スポンサーリンク

丸山ゴンザレス TBSラジオのお気に入り番組を語る

丸山ゴンザレス 海外の危険スポット取材で必要なものトップ5 ザ・トップ5
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジャーナリストの丸山ゴンザレスさんがTBSラジオ『ザ・トップ5』に出演。実はTBSラジオのヘビーリスナーである丸山さんが、お気に入りの番組について話していました。

(高橋芳朗)しかも丸山さん、TBSラジオのヘビーリスナーという。

(丸山ゴンザレス)はい。そうですね。まあ、『ストリーム』時代からずっと聞いてるんです。

スポンサーリンク

『ストリーム』以来のTBSラジオリスナー

(高橋芳朗)あ、そうなんですか?ちなみに、お気に入りの番組などは?

(丸山ゴンザレス)えー、まあ『トップ5』も好きですけど。

(高橋・熊崎)ありがとうございます!

(丸山ゴンザレス)もちろん、いちばん最初の回から。

(高橋芳朗)おおー!ファーストシーズンから。

(丸山ゴンザレス)はい。聞いてます。コンバットRECさんが出るっていうんで。やっぱり。

(高橋芳朗)(爆笑)

(丸山ゴンザレス)あと、まあやっぱりスーさんとか。

(高橋芳朗)ああ、ジェーン・スーさん。

(丸山ゴンザレス)もちろん、タマフルとかも。

(高橋芳朗)『ウィークエンドシャッフル』。

(丸山ゴンザレス)まあ、やっぱりいちばんよく聞くのは『デイ・キャッチ!』とか。時事ネタを確認するのにちょうどいいので。

(熊崎風斗)お仕事にもやっぱり時事ネタとか、かなりつながってくるところでもありますもんね。

(丸山ゴンザレス)そうですね。その時に起きている事件にやっぱりこう、引き寄せるというか。現象がちょうど近いものを取材してくるっていうのが多いのかな?って。日本だけじゃなくて、世界で起きていることをつなげるっていう。そんな感じですね。

(熊崎風斗)仕事を始めたきっかけとして、どうやってこの犯罪ジャーナリストという仕事に行き着いたのか?

(丸山ゴンザレス)いやー、もともとはバックパッカーでいろんなところを回っている時に、ちょっと最初はネタ探しぐらいだったんですけど。それが徐々に雑誌とか、いろんなところで書いたりするようになっていって。で、自分で行くのが依頼をされて行くことになっていったりとか。まあ、自分の興味のおもむくままに行ったりとか。そういう感じで始めました。

(高橋芳朗)ちなみにですね、僕と丸山ゴンザレスさん、雑誌『BUBKA』つながりなんですよ。

(丸山ゴンザレス)(笑)

(高橋芳朗)お互い『BUBKA』で連載というか、レギュラーで執筆させていただいております。

(熊崎風斗)『BUBKA』が、これは今週号ですか?

(高橋芳朗)今月号ですね。ぜひ、こちらもチェックしていただけたらと(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました