スポンサーリンク

DJ YANATAKE #Optimisticchallenge を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

DJ YANATAKEさんがblock.fm『INSIDE OUT』の中でチャンス・ザ・ラッパーが参加して注目度が急上昇のムーブメント、「#Optimisticchallenge」についてトーク。使用されているサウンズ・オブ・ブラックネスの『Optimistic』を紹介していました。

(DJ YANATAKE)新譜がいっぱい出ているからさ、ヒップホップをかけて今日、終わろうと思ったんですけど……さあ、いま後ろにはいなたいブレイクビーツの曲がかかっていますけども。これはなんと、1991年の発表されたR&Bクラシック、サウンズ・オブ・ブラックネスの『Optimistic』という曲になります。で、これをなんで最後にかけているか?っていうと、最近「#○○Challenge」ってあるじゃないですか。レイ・シュリマーの『Black Beatles』のマネキンチャレンジ(#mannequinechallenge)。止まっちゃうやつとかね。

スポンサーリンク

#mannequinechallenge

DJ YANATAKE Rae Sremmurd『Black Beatles ft. Gucci Mane』を語る
DJ YANATAKEさんがblock.fm『INSIDE OUT』の中でレイ・シュリマーがグッチ・メインをフィーチャーした曲『Black Beatles』を紹介していました。 ...

あとは、マネキンチャレンジはちょっと違うけど、ダンスの簡単な振り付けとかをして、みんなで動画を投稿していく「#○○Challenge」っていうのが非常に流行っていますが、最新バージョンがなんとこの91年のジャム&ルイスプロデュースのこの曲を使ったムーブメントがなぜか起きております。ちょっと前にさ、ゴーストタウン・DJ’sの『My Boo』をかけたら、なぜか小走り気味にランニングマンみたいにする(#Runningmanchallenge)っていうのが流行って。昔の94年の曲がリバイバルヒットしましたが。

松尾潔 Running Man ChallengeとTinashe『Superlove』を語る
松尾潔さんがNHK FM『松尾潔のメロウな夜』の中でランニングマン・チャレンジと『My Boo』ブームについてトーク。流行りにのってリリースされたティナーシェの『Superlove...

いま、この91年のこの曲が盛り上がろうとしています。なんでこんなことになったか?っていうと、チャンス・ザ・ラッパーがこのムーブメントに参加しました。チャンス・ザ・ラッパーがこの「#Optimisticchallenge」というのに投稿して……これはなにか? というと、「Optimistic」っていうのは「楽観的」っていう直訳の意味があるんですけど。まあ、とにかく明るい前向きな歌詞なんですね。で、大統領選が終わり、トランプ大統領が大統領になって、いろんな悲観的な、マイナスな報道がいっぱいされていますけども。まあ、チャンス・ザ・ラッパーは割りかしポジティブなメッセージで、トランプ大統領になったけども悲観的になるばかりじゃなくて、楽しく生きていこうよ! みたいな感じでこの曲を使ったムーブメントに乗っかったと言われております。


というわけで、この曲がひょっとしたらヒップホップのクラブでこれからかかるかもしれない。いまのうちに「#○○Challenge」の新しいバージョンをチェックしておいてください。サウンズ・オブ・ブラックネス『Optimistic』を最後に聞きながらお別れします。ありがとうございました。

Sounds of Blackness『Optimistic』



<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事