受け止めて。

(笹川友里)おだやか(笑)。

(博多大吉)真面目に言い返すとね、場が白けるから。全部飲みこみますけど。なんかモヤッとするんですよね。

スポンサーリンク

様々な反響メールが届く

(春風亭一之輔)なんかね、知らない人から結構メールが来ますね。ホームページにメールアドレスを公開しているんですけど。なんかね、やたらディスられるっていう。

(笹川友里)ええっ?

(春風亭一之輔)「他に取り上げるべき人がいる」みたいな(笑)。

(博多大吉)「『プロフェッショナル』ならば」。

(春風亭一之輔)ならば。いや、知らない人ですよ。メールが来て。「他に取り上げてしかるべき人がいるのに、一之輔さんの『プロフェッショナル』なんて……」。

(博多大吉)「まだ早いんじゃないか?」と。

(春風亭一之輔)「まだ早いんじゃないか? それを引き受けるあなたもどうかと思う」みたいな。「あがりましたね」の逆ですよね。だから。「まだ早いんじゃないか」っていう。

(博多大吉)そうそう。だからその中間がほしいのよ。こっちは。

(春風亭一之輔)それはそれで腹が立ちますよね。「まだ早い」っていうのもね。ちょうどいいのもくださいよ。そろそろね。あと、それを見て、すごい親身になってメールをくれる人。「悩んでいる」とか「壁にぶち当たっている」ようなテイの演出じゃないですか。あれ、実は……って、ドキュメンタリーって相当スパイスとかぶち込むじゃないですか。

スポンサーリンク

『プロフェッショナル 仕事の流儀』

春風亭一之輔(2017年4月10日放送)| これまでの放送 | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀
プロフェッショナル仕事の流儀 これまでの放送

(笹川友里)物語を作らないといけないから。

(春風亭一之輔)作らないと行けないから。だから壁にぶつかっているところとかがほしいんですよね。あちらはね。で、僕、「お腹へったな~」とかそういう感じで。「お腹へったな~」って空を仰いでいるところに、「思うような結果が、得られなかった……」みたいな(笑)。あと、深刻なBGを流されると……もう本当にパンケーキに並ぶ人たちはみんなそれを見て、「うわー、壁にぶつかってる、この人」って思うらしくて。励ましのメールがいっぱい来ます。「そのままの一之輔さんでいいと思います」みたいな。

(笹川友里)やっぱりこうね、、ドキュメントーだと本当にそれがそのままだっていう風にね、見ていますからね。

(春風亭一之輔)「ありがとう」って返信してから、全部ゴミ箱に捨てます。残しておくといけないんで。

(博多大吉)まあでも、見ごたえがありましたよ。やっぱり。

(春風亭一之輔)なんか、仕事のオファーのメールがあれが放送されて1週間でものすごい来るんですよ。

(博多大吉)それは、あれですか? 「うちに来てくれ」みたいな? 寄席の仕事も?

(春風亭一之輔)地方ですね。

(博多大吉)いや、あれ単純に僕、見て思いましたもん。「あ、来てくれるんだ」って。呼べば来るのは当たり前ですけど。そんなに、いまの一之輔さんだったらそれこそ地方のいい会館とかじゃないと出てこないイメージがもちろんあって。

(春風亭一之輔)ちっちゃい新潟の……。

(博多大吉)やってましたよね。だからあれだと、「おっ、じゃあうちにも……」っていう方も多いでしょうし。改めてやっぱり落語家さんって毎回この話になりますけど。どうしても『笑点』のイメージがあるから。『笑点』メンバー以外の落語家さんの存在を、あんまり知らない方も多いわけですよ。

(笹川友里)そうですよね。

(博多大吉)だからいい宣伝になってよかったですね。

(春風亭一之輔)ええ。あと、かけ声をかけられるんですよね。客席から。「プロフェッショナル!」って言われるんですけど……どうしたらいいですかね、あれ?

(博多大吉)(笑)

(春風亭一之輔)病気ですよ、あの人たち。浅草演芸ホールの客は。

(笹川友里)へー。それ、なかなか勇気が入りますけどね。「プロフェッショナル!」って言うのは。

(春風亭一之輔)僕が出ていくと、「よっ、プロフェッショナル!」って言われるんですけど。別に、怒るのも大人げないじゃないですか。

(博多大吉)あと、一之輔さんだけ言われると、「周りはアマチュアなのか?」っていう話にも。

(春風亭一之輔)「ノンプロ!」とは言わないですからね(笑)。これが本当にあって。「プロジェクトX!」って言う人がいて。

(博多大吉)慌てたんでしょうね(笑)。NHKで「プロ」まで言ったらもう……。

(春風亭一之輔)慌てたんでしょうね。「プロジェクトX!」って言っていたおじさんがいて。「違うよ」って一応言ったんですけど、そしたら、違う人が「プロジェクトA!」って言った人がいて。「ちょっと待ってくれ」と。もうそれは僕、止めました。

(博多大吉)プロジェクト残し。

(春風亭一之輔)「それはもう、ジャッキー(・チェン)だから」。

(博多大吉)そうそう。もう時計台から落ちちゃうやつだから。

スポンサーリンク

プロジェクトA

(春風亭一之輔)「違うからね」って言ったら、「ジャッキーって何?」って客が返してきたんですよ。こっちに。「あなたとしゃべっている暇はないから、自分で調べてね」って言ったんですけど。まあ、そんなこんなでいろいろやっております。

(笹川友里)反響は大きいんですね。

(春風亭一之輔)大きいです。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました