スポンサーリンク

氏神一番と吉田豪 K DUB SHINEを語り合う

氏神一番 デビュー前の福山雅治に命を救われた話を語る dommune
スポンサーリンク
スポンサーリンク

カブキロックスの氏神一番さんがDOMMUNEで吉田豪さんとトークイベント『UGO』を開催。シークレットゲストの予定だったK DUB SHINEさんを全く知らなかった氏神一番さんが、自身で調べた情報を披露していました。氏神一番さんの曲、『ヒトにはバカにされておけ!』をかけた後のトークです。

氏神一番 デビュー前の福山雅治に命を救われた話を語る

(曲終わり)

(吉田豪)読書してちゃダメですよ。あ、マイク、切れてますよ(笑)。

(氏神一番)どうも。た、大儀であった。ありがとうございます。

(吉田豪)はい(笑)。

(氏神一番)どうですか?

(吉田豪)なんか、意外と曲(『ヒトにはバカにされておけ!』)の評判もよかったですよ。あの、1人、『音楽と歌、うるさいのでタブ閉じた』っていう人はいましたけど。

(氏神一番)なんでそんな、悪いのを言うんだよ。1個だけ。

(吉田豪)いやいや、でも、基本的に氏神さんのトークも評判いいですよ。

(氏神一番)ありがとうございます。

(吉田豪)『これ、ブレイクするかも』って書いてましたよ。

(氏神一番)ありがとうございます。じゃあ、たまにやろっか?

(吉田豪)(笑)。オファーないとね。

(氏神一番)オファーないとね。じゃあ、(杉作)J太郎さんが休みの日だけやるわ。

(吉田豪)ああ、Jさんが来れない時にね。

(氏神一番)ウゴな、ウゴ。

(吉田豪)ウゴじゃない。『UGO』でしょ?(笑)。

(氏神一番)ああ、UGO。UGOやろう。

(吉田豪)1回、でもあれなんですよね。Jさんと絡んだらどうなるか?の実験をしたことがあるんですよね。

(氏神一番)どっかであった。阿佐ヶ谷か。

(吉田豪)阿佐ヶ谷ロフトで。僕が氏神さんを推してた時に、最初のゲストで氏神さんが出て。氏神さんがドカンドカン笑いを取った後に、Jさんが出てから、Jさんが笑いを取るたびに、どんどん元気がなくなっていって。『俺、ぜんぜんダメだ・・・』みたいな感じになってましたよね。

(氏神一番)ねえ。拙者、割とね、ああいうヒゲ生やしている人、怖いんだよね。

(吉田豪)(爆笑)。そんな単純な話!?

(氏神一番)今日もあの、K DUB SHINEが・・・

(吉田豪)なんでバラしちゃうんですか?(笑)。

(氏神一番)ああ、言っちゃダメ?

(吉田豪)(笑)。ゲスト、飛び入りするかも・・・っていう風にね、言ってたんですけどね。大物が。ただ、遅刻癖がある人だから、間に合わない可能性も・・・っていう。住所だけは伝えてあります。

(氏神一番)ワタナベエンターテインメント入ったって。

(吉田豪)みたいですね。

(氏神一番)びっくりしたよ。

(吉田豪)うらやましいですか?

(氏神一番)『うらやましいですか?』ってまた、そういうところに(笑)。

(吉田豪)(笑)

(氏神一番)なんでそういうことを言うかな?ナベプロはだから、『お江戸-O・EDO-』の権利を持ってるんだよ。

(吉田豪)ああ、そうか。ジュリーが当時いたから。はいはいはい。あれですよね。ZEEBRAさんとね、交流が。

スポンサーリンク

ZEEBRAと氏神一番の交流

(氏神一番)ZEEBRAさんは、そうですね。

(吉田豪)ニューイヤーロックフェスで毎年。

(氏神一番)でも、2人は仲悪い?

(吉田豪)仲悪いですよ。

(氏神一番)ああ、そうなんだ。じゃあ、ダメじゃない。

(吉田豪)(笑)

(氏神一番)でも、彼はいい詞を書くよね。『詞』って言っちゃいけない。リリックっていうのか、あれは。リリック。

(吉田豪)よく知ってますね。

(氏神一番)『リリックを書く』だ。あれ、なんでラップの人はリリックって言うの?歌詞のことを。

(吉田豪)本人に聞けばいいじゃないですか。

(氏神一番)うーん。わかった。聞くよ。来たらね。

(吉田豪)ZEEBRAさんとはどんな交流をしてるんですか?

(氏神一番)いやいや、ニューイヤーロックで、だからカイキゲッショクっていうHIROがやっているやつで会うだけだよ。別にまあ、そんな親しいとかそういうんじゃないから。挨拶ぐらいはするけど。

(吉田豪)うん。

(氏神一番)でも、やっぱ普通・・・普通っていうか、常識人ですよね。

(吉田豪)うんうん(笑)。『ZEEBRAさんってどういう人なんですか?』って聞いて、『常識人ですよね』って答えもすごいですよ(笑)。

(氏神一番)いやいや、そこまでだから、あんまりわかんないから。

(吉田豪)まあ、いいです、いいです。HIPHOPとか聞きます?

(氏神一番)HIPHOPはね、そんなに聞かないんだよね。なんかイベントで会うのは、昔は『DA.YO.NE』の人と・・・

(吉田豪)EAST END。

(氏神一番)EAST ENDか・・・

(吉田豪)EAST ENDと同じくくりだったんですか?

(氏神一番)くくりっていうか、時代が一緒なんだよね。割と。だからイベントとかそういうのとか。あと、捕まっちゃったけど、YOU THE ROCK★とかね。

(吉田豪)はいはいはい。もう、出てますけどね。

(氏神一番)もう出た。ああ、本当。まあ、ああいう結構陽気な人はほら、話しかけ・・・

(吉田豪)ヒゲ生えてても大丈夫?(笑)。

(氏神一番)陽気な人はいいんだけど。杉作さんは・・・

(吉田豪)別に陽気な人ですけどね。

(氏神一番)陽気だけど、なんか・・・

(吉田豪)ビジュアルが怖い?

(氏神一番)なんか、男の墓場劇場?

(吉田豪)劇場じゃないですよ(笑)。プロダクションですね。

(氏神一番)そうそうそう。

(吉田豪)基本、知識だいたいウル覚えですよね(笑)。

(氏神一番)ちょっとずつ間違っている(笑)。ごめん。

(吉田豪)(笑)

(氏神一番)ここも、ドキューンとか・・・

(吉田豪)『ドキューン』って言ってたんすか!?(笑)。

(氏神一番)いや、どこかわかんないからさ。聞いたんだもん。ドキャーンだっけ?どこかわかんない。

(吉田豪)(笑)

(氏神一番)だって、適当なんだもん。教え方。この人。

(吉田豪)なんすか?

(氏神一番)教え方も。だから、『適当にしゃべればいい』とか言って。急に突然電話かかってきて、『○日、空いてます?フリートークでしゃべるんですけど。2時間』って。なんにもわかんないじゃない。『場所はどこだ?』『ドキューンってところで・・・ドユーンってとこですから・・・』って。電話で言ってもよくわかんないよ。

(吉田豪)ああ、なるほどね。もう覚えましたね?

(氏神一番)えっと、ドシャーン・・・

(吉田豪)そこでボケないでいいんですよ(笑)。

(氏神一番)いやいや、いま本当にね、難しいんだよね。

(吉田豪)なにが?

(氏神一番)なにが?じゃなくて。沈黙が怖い。こういう、なんか、ないの?

(吉田豪)カブキロックスも聞きます?21世紀バージョン、聞きますか?

(氏神一番)キングレコードさんも来てるからね。

(吉田豪)さっきのはインディーなんですよね。

(氏神一番)さっきのはインディーズで1位。こっちはキングで。ちょっと、15年ぶりにメジャーに返り咲いた・・・これ、じゃあ21世紀バージョンの『お江戸-O・EDO-』を聞きますか。

(中略)

(吉田豪)ちなみに、さっき曲を流している時に小声で聞いてきたのが、『なあなあ?K DUB SHINEって怖くない?』っていう(爆笑)。

(氏神一番)(笑)。またそんなことを言う!いや、さっきさ、『来るかも』って言って、メールもらったから。どんな人かな?って、ものすごい怖い顔、出てきたの。アー写が。うわっ、こんな人来たら・・・安岡力也さんより怖いかったら、俺、帰ろうかな?って思ってたんや。

(吉田豪)うん。

(氏神一番)でも、いい人っぽいから。

(吉田豪)いい人っぽいですよ。大丈夫ですよ。

(氏神一番)でもさ、ああいう、なんかさ、リリックとか詞。

(吉田豪)おっ、リリック。覚えましたね。

(氏神一番)なんかさ、ラップの世界ってすごい独特だよね。なんかケンカすることを、『ビーフ』って書くよね。

(吉田豪)おっ、よく知ってますね。ビーフ。

(氏神一番)『ビーフが勃発』って、『なんだろう?肉が爆発したのか?』って思ったら・・・『ビーフが勃発』って書いてあって。それ、ね。興味深かったよ。

(吉田豪)(笑)。勉強したんですね。ビーフ。

(氏神一番)いちいち、これで和解したとか。いろいろ全部書いてあんねん。プロフィールが。こんな長いプロフィール、読んで疲れた(笑)。

(吉田豪)勉強したんですね・

(氏神一番)勉強したんです。K DUB SHINEってすごい名前やなと思って。

(吉田豪)DEV LARGEとのビーフが・・・とかですね。

(氏神一番)で、『ビーフが勃発ってなんやろう?』ってずっと。で、なんか和解とか。ずっと書いてあんの。それでなんか、詞はすごい、いい感じ。『ヒトにはバカにされておけ!』に近いような歌詞が・・・

(吉田豪)ああ、なるほどね。まあ、児童虐待とかね、いろいろそういうのも出してますもんね。

(氏神一番)そうそう、だからそれはいい感じで。まあ人は見かけによらぬもの。まあ、拙者もそうだけど。だから、そういう、あるやんか。

(吉田豪)あるやんか?なにが?(笑)。

(氏神一番)あの、あれやんか、ほら・・・

(吉田豪)どれ?(笑)。

(氏神一番)なんや、映画で『デトロイト・メタル・シティ』の。俺、あん時ちょっと宣伝のあれになったのよ。

(吉田豪)宣伝のあれってなんですか?

(氏神一番)宣伝の広報の・・・映画を宣伝する人みたいなの、あんねん。デトロイト・メタル・シティや。

(吉田豪)はいはい。若杉公徳先生のね。

(氏神一番)そうそう。あれのフォーク野郎やったし。俺も、昔な。

(吉田豪)フォークがこういうメイクをして。

(氏神一番)そうそう。だから本当、怖い感じの。あの主人公にちょっと・・・

(吉田豪)性格、ぜんぜん違うじゃないですか。

(氏神一番)えっ?いや、内気やんか。

(吉田豪)ああ、内気はそうですけど。メイクして、凶悪になるの、ないじゃないですか。

(氏神一番)いやいや、俺、最初は凶悪。バーッ!ってなってたんや。

(吉田豪)なってたんですか?

(氏神一番)それがだんだんほら、メイクしても薄くなって地が出てきた感じの・・・メイクしててもしてない感じで、もう・・・だって俺、渋谷からこれで来たけど。

(吉田豪)あ、そうなんですか?今日。

(氏神一番)うん。さっきそこの飲み屋で・・・待っていた時ね。ちょっと・・・

(吉田豪)えっ?このメイクで飲み屋で待っていたんですか!?

(氏神一番)そうだよ。だって、ここ楽屋ないじゃない。

(吉田豪)ないですけど(笑)。

(氏神一番)外で待っていてもおかしいから、もう、『入ろうか』言って入った。まあ、キングレコードの営業の人と一緒ですよ(笑)。ずーっと飲んでたのよ。

(吉田豪)イジられます?

(氏神一番)なにが?いや、東京の人はイジらないよ。うん。

(吉田豪)あー。『あれ、氏神じゃね?』ぐらいな感じ?

(氏神一番)だから、見てくるけど。だから、時代はさ、ダルビッシュ有がいても、ぜんぜん東京なんか誰もあれだよ。だから、紅白とかでバンド・・・だから俺らはあれだったんだよ。25年前にゴールデンボンバーみたいな扱いだよどっちかと言うと。

(吉田豪)テレビ的には。

<書き起こしおわり>

    [関連記事]

  1. 氏神一番が語る MC録音事件と名著『消えた!?イカ天バンド』の真相
  2. 氏神一番と吉田豪 K DUB SHINEを語り合う
  3. 氏神一番 デビュー前の福山雅治に命を救われた話を語る
  4. 氏神一番 芸能人の副業とモツ鍋屋開店失敗を語る
タイトルとURLをコピーしました