スポンサーリンク

プチ鹿島 安倍首相「#うちで踊ろう」動画 新聞記事読み比べ

プチ鹿島 安倍首相「#うちで踊ろう」動画 新聞記事読み比べ YBSキックス
スポンサーリンク

(プチ鹿島)だからあれ、面白いですよね。「若者へ有効なんだ」って。もちろんここで菅さんがおっしゃっている「若者へ有効」っていうのは「『外に出ないでね』というメッセージが若者に届いたから有効だ」っていうのが菅さんなんですけど……どうですか? さっきの自民党の若者戦略を考えた場合、この菅さんのおっしゃった「若者へ有効」っていうのは果たしてどんな「有効」という意味があるのかな?っていうのも考えてしまう。考えた方がいいんじゃないか?っていう。

(海野紀恵)そうですね。

(プチ鹿島)もうやってくる、乗っかってくるわけですよ。「ああ、これ!」って。だから西城秀樹さんの『ヤングマン』運動とかも乗っかってくるかもしれない(笑)。だから、いいんですよ。

(海野紀恵)もしかしたらね(笑)。

(プチ鹿島)だから安倍さんのTwitterとかインスタグラムで「さあ、ヒデキ! 一緒に踊ろう!」でいいじゃないですか。で、踊ってもらえば。だけど、その最初の意図が元々、これは音楽家のための二次利用というものを促したのが、全然関係ない反応をされちゃったっていうのはそれは正直、星野源さんもね、「うん?」っていうのはあると思うんですよね。

(海野紀恵)だから今のプチさんのお話を聞くと、星野源さんがコメントされた「安倍晋三さんが上げられた”うちで踊ろう”の動画ですが、これまで様々な動画をアップして下さっている沢山の皆さんと同じ様に、僕自身にも所属事務所にも事前連絡や確認は、事後も含めて一切ありません。」っていうその真意というものが、なんとなく深いところの思いというもの。そういうものがなんとなく感じられるかな?っていうのは少し思いました。

(プチ鹿島)そうですね。

星野源さんのコメント

(海野紀恵)発信しているメッセージとはもしかしたら違う受け取り方をされて、なにか思うところがあるっていう風にまで読み取れるのかな?って、今お話を聞いて思いました。

(プチ鹿島)だからこれ、アベノマスクっていう布マスク2枚もそうだし。あれが周りの官邸の関係者が「総理。これで不安パッと消えますよ」って言うんで、安倍さんはそれを受け入れたわけですよね? それで今回も恐らくは同じ構図なんでしょうね。

(海野紀恵)うん。

(プチ鹿島)だから身の回りの人の戦略というか、それを1回、考えた方がいいんじゃないかなと思うんですけどね。だって自民党内から「官邸は大丈夫か?」っていう声が出ている。だから、密接すぎるんですよね。安倍さんは三密を全部やっちゃっているんですよ。自分の身の回りの限られた人の言うことしか聞かないっていうね。その三密、脱した方がいいと思うんですよね。

(海野紀恵)今こそですね。

乗っかり戦略の仕掛け人

(プチ鹿島)普通によく考えれば、少なくともあの動画とコラボするにあたっても、「そのやり方はないんじゃないか?」とか、普通だったらもっと違う意見は耳に入ってくるはずなんですが。ちょっとそれをも遠ざけちゃって、周りの何人かの話しか聞いてない状況が……これも見えないウイルスのせいで見えてきた構図でもありますよね。

(海野紀恵)そうですね。

(プチ鹿島)ただ、去年からのそういう記事を読むにあたり、芸能人の利用とか、乗っかってくる感じとか。たぶんこれから……これで凝りなければですよ。やってくるだろうなとは思います。実際に「30万とか35万ぐらいの『いいね』はいただいた」っていう風に菅さんは言っているわけですからね。ということで、プチ総論でございました。

<書き起こしおわり>

辻田真佐憲と荻上チキ 安倍首相「#うちで踊ろう」動画を語る
近現代史研究家の辻田真佐憲さんが2020年4月13日放送のTBSラジオ『荻上チキ Session-22』に出演。荻上チキさんと安倍首相のSNSアカウントで公開された「#うちで踊ろう」動画について話していました。 (荻上チキ)この間、ネ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
YBSキックス
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました