宇多丸 入江悠 駒木根隆介が語る 香川照之顔相撲問題

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 714

SRサイタマノラッパーシリーズのMC IKKUこと駒木根隆介さんと監督の入江悠さんがTBSラジオ『タマフル』に出演。宇多丸さんに演技について語る中で、香川照之さんの顔相撲問題について触れていました。

慢性拳闘症

(入江悠)僕、このメルマガで駒木根にメインをやってほしかったのは、ぶっちゃけ言うと香川照之問題なんですよ。

(宇多丸)香川照之問題?

(入江悠)香川照之問題ってちょっとシネマハスラーでも・・・

(宇多丸)ああ、顔が・・・

(入江悠)シネマハスラーで言うところの『顔相撲』。

(宇多丸)顔相撲的なね。

(入江悠)あれ、でも香川さんって『鬼が来た!』とか『ゆれる』は良い芝居をされてるじゃないですか。そのリアリティーのレベルが変わるのは、どう調整してるんだろうな?っていうのを。

(宇多丸)まあ作品の種類なんでしょうけどね。

(入江悠)でも顔相撲になられる瞬間も・・・

(宇多丸)まあね。でも『半沢直樹』は『顔相撲でいいじゃん!』っていう作品だった。

(駒木根隆介)あれは(麺にたとえると)油そばです。油そば。

(宇多丸)油そば!?大丈夫?雑なたとえじゃないですか?

(駒木根)いや、スープなんかいらないと。もう顔と油だけでいいだろ!って。

(宇多丸)なるほど!でもわかる気もするな。

(入江悠)はじめて納得してくれた(笑)。

<書き起こしおわり>

中国魅録―「鬼が来た!」撮影日記
中国魅録―「鬼が来た!」撮影日記

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする