スポンサーリンク

アルコ&ピース平子 マイホーム購入と79歳までの35年ローンを語る

アルコ&ピース平子 マイホーム購入と79歳までの35年ローンを語る 文化放送

アルコ&ピース平子さんが2022年7月25日放送の文化放送『おとなりさん』の中でマイホーム購入についてトーク。79歳までの35年ローンを来んだことなどを話していました。

(平子祐希)今日はピーカンですね。

(坂口愛美)気持ちよく晴れてますね。浜松町、気温ももう29.8℃まで上がってきております。

(平子祐希)もう早朝からセミ、鳴いていたからね。早朝のセミは夏だよね。あのラジオ体操、朝早起きして行った小学生の頃の原風景がそれだもんね。

(坂口愛美)思い出しますね。麦わら帽子、かぶって。

(平子祐希)ねえ。あんなに楽しかったな……。

(坂口愛美)なんか今が楽しくないみたいな言い方、しないでくださいよ?

(平子祐希)振り返るとやっぱりそういう思い出が……ねえ(笑)。なんにもしなくてよかったんだもんなって。

(坂口愛美)でもそれはそれで小学生の時って夏休み、忙しくなかったですか?

(平子祐希)そうね、なんやかんや、突っ込みまくった……前半に少しぶっこんで。で、後半に残りぶっこんで。「ああ、もう遊べねえよ」とか思ったけど、めちゃくちゃ遊んでたよね。

(坂口愛美)遊んでましたね。

(平子祐希)不平不満タラタラ言いながらさ。あんな楽しいことしかなかったのにな。「早く大人になって、お小遣いとか自由に使えるようになりたい」と思ってたのにね。

(坂口愛美)思ってました。

(平子祐希)ねえ。大人になったらなったら、もっと使えなくなるのにね。

(坂口愛美)フフフ(笑)。やっぱりそういうもんですよね?

(平子祐希)そういうもんだよね。で、今振り返ったところで子供時代は子供時代の大変なこともあっただろうしね。

(坂口愛美)まあでも、もうあの時は帰ってこないんですもんね。

(平子祐希)絶対にね(笑)。そうなんですよ。もう……ああ、そうですね。ネットニュースなんかにもなってますけど、僕はもう、地獄のようなローンを抱えましたので。

(坂口愛美)そうだ。ニュースで見ましたよ。マイホーム購入。

(平子祐希)そうですね。これも前々から別のラジオで話はしてたんですけど。なんか、誰も見てないYouTubeが取っかかりになってネットニュースになって。

(坂口愛美)誰も見てないってことはないですよね?

(平子祐希)いやいや、俺の個人のYouTubeは地獄のように誰も見てないのよ。で、そこからなんかバーッてネットニュースになって。急にね。だから僕的には自分の個人のYouTubeでは今まで、いろんなものを買い物に行く時についでに流すようなチャンネルなんですけど。「平子お買い物クラブ」っていうぐらいですから。雑貨行ったり、あとはバイクを買おうとしてて。で、大型バイクを買おうって免許を取って。で、バイク屋さんに見に行ったり、バイクに詳しい人にお話を聞いたりして。なんとなくこう、絞られてきて。「そろそろかな?」っていう時に、急に家を買おうっていうね。まあ、うちの家庭全体でそういう話になって。急に舞い込んだもんで、さすがにバイクまで手が出せないと。

(坂口愛美)じゃあバイクは一旦……。

(平子祐希)「ちょっとごめんなさい。いろんな人にねお話を伺ったのに実は買えなくなりまして。その理由として、こんな流れで家を……」っていう、報告の動画だったのね。そうそうそう。

(平子祐希)あとは俺、もうどこに住んでるとかも全部言っちゃうようにしてるから。

(坂口愛美)高円寺ですよね。

(平子祐希)そうそう。それってさ、同じ太田プロの土田さんの流れがあって。もう土屋さんも早めに……だいぶ若い頃にもう家を買って。で、「○○に住んでるよ」ってもう、なんとなく言っちゃうようにしてたんだって。「あそこに土田、なんか住んでるっぽいな」とかコソコソ言われないために、先に言っちゃうっていう。俺はもう、たぶん一生高円寺だから、もう言っちゃおうと思って。ぐちゃぐちゃ言われるぐらいだったら。「高円寺です」って。それで家を買った時も言うし。そんで、なんで急にあんなネットニュースになるのかなと思って。まあ、1ヶ月ぐらい前から他のラジオで言ってたから。

(坂口愛美)私も拝聴してまして。他の番組でね。

ネットニュースのコメント欄で賃貸派VS購入派が論争

(平子祐希)で、ネットニュースになるからワーッてなって。そしたら、コメント欄。例のごとく最初は「誰だよ、こいつ?」とかから入っていくんだけど。最終的に、賃貸派と持ち家派の論争になってて。俺を置いていって(笑)。「今、買うのバカだろう」とか「今、買う奴、意味がわかんない」とか。「いくらこの値上がりしてようが、値上がりしてる最中は今日が最低価格なんだ」みたいな人とか、それがバーッて論争になってるんだけど。

結局さ、俺はわかんないのよ。どっちがいいかとか。持ち家かどうかとか。たしかに土地の価格も高騰はしてるんだけど。これ、だから僕の場合ですけど。もちろん、賃貸は賃貸でいいところがあって。持ち家は持ち家でもちろんねデメリットもあって。メリットもあって。僕はでも、単純にもう奥さんの夢だからいいやってなっただけで。そこのバランスを僕は全然わかってないんで。

(坂口愛美)はい。

(平子祐希)あとはもう、どっちでもいいっていうのがね。

(坂口愛美)今さらアカデミーでも1回、やりましたよね。で、その賃貸がいいのか、持ち家がいいのかっていう話になった時に……。

(平子祐希)その時に「今、都内だったら賃貸じゃないですか。しかも平子さんみたいなお仕事の方は賃貸じゃないですか」なんて言われてて。あれの2日前に契約してたんだよね(笑)。

(坂口愛美)そうだったんですか(笑)。言ってくださいよ!

(平子祐希)いや、なんかさ、それで「いや、俺、買ったんすけどね」ってなったら……。

(坂口愛美)そしたらその時にネットニュースになってたかも……。

(平子祐希)いやいや。でもね、奥さんがそういう……。

(坂口愛美)まあね。その時もおっしゃってましたもんね。

(平子祐希)そう。で、奥さんの実家がもうすぐ、徒歩1分のところだから。それもお互いに安心だしね。それは別に賃貸か持ち家派かっていう派閥で語るところじゃないからね。

(坂口愛美)もう夢を叶えるかどうかっていうところですもんね。

(平子祐希)いや、そうそうそうそう。大変ですけどね、もちろん。で、こういうの、ネットニュースになるとやっぱり局の方とか、スタッフさんとか、芸人とかにも「見ましたよ、見ましたよ」って言われるんだけど。一般の知り合いの友達とかにも「見たよ、あれ」ってメールが来るんだけど。なんかさ、大豪邸の前提でくるね。やっぱり。人ん家って。他人が建てたい家ってさ、絶対「大豪邸なんだろ?」っていう前提で入ってくるよね。

(坂口愛美)まあ、イメージね。その芸能人の方が家を建てるってなるとやっぱり……。

(平子祐希)芸能人が今、どんだけのギャラだと思ってるんだろうね? たぶんやっぱりバブル期とかのザ・芸能人のイメージとか。あの時のなんか景気のいい時のイメージが刷り込まれてるから。だから芸能人っていうのが「お金をもらってる人」っていう刷り込みでしょう? たぶん。今、社会全体がどういう状況でさ。で、我々なんかもう社会の末端者だから。社会のまず企業さんだったり、何だったり、中心に「お金がない、お金がない」っていう時は、我々に回ってくるお金もさらにないですからね。

どういう前提で話してくんのかな?って。「いや、こういう土地なんですよ。こういう土地で、こんなんでこんなもんですよ」って言ってるのに「いやいやいや……」って。もう、具体的に数字まで教えてるのに「またまたー!」って。「またまたー!」って言われることって、俺が本当の話をしていたら、めちゃくちゃ失礼だからね? 「そんな狭いわけないでしょう?」みたいな。いや、本当にそうなんだっつってんのに。

(坂口愛美)じゃあ、なんて言えばいいんですか?

(平子祐希)そうなんだよ。大きく見積もってもダメだし、小さく見積もっても「またまたー!」って言われるし。で、現実を言うと「いやいや……」とか言われるし。どれを言ってもダメだから、もう途中で諦めちゃう。

(坂口愛美)でも「マイホームご購入おめでとうございます」っていう感じでいいのかな?

(平子祐希)そう。それだけでいいじゃん?

(坂口愛美)ねえ。シンプルに。

(平子祐希)「何億ですか?」って……勘弁してくださいよ(笑)。狭小地だっつってんのに。本当に都会の狭小地なんですよ。

(坂口愛美)おっしゃってましたよね。

(平子祐希)だから俺が今後、「狭小地じゃない」って言ったら今後、詐欺罪で訴えてもらっていいです。断言します。それだけは、自信を持って。狭小地です!

(坂口愛美)まあ、でも言うてもね、高円寺で家を建てるってなると……。

(平子祐希)でも高円寺の野方方面っていうかね。高円寺の駅前とか、ああいういわゆる一等地とかではないんで。全然外れてる方なんで。

(坂口愛美)ああ、そうなんですか? いや、でもいいじゃないですか。夢がいっぱい詰まったマイホーム。

憧れの積水ハウスで建てる

(平子祐希)そうなんですよ。積水ハウスで建てるんですけど。うちの父親が……実家が積水ハウスで、僕が小学校4年生の時に建てたんですよ。それで、自分の父親ですから。僕も父親になったら……「自分の息子が小学校4年生の時に積水ハウスを建てられるようになったら、俺は大人だ」って俺、子供の頃からずっと思ってて。で、積水ハウスをどうしようかっていうそのずっと前から俺、サブスクで積水ハウスの曲とか好きで聞いてたぐらい、積水ハウスで。

(坂口愛美)積水ハウスの曲?

(平子祐希)CMソング。たぶん聞いたら思い出すよ。

(坂口愛美)どんなんですか?

(平子祐希)「都会の空でもふるさとだろー♪」って。あれ、すげえいい歌なんだよ。

(坂口愛美)ちょっとあんまりピンとこなかったんですけど……。

(平子祐希)マジで? 嘘だ! 文化放送にある? 積水ハウスの歌?

(坂口愛美)ないと思いますよ?

(平子祐希)嘘? サブスクに入っているけどな。

(坂口愛美)えっ、サブスクに入っているんですか?

(平子祐希)入っている。Spotifyに入っているよ。すげえ優しくなれるの。この歌。

(坂口愛美)ああ、元々ある曲をCMの曲として使っているんですか?

(平子祐希)違うんじゃない? だって「積水ハウス♪」って……。

(坂口愛美)ああ、わかった! 「せきすーい、ハウス♪」か。

(平子祐希)ちゃんと全部、聞いたことないでしょう? すげえいい歌だから。あれ。元々、家を建てる、建てないの前から聞いててさ。

(坂口愛美)Spotifyで?

(平子祐希)そう。で、息子が小5だから1年遅れたんだけどね。父親にね。父親はもっと若い時に建ててるんですけど。それは夢というかね。父親に……自分の中の軸として、なんかパパに追いつくことみたいなね。

(坂口愛美)いいじゃないですか。お父様の背中を追いかけて。もう、まさにそのまま積水ハウスのCMになりそうな……。

(平子祐希)やっぱり実家は田舎だけどさ。実家の3分の1の狭さだけどね。

(坂口愛美)いやいや、でも……。

(平子祐希)あっちはムダにだだっ広いからね。田舎はね。

(坂口愛美)いいじゃないですか。CMの話、来るかもしれないですよ?

(平子祐希)CM、来ないよ(笑)。結構な人がやってるんじゃない? いや、だから本当にもうカツカツです。本当のカツカツです。

(坂口愛美)だからもう働くしかないと。

(平子祐希)働くしかない。働かざるを得ない。

(坂口愛美)番組始まる前にね、「夏休み、取らないんですか?」みたいな話をしてましたけど。みんなで。

(平子祐希)取れるわけがない。なんとか、お願いしますよ……。

(坂口愛美)なにがですか?

(平子祐希)ギャラ3倍(笑)。

(坂口愛美)いや、ギャラ3倍はできないですけども。『おとなりさん』を長く続けていただいてね。

(平子祐希)そうですね。

(坂口愛美)ローンは何年ぐらいですか?

(平子祐希)いやいや、35、35。

(坂口愛美)じゃあ35年、『おとなりさん』を。

(平子祐希)そこのね、YouTubeのところで間違えてたの。「35年ローンで今の年齢で考えると、77歳まで」って言ってたんですけど。これが間違いで、79歳まで。

(坂口愛美)80手前まで。頑張って働きましょう。

(平子祐希)早く返しきれる目処もなく。本当に地道にやっていきます。

(坂口愛美)『おとなりさん』が続けば大丈夫なはずなんで。頑張って良い番組にしていきましょうね。引き続き(笑)。

(平子祐希)頑張りましょう。それでは、1曲目、お聞きください。なんで積水ハウスじゃないんだよ! ないのかな? 真心ブラザーズで『サマーヌード』。

真心ブラザーズ『サマーヌード』

(中略)

(平子祐希)メールです。「私の知り合いのおじさんは道に迷うと、星を見て向かう方向を割り出します。いつもはガサツでとにかく騒々しい人ですが、この能力だけは正直、かっこいいと思ってます」。昔の船乗りのやり方だよね(笑)。大昔の。

(坂口愛美)すごいな!

(平子祐希)もう海図やら、コンパスとか、そういう時代じゃない時の船の進め方だよね(笑)。

(坂口愛美)憧れますけど……でも、パッと見て「○○座が△△にあるからこっちだ」ってなるんだ。

(平子祐希)その季節、その時間帯にあの星がこっちの方向だからこっちはあっちだっていうのがわかるんだよね。

(坂口愛美)めちゃくちゃかっこいいじゃないですか。でも平子さんも星、お好きなんですよね?

(平子祐希)うちの家族は星、大好きで。それで「ベランダとかがあるお家に住みたい」っていうのがうちの奥さんの夢だったの。「星を眺めたい」っていう。もう、それだけ。

(坂口愛美)じゃあ、その新しいマイホームにも、そういうその星を眺められる……。

(平子祐希)まあ、ベランダはあります。ベランダは作りました。本当にもうアリの額ぐらいのベランダです。本当に。ベランダと呼んじゃいけないのかもしれない。「正式名称ベランダじゃないです」って不動産の方に言われるかもしれないような……(笑)。

(坂口愛美)そんなことはない。ベランダはベランダですよ(笑)。

<書き起こしおわり>

アルコ&ピース平子 夢のマイホーム建設計画を語る
アルコ&ピースの平子さんが2022年4月17日放送のTBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』の中で高円寺にマイホームを建設する計画について話していました。
タイトルとURLをコピーしました