プチ鹿島が語る 真のルーズヴェルト・ゲーム DeNA中畑野球の魅力

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

プチ鹿島さんがTBSラジオ『東京ポッド許可局』で、8-7のルーズヴェルト・ゲーム的試合を連発するDeNAベイスターズ中畑監督の野球の魅力を語っていました。

(プチ鹿島)知ってます?ルーズヴェルト・ゲームってあれ、意味ね。『8対7がいちばん面白い』っていうルーズヴェルト大統領の言葉。でもそんなんね、横浜スタジアム行けば、中畑がいつもやってるんですよ。

(サンキュータツオ)(笑)

(プチ鹿島)8点取っても7点取られるんですよ。ルーズヴェルト・ゲーム。

(サンキュータツオ)逆に7点取って8点取られているからね。中畑は。

(プチ鹿島)あれ、中畑野球のことを言ってるんです。ルーズヴェルト・ゲームって。

(サンキュータツオ)でもさ、横浜対明徳って8-7だったよね。松坂が投げたやつとかね。あれ、いい試合だったよね。ルーズヴェルト・ゲーム。8対7でございます。

(マキタスポーツ)中畑試合?

(プチ鹿島)中畑がやっている、ずさんな試合です。

(マキタスポーツ)中畑試合っていうタイトルは、あんまり視聴率が取れそうにないな(笑)。

(プチ鹿島)だけどね、中畑のずさんなゆるい試合ってね・・・ビールが美味いんですよ。大味で、いいんですよ。

(サンキュータツオ)まあね。これからの季節にね。いや、今年マジでハマスタに行こうよ!鹿島さん。

(プチ鹿島)いや、俺はマジで野球の原点を味わったわけ。投手戦とかさ、キツキツのもそれを好きって。意識の高いやつは、それが。落合野球とか。

(サンキュータツオ)1-0がいい、とか。

(プチ鹿島)いいんだけど。いや、横浜スタジアム行ってみ?ビールだったら、ゆるい試合がいちばんいいよ!

(マキタスポーツ)(笑)。わかる。その話、なるほどね。

(サンキュータツオ)打ってね、点が入ってね。

(プチ鹿島)野球ってそんな、牧歌的なもんじゃないかった?って私はいいたい。

(マキタスポーツ)元々はね。

(サンキュータツオ)1-0じゃつまんないよね。8-7。ルーズヴェルト・ゲーム。お楽しみに。マキタスポーツも出ております。

<書き起こしおわり>