スポンサーリンク

吉田豪 星野みちるとスクーターズカバー楽曲特集

吉田豪 星野みちるとスクーターズカバー楽曲特集 bayfm with you
スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉田豪さんがbayfm『with you』で星野みちるさんとコラボしたスクーターズのカバーされた楽曲を特集していました。

吉田豪 星野みちるとスクーターズカバー楽曲特集

(松本ともこ)今日の特集はなんでしょうか?

(吉田豪)はい。星野みちるとのコラボ記念。スクーターズのカバー曲特集。

(松本ともこ)こう聞いて、ん?スクーターズ?そして星野みちるさん・・・星野みちるさんの話題は吉田豪さん、ずいぶん早い段階で出てますが。bayfmでは毎週月曜深夜3時からのレギュラープログラムがあると。タイトル、かわいい。『星野みちるの起きてられない!』っていうことで。こちらも聞いていただけるとわかると。で、スクーターズ?

(吉田豪)スクーターズっていうのはね、まあ知る人ぞ知る。知らない人はまったく知らない感じですが。いま、『東京ディスコナイト』というその代表曲が流れてるんですけど。キョンキョンがカバーしたことでお馴染みのはずですね。

(松本ともこ)うんうんうん。

(吉田豪)ええとですね、78年結成で82年にデビューして、アルバム1枚、シングル1枚残して解散して。当時はだから、まあそんなに評価もされず、だったんですよ。それこそシャネルズとかと対バンしてるような時期の人たちです。が、その後だからカバーされたりだとか何だとかで。まあ、モータウン路線をやった、かなり早すぎたグループで。

(松本ともこ)モータウンだ。

(吉田豪)編集盤の帯を小西康陽さんとクレイジーケンバンドの横山剣さんが書いていることからもわかるような、そういう、わかる人がすごい評価して。後追いでハマった人が多くて。ニューウェーブと渋谷系の橋渡しをしたような人でもあって。ピチカート・ファイヴやフリッパーズ・ギターやコーネリアスのCDジャケのデザインを手がけた信藤三雄さんが率いてたグループですね。

(松本ともこ)えっ、あの信藤三雄さんがっていう。音楽活動でいうとこのスクーターズにたどり着く。

(吉田豪)で、スクーターズがいまだに実は活動とか。再結成して細々とやってまして、星野みちるとコラボして、この前ライブもやったというね。

(松本ともこ)もうかなりのベテランであり、ねえ。グループですもんね。

(吉田豪)で、星野みちると会場限定シングルを出して。それが東京ディスコナイト。これのカバーとかやってたりするという。

(松本ともこ)あー!これ、でも会場限定シングルですか。

(吉田豪)そうなんですよ。

(松本ともこ)行かないと手に入らないじゃん!

(吉田豪)そうなんですよ。しかも、もうライブ終わってますけど(笑)。

(松本ともこ)だから友達のために何枚かっていう人もいるでしょうね。

(吉田豪)ということで、いま振り返ってみようという感じで。で、東京ディスコナイト。いろんな人がカバーしてるんですが。実は僕の中でいちばんベストと言えるバージョンがありまして。THE CLOVERSっていう、初期にHIROMIX。カメラマンの。彼女が在籍したことで知られるガールズガレージバンドで。90年代末ぐらいですかね。実はいまも細々とやってるのかな?セカンドが配信限定で出てたりとか、正直活動はよくわからないんですが。最初のミニアルバムが信藤さんのレーベルから出てて。いいんですよ。これが。で、これバージョンの東京ディスコナイト、行きますかね。THE CLOVERSで、東京ディスコナイト。

(松本ともこ)いろいろとね、HIROMIXとかみんな懐かしい名前だったりとか。THE CLOVERSっていうのは彼女が・・・

(吉田豪)所属していて。

(松本ともこ)この声は?

(吉田豪)THE CLOVERSの方々で。で、この人たちの写真とかを撮ったあたりからHIROMIXさんが脚光を浴びて、みたいな流れだと思うんですけどね。そんなTHE CLOVERSバージョンでした。

(松本ともこ)の、東京ディスコナイトがいちばん好きと。

(吉田豪)はい、そうです。そして、スクーターズのもうひとつ、代表曲っていうわけじゃないんですが。これもある人がカバーしてるので、原曲から聞いてみたいと思います。スクーターズの、オリジナルは81年リリースのアメリカのGet Wetっていうバンドなんですが。それを日本語バージョンにしたスクーターズで『電話はスバヤク』。

(松本ともこ)これがスクーターズの。かっこいいですね。

(吉田豪)実にモータウンっていう感じなんですけど。

(松本ともこ)モータウン!

(吉田豪)だからボーカルとかかなり黒っぽい感じなんですが。これが、また当時、坂上とし恵さんがカバーしてるんですよ。

(松本ともこ)当時、アイドル。

(吉田豪)野々村真夫人ですね。バイオレントなイメージばかり強い坂上とし恵さんなんですけども。の、ラストシングルが、『パンプキン・ラブ』っていうコンピ盤にのみ収録されてると思うんですけど。CDでは。

(松本ともこ)それの写真って、坂上とし恵さん?

(吉田豪)違いますよね。ジャケ、違います。ええと、坂上さんは中に入っています。

(松本ともこ)そのバイオレントなイメージとか、お子さんとかそういうイメージなんですけど。

(吉田豪)こんな感じで、かわいいんですよね。

(松本ともこ)かわいい(笑)。

(吉田豪)声もすごいっていうか。これ、カバー圧勝してますよ。すごいいいんで。

(松本ともこ)私、ちょっと歌声想像できない。

(吉田豪)ええと、じゃあ坂上とし恵さんで、電話はスバヤク。

(松本ともこ)聞き入っちゃったんですけど。声に、歌に力があるのと、『アァン!』っていうところと(笑)。

(吉田豪)白いシャウトがいいですよね(笑)。黒さ皆無っていう(笑)。

(松本ともこ)スクーターズの時に『おっ、かっこいい!』って。モータウンだけどこっちはアイドルですね。

(吉田豪)モータウン感がぜんぜんなくなるんですよ(笑)。でも、いい。

(松本ともこ)やっぱり娘さんはこの血を継いで。

(吉田豪)香音さんね。

(松本ともこ)大活躍ですもんね。

(吉田豪)坂上とし恵さん、彼女と電話のイメージって僕、あれですよ。たしかハワイでちょっと暴力沙汰を起こして110番されたっていうイメージしかないですよ(笑)。

(松本ともこ)なんかそっちの方が・・・私、なんかね、どうしてもいま自分の中でまとまらなかったけど。そうですよね。

(吉田豪)そうですよ。基本、DVというかなんというか(笑)。ねえ。真さんの愚痴でしか知られてない(笑)。『酷いんですよ』って。

(松本ともこ)びっくりしちゃった。

(吉田豪)『うちは食器がないんです。怒っているとだいたいテーブルに料理をそのままバンッ!って・・・』みたいなことでお馴染みの人が、こういうかわいい感じで。

(松本ともこ)かわいい。でもなんかちょっと強さを感じるな(笑)。

(吉田豪)(笑)。いいカバーでした。

(松本ともこ)そして、今日もう1曲、このコーナーであります。

(吉田豪)最後はね、まあ星野みちるさんのバージョンもかけたいということで。スクーターズが、再結成というかいま活動してて。実は曲調がモータウンっぽいっていうことで、AKBの『恋するフォーチュンクッキー』をカバーしてるんですよ。

(松本ともこ)はー。

(吉田豪)これ、ネット上でも動画が上がってるんですが。で、今回その東京ディスコナイトのカバーのシングルを出すっていうことで、カップリングでこの曲をカバー。要するに元AKBの星野みちるが、恋するフォーチュンクッキーを歌うっていう。酷い悪ふざけが実現してるんですよ(笑)。

(松本ともこ)(笑)。でもさ、本人ももう楽しんでるんでしょ?

(吉田豪)現在29才の星野みちるが(笑)。恋するフォーチュンクッキーを歌うという。

(松本ともこ)いいじゃないの。その心境とか聞きたいですよね。

(吉田豪)すごくいいですよ。いや、もう本当に僕、この前のそのね、発売記念ライブは見れなかったんですけど。MCも天才なんですよ。

(松本ともこ)あ、そうですか。

(吉田豪)あの人、最高なんですよね。僕、Twitterで見て爆笑したんですけど。『ステージって暑いんですよね。この後、脇汗が目立ってくると思うんで、そこに注目して見てください』って(笑)。

(松本ともこ)(爆笑)

(吉田豪)本当、なんかね、口を開くと余計なことしか言わないっていう(笑)。毎回爆笑してるんですよ。この人のMC。ライブ後に毎回挨拶するたびに、『今日もMC、最高でした!』しか言わないですよ(笑)。『面白かったです!』っていう。

(松本ともこ)いいねー(笑)。

(吉田豪)この前もなんか13才ぐらいの子との対バンの時に『星野みちる、11才です』とか。誰も得しないような嘘をつきだして。で、ライブ終盤で『すいません。さっきのは嘘でした』って(笑)。わかってますよっていう(笑)。

(松本ともこ)いいキャラクターですねー。でもじゃあその、今日はカップリングを。

(吉田豪)聞いてみましょうという感じでね。当然、今回のこのシングルも信藤三雄さんがジャケも担当という感じで。

(松本ともこ)おー、すごい。注目。注目。

(吉田豪)ねえ。ぜひなんとか入手していただきたいということで。星野みちるとスクーターズで恋するフォーチュンクッキー。


※0:55あたりから始まります

(松本ともこ)星野みちるさん、そしてスクーターズ。恋するフォーチュンクッキーでした。なんか今日の音楽特集、めっちゃ充実してません?

(吉田豪)まさかフルでかけるとは思わなかったですよ(笑)。

(松本ともこ)素敵、素敵。いま、この会場限定でっていうジャケットアートを。信藤さんが手がけたの、おしゃれ!

(吉田豪)いいですよねー。さすがっていう。

(松本ともこ)で、下にスクーターズの方の写真も星の中に入っていて。会場じゃないと手に入らないということなんで。まあ、まだこれから・・・

(吉田豪)まだ買えると思います。

(松本ともこ)ふーん。いい特集じゃないですか!

<書き起こしおわり>
https://miyearnzzlabo.com/archives/16814

タイトルとURLをコピーしました