スポンサーリンク

KEN THE 390とジェーン・スー 早稲田大学サークル GALAXYを語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 729

KEN THE 390さんがソラトニワFM原宿『シケ金』に出演。サークルの先輩でもあるジェーン・スーさんと、所属した早稲田大学のサークル、ソウルミュージック研究会GALAXYについて話していました。


(ジェーン・スー)KENさんとは私はすれ違い通信ぐらいはしたことがあるんですけど。

(KEN THE 390)(笑)。ご挨拶ぐらいっていう。

(ジェーン・スー)ちゃんと、面と向かってしゃべるのは初めて。

(DJ YANATAKE)意外な感じもするけど。ねえ。

(ジェーン・スー)あのね、ギリギリわかんなくなる世代の、ちょうど境目にいるのがKEN THE 390さんなんですよ。

(DJ YANATAKE)お互い、もちろんね、だって名前とか活動は知っているわけでしょ?

(KEN THE 390)もちろん、もちろん。僕、ラジオとか聞いてますもん。

(ジェーン・スー)ああ、ありがとうございます。あの・・・あるじゃん。それこそ日常的に日本語ラップを聞いて。夜、遊びに行ったりとかも、そこそこ、いまよりもしていたような時期から、ある時から、『おっ、体力的にキツくなってまいりました・・・』みたいなところから出てきた人っていうのは・・・

(DJ YANATAKE)なるほどね。

(ジェーン・スー)だから、AKLOくんはそれこそヤナタケさんに紹介されたから会ったことはあるけど。SALUさん、知らないとかさ。

(KEN THE 390)ああー。

(ジェーン・スー)SALUくんは・・・『SALUくん』ってがんばってほしいわけじゃないんだけど。

(KEN・ヤナタケ)(笑)

(ジェーン・スー)SALUさんは、それこそ伊藤のイベントとかでライブは見たことがあっても、生で人としてすれ違ったことはないとかさ。で、そのちょっと上ぐらいじゃないですか。KENさんって。

スポンサーリンク

大学サークルの先輩・後輩の関係

(KEN THE 390)そうですね。僕もちょうど伊藤さんが、僕が学校に入った時、大学のちょうど先輩で・・・

(DJ YANATAKE)『伊藤さん』の説明をしましょうかね。アメブレイクの編集長ですね。

(ジェーン・スー)いろんなところで全部伊藤の話をして、伊藤は呼ばないっていうあれなんですけど。

(DJ YANATAKE)そうね。11zeroっていうやつですね。アメブレイクの編集長。

(ジェーン・スー)アメブレイクの編集長。元BLASTの編集長ですね。もうBLASTっつってわかるかな、みんな?っていう話なんですけど。



(DJ YANATAKE)はいはい。

(ジェーン・スー)まあまあ、小憎らしい後輩がおりまして。そのあたりとの、ちょっと下世代っていうことですね。あれですよ。わかりやすく言うと、ギャラクシー(GALAXY)という早稲田大学のソウルミュージック研究会。日本語ラップのフリーメイソン。

(KEN・ヤナタケ)(爆笑)

(DJ YANATAKE)本当、そう。本当、そう。

(ジェーン・スー)そうそう。ライムスターを筆頭にという、あのサークルのメンバーの1人。同期って?

(KEN THE 390)同期って僕、ラッパーだとTARO SOULとか。

(ジェーン・スー)あ、そっかそっか。DEJIくんとかも?

(KEN THE 390)あ、そうですね。DEJIとかもそうですね。

(ジェーン・スー)あ、じゃあ豊作。

(KEN THE 390)そうですね。あと、降神っていう。志人とかなのるなもないも同級生ですね。

(ジェーン・スー)豊作!

(KEN THE 390)ラッパーが超多かったんですよ。

(ジェーン・スー)なんだ、その年!?

(DJ YANATAKE)えっ、そう?もっともっといそうな感じ、するけど。

(ジェーン・スー)いないよ!

(DJ YANATAKE)そうなの?(笑)。

(ジェーン・スー)こんな年、ないよ!だってしかも、みんなリリースアーティストじゃないですか。

(KEN THE 390)ああ、そうですね。ちょうど僕らの時にラッパーが多くて。でも、上とかはやっぱりいなくて。ラップしてると先輩にすげーバカにされる感じでしたよ。なんか。『お前、もっと勉強しろ』みたいな。

(ジェーン・スー)よくわかんない、そんなの。

(KEN THE 390)『そんな知識でラップしやがって』みたいな。すげー・・・

(ジェーン・スー)ああー!なるほど、なるほど。

(KEN THE 390)『もっとレコード掘れよ』みたいな。すごい言われて。

(ジェーン・スー)そうなんだ。いや、すごい世代だな、だけどその豊作っぷり。私の世代、(DJ)JINしかいないですからね。

(KEN THE 390)でもJINさんがいたら・・・

(ジェーン・スー)もうJINが一身に。イチローみたいなもんだよ、もう(笑)。JINがずっと4割打ってて終わりっていうね。

(DJ YANATAKE)へー。後輩は?

(KEN THE 390)後輩は、1個下の代が、ライターの二木信。

(DJ YANATAKE)ああ、そうなんだ。後輩なんだ、二木さん。

(KEN THE 390)あいつが1個下ですね。

(DJ YANATAKE)あれ?日高(SKY-HI)とかも、そう?

(KEN THE 390)も、そうっす。SKY-HIも。でも、『一瞬入ってすぐやめた』って言ってましたけど。

(ジェーン・スー)そうなんだ。

(DJ YANATAKE)まあ、いっぱいいますね。ギャラクシー。それ、なんかさ、ないの?ホームページみたいな。

(ジェーン・スー)ねえ。ヒップホップ界の日大とか。

(KEN THE 390)(笑)

(DJ YANATAKE)ウィキペディアみたいなの、ないの?

(KEN THE 390)たしかに、わかんないですね。正確に誰がいたか?とか、僕も知らないことあるんで。

(ジェーン・スー)そうそう。意外な人がそうだったりするんですよね。

(DJ YANATAKE)なんかでもさ、俺は行ったことないし、ギャラクシーじゃないけどさ。オープンじゃないけどさ、クローズドなのかもしれないけど、イベントやってたでしょ?年に1回ぐらい。ギャラクシーで。

(ジェーン・スー)ああ、そうですね。サマーパーティーっていう。

(音声途切れ)

(DJ YANATAKE)すごいメンバーがDJしてるっていう(笑)。

(ジェーン・スー)私が1年生の時には、まだイエローがあったんですよ。で、学生なんか普通イエロー、借りられないのに、どっから借りてきたか、イエロー借りてきて。イエローのステージで私、ブラン・ニュー・ヘヴィーズ歌うっていう。

(KEN・ヤナタケ)(爆笑)

(ジェーン・スー)かなりの苦行を。

(KEN THE 390)そんなことやりたくて入ったわけじゃないのにっていう(笑)。

(ジェーン・スー)一応。

(DJ YANATAKE)まあ、じゃあそういうところで多少すれ違ってはいたと。

(ジェーン・スー)そう。すれ違い通信をしてたけど、ちゃんとお会いしたのは初めて。よろしくお願いします。

(KEN THE 390)よろしくお願いします。

<書き起こしおわり>
ジェーン・スーとライムスター 早稲田大学サークル 先輩・後輩話
ジェーン・スーさんが大学時代に所属していた早稲田大学サークル『ソウルミュージック研究会GALAXY』。ライムスターの宇多丸さん、Mummy-Dさん、DJ JINさんと先輩・後輩関係...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする