スポンサーリンク

オードリー 日向坂46・さいたまスーパーアリーナ公演を語る

オードリー 日向坂46・さいたまスーパーアリーナ公演を語る オードリーのオールナイトニッポン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

オードリーのお二人がニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中で日向坂46のさいたまスーパーアリーナ公演の感想を話していました。

(若林正恭)エンディングですけども。オープニングではちょっとはしゃいじゃいましたけども。まあ、日向坂のライブは素晴らしかったですね。

(春日俊彰)いやー、そうね。強かったね。

(若林正恭)強かった?

(春日俊彰)強かったね。

(若林正恭)「強い」という言い方がフィットする?

(春日俊彰)フィットするね。強いライブだったよね。

(若林正恭)やっぱり輝いているね。ライブはやっぱり……まあ、もともとああいうことがしたいっていうことで入ってきて。大喜利とかやってもらっているのが申し訳なくなるぐらい輝いていたね。

(春日俊彰)本当だよ。うん。やっぱりあれだよね。あそこがやっぱり彼女たちのね。

(若林正恭)俺は日向坂のライブの武道館を見て、横浜アリーナも見たけども。しゃべりとかもどんどんピシッと盛り上げて。どんどんと上手くなっていくもんなんだね。

(春日俊彰)あれ、役割というものができていくんだろうね。「この子はこういう風に……」って。ちょっとわかりづらいことを言ったら誰かが説明に入るとか補足するとか突っ込むとかさ。

(若林正恭)ライブはいいね。やっぱりね。

(春日俊彰)ライブはいいな。

(若林正恭)思い出しただろう? お前も武道館のライブを。「またやりてえな」って。

(春日俊彰)まあ……まあ、そうだな。

(若林正恭)やめちまえ、お前!

(春日俊彰)なんでやめなきゃいけないんだよ!(笑)。思い出したよ!

(若林正恭)思い出した、ちゃんと。

(春日俊彰)思い出したよ。思い出したよ。

(若林正恭)もう大変なんだから。サトミツが。一緒に帰ったんだけど車の中でずーっと語っていて。1人ずつ語っていくから。1人ずつの成長を。それで「ココイチ食べよう!」っつって。2人でココイチに行ったよ。

(春日俊彰)フハハハハハハハッ! なんかキャンペーン、これから始まるんだよね?

スポンサーリンク

ライブ後にココイチに行く

(若林正恭)ずーっとサトミツがあのTシャツを着てさ。

(春日俊彰)ああ、私もTシャツは着ているよ。いただいたのを。うちの、私とクミさんの部屋着で。おそろいで着てますよ。

(若林正恭)なるほどね。

(春日俊彰)うん。あれはいいですよ。

(若林正恭)仲良く日向坂も一緒に応援して。いいね。なんかすっかり夫婦キャラが板についてきてね。

(春日俊彰)板につくとかじゃないじゃん(笑)。

(若林正恭)ああ、そう? シャ乱Qのまことさんと富永美樹さん夫妻のようなイメージになってるね。

(春日俊彰)なるほどね。じゃあ、自転車を買おうかな?(笑)。

(若林正恭)でも日向坂、かっこよかったっすね。本当にね。

(春日俊彰)いや、そうね。うん。全然違ったよ、やっぱりね。

(若林正恭)ライブ、やろうや。俺らも。なあ、春日?

(春日俊彰)おおう……。

(若林正恭)もうやめちまえ、お前! アスリートラジオじゃねえか!

(春日俊彰)フハハハハハハハッ! ええ、今日はね、アスリートラジオ(春日、水中ベンチプレスの最多連続回数ギネス記録達成)をお送りしましたけども。

スポンサーリンク

オードリー春日のアスリートラジオ

(若林正恭)いや、本当にギネスですよ。お笑い芸人がやったアスリートラジオのギネス(笑)。

(春日俊彰)長時間のトーク記録になったでしょう、これ?

(若林正恭)アスリートラジオのトークのギネスですよ。

(春日俊彰)結構長い間ね、トークしたから(笑)。

(若林正恭)見上げたもんですよ、これはね。うん。まあまあ、さいたまスーパーアリーナ。俺がお前のことを連れて行ってやるよ。

(春日俊彰)あざっす!

(若林正恭)ミッフィーちゃん。

(春日俊彰)この後また、夢でお会いしましょう。アディオス!

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました