ピエール瀧 赤江珠緒 週刊プレイボーイグラビア案を再び考える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 722

TBSラジオ『たまむすび 秋のパブリックビューイングスペシャル』の中でピエール瀧さんたちが立ち消えていた赤江珠緒さんの週刊プレイボーイグラビア企画についてトーク。全員でグラビアの案を考えていました。



(小林悠)(質問メールを読む)『赤江さんのグラビアの件はどうなりましたか?エグゼクティブマネージャーのピエール瀧さん、お応えください』。

(ピエール瀧)はい。そうですね。あの、以前ね、この『たまむすび』が『(小島慶子)キラ☆キラ』から『たまむすび』になって。で、聴取率で1位になったら、メインパーソナリティー赤江珠緒は何かやるべきなんじゃないか?っていうことで。やっぱ、グラビアっしょ?ってことになって。で、週プレ。週刊プレイボーイの編集部にまで連絡して、アポ取って。そしたら、まあね、最初の頃、一瞬なんかの間違いで取ったんですよね。聴取率1位を。

(赤江珠緒)取った。取った。

(ピエール瀧)で、その時に、『じゃあやりましょうか?』ってことになって。週プレさんの方にも連絡はしたんですけども、その後、どうも赤江が腰を上げねえっていう。

たまむすび聴取率1位達成!赤江珠緒プレイボーイグラビア企画復活する
TBSラジオ『赤江珠緒たまむすび』が聴取率単独1位達成!ということで、ピエール瀧さんが以前、赤江珠緒さんが約束したグラビア企画を復活させました。 (赤江珠緒)で、めで...

(赤江珠緒)(笑)

(小林悠)あっ、じゃあ赤江さん次第?

(赤江珠緒)違う違う。そん時に、需要とそれが合えば、前向きに考えますかっていう話だったじゃないですか。で、その後、週プレさんと連絡を取っていたのは前のプロデューサーの池Pだったんですよね。で、池Pから橋Pにかわりまして、全ての人脈は途絶えたと。

(山里亮太)途絶えた(笑)。

(ピエール瀧)じゃあ、そこをもう一度、再構築すればいいわけですね?

アサヒ芸能のライン

(玉袋筋太郎)俺、あれだよ。アサヒ芸能のラインだったらあるよ。

(一同)(笑)

(小林悠)ああー、アサヒ芸能は・・・

(博多大吉)そうなると赤江さん、袋とじになっちゃう(笑)。

(一同)(笑)

(山里亮太)水着の面積、ちっちゃいですよ。たぶん。

(赤江珠緒)ねえ。それに耐えうるかどうかですけどね。

(博多大吉)えっ、やるんですか?

(赤江珠緒)いやいやいや、だってね、普段、だってさんざん色気ないとか言ってるじゃないですか。

(ピエール瀧)はい。

(一同)(笑)

(山里亮太)躊躇なし(笑)。

(赤江珠緒)それに何を出させる?

(ピエール瀧)いいじゃん。玉ちゃんのとこで、そっちでアサヒ芸能でやってもらって。

(玉袋筋太郎)あの、後ろに方にね、毎週『隣の淫ら妻』っていう・・・俺が毎週ファイリングしてる。それもありますし。うん。

(ピエール瀧)四十妻みたいなやつね。

(赤江珠緒)どうです?見たいですか?

(観客)(拍手)

(玉袋筋太郎)おっ!

(ピエール瀧)いや、そうでしょう。

(赤江珠緒)いや、ちょっとちょっと。『見たくない』という人は?

(観客)・・・

(ピエール瀧)ゼロ。

(山里亮太)1人、一生懸命叩いている人が(笑)。

(カンニング竹山)だって、女性のお客様も見たいんですもんね?

(女性観客)(拍手)

(ピエール瀧)ちょっとね。

(小林悠)結構拍手、大きいですよ。女性の方が。

(赤江珠緒)いや、ちょっとその、自信がないんですけど(笑)。

(ピエール瀧)なに?どのへんを想像しているわけ?赤江さんは。その、どのラインを想像してんの?グラビアの。

(赤江珠緒)グラビアってどういうグラビア?

(カンニング竹山)えっ、なにを想像している?グラビアで。グラビアでなにを想像しているんですか?

グラビアのイメージ

(赤江珠緒)グラビアって言ったらこう、水着的な感じじゃないですか?

(ピエール瀧)水着でヤシの木の前で『ひゃーっ!』っていう、ああいうやつ?あのヤシの木の前とかで。あの感じを想像してんの?そんなわけ、ないじゃん。

(赤江珠緒)ないの?(笑)。

(カンニング竹山)女豹とかを?女豹のポーズとか、想像してる?

(ピエール瀧)女豹?

(赤江珠緒)ええっ?できないでしょう?なに?なにを求めているの?

(ピエール瀧)いや、別に妖怪シリーズに化けたっていいんですよ。

(赤江珠緒)(笑)。そういうグラビア?

(ピエール瀧)ねえ。パッパッみたいな。

(カンニング竹山)あ、それいけるでしょ。

(ピエール瀧)そう。それだったら別にいいじゃない。

(赤江珠緒)ああ、そうですか。それをプレイボーイさんが・・・河童!?

(ピエール瀧)いや、だからそこはもう詰めていって。カメラマンのイメージ等々からやっていけばいいじゃない。

(小林悠)これだけの需要がいま、あるということがわかりましたから。

(赤江珠緒)和服?

(ピエール瀧)和服ね。

(赤江珠緒)着流す?

(ピエール瀧)あの、お風呂浸かっている感じのやつとか。

(一同)ああー!

(赤江珠緒)後れ毛みたいな?

(ピエール瀧)そうそうそう。このへんまで、お風呂に浸かって。

(赤江珠緒)なるほど。

(山里亮太)まんざらじゃない顔になってきましたね。赤江さん。

(赤江珠緒)まんざらじゃないっていうか、自分で想像してみて。ええっ!?いる?

(ピエール瀧)和服で旅館でしなっとしている感じとか。そうそうそう。

(小林悠)あんまりいやらしくない感じで。

(ピエール瀧)そうそうそう。そっちだったらいいじゃない?

(玉袋筋太郎)こう、なんかね、お銚子がこぼれて・・・

(ピエール瀧)途中に足軽も入れてあげるから。

(一同)(笑)

(赤江珠緒)いや、ABC時代にもたいがいそういうことやらされましたけど。ちょっと色っぽいっていうモードで撮れって言われて写真撮ったりしましたけど。もう大体、みんなに笑われて終わったもん。本当にトラウマ。

(ピエール瀧)いや、それはその前の話でしょ?いま、もう40になってちょうど脂が乗り切った感じの。いい感じで、こう・・・

(赤江珠緒)出てると思います?

(ピエール瀧)深川あたりで撮ってくれんじゃない?こう、ちょっと・・・

(赤江珠緒)本当?(笑)。瀧さんも横でなんかやってくれる?

(ピエール瀧)じゃあ俺、大八車とかこう、引いて。

(一同)(笑)

(玉袋筋太郎)そういうシチュエーションなの?

(小林悠)期待して待ちましょう。

(ピエール瀧)『へいっ!』っていう感じで。やってあげるから。

(小林悠)期待してます。

<書き起こしおわり>