町山智浩 テレビドラマ『アンリアル(UnREAL)』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 736

町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、リアリティー番組の内幕を描いた人気テレビドラマ『アンリアル(UnREAL)』を紹介していました。



(町山智浩)本題に入るんですけど、いまアメリカね、映画がないんですよ。

(赤江珠緒)ああ、そういう時期なんですね。

(町山智浩)新作映画がなくて。9月の半ばぐらいまで行くと、アカデミー賞狙いの映画がどんどん公開されるんですが。ちょっと間が空いているので、テレビの話をします。

(赤江珠緒)はい。

(町山智浩)今回ご紹介するのは、アメリカのリアリティー番組というのの内幕を描いだドラマで『アンリアル(UnREAL)』という番組を紹介します。これ、変なのは、リアリティー番組っていうのはリアルな普通の人の・・・なんだろうな?『ビッグダディ』とかそういうやつですね。あと、『テラスハウス』。

(山里亮太)はい。

(町山智浩)とか、そういう普通の人たちとか芸能人も含めて、台本なしでただ生活してたりするのをビデオでずっと撮影して。それを放送するっていうのをリアリティー番組っていうんですけど。日本では、なんか特別な呼び方、あります?

(山里亮太)いや、特に。言い方はないですよね。

(町山智浩)リアリティー番組とか?

(山里亮太)『リアリティー番組』とも言われてないですね。その言葉もあんまり定着してないです。

(赤江珠緒)あんまりないですね。

(町山智浩)あ、定着してないんだ。まあ、これの内幕。実際に作っている人たちはどういう風にやっているのか?っていうのを描くドラマがこの『アンリアル』っていう・・・『Unreal』っていうのは『リアルじゃない』っていう意味で、ひっくり返ってるんですけどね。意味がね。

(赤江珠緒)うん。

人気リアリティー番組『The Bachelor』

(町山智浩)で、これはね、アメリカですっごい人気のね、『ザ・バチュラー(The Bachelor)』っていうシリーズがあるんですよ。10年ぐらい続いているやつで。これはね、1人のイケメンの、ものすごいハンサムで大金持ちの王子様がいるんですね。未婚の。で、『Bachelor』っていうのは『独身男』っていう意味ですけど。で、その人の花嫁になりたい人が25人集まって、1人の花婿と25人の花嫁が一緒に暮らすっていう番組なんですよ。

(赤江珠緒)ええーっ!?

(町山智浩)すごい豪邸みたいなところに一緒に暮らすんですけど。暮らしながら、大金持ちの玉の輿になる条件っていろいろありますよね。たとえば、マナーであるとかね。パーティーをコーディネートする能力だったり、社交だったり、ダンスだったり。あと、大金持ちになったら実際に経営とかにも関わらなきゃならないから、そういう知識であったり。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)そういういろんな、社交界で生活するための能力を毎週毎週、コンテスト形式で競い合って。で、毎週何人かを脱落させえていくっていうゲームなんですよ。

(赤江珠緒)ほー!

(町山智浩)で、最後に何人かが残るわけですよね。そうやっていくと。最後に残ったうちの1人に、その花婿候補がプロポーズをするという。本当に結婚しちゃった人も、いままでに何人かいるっていうことで。

(赤江珠緒)うわー、これはちょっと興味深いです。見ちゃうかもね。面白そうだもん。



(町山智浩)そうなんです。しかも、かならず超イケメンで。貴族だったり大金持ちの御曹司っだったりですね。まあ、めちゃくちゃ成功している実業家だったりして。そういう人が、最高の花嫁がほしいからっていうことで、この番組に出演するっていう形式なんですね。で、まあいろいろ叩かれているわけですよ。

(赤江珠緒)ええ。

(山里亮太)叩かれる?ほう。

(町山智浩)まず、これ差別じゃないの?みたいな話がありますよね。

(赤江珠緒)25対1っていうところがですか?

(町山智浩)そう。で、それをひっくり返してね、花嫁が1人で。大金持ちのお嬢さんとか実業家のすごい美女が25人の花婿から選ぶっていう逆パターンもあるんですよ。



(赤江珠緒)おおー!

(町山智浩)はい。まあでも、これって一種、カネ目当てで一生懸命がんばるみたいな世界で。結婚っていうものを、愛よりも金を優先している感じがするじゃないですか。

(山里亮太)はい。モロですよね。

(町山智浩)それで結構叩かれたりしてるんですけども。それだけじゃなくて、すごく叩かれているのは内部告発で、出演した人たちがですね、『これはヤラセだ!』って言ってるんですよ。

(山里亮太)うわー!

(町山智浩)たとえば、すごく嫌われた人がいるんですね。番組の中でもう、『なんて嫌な女!』みたいな感じで、視聴者がみんな、『この女、意地悪で嫌いだわ!』みたいなことになるわけですよ。

(赤江珠緒)はいはい。

(町山智浩)でもそれはまず、『演出でそういう風にでっち上げられちゃったんだ。自分は悪役にされちゃったんだ』みたいな話をしてるんですね。

(赤江珠緒)へー。

(町山智浩)たとえば、誰かが何か失敗するじゃないですか。たとえば、料理をみんなでコンテストでするという状況で、誰かがひっくり返しちゃったりするでしょ?したらそれを、『ははっ』って鼻で笑った女の人がパッと編集でカットインで入ると、『なんて嫌な女だろう!』って視聴者はみんな、思うじゃないですか。

(赤江珠緒)うんうん。

(町山智浩)ねえ。『でもそれは全然違うシチュエーションで私が笑ったカットを、編集で入れられちゃったの!』とかいうことになっているんですよ。

(赤江珠緒)あ、そういうヤラセ?なるほど。

(町山智浩)そう。全然違うところで起こっているのを入れたりですね。そういうことで、編集のマジックで、善玉と悪玉を作っているということでまず、内部告発があったんですね。

(赤江珠緒)はー!そりゃ印象、変わりますね。

(町山智浩)そりゃあもう、変わっちゃうんですよ。本当に。だから、ちょっと泣いたりしているところで、全然関係ないところで、たとえばお化粧を直していて目にゴミが入ったみたいな状況でも、それを誰かのちょっと身の上話を聞いてるところにそのカットを入れるだけで泣いた感じになって。その人は結構いい人みたいに見えるんですよ。

(赤江珠緒)ああー!

(町山智浩)単に目にゴミが入っただけだったりするのを。それを撮ってるんですよ。全部ね。それでまあ、怒られたり。あとは、『あなた、ちょっと来なさい。あなた、全然目立ってないわよ』っていう風にディレクターに言われるんですよ。1人の出場者が。花嫁候補がね。

(赤江珠緒)うんうん。

(町山智浩)で、『えっ?そうなんですか?』『あなたね、あの人とケンカしなさい!』とか言うんですよ。

(山里亮太)(笑)

(赤江珠緒)ほうほうほう。

(町山智浩)『そうしないと、あなた、残れないわよ』っていう話になってくるんですよ。

(赤江珠緒)まあ、そりゃちょっとドラマチックなこともないと。

(山里亮太)演出という。まあ、ね。

(町山智浩)そう。台本があるわけじゃなくて、演出があるんですね。で、その演出を受けたとか、やられたとか言ってる出場者の人たちがその後にいろいろ告白して。問題になっているんですが。最大の決め手は、これを作っていて実際にこの番組のディレクターとかプロデューサーとして番組作りをやっていた女の人が、『もうこんなことには耐えられない!』って辞めちゃって。で、その内幕を暴露した短編映画を作っちゃったんです。

(赤江珠緒)えっ!?

(山里亮太)いや、いちばんダメな・・・(笑)。

(町山智浩)裏切りみたいな感じですけど。

(赤江珠緒)内部告発的な。

(町山智浩)内部告発ですね。これ、サラ・ガートルード・シャピロ(Sarah Gertrude Shapiro)っていう女性がですね、ずっとスタッフで関わっていたのに、我慢できない!って辞めて、暴露映画みたいなのを作りまして。自主制作で。それがこの、今日紹介する『アンリアル』っていうドラマの原作なんですよ。

(赤江珠緒)へー!

リアリティー番組の元制作者が原作を担当

(町山智浩)内部情報を持っている人がずっと原作者として『アンリアル』についてやっているんで。非常に正確だって言われてるんですね。

(赤江珠緒)リアルだと。

(町山智浩)これはその、25人の花嫁が1人の花婿に殺到して、一緒に暮らすっていうですね、番組の現場からの中継みたいなドラマになっているんですよ。

(赤江珠緒)ふんふんふん。

(町山智浩)主人公はレイチェルさんっていう、その番組の下っ端プロデューサーですね。プロデューサーっていうと偉い人ばっかりだと思うんですけど、下っ端プロデューサーっているわけですよ。

(赤江珠緒)うん。

(山里亮太)はいはい。『APさん』っていいますね。

(町山智浩)で、その人がレイチェルなんですけども。この人がまずですね、金がなくて、スタジオに暮らしてるんですね。で、お風呂とか入れないから、洗面所で脇の下を洗ったりしてるような『汚ギャル』ですね。いわゆるね。

(赤江珠緒)はー。

(町山智浩)で、ボロボロなんですけども。とにかくこの番組を続けないと、家賃も払えないと。家賃が払えなくて家を追い出されちゃったんで。この番組になんとかついて行こうとするわけですよ。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)その花婿探し番組。これ、『Everlasting』っていう番組になってますけど。ところが、これがまたとんでもない内容でですね。花婿候補として出てくるアダムっていう男はですね、イギリスの貴族の家系で。しかも、全世界にホテルチェーンがある大企業の御曹司ってことになってるんですよ。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)で、まあみんな玉の輿に乗りたくて殺到するんですけども。実は彼は破産してるんです。

(山里亮太)おおっ!

(町山智浩)っていうのは、女狂いで、セックス中毒なんですよね。この人は。で、すごくハンサムなんですけど、めちゃくちゃやっていたんで、親から財産分与権を奪われちゃってるんですよ。で、自分でやったビジネスも失敗してて。これはヤバい!ってことでこの番組にパブリシティーのために出演してるっていう秘密があるんですね。

(赤江珠緒)ふーん。

(町山智浩)で、すっごいハンサムで優しいんですけれども、この番組に殺到している25人の花嫁にちょこちょこ手をつけたりしてるんですよ。セックス中毒だから(笑)。で、それをこのレイチェルさんっていうヒロインは隠さなきゃなんないわけですよ。この番組を成功させるために。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)で、またこの25人の花嫁っていうのはお金目当てのね、それでもって自分が美人であることを利用して社会でのし上がろう、玉の輿を狙っているっていう、すごく嫌な人たちだと思うじゃないですか。でも、そうじゃなくて。この『アンリアル』っていう番組は、その人それぞれに人生があって。理由があって。決して馬鹿ではないんだってことをちゃんと描いていくんですよ。

(赤江珠緒)ほー!

(町山智浩)で、レイチェルっていうスタッフはそれを知って、だんだん『この人たち全員を勝たせてあげたい』って思っていくわけですね。

(赤江珠緒)うんうんうん。

(町山智浩)ねえ。で、いろいろやっていくんですけど、でも、彼女の使命は演出なんですよ。たとえば、1人すごく嫌われている女の人がいるんですね。ちょっと意地悪だから。で、すごく嫌われているんだけれども、本当はこの人は実はすごく傷つきやすい人で。いろいろあって、こんな人になったってことをレイチェルは分かるんですね。なんとなく。

(赤江珠緒)うんうん。

(町山智浩)で、彼女に『あなた、実はすごく意地悪なふりをしてるけど、実は本当は、いろいろ辛いことがあって。傷つきやすかったのよね』って、ふと話しかけるんですよ。カメラのオフの感じのところで。で、それを聞いた意地悪だった出場者は涙をポロポロポロと流すんですね。『そんなことを言われたの、初めて』みたいな感じで。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)すると、レイチェルはパチーン!とやって、『はい、カメラ!』って言って、その瞬間をカメラで撮るんですよ。彼女がポロポロと泣いたところを。で、これは意地悪だった女の人が実はそんなでもなくて。いい人だってところを撮ることで彼女を助けてはいるんですけども、でも、その人の心をコントロールしていることにもなっているんですね。

(山里亮太)そうだ。

(町山智浩)だから、いいことなのか悪いことなのか、非常に微妙なラインのところをこのレイチェルは進んでいくっていう話なんですよ。

(赤江珠緒)はー!複雑ですね。

(町山智浩)で、泣いたその彼女も、カメラを回しているってことはわかって。『あんた、人の心を何だと思ってんの!?』っつって、レイチェルに唾をペッとかけるんですよ。でも、トップのチーフプロデューサーは『いやー、なかなかいいシーンだったわー!』とか言うわけですよ。

(山里亮太)なるほど。いまのペッと吐くところなんて。

(町山智浩)『レイチェル、あんたにボーナス払うわよ』とか言うんですよ。

(赤江珠緒)うわー・・・

(町山智浩)これはね、テレビ業界がひどいんだっていうことを描いてはいるんですけど、でも、そこにも真実があって。そこで働いている人たちは一生懸命やっているし・・・みたいなとこで。出てくる人たちも、だいたいリアリティー番組に出てくる人ってみんな、なんとなく嫌いじゃないですか。

(山里亮太)はい。

(町山智浩)『はい』とか言ってますけども(笑)。

(山里亮太)あ、僕、『はい』って言っちゃいけないんだった。僕、こっちでリアリティー番組、やってるんでした(笑)。日本でやってますよ。町山さん。『はい』って言っちゃいましたけども。

(町山智浩)(笑)。『なんでこんなの出てんのかしら!?』とか『カネ目当てよ!』とかね。みんな思いながら見てて。半分嫌いながら見てるんですよね。

(山里亮太)っていう人も多いですよね。ええ。

(町山智浩)そうそう。『ヘイト・ウォッチング』って言うんですけど。まあ、嫌いながら見る楽しみみたいなのがあるんですけども。それも覆していくところがあって。すごく深い深いドラマになっているんですよ。

(赤江珠緒)たしかにね。かと言って、なんにも事件が起こらない、凪のやつを映されてもね・・・みたいなの、ありますよね。

(山里亮太)大変よ。

(町山智浩)そう。だからね、『あの人が悪口言ってたわよ』とか、そういうのを吹き込んで、仲を悪くさせたりするのもあるんですよね。

(山里亮太)ええーっ!?

(町山智浩)で、女の人同士でいて、女の人同士でいちばん怖いのって、相手を褒めている時がいちばん怖くないですか?

(赤江珠緒)ああー。

(山里亮太)心こもってない感じの。

(町山智浩)ねえ。『あなた、本当にお肌がきれいね』とか言って褒めている時って、実はいちばん憎んでいる時なんだよね(笑)。

(赤江珠緒)へっ!?

(山里亮太)あ、赤江さん、そういうのあんま、ちょっとわからないタイプなんで。

(町山智浩)赤江さんはそういうところないんでね、あれですけど(笑)。そういう人が多いんですが。で、それを上手く利用してですね、テンションを高めていくんですよ。そこが怖い感じなんですよ。だから、スタッフも全員女の人なんですよ。この番組のすごいのは、実際にこの『アンリアル』っていう番組を作っているスタッフも全員女の人。

(赤江珠緒)はー!

(町山智浩)で、この番組の中で作っているリアリティー番組のスタッフも女の人ばっかりなんですよ。

(赤江珠緒)へー!

(町山智浩)で、出場者も女の人ばっかりっていうね。しかも、この番組が放送されているのはLifetimeというケーブルチャンネルなんですけども。女性のための女性によるチャンネルなんですよ。

(赤江珠緒)ふーん!

(町山智浩)で、全てのドラマが女性が主人公なんですよ。放送される。

(赤江珠緒)そうか。でも不思議ですよね。やっぱり人間って深く知れば、ある一線を超えると、それこそ嫌いだと思っていても、なんか変わったりするじゃないですか。『ああ、この人にはこんな事情があったんだ』っていうことで変わってきたりするし。その事情を知らなかったら、全くイメージが違うように受けたりもするじゃないですか。だから、これがドラマとして続けば続くほど、そのイメージも変わっていったりするでしょうしね。当然ね。

(町山智浩)そうなんですよ。だからね、みんなが思っている表側のその、『リアリティー番組ってくだらねえな!』とかみんな、思ってるじゃないですか。それをまたね、覆していったりするんでね、これ、面白いですね。こういう番組、嫌で辞めた人がスタッフなのに、『でも、この番組にも良さがあるんだ』みたいにしていくんですよ。

(赤江珠緒)結局ね。

(山里亮太)不思議だね。なんでなんだろ?

リアリティー番組出演者たちのリスク

(町山智浩)でね、ただね、リアリティー番組って日本ではわからないですけど、アメリカの番組では、出演者、出たことのある人たちの間に自殺者がものすごく多いんですよ。

(赤江珠緒)うわっ!

(町山智浩)これ、やっぱりものすごくテンションの高い状態で何ヶ月も一緒に共同生活をして。しかも、生活を全部見られているっていう形じゃないですか。で、精神がかなりやられるみたいなんですね。

(赤江珠緒)いやー、でもそれは・・・なるほど。

(山里亮太)相当図太くなきゃできないのかな?

(町山智浩)しかも、自分が有名人になったような気になって田舎に帰るんだけど。そのうちに自分が有名人じゃなくなっちゃったりするわけですよね。

(山里亮太)ああー、そうだ!

(町山智浩)で、嫌われ者として扱われた人は、地元に帰っても嫌われ者になったりするんですよ。生活ができなくなったりするんですよ。

(赤江珠緒)うわー!リスクも高いですね。

(町山智浩)そうなんですよ。だから、こういうリアリティー番組に出演した人たちの中で、本当に自殺者が多いんですよ。

(山里亮太)大丈夫かな?『テラスハウス』・・・

(町山智浩)で、まあこれでそういう話になっていくんですよね。怖いんですよ。で、まあ中でですね、いろんな事情がある人たちが出てきてですね。たとえば、なんか花嫁候補になるはずなのに、彼氏の花婿の方と接すると、なんか逃げちゃう人がいるんですね。で、なんだろう?と思ってたら、番組の中で突然、『ごめんなさい!私、本当はレズビアンなの』って告白しちゃうんですよ。

(赤江珠緒)えっ!?

(町山智浩)『私は田舎で貧しくて、お母さんが病気だから・・・』。これ、ギャラも出ますからね。『お金目当てでこの番組に出たの』って。しかも、『地元でレズビアンっていう噂が立つと嫌だから、この番組に出れば噂も消せるから。でも私は、嘘は言えません!』って突然、告白しちゃうんですよ。

(赤江珠緒)ええ、ええ。

(町山智浩)すると、スタッフがみんなちょっと感動して。『いや、悪くないよ』っつって、拍手するんですけど。したらその後、レズビアンの彼女のガールフレンドから、『あれ、絶対に放送しないで!』って言われるんですよ。

(赤江珠緒)うんうん。

(町山智浩)『そんなの放送したら、南部では私たちは生きて行けないわ』って。それをまた隠蔽したりとかですね。

(山里亮太)あ、なるほど。

(赤江珠緒)ドロドロしますね、これは。

(町山智浩)そういうアメリカのいろんな生活も描かてるのがね、この『アンリアル』っていう話なんですけども。これは面白いのは、主人公のレイチェルっていう人はすごく悪い番組を作っていて、人の心をコントロールしてるんだけれども、決して悪い人じゃないんですよね。

(赤江珠緒)うんうん。

近年のアメリカドラマの傾向

(町山智浩)で、このへんがね、アメリカのテレビドラマの主流になってきているんですよ。っていうのは、『ブレイキング・バッド』っていう、日本でも人気のテレビ番組、ありますけど。あれ、主人公、覚醒剤の密造をしている高校の化学の先生ですよ。ねえ。しかも、ものすごい人、殺すじゃないですか。でも、決して悪い人だと思えないんですよね。見てると。

町山智浩 海外ドラマ『ブレイキング・バッド』を語る
映画評論家の町山智浩がTBSラジオ『赤江珠緒たまむすび』で、真面目な高校の科学教師が覚醒剤密造に手を染める大人気ドラマ『ブレイキング・バッド』を紹介していました。 (...

(山里亮太)そうなんですよね。なんか、『バレちゃう!捕まっちゃう!』って心配しちゃったりするから。

(町山智浩)それなりのいい人なんですよ。あと、『ハウス・オブ・カード』。日本でも人気、出てきていると思いますけど。

町山智浩 海外ドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』を語る
町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』で、アメリカで大人気のドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』を紹介。町山さんもオバマ大統領もハマるその魅力を語っていました。 ...

(赤江珠緒)見てますよ。

(町山智浩)ねえ。これ、大統領の座をつかむためだったら、殺人でも平気な政治家が
主人公ですよね。

(山里亮太)ケビン・スペイシー。

(赤江珠緒)あの手この手で。

(町山智浩)あの手この手で。しかも、スケベで男も女もイケちゃうというですね、ケビン・スペイシーですけど。この人、普通だったらものすごく悪いやつじゃないですか。でも、見てる人、みんな応援して見てるんですよ。

(赤江珠緒)たしかに。その人の目線で見ちゃっているからね。

(山里亮太)ちゃんとその人に理由があるって裏打ちをしっかり教えてもらえるから、なんかそれで納得できちゃっているんですよね。

(町山智浩)だからね、すごく善悪の境界線のギリギリのところを綱渡りしてくようなドラマがアメリカでは主流になりつつあって。だから、日本だとたとえば『半沢直樹』とか、悪人はみんな悪いじゃないですか。

(赤江珠緒)はいはい。

(町山智浩)『花咲舞』とかも、悪い人は最初からもう、すごく悪くて。悪いしゃべり方をして、悪い目つきをして。もう、本当にわかりやすい、なんて言うか『水戸黄門』の世界じゃないですか。

(山里亮太)勧善懲悪。

(町山智浩)勧善懲悪の。それに比べるともう、アメリカのドラマはかなりすごいことになっているなと思いますよね。

(山里亮太)悪の中になにか、仕方なく悪になっている理由とかもちゃんと知っちゃうと・・・

(町山智浩)そう。だから芸の世界みたいなもんですね。芸事とか見世物とか芸能とかですけど。まあ、基本的にみんな、ひとでなしじゃないですか。

(赤江・山里)(笑)

(町山智浩)ねえ。要するにまあ、人にひどいことをして、それを歌にしたりして。演歌にして歌ったりするわけじゃないですか。捨てた女のことを歌ったりね。それで、本当に人としては最低なんだけれども、素晴らしい芸術や芸能を生んでいくというね。ピカソが自分の捨てた女の人が目の前で泣いているのを見ながら、『いい顔だね!』っつって。『スケッチさせて』って言って、『泣く女』っていう絵を描いたんですよね。

(赤江珠緒)はー!

(町山智浩)まあ、そういう世界みたいなものが描かれていくんでね。まあ、『風立ちぬ』もそういう話でしたけれども。映画でしたけども。

町山智浩映画解説 宮崎駿『風立ちぬ』
映画評論家 町山智浩さんがTBSラジオ『赤江珠緒 たまむすび』で宮崎駿監督作品『風立ちぬ』を取り上げてました。 (赤江珠緒)それでは映画評論家 町山智浩さんにさっそく...

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)まあ、すごい世界に入っているな、アメリカと思いますが。それが『アンリアル』っていう。これいま、アメリカでいちばん面白いテレビドラマですね。日本でも放送するといいと思います。

(赤江珠緒)やっぱその深層心理のぶつかり合いみたいなところがね。

(山里亮太)そうなのよ。結局悪い人、誰もいないんじゃないか?って一瞬思っちゃう時あるもん。

(町山智浩)でも見ている人は、もう誰を応援しよう?誰が勝ち残るんだろう?ってハラハラしながら見ていくんですけど。最終回、あっと驚く展開でしたね。

(山里亮太)えーっ!もう最終回まで行ってるんですね。

(町山智浩)1シーズン目の最終回がね。

(赤江珠緒)なるほど。

(町山智浩)日本もね、だから『テラスハウス』のドラマ版っていうのを作るといいと思うんですよね。

(赤江珠緒)そうなのよね。もともとの番組があって、それのドラマ版なんですもんね。

(町山智浩)そう。『ビッグダディ』を作っている人たちの話っていうのをドラマにすると面白いと思います。はい。

(赤江珠緒)不思議な展開になってますね(笑)。

(山里亮太)ダディに『ここで土下座して!』とか言ってるの、あったのかな?(笑)。

(赤江珠緒)今日はアメリカで今シーズンいちばんのドラマと言われている『アンリアル』についてお話いただきました。町山さん、ありがとうございました。

(山里亮太)ありがとうございました。

(町山智浩)どもでした。

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする