スポンサーリンク

荻上チキ カラオケで歌う星野源楽曲を語る

荻上チキ カラオケで歌う星野源楽曲を語る 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク

荻上チキさんが2021年9月21日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』に出演。カラオケで歌う星野源さんの楽曲について話していました。

(星野源)大阪の方。「『Session』で星野さんの曲をカラオケでバンバンを歌っているというお話をされていましたが、どの楽曲を歌われているのでしょうか?」。これ、僕も気になりました。歌ってくれてるんですね?

(荻上チキ)歌っています。ほんのちょっとでも印税が入るかもしれないので(笑)。

(星野源)アハハハハハハハハッ! 本当ですよ。いや、入ります。入ります。ありがとうございます。

(荻上チキ)『アイデア』が好きで。あれ、ミュージックビデオもすごく好きで。すごく軽やかに楽しみながら音楽を演奏されている姿もハッピーになれますし。歌詞世界もものすごく好きで。だから、それがドラマ主題歌だとか、そういったことを知らずに曲に惹かれて何度も聞いて。

(星野源)そうですか。ありがとうございます。

『アイデア』が好き

(荻上チキ)『POP VIRUS』もアルバムまるっと好きですし。大概好きです。大好きですね。

(星野源)ありがとうございます(笑)。なんか、そういうことはあんまり話してないんで。ちょっと嬉しいです。

(荻上チキ)そうですね。普段、お話をする時はね、なんか割とお題がある時が多いかな?

(星野源)そうですね。なにかについて話すことが多いですよね。

(荻上チキ)「この本について」とか「こんなことについて、こんな話をしませんか?」みたいなね。

(星野源)今日がだから一番ラフにしゃべってるような気もしますね。ありがとうございます。なるほど。カラオケ、行けたらいいですね。

(荻上チキ)カラオケに行ける状況になってほしいね。僕は割と1人で行くんですけどね。

(星野源)ああ、そうですか。1人カラオケもいいですよね。自由に歌えるし、気を使わなくていいし。じゃあ、1人カラオケに行って僕の曲を歌ったら、教えてください。LINEで「歌っています」みたいな。

(荻上チキ)あ、ちなみに今のは「一緒に行くの嫌だよ」っていうことじゃないですよ?(笑)。

(星野源)アハハハハハハハハッ!

(荻上チキ)そういうのじゃないですからね?

(星野源)「ちょっと待ってください。嫌なんですか?」っていうね。

(荻上チキ)いや、そういうのではなくて。普段は割と1人で行くんですけど、人と行くのも大好きですっていうことです(笑)。

(星野源)そういうところに気付いてくださるのがチキさんですよね。

(荻上チキ)でも、何人かでカラオケに行くとまた趣味の戦争になりますよね?

(星野源)そうですね。2人とかだとまだ……まあ、ちょっとその関係にもよるけど。僕とチキさんはならないと思うんですけど。うん。

(荻上チキ)人によっては、ねえ。

(星野源)そう。カラオケとか特に、なんか妙な作法みたいなの、あるじゃないですか。人が多い場合って。「まずはこういう曲を歌おう」とか「こういうのは盛り下がるからやめよう」とか。

(荻上チキ)「1曲目からバラードかよ?」みたいに言われるとか。

妙なカラオケの作法

(星野源)そうなんですよね。厳しい社会性っていうか、なんていうか、ルールがありますね。厳しいですよね。

(荻上チキ)それが共有できる人がいいですよね。

(星野源)そうですね。いいですよね。大丈夫です。そこで傷ついてはいないので。大丈夫です。

(荻上チキ)ああ、僕も大丈夫です。心配性なので(笑)。

(星野源)ありがとうございます。でも、一緒に行きましょうね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
星野源のオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました