スポンサーリンク

サイプレス上野 『特攻の拓』続編連載スタートを語る

サイプレス上野 『特攻の拓』続編連載スタートを語る FM yokohama
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サイプレス上野さんがFM yokohama『BAYDREAM』の中で、2017年2月から連載スタートする伝説の漫画『疾風伝説 特攻の拓』の10年後を描く続編について話していました。

特攻の拓の続編っ!? さ、サバイよ!

みやーんZZさん(@miyearnzzlabo)が投稿した写真 –

(サイプレス上野)あとはもう、横浜が舞台と言ったらあの漫画。『特攻の拓』。

(遠藤舞)えっ、えっ?

(サイプレス上野)『特攻の拓(ぶっこみのたく)』。

(遠藤舞)ぶっこみの、たく?

(サイプレス上野)ヤンキー漫画の金字塔と言われる。横浜が舞台で、本当ここらへんもバンバン出てきたり。B突堤とかね、あっちの大黒の方も出てきたりする。戸塚の原宿、横浜ドリームランドも出てくるから。

(遠藤舞)へー!

(サイプレス上野)「横浜にも原宿ってあるんだ」っていう拓ちゃんの名言も。「バカにしてんのか、お前!」っていう(笑)。で、ドリームランドとかも出てきたりしていた『特攻の拓』がついにね、月刊ヤングマガジンで復活ということで、2017年2月から。

(遠藤舞)おっ、来年だ。

(ビート武士)すごいっすね。

(サイプレス上野)そうなんですよ! ただひとつ、問題がね。

(遠藤舞)なんですか?

スポンサーリンク

作画担当は変更

(サイプレス上野)所十三先生じゃないっていうね。作画の方が。原作は佐木飛朗斗先生なんだけど、漫画の方が所先生じゃないっていうことで。

(遠藤舞)絵が変わるっていうこと?

(サイプレス上野)全然違う絵になっていて。

(遠藤舞)あっ、全然違う? へー!

(サイプレス上野)これはなかなか乗れないんじゃないか?っていう。

(遠藤舞)お話を考えている人は……

(サイプレス上野)は、一緒なんだけど。

(遠藤舞)絵を書いている人が別っていうパターンの。ふーん。

(サイプレス上野)所先生じゃないと……っていうのはあるんですけども。あそこはちょっとね、もうね、修復不可能的な噂もありますんでね。残念です。

(遠藤舞)まあ、新しいものは新しいものでね。

(サイプレス上野)まあ、違う漫画としてね、どんだけ感情移入ができるか?っていうことだと思いますよ。

(遠藤舞)はい(笑)。

<書き起こしおわり>
https://miyearnzzlabo.com/archives/31128

タイトルとURLをコピーしました