スポンサーリンク

サイプレス上野 新日本プロレス1.4ドーム大会テーマ曲PV公開を語る

サイプレス上野 新日本プロレス1.4ドーム大会テーマ曲PV公開を語る FM yokohama
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サイプレス上野さんがFM yokohama『BAY DREAM』の中で新日本プロレス 1.4東京ドーム大会のテーマ曲『GET READY』のPVが公開された話をしていました。

(サイプレス上野)今年の人……すっげえ活躍した人ってことでしょ? あ、出てきた。内藤哲也選手。新日本プロレスの。

(遠藤舞)活躍した?

(サイプレス上野)大活躍した。波を変えたね。

(遠藤舞)へー!

(サイプレス上野)波を変えましたよ。中邑真輔選手が何回も行っているようにWWEに行って抜けた後、新日本がどうなるかな? と思ったのをロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンっていう……

(遠藤舞)ロス……インゴベル……?

(サイプレス上野)ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン。

(遠藤舞)意味は?

(サイプレス上野)なんだっけかな?

(遠藤舞)わかんないのかよ! ダメじゃん!

(サイプレス上野)「陽気なやつら」だっけかな? いや、それはJ・J・ジャックスだな。メキシコにそういう軍団があって、「ハポン」は「日本」だから。その日本のチームっていうことね。

(遠藤舞)へー! なるほどね。トランキーロ、トランキーロ。

(サイプレス上野)トランキーロ。そうそう。「焦るなよ」と。エンセーリオ(マジで)っていうね。まあ、1回見たらみんなすげーハマると思うんで。言っていることに。

スポンサーリンク

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

(遠藤舞)パレハ! パレハ!

(サイプレス上野)仲間、友達ね。親友とか。相棒とか。ちゃんと覚えてんじゃん。

(遠藤舞)覚えてる、覚えてる(笑)。

(サイプレス上野)しっかり覚えてる。よかった、よかった。

(遠藤舞)洗脳、洗脳(笑)。

(サイプレス上野)それが洗脳できるぐらいみんな洗脳されているんで。いま、そういう流れがあります。じゃあそんな中で、私が気になったニュース。そのまま行きましょう。こちらでございます。新日本プロレス1.4東京ドームテーマ曲『GET READY』のPV公開!

(遠藤舞)おおーっ!

(サイプレス上野)はい。内藤選手ももちろん映像では出ていただいておりますけども。もうね、最初にYouTubeとかに上げた時にね、いろんなプロレス原理主義、保守派の方たちからすごい「なんだよ! ラップなんかいらねえよ」って書かれまくって。

(遠藤舞)そうなんだ。

(サイプレス上野)「なんだよ!」って俺も思いながら。「チッ!」って思ったりして。けど、その人の言う気持ちもわかるという。で、俺の友達とかもTwitterでやり合うというか調べてくれて。で、その友達が「俺が調べたところ、文句言ってるのはおっさんしかいねえ」みたいな。いろいろあったりとか。けど、俺の友達はそういうおっさんも好きだっていう。プロレスのことをそういう考えでいて。俺も本当にそう思うから。そういう人がいないと、やっぱりプロレスのファンの世界って成り立たないんでね。

(遠藤舞)うんうん。

(サイプレス上野)その人にYouTubeとかPVね、上田監督というプロレス観戦で知り合った名監督がいるんですよ。SiMとかのライブとか全部撮ったりとか。いま、WANIMAとかもやったりしている人がいるんだけど、一緒に初めてやって、新日本プロレスの上野毛道場に行かせてもらってね。選手がツアーに出ている間に。まさかですよ。俺たちが道場でPVを撮らせてもらって、それが公開されて。まあ、ちょっと恐る恐るコメントを見てみたら、だんだん「いい」みたいになってきて。「この曲、スルメだ」みたいになってきて。

(遠藤舞)へー!

(サイプレス上野)ちょっと風向きが。映像と合わせて……みたいな。あとはこれ、本番を待つっていうことで。トランキーロ(焦んなよ)と。

(遠藤舞)トランキーロ、トランキーロ。

(サイプレス上野)1.4のドームでかかる時、どうなっているか?っていうのを待っていますんで。ぜひこのYouTubeを見てみてください。さっき、そうだ。歩いている中学生ぐらいの子に「新日本プロレスのPV、見てます!」とか言われて。

(遠藤舞)へー! 

(サイプレス上野)すごい、いい……

(遠藤舞)幅広い世代から。

(サイプレス上野)幅広い世代から言われたんで。PV、ラジオだとお見せできないんで曲を聞いてもらいたいと思います! サイプレス上野とロベルト吉野で『GET READY』!

スポンサーリンク

サイプレス上野とロベルト吉野『GET READY』

(サイプレス上野)さあ、お送りした曲はサイプレス上野とロベルト吉野で『GET READY』でした。PVフルで公開されているんでチェックしてください!

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました