スポンサーリンク

オードリー若林 面白いエンタメが多すぎてチェックしきれない問題を語る

オードリー若林 面白いエンタメが多すぎてチェックしきれない問題を語る オードリーのオールナイトニッポン
スポンサーリンク

オードリー若林さんが2021年11月27日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中で最近、面白いエンタメが多すぎる件についてトーク。チェックするための時間が足りず、億劫になってしまう問題を話していました。

(若林正恭)あれさ、最近、面白いエンタメがちょっと多すぎるなと思ってるんですよ。

(春日俊彰)はいはい。まあ、いろんな種類がありますわね。たしかに。

(若林正恭)で、いろんな人が配信ライブとかしてたりとか、いろんな作品に出演されたりとか。ラジオもね、いろいろ動きがあったりして、聞かなきゃってなったら、その……みんな、どうしてるのかなと思って。時間を。

(春日俊彰)見たり、聞いたり。

(若林正恭)そうそう。仲良くさせてもらっている小説家さんが新作を出して献本をいただいて読んだらめちゃくちゃ面白いし。

(春日俊彰)本もそうか。読む時間がね。

(若林正恭)佐久間さんがライブをやったら面白いし、新内眞衣さんのラジオも聞くしね。それで、なんかお笑いの後輩がライブをやったら面白いし。ちょっと面白すぎるなと思って。それで、いい加減にしてくれないかなと思ってるんだよね。

(春日俊彰)「いい加減に」というか、大変だと。全部カバーするのは。

(若林正恭)全部カバーするのが。で、面白いから。

(春日俊彰)しかもね。気にもなるし。

(若林正恭)そうそうそう。で、なんかこう……まあね、それで次から次に出てくるでしょう? 流行ってるものも。

(春日俊彰)まあ、そうだね。早いよね。移り変わりというか、回転も。

(若林正恭)それでこの間ね、まあ向井くんがね、『プリキュア』を見てて「光で構えろ」っていう名言を『あちこちオードリー』で言ったんだけど。「たまに闇落ちするからいいんであって、基本は光で構えてないとダメだ」っていうことを。で、それを俺、『プリキュア』を見たことがなくて。

(春日俊彰)はいはい。まあ、そうだね。世代でもないしね。まあ基本、女の子が見る漫画のイメージ。

『プリキュア』たとえがわからない

(若林正恭)だからその『セーラームーン』すら、知らないから。『セーラームーン』と『プリキュア』がちょっとかぶっていた時期があるんじゃないかな?って思ってるぐらい。両方出てた時があったんじゃないかなと思っているぐらい。

(春日俊彰)それはないだろうけどね。

(若林正恭)で、『プリキュア』たとえて結構、他の現場でも出るなって思うの。だから「『プリキュア』を見なきゃ」って思って。「見ようかな……」と思って。で、奥さんに聞いたら、奥さんは子供の時に『プリキュア』を見ていたみたいで。で、奥さんと話してたのよ。でもなんか、きっとプリキュアがさ、なんだろうな? 困難にぶち当たってさ。最初はなんかちょっとウマが合わない感じに見えた人と仲間になってさ、みんなでプリキュアたちが活躍して解決するんだろうなあ……と思って。

(春日俊彰)フフフ、まあそういうパターンのものは多いよね。

(若林正恭)「それなら、見なくていいかな」って思ったんだよね。絶対面白いんだろうし。奥さんに「解決するんでしょう? いろんな困難を」って言ったら「そうだけど、なんなの?」みたいな(笑)。「だから、見なくていいかなと思って」っつって。うん。だから、なんかあるんだと思うのよ。プリキュアの必殺技がそれぞれに2つずつぐらい。3つある人もいると思う。で、その習得に結構時間がかかったりするんだと思うの。でも、それが効果的な場所で使われて結局、困難に打ち勝つんだろうなあ……って思ってさ。

(春日俊彰)まあ、大概そうだよね。そう言われるとね。

(若林正恭)で、「なんか見なきゃな」って。でも、知り合いの人のでも全部をカバーするのにも時間がないし。でも『プリキュア』のたとえで現場が盛り上がって。そこで「へっ、へへっ……」みたいになってる自分も嫌だから。

(春日俊彰)わかんないからね(笑)。

(若林正恭)で、『ハリー・ポッター』も一度も見たことがないんですよ。でも、いわゆるそのポッターが出てくるんだろうなと思って。ポッターが出てきて……俺の予想よ? 最初はホウキに乗れないんだろうなって思って。ホウキに乗れなくて、なんか壁とかに当たっちゃったり、高く飛びすぎちゃったり、低く飛びすぎちゃったりして。なんか木にガサガサッ!ってなるんだろうな。でも結局、乗れるようになるんだろうなと思って。

(春日俊彰)うん。まあまあ、そうじゃない?

(若林正恭)お前、見たことある?

(春日俊彰)ないのよ。

(若林正恭)お前、ないの? じゃあ、お前も俺と一緒じゃん。ノン・ポッターじゃん!

(春日俊彰)フフフ(笑)。

(若林正恭)ノンポタじゃん! えっ、なに? お前、ノンポタなのにさ……(笑)。

(春日俊彰)いや、別にハリポタとも言ってないじゃん? ノンよ。だから世代じゃないもん。

(若林正恭)ああ、ノンポタージュ?

(春日俊彰)ノンポタージュよ。だから今の話も「絶対にそうだろうな」とは思いながら。

(若林正恭)だよな? じゃあノンポタで、一緒じゃん?

ノンポタ春日

(春日俊彰)『ハリー・ポッター』の第一作なんてたぶん『魔女の宅急便』とほぼ同じよ。かぶっているでしょう?

(若林正恭)だから、ホウキで飛べないんだろうな。

(春日俊彰)飛べないんだから。で、デッキブラシで飛ぶんでしょう? ポッターも。

(若林正恭)それでなんか最初、意地悪してたやつと仲良くなるんだろうな。中盤あたりで。お互い、なにかがきっかけで腹を割って。それで協力して、困難に打ち勝つだろうな。で、すげえ面白いんだろうなあ……って。

(春日俊彰)そうだろうね。大概、そうだからね。

(若林正恭)だから、たぶんレーシックとかはしないと思うのよ。ポッターが。

(春日俊彰)ああ、そりゃそうよ。あれ、丸メガネがトレードマークだから。

(若林正恭)だから、見なくていいかなと思って。

(春日俊彰)レーシックしたら見るのかい、じゃあ? 第三作ぐらいで。しないでしょうよ?

(若林正恭)うーん。なんか、最初はなじめないんだろうなって。ポッター学級で。ポッターの学校でなじめないんだろうなって。で、足を引っ掛けられて、転んだりするんだろうな。給食のトレイを持って運んでいる時に。それでなんか、先生がちょっと見ない隙になんかしたりするんだろうなと思って。ポッターが。ノンポタなんだ?

(春日俊彰)ノンポタだから、何も言えないのよ。それに対して。「違う」とも「そうだ」とも言えないのよ。知らないから、私も。それは申し訳ないけど。

(若林正恭)でも、あんだけ続くっていうことは面白いだろうなと思って。

(春日俊彰)そうよ。あんだけポッター、ポッターって。そりゃ面白いよ。

(若林正恭)それで、「ポッターを見よう!」って思ったの。いよいよ、Amazon Primeで。それで『賢者の石』って書いてあったから。

(春日俊彰)一作目だよね。

(若林正恭)賢者の石、出てくるんだろうな。でも、それはすぐには手に入れられないんだろうなと思って。

(春日俊彰)そりゃあ、手に入れたら終わっちゃうよ。

(若林正恭)じゃあ、見なくていいかな?って思って。

(春日俊彰)いや、見なさいよ。その、過程が面白いんじゃないの?

(若林正恭)「じゃあ、見なさいよ」ってお前、ノンポタのくせに何を言ってるんだよ?

(春日俊彰)たしかにそうなんだよ。たしかに。

(若林正恭)だってこれで言ったらポケモンたとえで笑いが起こることも多いだろう? で、「ポケモンの○○じゃん」って澤部がなんか言っててドン!って来てたよ。でも俺ね、見たことがないの。ポケモンも。で、ゲームもやったことないのよ。

(春日俊彰)まあ、発売したのがもう我々が高校ぐらいの時だったからね。

(若林正恭)だから俺、「サトシが出てくるんだろうな」と思うんだよね。

(春日俊彰)それは知ってるんじゃん。

サトシだけは知っている

(若林正恭)で、それはなんで知ってるかっていうと、サトシと同じような格好を日向坂の番組で誰かがしていたのよ。そしたら影山が「サトシじゃん」って突っ込んでいてウケていたのよ。それで「サトシってやつが出てくるんだろうな」って思ったんだよね(笑)。

(春日俊彰)それだけなんだ。ポケモンの情報。サトシ1個だけだ。しかもたまたま知った……。

(若林正恭)サトシが、最初からめちゃくちゃ腕っぷしが強くて。クラスで誰も口答えできるやつがいないっていうわけじゃねえんだろうなと思って。だったら見なくてもいいかなって思って(笑)。

(春日俊彰)フフフ(笑)。

(若林正恭)で、ポケットからモンスターが出てくるんだろうなって。

(春日俊彰)ポケットじゃないよ。ボールでしょう? モンスターボール。

(若林正恭)あれ、モンスターボールっていうの!?

(春日俊彰)たしか、そうだよね。ヒロシ、そうだよね?

(若林正恭)えっ、ポケットは? それをポケットに入れるから?

(春日俊彰)ポケットサイズの……たしかに。C球ぐらいの。

(若林正恭)じゃあ、ダメだね。

(春日俊彰)えっ、なにがダメだね。

(若林正恭)タイトルは「ポケットサイズモンスター」じゃなきゃ。

(春日俊彰)ああー、まあまあ、正確に言うと?

(若林正恭)それか、「ボールモンスター」。

(春日俊彰)まあまあ、そうだね。

(若林正恭)『ポケットモンスター』はちょっとダメです。

(春日俊彰)ちょっとひとつ、ひねっちゃっているっていうかね。遠いよね。1個、挟んでいるもんね。

(若林正恭)だから、えっ? モンスターボールね。モンスターボールが出てくるんだろうなって思うんだよ。しかも、いっぱいね。ひとつじゃないと思う。で、困難に打ち勝つんだろうな。仲間と手を合わせて。ピンチが訪れるんだろうな。だったら見なくていいな、絶対に面白いからね。

(春日俊彰)物語っていうのはそういうもんだからね。うん。

(若林正恭)参ったなー。

(春日俊彰)そしたらもう、なにも見れなくなっちゃうよ。そんなことを言っていたら。

(若林正恭)で、『イカゲーム』よ。

(春日俊彰)『イカゲーム』ね!

(若林正恭)「見なきゃな」と思って。

(春日俊彰)あれは見なきゃ。今、一番見なきゃいけないんじゃない?

今、一番見なきゃいけない『イカゲーム』

(若林正恭)この間、「『イカゲーム』を元にしてる」っていう風に番組の企画説明をされたから。でも、元にしてるっていうか、ちょっとぽさを出してるっていう。でも、『イカゲーム』ってきっとさ、イカゲームをやるんだろうなと思って。で、にっちもさっちも行かなくて、ギャンブルばっかりやってお金がなくて、イカゲームに参加せざるを得なくなって。で、利根川が出てきてさ。

(春日俊彰)『カイジ』じゃないかよ!

(若林正恭)利根川が「イカゲームをやれ!」って言うんだろうなと思って。

(春日俊彰)帝愛がね。

(若林正恭)帝愛が出てくるんだろうなって思って。

(春日俊彰)帝愛が大元か。なんだっけ、あの会長? 兵藤だっけ?

(若林正恭)で、なんか残酷なことがいっぱいあるから人気があるだろうし。

(春日俊彰)まあ、そうだね。

(若林正恭)で、「えっ、こいつがタイミングで死ぬ?」ってなるんだろうなと思って。

(春日俊彰)まあ、そうだうね。

(若林正恭)絶対に面白いんだろうなと思って。だから、見なくていいかなと思って。

(春日俊彰)わかっちゃうとね、見ないという。

(若林正恭)で、俺はそんな自分に対してね、「なんなんだろう? 腹立つな」って思って。俺、この間は『キッズ・リターン』の話をしていたよ?(笑)。で、『フィールド・オブ・ドリームス』だろ? あと『バック・トゥ・ザ・フューチャー』……何回見ているんだよ、同じやつを!

オードリー若林『フィールド・オブ・ドリームス』を見返してグッと来た話
オードリー若林さんが2021年7月10日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中で久しぶりに見た『フィールド・オブ・ドリームス』についてトーク。40代になって見てグッと来たポイントを話していました。

(春日俊彰)更新されていないんだよな。

(若林正恭)更新されていないんだよ。それで、Netflixで「なにを見たかな?」と思って。自分が見たやつって出てくるじゃん? そしたら、全部ドキュメンタリーね。BLACKPINKのドキュメンタリー、マイケル・ジョーダンのドキュメンタリー。あと星野源さんのライブ。あと『リズム+フロー』っていうアメリカでラッパーを発掘するっていうドキュメンタリー。だから見てねえのよ。ドキュメンタリー以外を。

(春日俊彰)はいはいはい。

(若林正恭)それで今はアメフトを見る時間もあるから。その上で……ってなってきて、仕事もあるでしょう?

(春日俊彰)毎週、アメフトで1日潰れるからね。

(若林正恭)でも、見なきゃいけないじゃん。『イカゲーム』は。

(春日俊彰)まあ、そうだね。そういう流れもねあるだろうし。今後。

(若林正恭)だから、困難があるよな。かならず、乗り越えるべき。で、打ち勝つじゃない?

(春日俊彰)まあまあ、そうだね。打ち勝つね。大概ね。

(若林正恭)それで、いいんだよ。それ、めちゃくちゃ面白いから。それで気付いたら、『ファイト・クラブ』を見始めててさ(笑)。

(春日俊彰)いや、それを見るんだったら、『イカゲーム』を見なよ。面白いけどね。『ファイト・クラブ』も。もう1回、見てえな!

(若林正恭)フハハハハハハハハッ!

(春日俊彰)もう1回見た時、どこで気付くかな? もう1回、見てえな!

(若林正恭)お前がさ、『ファイト・クラブ』とか『キッズ・リターン』とかをさ、同じように「もう1回見てえな」って言うのがいけないんじゃない?

(春日俊彰)フハハハハハハハハッ!

(若林正恭)だからお前は『イカゲーム』とか『梨泰院クラス』とか、今はもう違うんだろうけど。きっと、次のになっているんでしょう? 『イカゲーム』から。

(春日俊彰)もう? まあ、でもそうかもね。

(若林正恭)だって『梨泰院クラス』だってあれ、2年ぐらい前?

(春日俊彰)いや、そんな前じゃないよ。今年じゃないの、あれ?

(若林正恭)1年ぐらい前か。でも、全部が面白いから。だから、お前がそっちやれば?

(春日俊彰)ああ、そういうのを見る? でも、そうか。

(若林正恭)でも『ファイト・クラブ』見ちゃった。気付いたら、もう全部。

(春日俊彰)見つけたら、それは見ちゃうよ。『ファイト・クラブ』を見つけちゃったら。

気付いたら『ファイト・クラブ』を見ていた

(若林正恭)で、えらいもんで、「あなたのおすすめ」に出てくるんだよな。『フィールド・オブ・ドリームス』とか『フォレスト・ガンプ』とかばっかり見てるから。あれも腹が立つよな。好みを読まれている感じが。で、『ファイト・クラブ』を見ちゃって。あれって……でも主人公が30なのよ。で、なんか会社でもう……俺が好きなのって始まりが「会社にやりがいを感じない」っていうのばっかりなの(笑)。『フィールド・オブ・ドリームス』もそうじゃん? で、不眠症なのよ。『ファイト・クラブ』って。で、眠れないの。眠れなくて仕事をしているから、説教も入ってこないみたいな始まりで。もう、なんだろう? 共感度が抜群なのよ! 最初から。で、仕事もできるんだけど、やりがいを感じてないみたいな感じで。

(春日俊彰)なるへそ。

(若林正恭)で、ブラッド・ピットがさ、あれは1997年ぐらいだっけ?

(春日俊彰)いやいや、2000年とか2001年ぐらいのはず。大学ぐらいだった。

(若林正恭)1999年か。俺、覚えているのがなんか当時、土曜が公開日なんだけど。前の日の金曜のレイトショーから……みたいなので。それで車で友達が……あれは谷口だったような気がするんだよな。

(春日俊彰)谷口だと思うよ。ブラッド・ピット、すごい好きだったもん。全作、見ていたもん。

(若林正恭)そうだよね。思い出したわ。それで5人ぐらいで吉祥寺の映画館に1時半とかから始まるやつに行ったのよ。で、『ファイト・クラブ』……それで、自分の家が火事になっちゃって。それでも何もやる気なくなっちゃって。バーでなんかブラッド・ピットが「俺の顔面、殴れ! Hit Me, Hit Me!」って。で、「なんでお前はバカなことを言うんだ? 殴れるわけないだろ?」「いいから殴ってこい!」って。バーの外で「Hit Me, Hit Me!」って。

そしたら喧嘩したことがないから、耳を殴っちゃうんだよ。「おうっ……普通、耳を殴るか?」ってなって。それでボディーを殴られて、殴り合いになった後で2人ですごいストレスを解消したみたいな風にビールを飲むっていうところから、それから毎回バーでブラッド・ピットとあの人が飲んでは殴り合いしていて。それで人が増えていくんだよね。バーの常連客が喧嘩に加わって、それで地下を借りるようになって。地下でファイト・クラブが結成されるんだよ。

(春日俊彰)ああ、そうだったっけ? そうか。

(若林正恭)それで『ファイト・クラブ』が結成されて、なんか軍隊みたいな組織になる前までが面白かったなっていう記憶があったんだけど。今、見るとめちゃくちゃ面白いの。その後が。で、あれが1999年でしょう? それでよ、やっと思い出したのよ。もうアップルのリンゴのマークってさ、今はシルバーのあれだけどもさ。なんかさ、カラフルだったんだよね。虹の7色みたいに。あれ、99年で。もうなんか、家電量販店のアップルのパソコンが並んでるところをみんなで爆破したりするんだよ。ファイト・クラブがなんか、そういうテロ組織みたいになっていっちゃって。だんだん。それで、いろんなところを爆破するようになるんだよ。

で、そこからはま、あ言わないけど。今、見るとめっちゃブラッド・ピット、カッコいいじゃん? それでさ、見終わった後になんかちょっと影響されてるからさ。なんなんだろうな? 紅茶を飲もうと思ったらさ、ポットとかさ、お湯を沸かした後に戻す時にさ、力が強くなってるんだよ。『ファイト・クラブ』を見た後だから。ガーン! みたいな。で、紅茶を飲んでコップを置く時もガーン! トイレのドアを閉める時もバーン!って閉めて。奥さんに「うるさいんだけど」って言われて(笑)。

(春日俊彰)そりゃ言われるよ。今は。ちょっと熱くなっちゃうのか。

(若林正恭)それでね、当時深夜、見に行って。99年って21歳ぐらいだから。それで、みんなで5、6人だか7、8人で井の頭公園に移動したの。見終わった後に。で、みんな『ファイト・クラブ』に影響されすぎて、瓶ビールを買ってさ。それを飲みながら井の頭公園にみんなで3時半ごろ行ったのよ。で、当然「ファイト・クラブ、やろうぜ」ってなるじゃん?(笑)。

(春日俊彰)話が早いねえ!

(若林正恭)で、井の頭公園って今、あるかわかんないけど、舞台があるのよ。ステージみたいな。あそこでさ、枯葉とかバーッてあるんだけどさ。みんな、「首から下な」みたいな。裸になって「おっ! おおっ!」とかって谷口とかとやって。で、結局なんか俺と谷口が一番弱いんじゃないかみたいな話になって。それで、このラジオでも昔、話したけど。「手はやめよう。拳は。アザとかになっちゃうから。だから、カポエラにしよう」っつって、足だけで蹴り合っていたのよ。谷口と。で、足だけでやっていると、足が上がらなくなってくるのよ。で、足がもつれて、俺が倒れちゃったの。そしたら谷口も俺につまずいて倒れちゃって。で、ちょうど谷口の顔が俺の股間に当たっちゃったの。で、チャンスだと思って首を足で締めたのよ。そしたらビールもすげえ飲んでるからさ、『ファイト・クラブ』に影響されてさ。それで締めてタップされて外したらさ、舞台のへりでさ、「ブェエエエエエエー!」って俺の股間に吐いて。それを見て俺ももらいゲロをしたっていうのを思い出したんですよ(笑)。

(春日俊彰)フハハハハハハハハッ!

(若林正恭)枯れ葉ガサガサガサッ!ってなって、2人で「オェエエエーッ!」って。それが『ファイト・クラブ』の思い出(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オードリーのオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました