スポンサーリンク

DJ YANATAKE Lil Uzi Vert『Eternal Atake (Deluxe) LUV vs. the World 2』を語る

DJ YANATAKE Lil Uzi Vert『Eternal Atake (Deluxe) LUV vs. the World 2』を語る INSIDE OUT
スポンサーリンク

DJ YANATAKEさんが2020年3月16日放送のblock.fm『INSIDE OUT』の中でリル・ウージー・ヴァートがリリースした『Eternal Atake (Deluxe) LUV vs. the World 2』について話していました。

(DJ YANATAKE)先週、話しましたリル・ウージー・ヴァートのニューアルバム『Eternal Atake 』。皆さんもご存知の通り大大大ヒット。大注目作となっておりまして。

DJ YANATAKE Lil Uzi Vert『Eternal Atake』を語る
DJ YANATAKEさんが2020年3月9日放送のblock.fm『INSIDE OUT』の中でリル・ウージー・ヴァートの話題のアルバム『Eternal Atake』を紹介していました。 (DJ YANATAKE)さあ、もうみんな、...

今週、ビルボードの1位が確定したそうです。おめでとうございます。というわけなんですけども、こちらも予告しておりましたデラックス盤が出ました。なんですけど、先週のこの放送の時点では「8曲ぐらいプラスされるんじゃないか?」っていうことだったんですが、結果的には14曲、プラスされて出ております。すごいですね。

もう別のアルバムだよね。これ、どういうカウントになっていくのかな? だいたいデラックス盤を出す時って、CDの時は2枚組になったりとかして、結構時期が後で、ボーナストラックみたいのを付けて出すのが多かったですけど。これ、配信時代のボーナストラックって何だろう?ってすごく思っていたんですけども。

配信時代のデラックス盤

やっぱりその1回、出して……ポップ・スモークとかも本当にすごい2、3後に出たりとか。そういうのって何なんだろうなと思ったですけど。やっぱりアルバムを1回聞いた人にももう1回聞かせるみたいな作戦があるみたいですよね。というのが、この通常の最近流行りのデラックス盤だったんですけど。

デラックス盤というよりはもう完全に別のアルバム……14曲なんで。しかも『LUV vs. the World 2』っていう別のタイトルもカッコで付いてるんで。これはもう別のアルバム……ニューアルバムが1週間後に出たっていうような捉え方なのかな?

もうなんか……一応、新しい14曲の後に、たとえばiTunes上で見るとね、デラックスなんでその前の、1週間前のなんだけども『Eternal Atake』が全部ついているんで。うーん、すごい難しいカウントの仕方なんだけども。もうでもそういう常識じゃはかれないリリースの仕方が面白いのかな? という風に思います。

でもまあこのデラックス盤も盛り上がっていて。ただね、これが盛り上がると思ってたんですよ。すごい勢いだったので。だけど、一応僕が見る限り、配信のチャートやいろんなところ見ると、今のところジェイ・エレクトロニカがこのデラックス盤を抑えていますね。

DJ YANATAKE Jay Electronica『A Written Testimony』を語る
DJ YANATAKEさんが2020年3月16日放送のblock.fm『INSIDE OUT』の中でジェイ・エレクトロニカが突如リリースしたアルバム『A Written Testimony』について話していました。 J A Y E L...

でもね、まあの前の週にバッコリと売れているんで。それでもすごいんですけど。まあそのデラックス盤にいろんなラッパーが参加してて話題なんですが、一番人気の曲をまたかけたいと思います。日本でもアイドルの人とかですごくたくさんありますし、ビヨンセとかでもあったりするんですけども。

自分のファンの呼び名っていうのがありますよね? リル・ウージー・ヴァート、自分のファンのことをこういう風に呼ぶように決めたそうです。というのが曲のタイトルになっております。本日の2曲目、『Eternal Atake』のデラックス盤から一番の人気曲。リル・ウージー・ヴァート、自分のファンのことはこれからこう呼ぶそうです。『Myron』。

Lil Uzi Vert『Myron』

(DJ YANATAKE)はい。ただ今聞いていただいておりますのはリル・ウージー・ヴァートのニューアルバム『Eternal Atake(Delux)』収録。こちらの一番人気曲。Geniusのチャートでもずっと1位はこれです。『Myron』でした。自分のファンのことは「Myron」と呼ぶことにしたそうです。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
INSIDE OUT
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました