玉袋筋太郎と外山惠理『たまむすび』後番組『えんがわ』を語る

赤江珠緒『たまむすび』2023年3月末終了の理由を語る たまむすび

玉袋筋太郎さんと外山惠理さんが2023年2月3日放送のTBSラジオ『たまむすび』の中で4月以降も2人が新番組『えんがわ』を担当することについて話していました。

(玉袋筋太郎)しかしね、発表されたことがありましたよ。

(外山惠理)そうですね。

(玉袋筋太郎)発表されたじゃないですか。昨日かな? 俺たち、よく我慢してたね。

(外山惠理)私たちね。いや、もう本当にね、なんか……一番嫌な嘘つきになってる気持ちでずっと、ここんところ過ごしてたから。で、先週もさ、宮崎から放送したじゃないですか。で、リスナーの方がね、来てくださって。

(玉袋筋太郎)「武道館、行きましたよ」ってさ。嬉しかった!

(外山惠理)パンフレットを持ってね。

(玉袋筋太郎)そう! パンフレットを持ってね。ありがたいよ。あのお姉さん。

(外山惠理)「もう、(『たまむすび』終了の)ニュースを見て泣いちゃいました」っていうからさ。もうここまで、喉まで出かかったんですよね。「実は金曜日は……」ってね。

(玉袋筋太郎)そう。「そこだけは大丈夫だ」っつって。

(外山惠理)でも、まだ発表前だから、言っちゃいけないっていうことでさ。「いや、でもまた宮崎に来ますから」って。ちょっとずつちょっとずつ、匂わせてはいたんだけど。でもその「匂わせ」っていうのも嫌いなんだけどさ。匂わせ……宮崎の放送局の方にもさ、「残念。終わっちゃうんですね」なんて言われて。「あの、またお世話になりますので、よろしくお願いします」なんて言いながら。ちょっと「続くぞ」みたいなさ。

(玉袋筋太郎)遠めのボールを投げているけどね。俺だってそうだよ。この前、高田文夫先生にもさ、神妙な顔で、フランス座の楽屋で。「なあ、しょうがねえよ。お前な」っつって。「先生、有楽町で拾ってくれるのかな?」みたいな(笑)。そんな顔をしてるわけよ。

(外山惠理)いや、でも本当ですよね。

(玉袋筋太郎)だからお店にもさ、リスナーの方がたくさん来てくださって。私のスナック玉ちゃんにも。全員がさ、涙ぐんじゃって。大の大人が。そこでもさ、「まあな、しょうがないよな。俺たち、出入りの業者だから。ほら。そういったことになるんだよ」って。

(外山惠理)だから、本当にさ、いろんな方に心配していただいて。ありがたいなって思ってさ。

(玉袋筋太郎)だって前は俺、日刊スポーツに情報を売った時、あったんだけど(笑)。

(外山惠理)玉さんだったの?(笑)。違うでしょ?

(玉袋筋太郎)違うけどさ(笑)。ねえ。死んだハマグリのようにね、口を固く閉ざした2人っていう。謳わなかったね。あんな取調室で……普通は謳っちゃいますよ? 謳わなかったね!

(外山惠理)本当だよ。小倉さんなんて、私の先輩っていうか、友達っていうかさ。小倉さんなんてさ、「金曜日は続きます」って聞いて、泣いちゃったんだって。嬉しくて。だからそれを聞いて、私も泣きそうになったよね。泣いてないけど(笑)。で、スタッフもさ、「その小倉さんを見てもらい泣きしちゃいました」っていうのを私に言ってくれて。いや、もういい先輩を持ったなと思いましたよ。本当に。

(玉袋筋太郎)ええと、4月から番組タイトルは、どうなるんですか?

(外山惠理)『えんがわ』っていう。「えんがわラジオ、えんがわラジオ」って言っててね。そのあたりはなんか、皆さんもね、今聞いてくださってる方も。ご存知の方はね、「ああ、えんがわラジオか」って思っていただけると思いますけど。まあいろいろね、本当にもう家に遊びに来て、のんびりしていただければと思いますけれども。まあ、今日から始まるわけじゃないんだけどね。

(玉袋筋太郎)そうなのよ。

(外山惠理)なんなの、この感じ(笑)。でも、この前も宮崎で……宮崎の方、本当にお世話になりました。またね、『えんがわ』になってもお邪魔して。いろんなところにお邪魔してさ、もう「縁が輪になっていくように」ってさ。そういうこともね。きっと、いろんな掛け言葉なんでしょう? きっとね。

(玉袋筋太郎)いや、今のはすごい!

(外山惠理)ああ、そう?

(玉袋筋太郎)俺、気づかなかった。みんな、スタッフも「ああ、そういう意味か!」って。

(外山惠理)ポカンとしやがって! こっちが「えんがわラジオ」って言っていたら、そのままついてるじゃん、みたいなさ(笑)。

(玉袋筋太郎)「縁が輪になる」って、すげえフレーズ! 出ましたね!

縁が輪になる『えんがわ』

(外山惠理)昨日の土屋くんは「えんがわって、お寿司ですか?」なんて。もう本当に、何を言っているんだ、君は?(笑)。

(玉袋筋太郎)「縁が輪になる」から『えんがわ』なんですよ! で、月木はあのケーブルが好きな人ですよね?

(外山惠理)月金でやるのかと思ったら、私たち、違うのね。私たちは金曜だけで。

(玉袋筋太郎)月木の人たちがこれ。このお姉さん。ケーブルの。

(外山惠理)「ケーブルの人」っていうのもなんかあれだけども(笑)。石山蓮華さんね。

(玉袋筋太郎)そうそう。デンセンマンだよ。

(外山惠理)デンセンウーマンね。

(玉袋筋太郎)『こねくと』だから。

(外山惠理)『こねくと』。で、土曜日もなんか『あだぷと』だっけ。特番ね、『あだぷと』っていうのが今度、始まるなって。次の土曜日から? でも先々週かなんか、日曜日にも石山さん、やっていましたよね。

(玉袋筋太郎)石山さん。蓮華ちゃんですよ。がんばりましょうよ、4月からもね。まさか、エイプリルフールじゃないの? 大丈夫?

(外山惠理)大丈夫でしょう? これで発表して、エイプリルフールだっつったらそっちの方が腹立つわ。本当に、やめてくれよ(笑)。いい加減にしてくれよ!

(玉袋筋太郎)鬼だ! (豆を投げて)鬼は外! 鬼は外!(笑)。

(外山惠理)いや、これは冗談じゃなくって、本当に金曜日が残って嬉しいって言ってくださっている方……「ええっ?」って思ってる方もいるかもしれないけど。でも、嬉しいと思ってくださっている方が多かったから、よかったなと思うんだけど。あの、聞いてもらわないことには続かないので。ひとつ皆さん、ずっとよろしくお願いします。

(玉袋筋太郎)だから1人が3人ずつにね、広げてさ。で、3人がさらに3人に……。

(外山惠理)ネズミ講(笑)。商売じゃないんだけどさ(笑)。

(玉袋筋太郎)ネットワークビジネスですよ。これ、ネットワークってことですよ。放送という形の。

(外山惠理)ぜひ。本当に縁を輪にしてください(笑)。

(玉袋筋太郎)輪にしましょう。リング、リングね。

(中略)

(外山惠理)あと、ミトンさんの年末もよかったね。

(玉袋筋太郎)イントロクイズ!

(外山惠理)そう!

(玉袋筋太郎)あれ、だってミトンちゃんにも俺たち、言ってないんだもん。

(外山惠理)そうなの。だからさミトンさんが「年末の」って言った時は、「あっ!」ってね。でも私たちも本当に続くか続かないか、みたいな。なんかずっと、ぶら下げられててね。正直なことを言うと、これは本当なんですよ。皆さん(笑)。めでたく、続く……でも「めでたく」って言っていいのかな?

(玉袋筋太郎)豆、また用意するか?(笑)。

臼井ミトンとのイントロクイズも継続

(外山惠理)でも本当にありがたいです。皆さんのおかげ。もぐらさんも、ありがとう! なんか放送で空気階段のさ、鈴木もぐらさんが「ずっとTBSを聞いてて。誰に言っていいのかわかんないけど、外山さんの声を聞きたい」って言ってくれたんだって。そうなの。ありがたいなと思って。伊集院さんも気にしてくれてたみたいよ。

(玉袋筋太郎)一番がっかりしているのは、太田総理だろうな。

(外山惠理)太田さんもすごく気にしていたよ?

(玉袋筋太郎)あいつ、「やる」っつってたからね。

(外山惠理)「ワンちゃんが全部、やればいいじゃん」って。「でも私は決められないんで」なんて言いながらさ。もう全部、決めちゃいたいね。

(玉袋筋太郎)俺は出入りですから。もっと弱いですから。

(外山惠理)でもやっぱり玉さんとね、これからも。はい。

(玉袋筋太郎)やっぱりね、うん。袖の下って、大事だね。

(外山惠理)渡したの?(笑)。渡してないわ! そんなので続けてくれるんだったら、もういくらでも! 給料、全部入れるわ!

(玉袋筋太郎)オール・イン!って(笑)。

(外山惠理)まあ、そんな感じでこれからもお付き合いください。よろしくお願いします。

(玉袋筋太郎)お願いします!

<書き起こしおわり>

鈴木もぐら『たまむすび』終了後のTBSラジオにお願いしたいことを語る
空気階段のお二人が2023年1月16日放送のTBSラジオ『空気階段の踊り場』の中で2023年3月末に終了が発表された『たまむすび』についてトーク。TBSラジオのヘビーリスナーだったもぐらさんがTBSラジオにお願いしたいことを話していました。
宇多丸 石山蓮華の『たまむすび』後番組『こねくと』パーソナリティー就任を語る
宇多丸さんが2023年2月2日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』の中で『たまむすび』の後番組『こねくと』のパーソナリティーに番組に何度も出演している石山蓮華さんが就任することが決定した件について話していました。
たまむすび
miyearnzzlaboをフォローする
miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました