スポンサーリンク

玉袋筋太郎と小林悠『大沢悠里のゆうゆうワイド』終了を語る

玉袋筋太郎と小林悠『大沢悠里のゆうゆうワイド』終了を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

玉袋筋太郎さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。終了が発表された『大沢悠里のゆうゆうワイド』について小林悠さんと語り合っていました。

(玉袋筋太郎)それもちょっと失礼かな?と思って。『じゃあ、六本木までお願いします』っつって。乗っている最中に、『すいません、運転手さん。ラジオ、TBSにしてくださいよ』っつって、聞いていたわけですよ。

(小林悠)8時半ですか?

(玉袋筋太郎)そうですよ!はい。ねえ。

(小林悠)聞いた印象はどうでしたか?

(玉袋筋太郎)いやいやいや、その、なんつーんですか?引き際っていうののかっこよさですよね。うん。そうですよ。

(小林悠)『ゆうゆうワイド』が。

(玉袋筋太郎)いよいよ。小林さんも連れションで一緒に辞めちゃったりして?(笑)。

(小林悠)(笑)。私は自称、悠里さんから一字いただいておりますから。小林悠の『悠』の字は大沢悠里の『悠』の字であると。

(玉袋筋太郎)もう本番前、『悠(U)の遺伝子は私が継ぐ!』っつって。大沢悠里さんの悠の遺伝子を(笑)。まあ、プロレス用語ですけど。

スポンサーリンク

Uの遺伝子を継ぐ者 田村潔司

(小林悠)分かる人には分かる。

(玉袋筋太郎)どうやって継ぐんですか?小林さん。

(小林悠)悠の戦士として(笑)。

(玉袋筋太郎)そう。悠里の悠ですから!悠の遺伝子をクッ!とこうやって。ポーズを決めて。

(小林悠)とりあえず、お色気大賞をどうするのか?が本当に私は心配なんですよね。

(玉袋筋太郎)ああ、ねえ。

(小林悠)いや、でもわかんない。伊集院さんが伊集院さん流の・・・(笑)。

(玉袋筋太郎)伊集院のお色気大賞?(笑)。

(小林悠)あるのか。私が、その悠里さんから受け継いだ丹波哲郎さんですとか。ねえ。そういった声色を上手く使って私がやるという・・・

(玉袋筋太郎)お色気大賞を?いや、でもやっぱりね、豊富な経験がないとあれは。やっぱりね、100人以上と関係がないと・・・(笑)。

(小林悠)そういうのは関係ないと思いますよ(笑)。

(玉袋筋太郎)いいね、小林さんのお色気大賞。

(小林悠)とかね、勝手に想像してましたけど。

(玉袋筋太郎)グッドグッド・ミュージックも継いで。

(小林悠)人気のコーナーとおっしゃってましたけどね。

(玉袋筋太郎)ゆうゆう知恵袋のコーナーも継いでいただいて。知恵袋のところは玉袋が継ぐから。『なんでしょう、これは?』なんて。1曲の間に考えるの、すごい好きなんだよね。雑学。

(小林悠)『正解はなんだろう?』っていう。

(玉袋筋太郎)『なんだろうな?』なんつってね。そうですよ。

(小林悠)まあまあ、正直やっぱり『ゆうゆうワイド』が終わってしまうっていうのはちょっと私は信じられないですし。

(玉袋筋太郎)SMAPの解散よりもね、一大事だってさっき言ってましたもんね。小林さん?(笑)。

(小林悠)というニュースがあったっていうだけです。そういうネットニュースがあったっていうだけですけど(笑)。まあ、ねえ。

(玉袋筋太郎)前を向いてがんばりたいと思います。私も!

(小林悠)本当ですよ。

(玉袋筋太郎)本当だよ、SMAPは。その前に浅草キッドが分裂してるじゃねえか?っていう。豪ちゃん、言うな、そんなことを・・・

吉田豪 百田尚樹を語る
吉田豪さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で作家・百田尚樹さんについて話していました。

(小林悠)してない、してない(笑)。また先週、そういう余計なことを言うから。どっちが事務所に残るのか?とか言って(笑)。

(玉袋筋太郎)そう。でもね、やっぱりね、プロレスファンっつーのはあれをプロレス的にやっぱり見ちゃうんだよね。うん。

(小林悠)どう見ますか?(笑)。

(玉袋筋太郎)いや、それはね、この間プロレス雑誌の連中と、3時間話した。うん。

(小林悠)SMAP問題をですか?

(玉袋筋太郎)プロレスに置き換えて。だけど、あんまり放送に乗っけるべき話じゃないので(笑)。誰が誰だ?誰だ?って。また言っちゃってたんだけどさ。まあ、いいじゃないですか。

(小林悠)本当です。まあ、『ゆうゆうワイド』も4月8日が最後ということですけど。

(玉袋筋太郎)4.8。金曜日なんですよ。

(小林悠)そうなんです。お釈迦様の誕生日ですよ。花祭りの日に、ということなんですけども。まあ、個人的な感情を言えば、たとえば入社してね、仕事もそうですけど。たとえばプライベートでもいろいろあると、音楽を聞くことも嫌な時ってあるじゃないですか。

(玉袋筋太郎)そうよ。

スポンサーリンク

ゆうゆうワイドに救われた瞬間

(小林悠)音すら聞きたくない。で、無音状態も辛いっていう時に、何度『ゆうゆうワイド』に救われたか?っていうのは個人的な感情としてありますね。

(玉袋筋太郎)いや、俺もそれ、あったわ。親父が死んじゃってさ。急死したんだけど。その親父のところに、ちょっと離れているところだったからさ。もう悲しいんだけど、行かなきゃ行けねえんだよ。車で。そん時に、やっぱ『ゆうゆうワイド』を聞いていてさ。もう悲しみのどん底なんだけど、一瞬でも忘れられてね。うん。なんかこう、スイッチを戻してくれるみたいなもんでしたからね。

(小林悠)相当感謝の気持ちもあったりするんですけどね。だからちょっと残り・・・ねえ。泣きそうになっちゃうけど。噛みしめて聞こうかなと思ってます。個人的には。

(玉袋筋太郎)そうですよ。耳の穴、かっぽじってね。そうですよ。

(小林悠)ちゃんと耳掃除して。

(玉袋筋太郎)耳掃除して。まあその後ね、うちの横綱伊集院が、土俵入りだから。グッ!と。これだよ。本当にね。

(小林悠)また新しいカラーができるのかなと思いますけども。楽しみにしたいと思います。TBSラジオは安泰です(笑)。

(玉袋筋太郎)安泰!

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました