プチ鹿島 ZIGGY『GLORIA』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 55

プチ鹿島さんがTBSラジオ『東京ポッド許可局』の選曲コーナーでZIGGYの『GLORIA』を、たまたま連れて行ってもらった歌声喫茶的なお店でのエピソードを添えて紹介していました。



(サンキュータツオ)ここで1曲。今週は鹿島局員の選曲です。

(プチ鹿島)あの、この間、あるところに連れて行ってもらったんですよ。それはなんか、現代の歌声喫茶的な感じで。

(サンキュータツオ)へー!おもしろい。

(プチ鹿島)要は80年代とか70年代を子供の頃にすごした大人たちが、ちっちゃーい空間に集まっててお酒を飲んでいる場所何ですよね。で、そこでリクエストカードを書くと、その曲とか映像をすぐ。

(サンキュータツオ)いいじゃん。

(プチ鹿島)で、この曲がかかった時、たぶん僕もそんな思い入れはなかったんですけど。周りのおじさん、お兄さま方が合唱してるんです。本当に。

(サンキュータツオ)ええーっ!?

(プチ鹿島)それがおもしろくて。『ああ、たしかにこれ、流行ったな!』っていう。その、まあみんないい歳こいた大人がね、合唱している様を思い浮かべて聞いてください。ZIGGYで『GLORIA』。

(マキタ・タツオ)(笑)

スポンサーリンク

ZIGGY『GLORIA』



(マキタスポーツ)(笑)

(プチ鹿島)マキタさんも合唱し始めちゃったじゃない。もうね。

(マキタスポーツ)僕、その昔、1992年ですか?当時ね、バイトしていた仲間とですね、よくカラオケパブっていうところに行って。僕はかならずこの曲を原ちゃんっていうのと『GLORIA』を2人でハモるんですよ。これ、ハモる曲じゃないんだけど、ハモるの。

(サンキュータツオ)(笑)

(プチ鹿島)これはトレンディードラマの『同級生』の主題歌。だから安田成美の時代っていうのがたしかにあったんですよね。

(サンキュータツオ)そうだね。あったね。うん。

(プチ鹿島)それを噛み締めながら。

(サンキュータツオ)ああ、これいま、歌声喫茶で歌ってるの?

(プチ鹿島)歌声喫茶っていう名前じゃないけど。みんな自然に合唱してるの。

(マキタスポーツ)みんな歌うところだから、歌声喫茶だよ。ある種。

(プチ鹿島)歌声喫茶です。よかったです。

(マキタスポーツ)『GLORIA』のいちばん最初の、一発目の『グロリア♪』は俺で、その次の『グロリア♪』は原ちゃん。で、最後。いつも『グロリアー♪』は2人でハモるの(笑)。

(プチ鹿島)だいたいそういうことですよ。あの頃、青春をすごした人は。

<書き起こしおわり>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする