スポンサーリンク

吉田豪が語る 写真集収集のテーマ『男の写真集を集める』

シェアする

吉田豪さんがニッポン放送『プチ鹿島と長野美郷GoodJobニッポン』で集めている写真集のテーマについて語っていました。

(プチ鹿島)プチ鹿島と長野美郷GoodJobニッポン、8時台ははプロインタビュアーの吉田豪さんに登場していただき、GoodJobトークを繰り広げます。さあ、スタジオには今夜も吉田豪さんにお越しいただきました。よろしくお願いします!

(長野美郷)よろしくお願いします。

(吉田豪)はい。どもでーす。Berryz工房の武道館講演に行ってたんですけど。

(プチ鹿島)えっ!そうなんですか!?

(吉田豪)中抜けですよ。30分ぐらいしか見れなかったですよ。twitter上見ていても、『ハロプロ史上いちばん面白い講演じゃないか?』とか書かれているのを。

(プチ鹿島)その中を!

(長野美郷)駆けつけていただいて。

(プチ鹿島)まあまあ、でも長野美郷というね、ウチのアイドルも写真集を出しましたので。是非!

(吉田豪)ねえ。ヤバいじゃないですか。これ。ファースト写真集。ついに出た。

(長野美郷)そうなんです。もしよければちょっと見ていただいて。

(吉田豪)見ますよ。買わなくて見るだけって(笑)。もちろん買います。僕、写真集うるさいんですよ。

(長野美郷)そうなんですね。

(プチ鹿島)あの、写真集の収集っていうのはどうなんですか?

(吉田豪)僕は主に男の写真集を集めるのをテーマにしていて。

(長野美郷)えー!なんで!?

(吉田豪)新宿二丁目に自宅と書庫があるわけですけど、新宿二丁目に男の写真集を並べると、いい味わいが出るというか。

(長野美郷)いい味わい(笑)。

(吉田豪)男の写真集って、サービスを間違えちゃうんです。女性の写真集って、やっぱりサービスのポイント、わかりやすいじゃないですか。ちょっとセクシーな感じ出すとか。男のセクシー表現って変なんですよね。とりあえず尻、出すとか。

(プチ鹿島)(笑)

(吉田豪)尻出す人、すごい多いんですよ。

(プチ鹿島)たけし軍団じゃないんだから(笑)。

(長野美郷)なんで?

(吉田豪)無意味に尻出してるんです。いろんな人が。

(長野美郷)えっ、どうしてですか?

(吉田豪)わかんないです。それがセクシーだと思ってるんじゃないですか?

(プチ鹿島)たとえば、誰ですか?

(吉田豪)豪ひろみさんとか。いろんな人が尻出したろとか、ブリーフを履いたりとか。変なパンツを履くんです。まず。


(長野美郷)じゃあ、プチさんも出すんですか?

(プチ鹿島)俺はいいよ(笑)。

(吉田豪)僕の大好きな豪ひろみの写真集とかは、かっこよく登場して、次のページめくったらもう白ブリーフになってるとか(笑)。もう性犯罪者みたいな状態になってて、すごいんですよ。いちばんすごいのが、肌色のパンツで。肌色すぎて、完全にもう素肌にしか見えないんですよ。

(プチ鹿島)へー!

(吉田豪)もう、横からちょっと毛も出ているような状態で。大丈夫なの、これ?って。

(プチ鹿島)西城秀樹さんのギャランドゥってね、要はおへそじゃないですか。あれって僕ら、子供の頃からそういうの。あれも写真集とか、そういうことでしょ?

(長野美郷)えっ?そういう意味だったんですか?

(プチ鹿島)そういう意味ですよ。

(吉田豪)へそ毛的なね。

(プチ鹿島)おしゃれに言った表現が、ギャランドゥ。

(長野美郷)私、耳の毛かと思っていた。

(吉田豪)違いますよ。耳に毛が生えているような人は、いろんなところにいますからね。

(プチ鹿島)永田町の政治家にはたくさんいますけどね。耳から毛が出てる人。

(長野美郷)(笑)。勉強になります。

(吉田豪)政治家の先生にね。偉い人にそういうこと言ったら怒られるからってね。川内康範先生とかね(笑)。

(プチ鹿島)そうそう。ああ、いたなー。いたなっていうか、もういなくなったなっていう。

(吉田豪)お亡くなりになってね。

<書き起こしおわり>