町山智浩 映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、伝説のヒップホップグループ、N.W.A.を描いた映画『ストレイト・アウタ・コンプトン(Straight Outta Compton)を紹介していました。


(町山智浩)で、今日もですね、まあラジオで放送出来ないっていうか、日本ではラジオで放送してるんだけど、アメリカでは放送できないような曲を歌っていたですね、グループについての映画です。『ストレイト・アウタ・コンプトン』っていう映画なんですけども。まあ、ちょっと音楽を聞いていただけますか?はい。



(町山智浩)はい。いまかかっていた部分っていうのは、TBSラジオで普通にかけましたけども。アメリカでは『ピー』が入っちゃうんですよ。

(赤江珠緒)えっ?

(山里亮太)放送できないような言葉、言ってたんですか?

(町山智浩)できないんです。いまの部分っていうのは、基本的に。これはですね、N.W.A.というヒップホップグループですね。80年代終わりの。それの結成から解散と再結成寸前までの何年かを描いた映画で、『ストレイト・アウタ・コンプトン』っていう映画なんですけども。これ、アメリカで大ヒットですよ、いま。『ミッション:インポッシブル』を抜きましたから。

(赤江珠緒)すごいですね。

伝説的ヒップホップグループ N.W.A.

(町山智浩)すごいんですよ。で、このN.W.A.っていうグループはですね、伝説的グループですね。88年にアルバムを出して。それがまあ、ヒップホップの伝説になっているんですけども。僕自身はすごく思い入れがあるんですよ。

(山里亮太)えっ?

(町山智浩)っていうのはね、このグループの人たち、僕と年齢がだいたいおんなじぐらいなんですよ。で、僕、ちょうど音楽雑誌にいたんで。その頃、宝島っていう。いまはなき、昔、パンクロック雑誌だったんですけども。

(赤江珠緒)ええ、ええ。

(町山智浩)で、彼らが出てきて、アメリカで大問題になったんで。記事を書いたりとかしてたんで。すごく、なんて言いうか、そのバンドが好きだったというよりは、それをリアルタイムで経験した感じなんですよね。

(赤江珠緒)大問題になった?

(町山智浩)大問題になったんですよ。どういう問題になったのか?っていう話は、また後でしますけども。まあ、彼らの要するにバンドを結成して、売れて、いろいろなことが起こるっていうのを描いている映画なんですね。ドラマとして。

(赤江珠緒)はい。

(町山智浩)で、いま、知らない人もいると思うんで。そのN.W.A.っていうものについてね。ただね、わかりやすい例で、『ビーツ(Beats)』っていうヘッドホンがいま、日本でも売れているでしょう?

(赤江珠緒)ああ、小文字の『b』っていうのが書いているようなね。


(町山智浩)そうそう。赤い『b』っていう字が書いてあるヘッドホンが今、結構みんなつけて歩いている人、いますよね。

(赤江珠緒)はい。

(町山智浩)これを作った人が、ドクター・ドレ(Dr.Dre)っていう人なんですけども。この人がいたグループなんですよ。N.W.A.っていうグループは。

(赤江珠緒)へー!

(町山智浩)で、たぶんね、ビーツのヘッドホンっていうのはぜんぜんヒップホップに興味ない人もみんな持っていたりすると思うんですけども。このN.W.A.っていうグループはどういうグループか?っていうと、『世界で最も危険なグループ』って言われていたんですよ。

(赤江珠緒)へー。

(町山智浩)で、FBIからもテロリスト扱いされていたようなグループなんです。

(赤江珠緒)えっ?そんなレベル?

(町山智浩)FBIからチェック入っていたグループなんですよ。そのぐらい危険だって言われてたんですけども。で、どうしてか?っていうと、ギャングスタ・ラップっていうジャンルを確立したグループなんですね。

(赤江珠緒)ふん。

(町山智浩)で、ギャングスタっていうのはギャングスターっていう、まあチンピラのことですけどもね。で、彼らの生活を歌うラップっていうジャンルを作ったグループなんですよ。N.W.A.っていうのは。で、『N.W.A.』っていうのは何の略か?っていうと、これが放送できないんですよ。アメリカでは、このグループの正しい意味を。

(赤江珠緒)えっ?

(町山智浩)これはね、『Niggaz Wit Attitudes』っていう意味なんですけども。『ニガ』っていう言葉が黒人奴隷を意味している言葉なんで、差別用語なんですよ。これ、ラジオでは放送できないんですよ。アメリカではね。で、どういう意味か?っていうと、『喧嘩腰の黒人たち』っていう意味なんですね。N.W.A.っていうグループ名は。

(赤江珠緒)うんうん。

(町山智浩)で、彼らはどこから出てきたか?っていうと、アメリカで最も治安が悪い、ロスアンゼルスにコンプトンっていう地域があるんですよ。これ、ロスアンゼルス行った人だとわかると思うんですけども、空港を出て、ちょっと東に行ったところにある地域なんですね。

(赤江珠緒)ええ。

(町山智浩)で、サウスセントラルって言われている地域なんですけども。なんて言うかね、5キロ四方ぐらいの区画の住宅地なんですけども。その5キロ四方ぐらいで、年間150人くらい殺されるんですよ。

(赤江珠緒)いやいやいや・・・それはすごい治安が悪いな・・・

(町山智浩)ものすごい地域なんですよ。で、まあ大きいストリートギャングのグループがあって。クリップスっていうのとブラッズっていう2つのグループが、まあ昔から争っていてですね。で、クリップスが青いバンダナをつけていて。それで、ブラッズが赤いバンダナをつけていて。それで、ヤクの売人とか銃の売人とかがいて。縄張り同士が接しているから、その角ですぐに殺し合いがあるっていうところなんですね。

(赤江珠緒)ええっ?

(町山智浩)僕、ここに行きましたよ。4年前に。

(赤江珠緒)えっ?大丈夫なんですか?

(町山智浩)あの『やりすぎコージー都市伝説』っていう番組の取材で行きましたけども(笑)。

(山里亮太)ああ、またすごい・・・ゴシップな番組で(笑)。

(町山智浩)はい。それはそのギャングの人たちがやっているツアーに参加したんで。彼らがガードマンでついてくれたから行けたんですけどね。

(山里亮太)へー!そんなのあるんだ。

(町山智浩)はい。だから普通の人は行けないですよ。その人たちがついてくれないと。で、そこから出てきたグループなんで、彼らの日常を歌った歌なんですね。そのN.W.A.っていうのは。で、この映画のタイトルになっている『ストレイト・アウタ・コンプトン(Straight Outta Compton)』っていうのは、コンプトンっていう地域なんですけども。その地名なんですね。サウスセントラルの。

(赤江珠緒)はい。

(町山智浩)で、『コンプトンから直輸入』っていうか。『コンプトンからの直言』みたいな意味なんですね。『ストレイト・アウタ・コンプトン』っていうのは。『コンプトンから出てきたぜ!』みたいな感じなんですよ。

(赤江珠緒)うんうん。

(町山智浩)で、それまで、そこに地域に住んでいるギャングたちが彼らの思想であるとか生活をはっきりとメディアに出したっていうのはこれが最初なんですよね。だからとにかく怖いところで恐ろしいことが起こっていると。でも、彼らがどういうことを考えていて、なにをしているのか?っていうのは、初めてここで表に出てきたんですね。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)はい。で、それはすごく社会的に意義のあったことではあるんですけども。大問題になったのが、そのアルバムの『Straight Outta Compton』に入っていた、これもアメリカでは曲名自体が放送できないんですけども。『Fuck Tha Police』っていう歌なんですけども。ちょっと聞いてください。



(町山智浩)(笑)。これ、さっきからすごいことをTBSラジオ、流してますけども。これ、アメリカじゃあ全く放送できないですからね(笑)。

(赤江珠緒)そうですか。ちょっと乗っちゃいそうな感じになりましたけども。

(町山智浩)(笑)。もう、日本だから何でもありだな、おい!(笑)。

(山里亮太)どんなこと言ってたんですか?これ。

(町山智浩)もう、これだってさっきからFワードですよ。要するに、『ファック!ファック!ファック!』って言ってるんですけども。

(赤江珠緒)それは、なんとなく聞き取れました。うん(笑)。

(町山智浩)日本、いいなー。自由で。ははは(笑)。

(赤江珠緒)『ははは』って、町山さん、流している。町山さん(笑)。

(山里亮太)こっちもまだね、それがOKかどうかね、みんなの顔を見るとね、『ひょっとしたらダメだったんじゃねえかな?』っていう空気なんですよ。いま。

(町山智浩)(爆笑)

(赤江珠緒)町山さん(笑)。

曲が原因で警察・FBIと対立

(町山智浩)で、この歌ね、いちばん問題なのは『ファック・ザ・ポリス』って言ってるんですよ。だから要するに、警官のことを言ってるんですね。『くそったれ、警官!』って言ってるんですね。で、これがもう大ヒットしちゃって。まあ、ギャングたちと警官の間の軋轢を高めるってことで、FBIとかが出てきちゃったんですよ。

(赤江珠緒)ああー。

(町山智浩)で、国会で問題になったりとか、大変なことが起こって。これがきっかけで、あの、輸入盤のCDとかを買う人はわかると思うんですけども。『ペアレンタル・アドバイザリー』っていうステッカーが貼ってあるレコードっていうのを見たことがないですかね?


(赤江珠緒)ふんふんふん。

(町山智浩)あれは要するに、『歌詞の内容が非常に過激なので保護者の注意が必要です』というステッカーが貼ってあるCDがあるんですよ。輸入盤には。

(赤江珠緒)ええ。

(町山智浩)で、あれは1992年から大統領になったクリントン大統領の副大統領のゴア副大統領の奥さんが始めたステッカーなんですけども。あまりにも歌詞がひどいレコードがあるっていうことで、そのステッカーを貼ることが義務づけられるようになったのは、このN.W.A.がきっかけなんですよ。

(赤江珠緒)へー!

(町山智浩)これがついてないと、要するにとんでもないレコードだから、子供が買っていたら親が注意するってなったんですね。

(赤江珠緒)はー。

(町山智浩)で、まあそういうのを聞くと、このN.W.A.っていうグループはものすごい悪いやつら。ギャンググループじゃねえか?っていう気がしてくるじゃないですか。

(赤江珠緒)はい。

(町山智浩)ねえ。で、この映画の中でもライブ行って、女の子をバンバン集めて、ドラッグやりながら機関銃を撃ったりしているシーンが出てくるんですけども。ツアーでね。だからもう、とんでもない怖い感じがするでしょう。ものすごく。

(赤江珠緒)はい。

(町山智浩)ところがこの映画は、彼らがバンドを結成するあたりをすごく緻密に描いていくんですけども。そうじゃないっていうことがわかるんですよ。

(赤江珠緒)そうじゃないんですか?

(町山智浩)そうじゃないんですよ。で、このグループですね、センターの人がですね、いま、『センター』って言いますよね?真ん中に立っている人ね(笑)。センターはイージー・E(Eazy-E)というですね、身長160センチちょっとしかないかわい子ちゃんなんですけども。


(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)そのイージー・Eくんだけは本当のギャングだったんですね。

(赤江珠緒)えっ?イージー・Eくん、むしろ顔はちょっと幼い感じですけども。

(町山智浩)幼い、かわい子ちゃんなんですよ。身長も高くなくて。ただ、彼はドラッグとかを売っていたんですけども。でも、このグループの中心メンバーであるドクター・ドレっていう、ビーツを作った人ですね。と、アイス・キューブ(Ice Cube)っていう・・・ドクター・ドレの方はね、音楽のリーダーなんですけども。


(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)もう1人ですね、アイス・キューブっていう人がいましてですね。この人は、歌詞とか思想面のリーダーなんですね。


(赤江珠緒)ふーん。

(町山智浩)この2人はぜんぜん不良じゃないんですよ。

(山里亮太)えっ?

(町山智浩)ギャングでもなんでもないんですよ。で、それをちゃんと描いていくのがこの『ストレイト・アウタ・コンプトン』っていう映画なんですけども。彼らはすっごく非常に危険なコンプトンの、サウスセントラルの、ギャングたちの巣みたいなところで生まれ育っているんですけども。お父さん、お母さんがすごくいい人だったんですね。

(赤江珠緒)へー!

(町山智浩)で、ちゃんと一生懸命働いて。お金もあったし。中産階級なんですよ。

(赤江珠緒)ふんふん。

(町山智浩)で、しかも子供たちはこのままだと、こんなところで学校に行ったらみんなギャングになっちゃうからっていうことで、越境で通学させているんですよ。いい学校に。

(赤江珠緒)あ、そうなんですか。

(町山智浩)偏差値の高いところに送ってるんですよ。まあ、ドクター・ドレの方はですね、音楽が好きすぎて勉強しなくなっちゃうんですけど。このアイス・キューブっていう人の方はちゃんときっちり勉強して。しかもその後、工科大学の建築学科に入学してるんですよ。

(赤江珠緒)えっ?すごいな。むしろインテリ・・・

(町山智浩)優等生なんですよ。勉強、できるんですよ。この人。ただ僕、会ってますよ。この人。アイス・キューブっていう人には。4年ぐらい前ですけど、映画に出たんでインタビューしたんですけども。もう、すごく真面目な映画俳優なんですね。アイス・キューブっていう人は、いま。

宇多丸が語る アイス・キューブの意外な魅力とオススメ出演映画
宇多丸さんがMXテレビ『5時に夢中!サタデー』でラッパー アイス・キューブの意外な魅力やオススメの出演映画を紹介してました。 (町亞聖)さあ、ここからは玉袋講師、宇多...

(赤江珠緒)はい。

(町山智浩)で、『あの頃、すっごい過激な歌で「Fuck Tha Police」とか歌ってましたよね』とかっていう話をしたら、『でも俺、ギャングの経験ないし』ってはっきり言ってましたね。『優等生だったし』ってはっきり言ってましたよ。

(赤江珠緒)ああ、そうなんですね。

(山里亮太)FBIに目をつけられたのに。

(町山智浩)『Goog Studentだった』って言ってました。しかも、理系。

(赤江珠緒)ねえ。

(山里亮太)真面目。勉強、いっぱいしなきゃいけないんだよ。工科大学の理系って。

(町山智浩)そうなんです。ただ、それがこういうことを歌うようになったきっかけだったってことがわかるんですよ。この映画を見ると。彼はすごく真面目に勉強していい学校に行って、まともになろうとしているのに、彼が歩いているだけで警官がいきなり、『なんだ、お前!なんか悪いことやってんだろ!?』って殴って、ねじ伏せちゃうんですよ。

(赤江珠緒)はー!

(町山智浩)なんにもしてないのに。

(赤江珠緒)いや、だっていまだってね、そういう事件が結構ありますもんね。

(町山智浩)そうなんですよ。要するに、黒人だっていうだけで、若い黒人が歩いているっていうだけで、『テメー、なんか悪いことやってんだろ!?』って警官がいきなり来て、ボコボコにするんですよ。

(山里亮太)ニュースとかになりましたね。最近でも。

(町山智浩)そうなんですよ。もう、昔からぜんぜん変わってないんですけども。で、この『Fuck Tha Police』っていう歌はすごく過激なタイトルで大問題になって。まあ、デトロイトでライブをしている時に警官隊がですね、まずライブを始める前にN.W.A.のメンバーに『もし、あの「Fuck Tha Police」を歌ったら、お前ら、生きて帰れねえぞ!』っていう風に脅しをかけたんですよ。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)ところが、ライブでずっとやっているうちに客が、まあいちばん売れている曲だから、『「Fuck Tha Police」をやれ!』ってもう、大騒ぎになるんですね。で、『これは、やるしかねえか!』ってことで歌い出したら、いきなり銃撃が始まって。

(赤江・山里)えっ!?

(町山智浩)ものすごい数の警官がブワーッとステージに上がってきたっていう事件があったんですよ。

(山里亮太)じゅ、銃撃!?

(町山智浩)そう。彼らは歌っていただけなのに、その場で逮捕されて手錠をかけられたりしてるんですけど。

(赤江珠緒)いやー・・・

(町山智浩)そのぐらい、警官とのものすごい対立になっていくんですね。この歌がきっかけで。で、ただ、この歌の内容は実は『ギャングだぜ!』っていう歌じゃないんですよ。歌詞が。これは、彼ら自身がレコーディングをしてるっていうシーンがでてくるんですけど。この映画の中で。レコーディングをしている時に、ちょっとお昼を食べながら、道端で話をしていたら、いきなりパトカーが来て、『全員、そこに伏せろ!』とか言って。『なにメシとか食ってんだよ、道端でよ!?』みたいな感じで、ボコボコにされるんですよ。警官に。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)で、『俺たち、レコーディングをしてるんですけど』『知ったこっちゃねーよ!』みたいな感じで、警官にやられて。それを、頭に来て歌ってるんで。歌詞の内容が、『俺たちは黒人だというだけで警官に殴られる。車の中をあら探しされる。警官どもは、黒人と見りゃあみんな、ヤクの売人だと決めつけてやがる』っていう歌詞なんですよ。

(赤江珠緒)ああー。

(町山智浩)だから逆に言うと、『俺たち、ギャングじゃないですよ』っていう歌なんですよ。

(赤江珠緒)そうですね。その理不尽な扱いに対しての、真っ当な言い分ですな。

(町山智浩)そうなんですよ(笑)。で、もともとギャングスタ・ラップっていう歌を出した時も。最初の『Boyz-n-the-Hood』っていうレコードを出した時も、イージー・Eっていう友達のチンピラが面白いんで、彼の生活を歌詞にしただけだったんですね。



(赤江珠緒)ふーん。

(町山智浩)だからまあ、アイス・キューブ自身はそういう人じゃないんで。だから、実はすごい凶悪な音楽だって言われてるけど、そうじゃないことがちゃんとこの映画を見るとわかるようになっているんですよ。

(赤江珠緒)へー!

(町山智浩)あまりにも理不尽だったということで。それで、大ヒットしてですね。まあ、すごいバンドになるんですけども、ここにまた白人のマネージャーが入ってきて、彼らを騙して、お金をとっちゃって。アイス・キューブは全米ツアーをしてるのに、わずか200万円しかもらえなかったりとかしてですね。搾取されて。で、まあグループはバラバラになっていくんですけどもね。

(赤江珠緒)じゃあ、まだ再結成はされていないんですか?

(町山智浩)あの、これはですね、1995、6年にですね、再結成しそうになったんですよ。N.W.A.っていうのは。それまでね、要するにお金を巡ってケンカしちゃったから。3人とも。そのドクター・ドレとアイス・キューブとイージー・Eは。ものすごい、ディスり合戦になったんですね。ビーフっていうんですけども。『おめーら、ひでー金をとりやがって!』みたいな感じで。それを互いにラップで歌って。すごい抗争があったんですけども。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)95年ぐらいにそのイージー・Eがみんなを仲直りさせて、再結成しようとしたんですよ。ところがそのイージー・Eっていうのはね、あまりにも遊びチャラけてて。エイズになって死んじゃうんですよ。

(赤江珠緒)えっ!?

(町山智浩)で、再結成できなかったんですよ。

(赤江珠緒)そうかー・・・

(町山智浩)そうなんですよ。で、まあ、『うわー、悲惨だな』と思うんですけど。特に最初、みんな仲がいいんですよ。幼なじみだから。で、それが一緒になんかやろうぜ!ってことでもってバンドをやるあたり、こういう話って泣けるじゃないですか。

(赤江珠緒)青春ですよ。本当ね。

(町山智浩)ねえ。でもそれが売れたことでもってバラバラになっていくって、本当に辛いんですよね。見ていてね。こう、バンドだけじゃなくて、あらゆるところにありますよね。

(赤江珠緒)そうですね。

(町山智浩)お笑い芸人の世界にも、ないですか?

(山里亮太)そうですね。あの、片方だけ売れてると急にこう、ギクシャクしてきて。ぶつかり合うことがよくありましたけどね。私なんかは。

(赤江珠緒)(笑)

(町山智浩)ねえ。みんな、最初は貧乏でね、仲よかったのにね。みんなね。貧乏だった頃の方が楽しかったとかね。

(山里亮太)あとで嫉妬渦巻くね、ドロドロした世界になる場合もありますからね。

(町山智浩)ねえ。金は入ってくるんだけど、寂しいみたいなね。『貧乏だった頃の方が、俺たち仲良くて楽しかったぜ』みたいな、ちょっとね、泣ける映画になっているんですけど。この『ストレイト・アウタ・コンプトン』っていう映画は。

(赤江珠緒)でもこの映画が全米で大ヒットしてるっていうのは、これちょっと見方も変わったりとかしないんですかね?

(町山智浩)これはやっぱりいまも、ほとんど警官の黒人に対する暴力は変わってないっていうことが大きいですよね。

(山里亮太)そういうところのメッセージなんですね。今回。

(赤江珠緒)ねえ。

(町山智浩)そうなんですよ。あと、この映画泣けるのは、互いにものすごく骨肉の争いをして。ディスり合っていた彼らなんですけど、この映画自体、最後にプロデューサーの名前が出るんですけど。プロデューサーが、アイス・キューブとドクター・ドレと亡くなったイージー・Eの奥さんなんですよ。

(赤江珠緒)へー。

(町山智浩)で、その3人の名前がバンバン!って出るんで、ちょっとそこでホロッとするんですよね。『あっ、最後にやっぱり仲直りしてよかったな!』みたいなね。そういう青春映画でもあるというところでした。

(赤江珠緒)なるほど。

(山里亮太)すごいな。青春映画の中で出てくる曲のタイトルが『Fuck Tha Police』ですからね。

(町山智浩)(笑)。しかしもう、ラジオ言い放題ですね。もう、なにを言っても大丈夫ですね、日本は(笑)。英語だから(笑)。

(赤江珠緒)(笑)

(町山智浩)英語だから。すごいですよ。今日、なんかTBSラジオ、真っ昼間から一体どういう状況なんだ?って思いますよ。何回、ファックが出たのか?っていうね。はい(笑)。

(山里亮太)町山さんですからね、出したのは!

(町山智浩)あ、そうですか。すいませんでした(笑)。

(赤江珠緒)バークレーでゲラゲラゲラゲラ笑って。もう、町山さんが(笑)。いやいや、今日はね、伝説のヒップホップグループN.W.A.の伝記映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』についてお話いただきました。

(町山智浩)日本公開の予定はまだないみたいですけども、やるといいですね。はい。



(赤江珠緒)そうですね。見たいですね。さあ、町山さん、来週はどんなお話でしょうか?

(町山智浩)はい。来週はいま、今年のアメリカのテレビドラマでいちばん面白いって言われている『Unreal』というテレビドラマについて話します。これは『テラスハウス』みたいなリアリティ番組の内幕を暴露した人がいて。それが原作になっているドラマなんですけど。

(山里亮太)怖いドラマやりますね!(笑)。

(町山智浩)はい(笑)。それを紹介します。

(赤江珠緒)わかりました。来週も楽しみにしております。町山さん、ありがとうございました。

(町山智浩)どもでした。

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事