スポンサーリンク

FPM田中知之 無性に食べたくなる麺類トップ5を語る

FPM田中知之 無性に食べたくなる麺類トップ5を語る ザ・トップ5
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Fantastic Plastic Machineの田中知之さんがTBSラジオ『ザ・トップ5』にゲスト出演。食通で有名な田中さんが『無性に食べたくなる麺類トップ5』というランキングで、おすすめの麺のお店を紹介していました。

(外山惠理)続いての、いまがわかるランキングはこちらです。食通のFPM田中知之が無性に食べたくなる麺類トップ5。
第五位:名古屋 宮内 牛コロうどん
第四位:沖縄 丸安そば 軟骨ソーキそば
第三位:神戸 えみちゃん そばめし
第二位:宮崎 重乃井 釜揚げうどん
第一位:京都 中華のサカイ 冷麺
以上、食通のFMP田中知之が無性に食べたくなる麺類トップ5でした。うーん・・・全部美味しそうですねー。

(サイプレス上野)うまそうっすねー!

(外山惠理)もう、なんか聞くだけでっていう感じなんですけども。さらに、ここに写真がね、あるんですよ。

(田中知之)スタッフの方がこう、写真をね、見つけてきていただいて。

(外山惠理)そうなんですよ。第五位が名古屋 宮内の牛コロうどん。

スポンサーリンク

第五位:名古屋 宮内 牛コロうどん

(田中知之)僕が全国で好きなうどんっていうのは四国でもなく、大阪でもなく。この名古屋にあるっていう。これ、牛コロうどんってここだけしかないと思うんですけど。牛肉を、薄いすごくいいしゃぶしゃぶ用の牛肉をパッとお湯に通して。で、温かいうどんを茹でたのの上にバッとのせて。なんかちょっとぬるめの出汁をバッとかけて、その上に三つ葉を置いて・・・という。で、そこに大量にワサビがそえられてっていう。

(外山惠理)へー。

(田中知之)でね、これがね、なんかもう食べ物って口で説明するの、難しいですよね。もうぜひ、もし名古屋に行かれる機会がみなさんあったら、ぜひ食ってほしいんですけど。

(外山惠理)なんだ。『牛コロ』って言うから、なんかコロコロしてるのかと思ったら、お肉なんですね。

(田中知之)お肉の、結構そういうね、すごく素敵なしゃぶしゃぶのお肉がバーン!と乗っている、ぶっかけうどんみたいな感じなんですけど。麺がまたこのなんか、柔らかくもなく、コシがあるわけでもなく。その、なんか絶妙な麺の硬さと言いますか。

(外山惠理)なんかほら、名古屋の味噌煮込みうどんって、固いじゃないですか。

(田中知之)そうなんです。僕、名古屋の味噌煮込みうどんはぜんぜん好きじゃないんですけど。僕、名古屋は牛コロうどんだと。

(外山惠理)はいはい。固いでもすもんね。あれね。固い!

(田中知之)固いですよ。もう、本当ですよ。だから、それではないんです。

(外山惠理)へー!名古屋の宮内。へー!行ってみたい。

(田中知之)ぜひぜひ。チェックしていただければ。

(外山惠理)チェックします。で、第四位は沖縄ですね。

スポンサーリンク

第四位:沖縄 丸安そば 軟骨ソーキそば

(田中知之)はい。これ丸安そばっていう。これね、沖縄の開南っていう交差点にある24時間やっているそば屋さん。

(外山惠理)24時間ですか!

(田中知之)で、まあ半分外みたいなところなんですけど。なんかまあ、ソーキそば自体はほどほどの美味しさなんですよ。実は。でも、その中で働いているおばちゃんたちが、ものすごいコンビネーションがいいんですよ。

(外山惠理)へー。

(田中知之)で、こう1人のおばちゃんが麺を茹でたら、その次のおばちゃんがパッと器を準備して。その次、もう1人、おばちゃんがまたスッと入れ替わってスープを入れて。で、またおばちゃんがそこに麺をスッと入れて。その次のおばちゃんがソーキを入れて・・・とかって。入れ替わってどんどんやっていくんですよ。

(サイプレス上野)へー!いいなー!

(田中知之)それ、ハイファナ(HIFANA)みたいだなと思うんですけどね(笑)。まあ、ハイファナのことを知らない人は意味わからないですけど(笑)。

(外山・上野)(笑)

(田中知之)ハイファナっていうグループがね。なんかすごいいろんなこう・・・

(サイプレス上野)いろんな機材を人力で。いろんなことをやるんですよ。

(田中知之)やるグループがいるんですけど。

(外山惠理)その方たちを思い出して?

(田中知之)はい。ハイファナのことを思い出して。そういう丸安そば。

(外山惠理)いいですね。すごいなー!って感心して見てられそう。なんか、あー、イライラする!じゃなくてね。いいですね。

(田中知之)いいです。軽やかな感じで。

(外山惠理)沖縄の丸安そば。

(サイプレス上野)へー!気になるなー!すげー好きなんすよ。ソーキそばが。

(外山惠理)ねえ。気になるー。ねえ。だって、行くでしょ?

(サイプレス上野)沖縄、行きますね。

(田中知之)いいですよ。24時間だから、いつでも行けますよ。最高です。最高です。

(外山惠理)全部チェックしないと。

(田中知之)全部行かないと。

(外山惠理)本当。三位が、神戸のえみちゃん。

スポンサーリンク

第三位:神戸 えみちゃん そばめし

(田中知之)はい。これはね、もう『じゃりン子チエ』のモデルになったんじゃないか?ぐらいの外観なんですけど。本当に、団地の1階にある、神戸の元町ほど近くにある。で、ここそばめしってあって。そばめしって神戸ならではのもんで。焼きそばと焼き飯の合体みたいな。鉄板の上で、ご飯も焼いて、そばも焼いて。そばをブツブツブツッ!って切って。ガーッ!って焼くメニューなんですけど。まあ、本当にノスタルジックな味がするんですけど。ここで食べると本当に、そばめしっていうもののやっている意味がわかる。

(外山惠理)へー!

(田中知之)普通、『そばめし』って聞いたら意味がわかんないっていう。ほとんどの日本の国民のみなさんはおっしゃると思うんですよね。そんな必要があるのか!?って。

(サイプレス上野)(笑)。混ぜる必要が。

(田中知之)はい。混ぜる。『焼きそばは焼きそばで食えばいいし、焼き飯は焼き飯でしょ?』っていう気持ちで僕もいました。はい。

(外山惠理)(笑)。でも、ちょっと違ったという。神戸のえみちゃん。で、二位が宮崎です。重乃井の釜揚げうどん。

スポンサーリンク

第二位:宮崎 重乃井 釜揚げうどん

(田中知之)これはですね、本当に僕の好きなうどんは四国と大阪にないという。そういう意味では、宮崎の重乃井のうどんがいちばん大好きなんですよ。これ、釜揚げうどんで。

(外山惠理)へー!

(田中知之)これは、もうあり得ないぐらい、やわやわな状態に茹でるんですよ。もう、箸で持てばブツッと千切れるぐらい。でもそこに、椎茸ベースのすごい甘い出汁があって。そこにつけて食べるおうどんなんですけど。これ、王貞治監督。いま、名誉監督ですか?が、それこそ胃ガンの手術をされて。で、食事をできるよっていう時に、いちばん最初にどうしてもそこの、重乃井のうどんが食いたい!って言って食べられたっていう由緒正しき。

(外山・上野)へー!

(田中知之)まあ、宮崎は巨人のキャンプが。

(外山惠理)そうですね。

(田中知之)だから本当に、中に入ったら長嶋選手。選手時代にのれんをくぐっている写真とかがバーン!って飾ってあって。

(外山惠理)あるんですか。

(田中知之)その写真を見て、行ったキッズたちは全員、そのおなじのれんをこうやってるポーズで写真を撮るっていうのがね。

(サイプレス上野)いいなー!

(田中知之)重乃井は、もうイケてますよ。本当に。

(外山惠理)うわー、いいわー。ねえ。まあ、建物もいい感じでね。

(田中知之)いいでしょう?

(外山惠理)お聞きのみなさんもね、パソコンを見られる方は見てみてください。で、一位が京都。中華のサカイの冷麺。

スポンサーリンク

第一位:京都 中華のサカイ 冷麺

(田中知之)そうなんです!これ、僕実は高校の近くにある中華料理店で。でもここ、冷麺に特化してて。冷麺っていうか、いわゆる冷やし中華なんですけど。1年間食べれて。本当にすごくて。今日、実は実物をお持ちして・・・

(外山惠理)あっ、えっ、ある!冷麺って、あれじゃないんだ。

(田中知之)そう。普通、韓国冷麺みたいに思う。これ、いわゆる冷やし中華です。なんか、呼び方が間違っているんですけど。これ、冷やし中華。お取り寄せができるんですけど。その時のドメインが『reimen.jp』って言ってて。もう本気で入っていて。

(外山惠理)いいなー!

(田中知之)これ、いろんな方をお連れしてるんですよ。お店に。綾小路翔くんだったりとか、リリー・フランキーさんとか。お店まで全部一緒に行って。で、そっからファンになられてって。なにがすごいって、これ、取り寄せで食っても店で食っても、同じ味がするんです。

(外山惠理)本当ですか!?すごい!

(田中知之)普通、なんか取り寄せしたら、あんまり美味しくなかったりするじゃないですか。まあ、どうぞどうぞ、召し上がってください。

(サイプレス上野)じゃあ、さっそく・・・

(外山惠理)しかも、これタレがゴマ?

(田中知之)ゴマじゃないんですけど。白濁してる謎の感じなんですけど。

(外山惠理)ねえ。お酢っぽいイメージありますけど。冷麺。

(田中知之)お酢も入っていると思うんですけど。なんか絶妙の。マヨネーズなのか、玉子なのか。なんか、カラシなのか・・・

(外山惠理)(ズルッ)んーっ!

(田中知之)で、僕、高校が紫野高校っていう高校に行っていて。そこの後輩がブリリアント・グリーン(the brilliant green)たちがいるんですけど。やつらもこれが大好きで。実はなんか、他局で申し訳ないですけど。『HEY!HEY!HEY!』っていう番組でブリリアント・グリーンがこの冷麺を持っていって。松ちゃん浜ちゃんに食わしてましたからね。でも本当に素晴らしい店で。

(外山惠理)美味しい!

(田中知之)で、僕ずーっと推してたんですね。いろんな、これが素晴らしい!素晴らしい!って。そしたら、BRUTUSっていう雑誌があるんですけど。あれの全国お取り寄せランキングっていうのがあって。秋元康さんとか小山薫堂さんとかが審査員の、そういう雑誌のコンテストっていうかランキングがあるんですけど。お取り寄せランキング、麺類部門第一位になりました。

(サイプレス上野)(ズルッ)うん!

(外山惠理)あの、スープもそうなんですけど、麺もなんかモチモチしてて。

(田中知之)麺、ヤバいでしょ?そうなんです。これ、8分間ぐらい茹でるんですけど。これ、本当にお取り寄せしているのと店で食うのと、ほとんど味が変わんなくて。

(外山惠理)美味しい!

(田中知之)みなさん、これで結構悔しい思いをするじゃないですか。こういう番組って。俺、食えないのか?と。心配ありません。reimen.jpでお取り寄せしていただけたら。

[リンク]中華のサカイ 冷麺おとりよせ
http://www.reimen.jp/order.html

(外山惠理)これはいい!

(サイプレス上野)いま、我々が食べているものがそのまま。

(田中知之)はい。同じものが。同じ味わい。これ、焼豚とハムがあって、僕は焼豚の方がおすすめなんですけど。

(外山惠理)ねえ。ありがとうございます。

<書き起こしおわり>
https://miyearnzzlabo.com/archives/30521

タイトルとURLをコピーしました