スポンサーリンク

宇多丸・Creepy Nuts・サ上 RHYMESTER『あしたのショー』を語る

宇多丸・Creepy Nuts・サ上 RHYMESTER『あしたのショー』を語る AbemaTV
スポンサーリンク

(R-指定)でも、この『あしたのショー』があって、『ツーリング・ブギー』があって……っていう文脈を知ってたから。俺はやっぱり『グラキャビ』が出た時にホロッと……まさかこの『あしたのショー』物でウルッと来る感じの曲が来るっていうのはね。

(宇多丸)これ、たぶんね、「アゴ・アシ・マクラ」とかね、そういう言葉を覚えたてだと思うんだよね。

(DJ松永)ああ、使いたかったっていう(笑)。

(R-指定)でも、俺はこれで知ったっすね。「アゴ・アシ・マクラ」ってなに?っていう。

(宇多丸)「アゴ・アシ・マクラ」っていうのは「食事代、交通費、宿泊費」っていうことですね。だから「アゴ・アシ・マクラがギャラ代わり」って言っているけど、そんなの嫌だよ! それ、「ギャラなし」っていうことじゃん?

(R-指定)これ、よくよく聞いたらすごい条件でライブしてるんですよね(笑)。「ギャラとビール代がトントン でもOn and On and On and On」って(笑)。

「アゴ・アシ・マクラがギャラ代わり」

(宇多丸)いや、だからこれは本当に呼ばれたてで。実際、だからこれもいろんなインタビューとかで言ってますけど。「ちゃんとライムスターにファンがいるんだ」って実感したのは『EGOTOPIA』を出して、そこから2ヶ月ぐらいした時の六本木の大乱闘事件の時に……まあ、これは話が長くなるんだけども。六本木と大乱闘事件の時に「ああ、こんなに俺たちの味方がいるんだ!」って初めて気付いたぐらいで。

それでまではやっぱり地方とかに呼ばれても客なんかいないし。いても、別に俺らが目当てで来てるわけじゃないし。そういう状況だから。それでもちろん、ギャラもそんなじゃないし。ビールをいっぱい飲んじゃったらおしまいで。本当にこれ、マジで。だからその時代の歌詞ですね。だから「アゴ・アシ・マクラがギャラ代わりって……バカ野郎!」って。やっぱり結構その後になってセルフツッコミしていましたもん。「こんな仕事、受けねえよ!」って。

(R-指定)でも、俺らはホンマにライブ、呼ばれたての時とか、それこそ全然ギャラがない時とかはこれを聞いて。「ライムスターもここを乗り越えて来たんやから、頑張らなアカンな」って。

(宇多丸)あなた方ね、上ちょたち泥水世代の地方はね、「アゴ・アシ・マクラが」って言うけども、まずは「マクラがない」とか。

(サイプレス上野)マクラ、ないですよ。アシもない。

(宇多丸)アシもない。車で行くみたいな。

(サイプレス上野)もう車で行くか、青春18きっぷで行くとか。乗り継ぎ、乗り継ぎで行ったりとか。まあ、あとはちょっと言えないやり方とかも。Rの先輩とかもいろいろとこっちにカマしに来たりもしていたから、いろいろとあったりとかもして。だから本当に……あと「ギャラとビール代がトントン」っていうのを俺ら、勘違いしていたんですよ。「すげえ稼いでいる人たちがトントンになるぐらいまで飲んでいる」っていう風に思っていて。

(DJ松永)ああ、「エグいほど飲むぞ」っていう?

「ギャラとビール代がトントン」の誤解

(サイプレス上野)そう。「みんなの分も出している」っていう風に思っているから、俺たちがちょっと稼げるなった時に「この気持ちを忘れないようにやろう!」って言って。「おお、ギャラとビール代、テキーラがトントンだからよ!」ってやって(笑)。

(宇多丸)その誤読……(笑)。

(サイプレス上野)だから地方に行って、それでお土産買ったらもう赤字だから。全部。

(宇多丸)それは……悪いことしたな。

(R-指定)それで言うたら俺らは結構近い先輩たちがその上野さんたち世代のやり方やから。バトルで勝っても賞金、その場で全員におごってなくすとか。ギャラをもらってもその日のうちに使うみたいなことをやっていて。それでみんな、生活がカツカツみたいなのを見ていたから。俺はバトルで優勝してもいち早く賞金を懐に入れて。「お疲れさまでした!」っつって帰るというね。

(DJ松永)ああ、学んでいる世代?(笑)。

(サイプレス上野)それが一番いいに決まってるんだよ(笑)。

(宇多丸)それはそうですよ(笑)。

(サイプレス上野)いまだにまだ、そういうのあるからね。酒で赤字問題。

(R-指定)だってホンマに僕が10代とかの時、大阪で「バトルに勝ってその日の賞金をその日のうちに使って全員におごらないとダサい」みたいな風潮、ありましたよ(笑)。

(DJ松永)最悪だよ(笑)。

(R-指定)「俺はこの賞金でやっと生活、食いつなげるのに……」って思って。

(サイプレス上野)源流がこの曲だったっていう(笑)。

(R-指定)みんながいろんな解釈をしてね。

(宇多丸)だから、やっぱりその『さんぴん』とか以降のっていうか、その時代以降のライムスターとかヒップホップシーンのイメージだとギャラってこれぐらいで……ってあるけども。とにかく、その前まではもう2桁ぐらい違うから。もう儲けなんかないっていうかさ。だからビール代でトントンぐらいの。それぐらいでももらえればまだいいっていうぐらいの。

(サイプレス上野)あの、ちょっと返してほしいんですけども。そろそろ……(笑)。

(宇多丸)これは本当、申し訳ないなって。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
AbemaTV
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました