スポンサーリンク

宇多丸と宇垣美里 LGBT理解増進法案をめぐる問題を語る

宇多丸と宇垣美里 LGBT理解増進法案をめぐる問題を語るアフター6ジャンクション
スポンサーリンク

宇多丸さんと宇垣美里さんが2021年5月25日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』の中でLGBT理解増進法案をめぐる問題について話していました。

(宇多丸)そんな感じでね、(誕生日プレゼントで)晴れやかな気分でございますが。まあ、あまり晴れやかにならないような話で先ほど、ずっと僕はTBSラジオの『Session』を聞いていて。例のLGBT理解増進法案をめぐる議論で、当事者の皆さんも含めて……それこそ、以前僕がトークショーをした鈴木みのりさん。

(宇垣美里)来週、来てくださりますね。

(宇多丸)そうなんです。実は鈴木さんをお招きして特集をご用意してるんですけども。『Session』に鈴木さんもご出演をされていて。「なるほどな」って思ったのは、今回の法案そのものの問題点という。

(宇垣美里)そもそものね。

(宇多丸)要するに「理解増進」って……そもそもの差別的な構造をちゃんとなくしていかなくてはいけないのに、これで本当にそれができるのか?っていうと、非常に疑問もある。

(宇垣美里)なんの力もない法律を。

(宇多丸)要するに、おためごかしというか。まあ、もちろんそれでも少しずつ前進が必要だというお考えもあるでしょうし。だけど、その問題点みたいなものが話されていて。「ああ、なるほどな」と思って。

(宇垣美里)元々の法案にも問題があったし……ということですね。

荻上チキSession「LGBT理解増進法の行方と課題」

(宇多丸)ただ、それどころじゃないレベルだったことが判明した、みたいな。その自民党の政治家の皆さんの驚くべきゴリゴリの偏見が露呈して……というあたりで。

(宇垣美里)もう私は泣いてしまいそうになりました。あのニュース。

(宇多丸)ですよね。金曜日、私もあまりにも腹に据えかねて。その法案に対する理解度っていうところではちょっと浅かったかなと反省しておりますけども。でも、その発言そのものに対する驚愕の……その、呆れるというか。

宇多丸 LGBT理解増進法案・自民党会合での了承見送りを語る
宇多丸さんが2021年5月21日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』の中でLGBT理解増進法案に対する自民党内の会合で了承が見送られた件について話していました。

(宇垣美里)よくもそんなことをお口に出せたなと思いましたよ、私は。

(宇多丸)なんですよね。なので、皆さんが今日、『Session』で話されている話のレベルと、その政治家の皆さんのこのギャップ!

(宇垣美里)あれを……もちろん、大人の方もそうなんですけど。子供の今、悩んでいる方が聞いたらどんな気持ちになっただろうと思って。私……。

(宇多丸)まさにね、放送でもおっしゃられていましたね。「大人の自分が見ても尊厳を傷つけられて本当にキツいのに、ましてや今、まさにセレクト中の方は……」って。

(宇垣美里)悩んでいる方はね。

(宇多丸)だって、いちいちそんなことで悩まずに済む社会であってほしい。そうあるべきなわけで。

(宇垣美里)そんなことでへこまされてはならないんですけど……ね。

(宇多丸)自分が自分であることだけで悩まなきゃいけないなんて、そんなバカな話はないんだけども。

(宇垣美里)本当に「何様なの?」っていう話ですよ。人にそんなことを押し付けるだなんて。

(宇多丸)しかもそれを「正しい」と信じて疑わないからこその発言なんだなっていうところで愕然としたりしましたよね。

(宇垣美里)もう本当に……なんて言うんだろう? そういう時にできることは「私はでも、わからないことがたくさんあるから。絶対に学び続けなければならないな」って強く思いました。

(宇多丸)まさに。本当にそういうことですよね。僕らもね、本当に勉強の途中であってね。それこそ、またいろんなそういうようなことの企画もしつつ。でも、もちろんこの番組はカルチャーキュレーション番組でもありますので。「こんな素敵な作品、こんな豊かな作品、こんな世界が広がっている」というのを通じて、学びを深めていきたいと思います。

(宇垣美里)それで自分の世界や価値観はまた全然、変わっていきますからね。

作品を通じて学びを深めていく

(宇多丸)でも僕は本当に鈴木みのりさんとのトークショーのためにいろいろ教わって。この数ヶ月でまあ、さっき言ったみたいにまだまだ全然理解は……「ここは全然まだ勉強できてなかったわ」っていうところあるけども。ということがポロポロとわかってくる程度には、なんていうのかな? よかった。この数ヶ月は。すごい。自分にとって。

宇多丸『トランスジェンダーとハリウッド』『POSE/ポーズ』を語る
宇多丸さんが2021年3月16日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』の中でNetflixで配信中のドキュメンタリー『トランスジェンダーとハリウッド: 過去、現在、そして』とドラマ『POSE/ポーズ』について話していました。

(宇垣美里)本当に。見て初めて知ったっていうことはたくさんあるんですよね。

(宇多丸)で、いろんな作品を見る目もだいぶ、また変わって。それこそ今、作業中の森田芳光本を作っているんですけども。それの記述とかも今、大幅に加筆修正してるんですけど。そういう面での意識も確実にアップデートした内容にしっかりなっていると思いますんで。めちゃめちゃよかったですっていうね。で、だからその怒りのあまりのいろんな発言とかね。あと「星野くん、おめでとう」なんて話をしていた結果、もう1週間できてない話とかがいっぱいある上に、また俺、気づいちゃって。「ああ、このドラマ、配信が始まってるじゃん!」みたいな。

(宇垣美里)見つけちゃった?

(宇多丸)「これ、この番組で真っ先に扱わなきゃいけなかったのに、超ダメじゃん」みたいなのを昨日の夜に遅まきながら気づいて。ぜひちょっと宇垣さんにもお話したいんで。

(宇垣美里)聞きたいです。

(宇多丸)始めてよろしいでしょうか?

(宇垣美里)アフター!

(宇多丸)シックス!

(宇多丸・宇垣)ジャンクション!

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アフター6ジャンクション
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました