ジェーン・スーが語る アラサー女子と『不倫』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 712

TBSラジオ 高橋芳朗HAPPY SADにジェーン・スーさんが出演。テーマはアラサー女子と『不倫』。アラサー女子がハマりやすい不倫について語っていました。

ジェーン・スー リセットソング 筋肉少女帯『踊るダメ人間』

(川瀬良子)ここからはグッドフレンズ。週替りのグッドフレンズが登場して、さまざまな角度から音楽の魅力を掘り下げていくクロストークのコーナーです。本日のグッドフレンドはお正月特番以来のご登場になりますね。アイドルグループ Tomato’n’Pineのプロデュースと作詞を手がけ、TBSザ・トップ5木曜日のパーソナリティーを務めています、ジェーン・スーさんです。よろしくお願いします。

(ジェーン・スー)どうもこんばんは。あらまあ、うちの子たち(Tomato’n’Pine)の曲が。さっそくありがとうございます。

(中略)

(川瀬良子)そんなスーさんですけども、ナビゲーションテーマは『アラサー女子』ということでね。

(高橋芳朗)これ、先日30歳を迎えた川瀬さんに警鐘を鳴らすテーマとして・・・

(ジェーン・スー)危ない危ない。来ちゃった30代。

(川瀬良子)来ちゃったー・・・

(高橋芳朗)サブテーマ、さっきから言ってますけど『不倫』ですよ。

(川瀬良子)不倫ですよ・・・甘酢じゃないですよね。

(高橋芳朗)そうです。だから今日ちょっと僕は静観したいと思います。

(ジェーン・スー)またまたまた!

(川瀬良子)どうして?そんなねえ。師匠だって結婚してるし・・・

(高橋芳朗)あ、そうかそうか。そうだね。

(川瀬良子)そうですよ。

(ジェーン・スー)川瀬さん、本当にね、30。おめでとうございます!

(川瀬良子)ありがとうございます!メールもいただいて。ありがとうございました。

(ジェーン・スー)いえいえ。お返事ありがとうございます。

(高橋芳朗)(笑)

(ジェーン・スー)そんな川瀬さん、30になったわけですよ。でもさっき川瀬さん、言ってたじゃないですか。「女の方が男より嘘つくのも、嘘を見抜くのも上手い」って。言ってたでしょ?その女より唯一嘘つくのが上手いのが、『不倫男』なんだよねー!

女より唯一嘘つくのが上手いのが『不倫男』

(高橋・川瀬)(爆笑)

(ジェーン・スー)唯一、上いくのが不倫男なんで。

(高橋芳朗)なるほど!

(川瀬良子)そうなんだー!深い!

(ジェーン・スー)でね、三十路女になったわけじゃないですか。三十路女って何かっていうとね、そこにいるだけで価値のある20代っていう終わりの始まりなんですよ。

(川瀬良子)くぅーー!

(高橋芳朗)厳しいフレーズですね。

(ジェーン・スー)20代っていうのはね、もうそこにいるだけで女として価値がある、人間として価値があるって思われがちなわけですよ。それがもうね、ビター!って30っていう札を付けられた途端にね、女としての値崩れが始まるわけですよ。

(高橋芳朗)(爆笑)

(川瀬良子)あーーー!

(ジェーン・スー)「昨日と今日の私の何が違うの?」って言われても、何も変わらないんですよ?でも、ビター!って札が付くわけ。

(川瀬良子)やばい、もう泣きそうですよ・・・

(高橋芳朗)頭かかえちゃってますね。

(ジェーン・スー)今まではほら、「若いね!」「かわいいね!」「キレイだね!」って下へも置かない扱いを受けてきたのに、飲み会行っても、「大丈夫?もう川瀬、30だろ?」みたいなことを言われるようになるわけです。

(川瀬良子)たしかに・・・既に何回も言われましたね。

(ジェーン・スー)そうでしょ?もう、レーベルを貼られるわけですよ。本当に。でね、それで結局30女ってのは、『女の下座人生のスタート』なんですよ。

(高橋芳朗)(爆笑)

(ジェーン・スー)『下座』なの!今までずーっと『上座』で来てたのが。

(川瀬良子)開始3分ぐらいでもう・・・

(ジェーン・スー)時間ないから!押してるから!早め早めに行かないと!結局ね、どうなるかっていうと・・・今、『グスッ』っていったけど、大丈夫?

(川瀬良子)大丈夫です。

(ジェーン・スー)結局、30女っていうのはどういう存在かというと、自分がもう30になったからといって、適度にわきまえていて、適度に飢えていて、適度に寂しく、適度にエロいわけですよ。そんな物語なわけですよ。

(川瀬良子)そういう物語(笑)。

(ジェーン・スー)で、結局川瀬さんみたいな真面目な人、『私は大丈夫よ』みたいな、これ一番危ないんですよ!

(川瀬良子)何で?不倫がってこと?

(ジェーン・スー)そう。真面目な女ほど、そこそこ上昇志向があるわけですよ。で、努力家で。結果的にどうなるかっていうと、同世代の男がみんな頼りなく見える。

(川瀬良子)あ、それは分かります!あ、どうしよう!?

(ジェーン・スー)言っちゃった。

(高橋芳朗)この人ね、言葉の節々からそれはちょっと感じるかも。

(川瀬良子)そうなんだ!?

(ジェーン・スー)同世代の男っていうのが本当に頼りなく見えるわけですよ。で、結局ね、それでいて頼りないと言いながら、まだまだ無条件に愛されたい、甘やかされたい・・・つまり、半分大人で半分子供?

(川瀬良子)それです!それです!

(ジェーン・スー)そうそう。そうなわけよ。で、そこの隙を突いてくるのが既婚者なわけですよ。

(川瀬良子)くぅーー!

(ジェーン・スー)だから本当に川瀬さんに『30になっちゃった』っていうのを聞いて、『ヤバイヤバイ!』って思って。『急いで来なきゃ!』って思って。

(川瀬良子)でもたしかに既婚者の方って、より魅力的に見えてきちゃうんですよ。

(ジェーン・スー)そうなんですよ。本当に。何でかって言うと・・・

(川瀬良子)結婚にも憧れているし・・・いい家庭像が既に見えるじゃないですか。もう子供の写真とか待受にされてると、もう『憧れる!』とか思っちゃうんですよね。

(ジェーン・スー)そうそう。そうなんですよ。だから結局ね、『余裕』『テクニック』『財力』、全てをとっても同世代の独身男よりは既婚男の方が上なの!

(川瀬良子)そうなんです。上なんです!

(ジェーン・スー)楽しませ方が上手い。見栄の張り方が上手い。嘘のつき方が上手い。腹の見せ方が上手い。甘えるのも甘やかすのも上手いんですよ。

(川瀬良子)罪ですね・・・

(ジェーン・スー)川瀬さんの周りだって、不倫女って多くないですか?この世界。

(川瀬良子)いるんです!

(高橋芳朗)(笑)

(ジェーン・スー)でしょ!?この世代、不倫女めちゃめちゃ多いんですよね。

(川瀬良子)めちゃめちゃいるんです。あの、ちょうど同い年ぐらいの子も、ちょっと年下の子もいますね。

(高橋芳朗)本当?

(ジェーン・スー)そうそう。そうなんですよ。

(川瀬良子)本当、連れてきたい。

(ジェーン・スー)聞いてる?みんな。

(川瀬良子)本当。名前いいそうになっちゃう。

(高橋芳朗)(笑)

(ジェーン・スー)個人情報!私の独自リサーチによると、5人ぐらいの自称モテないっていう男連中がいるじゃないですか。『モテないモテない』って。だけど、その中で話していても、5人と話していても、適度な正しい距離で接してくるのは既婚者の男性なんですよ。

(川瀬良子)んー。

(ジェーン・スー)結局、指輪とかしてないんですけど、話をしていくと、「いや、結婚してるの、あの人だけだよ」みたいな。

(川瀬良子)そう。指輪してないんですよ!

(ジェーン・スー)そう、してないの。

(高橋芳朗)あ、俺もしてないです。

(川瀬良子)あー!こういう人ですよ・・・

(ジェーン・スー)こういう人ですよ。でね、実生活に女が当たり前のようにいる男ってのは、変に緊張しないですよね。適度に図々しいし。だって、高橋さんだって、もし未婚で彼女もいない状態でHAPPY SAD始めていたら、こういう対応できますか?

(高橋芳朗)どうですかね?良い質問ですね。

(ジェーン・スー)『もしかして?』って思うでしょ、絶対に。

(高橋芳朗)うんうんうん。分かりますよ。

(ジェーン・スー)そうすると、ちょっと見栄はったりとか、ちょっと普段とは違う・・・

(高橋芳朗)まあ、対応は違った可能性は大ですね。

(ジェーン・スー)ですよね。これ、結婚して奥さんが家にいるから、「もう!そんなこと言わないでよ!」みたいな軽口も叩けるわけですよ。だから結局ね、そういう男が何するかっていうと、女の扱い方をよく知ってるわけですよ。どのボタンを押せば女がどう動くかってのを、すごくよく知ってるんです。で、何でかって言うと、実生活で女が、女にはちゃんと理由があるんですけど、男から見て無意味に不機嫌になったりとかさ、そういうのを見てるから、『こうやってやれば上手くいく』っていうのを分かってて。

(川瀬良子)そういうことか!

(ジェーン・スー)そうそう。で、そういう男がまず30女に何を言ってくるかっていうと、『キミは特別』戦法で来るわけですよ。

(川瀬良子)何それ!?

(ジェーン・スー)『You are Special』。

(川瀬良子)何それ!まだされたことない!わかんないです!

(ジェーン・スー)あのね、ビビらずにグイっと肘を入れてくるんですよね。で、「キミは何だか特別な子なんだよね。」みたいなことを言ってくるの。そうすると、さっき言った真面目で努力家で評価されたい女っていうのは何をするかっていうと、私は『既婚』というハードルを越えてでも付き合いたい何かがある、特別な女なんだ!って勘違いをさせるわけですよ。

(川瀬良子)してる!してるしてる!

(高橋芳朗)全部同意してますね。

(川瀬良子)◯◯ちゃん!

(ジェーン・スー)◯◯ちゃん、してる?ということなんで、まず一曲目聴いてくださいよ。

(川瀬良子)曲、いらないんじゃないですか?

(高橋芳朗)曲にのってしゃべろうね。形だけかけよう。

(ジェーン・スー)ということで、マイケル・ジャクソンで『In The Closet』です。


(川瀬良子)なるほどねー。

(高橋芳朗)あ、マイク生きてるんだ。

(ジェーン・スー)すいませんね、音楽番組なのに。これね、別に不倫の歌じゃないかもしれないんですよ。だけど、マイケル・ジャクソンがね、言うわけですよ。「キミは特別なんだよ。」「キミは何か特別だから。」・・・

(川瀬良子)マイケルに言われちゃうのか・・・

(ジェーン・スー)「でも、内緒にしておこう。」って言うんですよ、マイケルが!

(高橋芳朗)あらあらあらあら!

(川瀬良子)おーーー!そういうこと言うの?

(ジェーン・スー)(曲に合わせて)キタ!来たよー!

(高橋芳朗)どういう楽しみ方したらいいのか、わからないよ!

(ジェーン・スー)いやいや、本当に。来たよー。

(川瀬良子)そんなこと言われちゃったら、もうねえ・・・

(ジェーン・スー)どうにもなんないじゃないですか。

(高橋芳朗)でもこの人はね、あんまりそういうの・・・だからこその警鐘なのかもしれないけど。

(ジェーン・スー)だからこそですよ!

(川瀬良子)この人って川瀬良子ですか?

(高橋芳朗)そうそう。あの、不倫しそうなタイプにはとても見えないですけどね。

(川瀬良子)なんかもう、面倒くさいのわかってるじゃないですか。

(ジェーン・スー)そういう女が何人引っかかってきたか!

(高橋芳朗)(笑)

(ジェーン・スー)私、川瀬さんよりも8つ年上ですけれども、こういうこと言ってた女が、「でも彼、いま弁護士の所に行ってるって言うから・・・」ってそれ、脳内弁護士だから!いないから!

(川瀬良子)あーーー!脳内パターン!?

(ジェーン・スー)そう。脳内弁護士、脳内家裁っていうのがね。

(高橋芳朗)脳内家裁。

(ジェーン・スー)そう。家庭裁判所の略ですけどね。そうそう。ないよ!っていうね。

(川瀬良子)うわーー。そうか。じゃあ本当、30になってここからが危ないっていうことですね。

(ジェーン・スー)いきなり来ますよ。本当既婚者の男が。

(川瀬良子)あっ、でも私過去に・・・ちょっといいですか?何もないんですけど、結婚されてることを隠されていて、告白されたことあるんですよ。

(ジェーン・スー)そうそうそう。あるある。

(高橋芳朗)で、どうしたの?それで。

(川瀬良子)当然断ったんですけど、後から周りから聞いて、周りもそれを黙ってたっていう、最悪なパターンありました。

(ジェーン・スー)あるある。

(高橋芳朗)わっ!じゃあ、示し合わせてたんだ。ひどいね、それ!

(川瀬良子)超ひどいんですよ。

(ジェーン・スー)やるやるやる!ありますよ、そんなのいっぱい。いっぱいあります。

(川瀬良子)もーー!

(高橋芳朗)でも断っといて良かったね。

(川瀬良子)そうなんですよ。知らずに不倫してるパターンだってあるってことですよね?

(ジェーン・スー)いっぱいありますよ。私の友達だってすごいありますよ。

(川瀬良子)あります!?

(高橋芳朗)すごいなー。そんなことあるんだ。恐ろしい世の中ですね。

(ジェーン・スー)結局だから何かって言うと、女の扱い慣れているっていう既婚者のテクニック、女に慣れてるってことは金では買えない至上の価値なんですよ。

(高橋・川瀬)(笑)

(ジェーン・スー)結局そうやって、『In The Closet』みたいな感じで『キミは特別。でも内緒だよ。』って言って、『分かった、内緒。』ってなっていくと、どうなっていくか?

(川瀬良子)そこですよ!

(ジェーン・スー)そうなんですよ。そうすると、実際に不倫が始まると、とにかく人間ね、隠し事が好きなんですよ。隠し事があると燃える体質。悲劇のヒロインとして全てがウロウロしてくる。簡単に物語の主人公になれるんですね。

(川瀬良子)でもそれはちょっと分かるな・・・

(ジェーン・スー)たまにね、奥さんの話されてブチ切れたりとかね。あ、たまに奥さんの話されてブチ切れてる人ね、あれね、うっかりを装った牽制ですからね。

(高橋・川瀬)(爆笑)

(ジェーン・スー)みんな、騙されないでね。

(高橋芳朗)そうなんだ。あれもテクニックなんだね。

(川瀬良子)ちなみにスーさんは不倫経験者なんですか?

(ジェーン・スー)まあまあ、長い期間の不倫はしたことないです。ただ、既婚者と何かしたことがあるかってことに関しては、「ん!」としか言いようがないっていう。

(高橋芳朗)じゃあ、ハマらなければいいってことですか?

(ジェーン・スー)そうなんです。そうそう。

(高橋芳朗)のめり込まなければ。

(ジェーン・スー)そうそうそう。でもそうですよ。大丈夫大丈夫。

(川瀬良子)大丈夫?

(ジェーン・スー)結局、ここにかかってきてるの。ハートの『Secret』ですよ。


(高橋芳朗)あっ、いま後ろでかかってるのが、ハートの『Secret』。

(ジェーン・スー)どうやったら、このシークレットをキープできるの?秘密にしてられるの?私もあなたも、一生クロスしない2つのライン みたいなことを言いながら、めちゃめちゃ盛り上がってるんですよ。

(川瀬良子)あー、そういう会話してる2人の隣にカフェで鉢合わせたことありますよ。超耳おっきくして聞いてました。本当にビックリしました。

(ジェーン・スー)自分たち以外は全部風景ですからね。

(高橋芳朗)やっぱもう、美化しちゃうんですね。

(ジェーン・スー)そうです。

(川瀬良子)そういう会話、ずっとしてました。最後女の子が泣き出しちゃって、「いつになったら結婚してくれるの!」って叫んだんですよ。『面白い!』って思って。

(高橋・ジェーン)(爆笑)

(川瀬良子)『行け行け!』って。

(ジェーン・スー)川瀬さん、今度言う番だから。

(川瀬良子)すいません。

(高橋芳朗)こういう話をよく聞くから、この人は大丈夫なんじゃないかって思っちゃうんですけどね。

(ジェーン・スー)あのね、不倫の功罪について30秒ほどお話させていただいていいですか?不倫の功罪。『功』はですね、人は簡単に嘘をつく生き物だってことが分かる。どんなにがんばっても手に入らないものがあることを知る。人は禁忌事項が多い関係性ほど燃える。正しいことだけをしてきた真面目て優等生な自分。実は自分の欲望に逆らえない、ただのゲスい人間だってことが分かる。

(川瀬良子)うわー!

(ジェーン・スー)で、こうやって言ってる人ほどハマって、『あっ、自分ゲスいなー。』ってのがどんどん分かってくると思うんですよね。

(川瀬良子)やばい。ちょっと楽しみになってきた!

(高橋芳朗)(爆笑)

(ジェーン・スー)そうなんですよ。あとね、何でやっちゃいけないかっていうと、一番は、とにかく全てにおいて舌が肥えるんですよ。いきなり旅行に連れてかれたりとか、ものすごくいいご飯を食べさせてもらったりとか、車でビュー!っと連れて行かれたりとか。非日常をガンガン演出する。向こうの男はだって、非日常がほしいんだもん。

(高橋芳朗)そうかそうか。

(ジェーン・スー)だから非日常の、あくまで参加者ですから、それをやられるとね、別れた後、うまく別れてもその後すごいハードルが上がっちゃって・・・

(川瀬良子)まさに◯◯ちゃんが言ってますよ!そんなことを!

(高橋芳朗)お友達が(笑)。

(川瀬良子)言ってます(笑)。◯◯ちゃんが言ってる。

(高橋芳朗)そこそこ財力ないとダメだな、非日常を味あわせるためには。

(ジェーン・スー)いやいや、でもね、適当に。だってそんなに頻繁に会えないんだもん。3回分のデートを1回につぎ込めばいいんですから。誰にでもできますよ。

(川瀬良子)うわー、そっかー。すごいですね・・・

(ジェーン・スー)そして、こうやって聞いて、『ねー。』みたいな川瀬さん、こうやって被害者みたいな顔してるじゃないですか。でもね、違うんです。最近は、頼り甲斐のない同世代の彼氏のいる女が、「彼のことは大事。すごい大事に思ってる。でも、魅力的な人がいるの!」って言って、非誠実な関係性を行うわけですよ。

(川瀬良子)えっ、どういうこと?どういうこと?非誠実な関係性?

(ジェーン・スー)ダブル不倫ですよ!いわゆる。

(川瀬良子)うわっ!怖っ!

(ジェーン・スー)多いよ。めちゃめちゃ多いよ。本当、めちゃめちゃ多いですよ。あのね、『不倫しようかなどうしようかな』って思っている男全員に言いたいのは、もう私の周り、これぐらいの年になると、年下の彼氏のいる嫁、めちゃめちゃ多いですからね!

(川瀬良子)うわー!

(高橋芳朗)えーっ!俺、本当周りいねーな!気が付かないだけなのかな?

(ジェーン・スー)『I don’t wanna do this anymore』。これはね、まさに今、リアーナが『Unfaithful』で歌ってますけど。『じゃあ、やめれば?』って思うんですけど、やめないんですよね。


(高橋芳朗)このビデオがまた、ひどいことになってますからね!

(ジェーン・スー)ねっ!そうそう。

(川瀬良子)そうなんだー。まさに、そういう・・・

(ジェーン・スー)ボンクラみたいな男が出てくる。ボンクラ彼氏が出てくる。で、ボンクラ彼氏がトイレに行った隙に電話番号シュッ!って渡されるんです。イケメンから。

(川瀬良子)やだー!

(高橋芳朗)そのイケメンが弾くピアノの上でこう、リアーナがもんどり打ってるんですよ。『I don’t wanna do this anymore』って。

(ジェーン・スー)って言いながら!もうね・・・これ、何分までしゃべっていいんですか?もう終わりだね?もう完全に終わりの時間です。

(高橋芳朗)そうですね。あと1分ぐらいですか?

(ジェーン・スー)そうなんですよ。

(川瀬良子)いやだなー。それ・・・

(ジェーン・スー)全然曲は聴けてないんですけど、言いたかったことは、『川瀬さん、気をつけて!やってもいいけど、ハマっちゃダメ!』それだけです。楽しいから!死ぬほど楽しいんですよ。

(川瀬良子)死ぬほど楽しいんだ(笑)。

(ジェーン・スー)死ぬほど。蜜の味ですよ。本当に。

(高橋芳朗)そう、だからのめり込まなければいいんですよ。

(ジェーン・スー)そうそう。何でかっていうと・・・

(川瀬良子)そのアドバイス、どうなんですか?

(ジェーン・スー)そうなんです。だから、30から35ぐらいの間に、ただ不倫をどっぷりやっちゃうと、もう屍だらけなんですよ。35ぐらいから。やつれた女の屍だらけで山手通りとか埋まってんですよ。

(高橋・川瀬)(爆笑)

(川瀬良子)山手通り、歩きにくいなー!

(ジェーン・スー)そうそう。ゴロゴロゴロゴロしてるんで、そういうの避けるためにちょっとだけ。ちょっとだけ。ディズニーランドみたいな感じで、一日行ってフリーパスで帰ってくるぐらいの感じ。

(川瀬良子)あー、そっか・・・えーっ!?

(高橋芳朗)分かりました。じゃあ、そろそろ告知に・・・

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする