スポンサーリンク

田中みな実とジェーン・スー 写真集を語る

田中みな実とジェーン・スー 写真集を語る 田中みな実あったかタイム
スポンサーリンク

ジェーン・スーさんが2020年2月2日放送のTBSラジオ『田中みな実 あったかタイム』に出演。田中みな実さんと写真集『Sincerely yours…』について話していました。

(ジェーン・スー)どうでした? 写真集。見てきたけども。

(田中みな実)いかがですか、これ? なんかもう……何だろう。これ、本当にきれいごとでも何でもなく言うと、「自分の作品」という感覚がなくてですね。どちらかというとカメラマンの伊藤さんの作品であるという認識で。私の中では。

(ジェーン・スー)みんなで作ったっていう中でも、伊藤さんの作品っていう感じなんだ。

(田中みな実)そうそうそう。だから何かあんまりピンと来てないって言うか。「売上がどれくらい」って言われても「伊藤さん、やりましたね!」って思っちゃう。

(ジェーン・スー)すごい売れてるじゃないですか、あなた。50万部でしょう?

(田中みな実)おかげさまで。

(ジェーン・スー)でもさ、これほら、結構最初に意図的にセンセーショナルな写真だけ出してたじゃん? ちょっとこう、ランジェリー姿とかで。

(田中みな実)ああ、そうですね。

(ジェーン・スー)でも私、田中みな実ウォッチャーとしては販売してしばらくしてAmazonを見て。「もう最高! やったね!」って。「快哉!」ってLINEしようかと思ったんだけども。

(田中みな実)えっ、どういうこと?

(ジェーン・スー)あのさ、Amazonで今、星が1の人がいるわけですよね。

(田中みな実)いる! すごい悪口書かれているの。しかも最初の方に。

(ジェーン・スー)聞いて。「期待はずれでした」って。で、その期待はずれの理由としては「男性が一番気になることと言ったら、きれいごとは抜きにして実用性があるかどうかということです。正直、実用性はほぼありません」って書いてあるんだけど、でも目指していたのはこういうことじゃん!

(田中みな実)ああ、そうそう!

(ジェーン・スー)でしょう? だから完璧に意図が伝わったんだと思って。「やったね!」って思ったのよ。

完璧に意図が伝わった

(田中みな実)その通り、本当にそう。うん。まあ、別にそうやって使っていただいても構わないけれども、そこを目指したわけではないっていうね。

(ジェーン・スー)だから女の子が「自分で頑張って努力していろいろやってみよう」とか、「ああ、こういうポーズがかわいいんだ」とか「こういうメイク、私もやってみよう」とか。どっちかって言うと自分と同世代とかの女性を応援するためにやっているわけじゃん。というところもあるわけじゃないですか。

(田中みな実)ええ。そういうところもある。

(ジェーン・スー)という意図は私も汲むんでいたので。「あっ、すごい伝わってる!」と思って。

(田中みな実)よかったー!

(ジェーン・スー)だから劣情の表情で「やめて」みたいのが1個もないんだよね。結局そこじゃん? 実用性って肌がどれだけ露出してるかとかじゃないんだよ。やっぱり嫌な顔をちょっとしてるとか。「ちょうだい」っていう顔してるとか、下にいる人間に対して欲情するわけですよ、やっぱり。

(田中みな実)フフフ、ちょっと待って。私、今おじさんとしゃべってるの?(笑)。

(ジェーン・スー)違うの。おばさんとしゃべっているの。しっかりして? でも、そうじゃん? まあ、それが何でもかんでも平等とかいう話じゃなくて、その欲望ってどこに発生するか?っていうことで言ったら、やっぱりそういうところに出やすいとは思うんだけど。そういうものがないことをたぶん「期待外れだ」って言ってることにこの人はたぶん無自覚なんだろうけど。

(田中みな実)そうかー。

(ジェーン・スー)そうそう。で、今日朝、放送してた時にも言ったんだけど。最後にインタビューを付けてるじゃないですか。それでご両親のインタビューとか、本人のインタビューとか。でもこれが最高で。まあ読んだらネタバレになるかあんまり読まないけど。車の整備工じゃないんだからさ、自分の体のこととかさ……(笑)。「いやー、もっとこんな触り心地でこういう風にしようと思って……」って。

(田中みな実)フフフ、パーツごとにね。これ、読み物もどのぐらいの分量にするかっていうのがあって。最初。当初は読み物を多めがいいって編集の方も言っていて。もうちょっとその対談的なページもいろんな著名人の方とか、あとは恩師とか親友とか。いろんなのを入れようなんていう話もあったりもしたんだけど。いざ、写真を撮り終えてデータを見たら、まあ写真が素敵でですね。私が「写真を削りたくない」と。最初、6万枚撮ってくださって。カメラマンさんが。

(ジェーン・スー)うわっ、すごい!

(田中みな実)そうなの。そこからまず2000枚に彼が振り分けて。そこから、みんなでどうしていこうか?って話をしてですね。

(ジェーン・スー)ドすっぴんみたいなのも写っているもんね。

(田中みな実)「ドすっぴんみたい」じゃなくて、それはドすっぴんなんです。風じゃなくて、ドすっぴんなんです。

(ジェーン・スー)努力しているね。ここからね(笑)。

(田中みな実)わかる?

(ジェーン・スー)今もすっぴん風に見えるメイクだけど、違うのよっていうことですよね?

(田中みな実)違うんです。まあ今日は結構しっかりベースを重ねていますけど。

(ジェーン・スー)ちゃんと私、インスタライブも見ているよ、こっそり。一生懸命、偉いね。3000枚もサインした後に10時半に帰ってきて。「それでは、ベースはだいたいこれを使っています」とか。一生懸命働いているわっていう。

(田中みな実)ありがとうございます。

(ジェーン・スー)どうですか? 実際にやってみて。第二弾、第三弾の話、来るでしょう?

(田中みな実)でもね、これは本当に私個人としては一切出したくないです。

(ジェーン・スー)えっ、そうなの? 何で?

(田中みな実)もう生涯、この1冊。

(ジェーン・スー)ええーっ!

(田中みな実)だから、頑張れる。

(ジェーン・スー)そうなんだ。

今後、写真集は一切出したくない

(田中みな実)もうこの1冊を大切に大切に、いくつになってもこれを引っさげて……(笑)。

(ジェーン・スー)83歳になっても?(笑)。

(田中みな実)そう。過去の栄光にすがって生きていこうと思って。

(ジェーン・スー)ああ、そう? なんかまた撮るのかなって思って。

(田中みな実)うん。まあ、個人的には出したくない。大人たちがどういう決断を下すのかは分からないけど。

(ジェーン・スー)自分も十分大人だよ(笑)。

(田中みな実)私はね、個人的には全くやる気がない。燃えつきました。

(ジェーン・スー)へー。次に何をやりたいとか、あるんですか?

(田中みな実)それがね、スーさん。私、何もやりたくないんです。もうね、仕事でもたとえばその今、お芝居の仕事もちょこっとやらせてもらっているけども。なんかね、全部需要があればやらせていただきたい。で、それは120%でやりたい。だけど「自分からこういうのをつかみに行きたい」とか、「こういう仕事をやりたいからお願いします! やらせてください!」みたいな、そういうモチベーションがなくて。今は。

(ジェーン・スー)うんうん。前はあった?

(田中みな実)フリーになった時はめちゃくちゃありました。もうこれをやりたい、あれをやりたい。「ここの番組のこのアシスタントがいるけど、ここをやりたい」みたいなのがあったんですけど。今は、何ですかね? もう……うん。

(ジェーン・スー)やり切った感がある?

(田中みな実)でも別にやり切って、じゃあ「◯◯女優賞を取って、アナウンサーでも賞を取って……」とか、そういうことでは何でもなく。もう「自分ってこのくらいなんだろうな」っていう芸能界におけるポジションがわかってきて。「行けたとしてもこのくらいだろうな」っていうのも見えているからこそ、「もう悪あがきしたくないな」って思って。あと、もう十分にやらせてもらったっていうのもあるしね。もう自分に限界を感じてる。

(ジェーン・スー)早くない?(笑)。

(田中みな実)だったら、もう言い方は悪いけど見切りを付けて。で、家庭を育むっていう方向にガッツリとシフトして。で、その両親とのインタビューにも載ってるんだけど、父がうまく分析していて。私は本当に一点集中型で。「これ!」って決めたら目標に向かってガーンと頑張れるんだけど。何かそれが分散されていたりすると、もうよく分からなくなっちゃって。今、特に「何屋さん?」とかって皮肉を言われたりもするんだけど。

(ジェーン・スー)「プランBを考えておけ」みたいなことを言われてたよね?

(田中みな実)ああ、そうそうそう。言われるの。よく読んでくださっていて、ありがとうございます。

(ジェーン・スー)ニヤニヤしながら読みましたよ。でもさ、そこまあ一生懸命、全力投球でやってるからそうなるわけで。当然。いや、でも芸能界は怖いなと思ったの。何でかって言うと、その今まではサラリーマンだったわけじゃん。一応。とはいえ、田中みな実さんは。これがいわゆるそのフリーのアナウンサーではありつつも、いろいろなことをやる芸能界っていうところに入った時に……「芸能界って怖いところですよ」とかさ、「芸能界って事務所の力が……」とかってあるじゃないですか。

で、それがないとは言わないけど。もちろんマネジメントのパワーがあったりはすると思うんだけど。でも、やっぱり勘がよくてちゃんと努力した人って結果が出るんだと思って。「逆に怖いな!」と思ったんだよね。その……だって、もともとどういう風にやっていこうとか、何が好きとか。ここを伝えたいみたいなところはあったじゃないですか。で、あるところまでは世間の期待のところに沿ってやっていたけど「ああ、ダメだ。これ、自分で舵を切らなきゃ」って思った瞬間があったじゃん? で、そっから切り出してから、でもちゃんとやっぱり結果がついてきてるじゃん。だから「うわっ、これは一番能力を見られるところなんだな!」と思って。

(田中みな実)でも嬉しい。

(ジェーン・スー)いやいや、でもそう思った。「どこに行くんだろうな、この船は?」と思って見ていたけど。「あっ! これは今、舵を取りました!」って。私が双眼鏡で見ていて「あっ、田中選手、今自分で舵を取りました!」っていう瞬間があってから、ねえ。

田中みな実が自分で舵を切った瞬間

(田中みな実)フフフ、嬉しいです。ねえ。なんかその、事務所もすごく理解があって。私が「これをやりたい」「やりたくない」っていうことも理解しようとしてくれているし。まあ、どうしても、たとえば「番組との関係値があるから出てくれ」っていうものもあったりもするんだけど。でも基本的には自主性に任せてくれていて。

で、そんな中でその、私が仕事を選んでるみたいなことも週刊誌の記事にされたりとかするんだけど。「選んでいる」というよりかは、何でもかんでも全部受けていると、もう見飽きた感がすごいでしょう、人って? だから、もう「これこそ結果が残せるぞ」とか、「これだったら制作者に満足してもらえる。見ている人にも満足してもらえる」って思うものしか基本的には受けたくないと思っている。

(ジェーン・スー)そこの勘が鋭いよね、やっぱりね。だって人の期待に応えれば何とか場所が作れると思って、人の期待に応えることだけに一生懸命なっちゃう人もいるじゃん? だけど人の期待ってさ、純粋にじゃなくて、「ああ、今ここの席が空いてるから、とりあえずここに座っておいてくれる?」っていう期待もあるわけじゃん。そのへんをどう読むか?ってすごく難しいけど、そのあたりはちゃんと読みながら、自分で舵も切って。いや、偉いなって……「偉いな」っていうとちょっと偉そうだけどさ。なんて言うの? 頑張ってらっしゃるなって本当に思って。

(田中みな実)嬉しいです。

(ジェーン・スー)だってね、あんなに女に嫌われていたのにね。

(田中みな実)フフフ、違うの。今でも今でも嫌われてるんですよ。

(ジェーン・スー)ああ、そうなの?

(田中みな実)今でも嫌われてるし、「一周半まわって嫌い!」っていうパターンも今、あるわけ。

(ジェーン・スー)フフフ、早いよ!

(田中みな実)そうそう。だから全然好きとか嫌いとか、そういうものには流されずに。もう、ただただ淡々と、自分が良いと思ったことを続けているっていう感じ。ずっとそれは変わらない。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
田中みな実あったかタイム
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました