スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉田豪ともふくちゃん 配信時代のアイドル像を語る

吉田豪ともふくちゃん 配信時代のアイドル像を語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

でんぱ組.incなどのプロデューサー、もふくちゃんが2020年5月26日配信のSHOWROOM『豪の部屋』SHOWROOM『豪の部屋』に出演。配信時代のアイドル像について吉田豪さんと話していました。

(吉田豪)(コメントを読む)「配信時代の新興アイドルグループの見つかる方法とは?」。

(もふくちゃん)でもやっぱり、どういう配信内容にするかだよね。そのままいつも、それまでやっていたことと全く一緒だと絶対勝てないなと思うんですよ。まず、全然考え方が違うじゃないですか。たぶん、たとえばでんぱ組.incのダンスとか虹のコンキスタドールのダンスとか、ライブステージありきで作ってるパフォーマンスじゃないですか。そういうのそのまま映像でグワーンと前から撮っても、あんまり面白みってないんじゃないかなと。そこからこの間の配信のアイデアがスタートしたんで。だから配信でしかできないことをいかに面白くやるかっていう感じなんですよね。

(吉田豪)そうなんですよね。

(もふくちゃん)なんか、だからみんな今、ZOOMでこういう風に4画面とか6画面とかに分かれてるのの配信をもう見疲れているだろうなと思って。だから「でんぱ組もどうせ6画面でこうやってくるんでしょう?」って絶対に思っているなと思ったんですよ。だから「えっ、そうじゃないの?」っていう驚きを最初に与えたいなと思ってたから。だから1、2曲目くらいまでは結構普通にZOOMみたいな感じで見せておいて、途中からいきなりバンッ!って。

「『ええっ!』って思わせるようにエフェクトをバンッ!ってやって! 『これ、マジで生なの?』って思わせる感じのエフェクトにして」ってお願いしてやってもらったんで。そういう、やっぱり裏切られたりとか。「ネット配信でこういうものでしょう?」って思っていたものをいかに視聴者が「おおっ!」って思うようなものを作るか?っていう。それに限っているから。だからなんか既存のアイドル運営のアイデアだったらダメなのかもなって思ってるから。だから新しくこれから出て来るアイドルとかって、もしかしたら……たとえばだけど、映像会社の人たちが仕掛けた人たちとかね、そうかもしれないし。なんか全然違うジャンルから作ったアイドルとかの方が来るんじゃないかな?って気がしている。

全然違うジャンルからのアイドルが来る可能性

(吉田豪)一瞬、パッと浮かんだのって言うと、それこそ別画面でZOOMでやってて。誰かが他のメンバーの悪口を言ってたら、その子が消えて後ろから現れるとか、それぐらいのなんか、「えっ? 同じ場所だったの?」みたいな(笑)。

(もふくちゃん)「ご本人登場」みたいな(笑)。

(吉田豪)そうそう(笑)。なんかそういうサプライズがほしいわけですよね。

(もふくちゃん)そうそう。「えっ、それ、できるの?」っていう。「配信ってどうせこうでしょう?」っていうのとか。そういうのを驚かせたいじゃないですか。

(吉田豪)この前、眉村ちあきともそういう話をしていて。アメリカの大手プロレス団体のWWEがいつものレッスルマニアっていう大きなプロレス興行が観客を入れられなくなっちゃって。それで「どうしよう?」ってことを考えて、ものすごい凝りに凝った作り込んだ映像をやったんですよね。結局、要は生放送でやる意味ももうなくなったから、映画みたいに試合を作っちゃって。で、それを流そうってなって。で、「それみたいなことが今だったらできるじゃないですか」っていう話で。

(もふくちゃん)うん。本当にそう。

WWEレッスルマニア2020みたいなことが今ならできる


(吉田豪)もうリアルタイムでやっている必要すらないっていう。

(もふくちゃん)そうなの。それも全然考えていいなと思っていて。だからリアルタイムでやれることと収録でやれることのどちらも面白さがあると思うから。そこはちゃんと使い分けてやれたらいいなと思って。結構いろいろ、まだまだ配信に関してはアイデアがあるので。来月以降もぜひ楽しみにしていてほしいですね。月イチぐらいでなにかやりたいなと思って。

(中略)

(吉田豪)(コメントを読む)「映画館でライブとかどう?」とかね。「倍のキャパの会場でやる感じですかね?」とか、この先の話がいくつか来てますね。

(もふくちゃん)うーん。まあ、(席を)1個飛ばしでやるみたいな感じで言ってますよね。まあ「たぶん今後こうなるだろうな」っていうのは、そういう「1個飛ばし」とか「キャパ○割」とかで、もうめっちゃ回すみたいなね。3回まわしとか4回まわしとか。まあ、そういう風に特典会をやるっていう風に周りからはいろいろと聞いていますよ。

(吉田豪)まあ、ライブはできてもその後の接触ができるかどうか?っていう問題も大きいですよね。

(もふくちゃん)まあ、ツーショットとかは……うーん。できるようになるのかな? でも、もう握手会は当面というか、たぶんほぼ無理でしょうね。

(吉田豪)まあね。「接触しつつ、至近距離で会話」っていうのがたぶん一番やってはいけないことですからね。

コロナ以降の特典会

(もふくちゃん)そうなのよ。だから本当に接触を最小限にして、ツーショットチェキのみみたいな。ちょっと間を空けて、スッとやるみたいな感じ?

(吉田豪)物理的になにができるんだろう? やるとしたら、アクリル板で仕切りつつ、毎回手を消毒してやるっていう? で、行列も相当間隔を分けて……。

(もふくちゃん)みんなマスク。お客さん側全員マスク。で、直前に消毒。終わった後も消毒。それで仕切り板みたいな感じかな?

(吉田豪)うわあ……過酷ですね。

(もふくちゃん)で、なんかチェキを渡すのも素手じゃなくて、もうスッ……みたいな。机に置かれるみたいな。

(吉田豪)ねえ。チェキがマスクありだったらしんどいでしょうね。どうするんだろう?

(もふくちゃん)だから今、結構メンバーのマスクとかも多少増えてくるのかなって思うから、もう今、マスクありきの衣装をどんどんと作っているな。同じ布でマスクをもう毎回、必ず作ってもらっている。まあ、そういう風にやらなきゃいけないタイミングが来てもできるぐらいの感じでやっている。

(吉田豪)うんうん。さすが。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました