スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇多丸 w-inds.緒方龍一脱退を語る

宇多丸 w-inds.緒方龍一脱退を語る アフター6ジャンクション
スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇多丸さんが2020年6月2日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』TBSラジオ『アフター6ジャンクション』の中でw-inds.の緒方龍一さんが脱退する件について話していました。

(宇多丸)そんないろんな世の中の動きがある中、まずはねちょっと僕がつい最近お仕事した方とも関係してることなんですけど。3人組え音楽グループ、w-inds.。番組も来ていただきましたけれども。w-inds.の緒方龍一さんがですね、ちょっと体調というか、お具合が前から良くなかったということらしく。w-inds.を脱退するという発表がされて。今後は千葉涼平さんと橘慶太さんのお二人でw-inds.としての活動を続けていくっていうことなんですけど。

本当にw-inds.ってたぶん19年とかかな? このメンバーでずっとやってきて。メンバーチェンジがなくね。で、お三方はすごく仲がいいというか、絆もすごく強かったですし。あと、アーティストとしてもすごく本当にいい感じに成長をずっと続けてきて、変化もして成長を続けてきたグループで僕はすごく尊敬してるトリオだったんだけど。

「すごく尊敬しているトリオ」(宇多丸)

(宇多丸)ちょっとね、ご体調の事だからもちろんこれは仕方ないこととはいえ……ちょっとファンとしてはね、「ああ、そうか……」というね。

(宇垣美里)一抹の寂しさはあるというか。もちろん、その元気になっていただきたいとか、しっかり休んでいただきたいという気持ちはあるんですけども。

(宇多丸)ここから先の人生もね、充実したものであることを本当に祈るばかりだし。2人となったw-inds.のさらなる活躍というのももちろん期待したいところで。ちょうどね、実はですね、これ、言っていいんだよな? 明後日木曜日の『マイゲーム・マイライフ』のゲストがちょうどw-inds.・橘慶太さんだったんです。

(宇垣美里)ああ、そうだったんですか?

(宇多丸)で、もう収録は終わっていてですね。お電話でお話して。でも、その時はやっぱりまだこれ、発表になっていませんでしたから。慶太さん的には当然ね、ありつつも僕がすごくやたらと「いや、w-inds.もさ、こういう感じで。ネット上のこういうのを使ってさ。w-inds.のこういうのも見たいよ。やれよ、やれよ!」みたいなことをいっぱい言っていたんだけども。なかなかそこでね、お話しづらいところもあったのかなというのは今にして思えば思うんですけど。

ちょっと収録の時点ではお話をしてないので。明後日の『マイゲーム・マイライフ』の放送上では触れてはいないですが。僕の前後のトークでも触れてないですけど……というね。そういう状況の中、慶太くんにお話いただいてたっていうのを考えると、また違うこう聞こえ方がするかな、みたいな感じですね。まあまあ、ということで本当にお疲れ様でしたという。龍一くん。本当に……1回ぐらいご挨拶したかったですけどね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アフター6ジャンクション
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました