スポンサーリンク

DJ YANATAKEと渡辺志保 2019年XXL Freshmenを語る

DJ YANATAKEと渡辺志保 2019年XXL Freshmenを語る INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

DJ YANATAKEさんと渡辺志保さんがblock.fm『INSIDE OUT』の中で2019年のXXL Magazineが選出したフレッシュメン10人について話していました。

(渡辺志保)ついこの間ですね、XXLの10 Freshmanのメンツが発表されましたということで。

(DJ YANATAKE)ねえ。『INSIDE OUT』でもやりましたね。

渡辺志保とDJ YANATAKE 2019年注目の若手・新人ラッパーたちを語る
渡辺志保さんとDJ YANATAKEさんがblock.fm『INSIDE OUT』の中で2019年注目の若手・新人ラッパーを合計10組、紹介していました。

(渡辺志保)で、この『INSIDE OUT』を聞いている方はどんな企画かってご存知だと思うから、あんまり説明はしないけど。毎年この時期になるとXXL Magazineで10人、発表されるという。たださ、その10人があんまり納得いかない年もあれば、「ああ、すごい順当だな」っていう年もあって。今年は私は個人的にすごいバランスのいい年だったんじゃないかなという風に……。

(DJ YANATAKE)あんまりマイナスな意見は聞かなかったですね。

(渡辺志保)そうね。毎年さ、「○○が断った」とかさ、「○○が撮影に来なかった」とかさ、そういうニュースもあるんですけど、今年はそういうのも見なかったなっていう感じです。

(DJ YANATAKE)もちろん、言えばキリはないけどね。

(渡辺志保)まあね。で、10人選ばれるうちの9人は編集部が決めて。10人目はみんなからの投票で決まるんですよね。で、毎年そのVoteっていう投票を募っているんだけども。その投票で選ばれたのがブルーフェイスくんっていうことで。またそれもすごくポピュラーデマンドっていうかさ。みんなの人気の高さを示しているなっていう風に思ったし。

スポンサーリンク

Bluefaceが投票で選ばれる

(DJ YANATAKE)うんうん。

(渡辺志保)で、私としてはやっぱり女性MCが3人も入ってるんだよね。リコ・ナスティ、 ティエラ・ワック、そしてメーガン・ジー・スターリオンということで。このへんも昨今の、去年のカーディ・Bの大ブレイクから続くフィメールMCシーンの盛り上がりっていうのをそのまま表してるなと思ったし。でも考えてみればさ、10人選ばれてそのうちほぼ全員が男性っていうのはやっぱりちょっと不自然だしさ。そのうちの3人が女性がいても全然いいじゃんとも思うし。

で、今年は結構ヒップホップ系のフェスのラインナップなんかを見てても明らかに女性の出演者がどんどんと増えてきていて、非常にいいことだなという風に思ってるし。まあ私も同じ女性として、やっぱりそういうシーンを追いかけていくのがとても楽しいよねっていう感じでございます。

(DJ YANATAKE)でも、やっぱりなんかフィメールシーンが盛り上がってる感じはしますよね。

(渡辺志保)うん。フィメールMCシーンがね。

(DJ YANATAKE)なんか、21サヴェージかな? それが「いま、女の子のラッパーがすごい盛り上がっていていいよね!」みたいなコメントをしているのを見ましたし。なんで、俺らが思っている以上にアメリカでもそうなってきてるのかな?

(渡辺志保)そうじゃないかな? で、「もちろん私たちだって言い分があるし!」っていう感じでみんなラップもしていると思うし、しかもそれに賛同する、ついて行きたいって思うような、そういうラッパーの方も増えていれば、もちろんリスナーも増えているんじゃないかと思いますし。いいなって思う。

(DJ YANATAKE)あと、さっきもちょっと話題に出ましたけど、志保さんがずーっと推しているシティガールズもローリングラウドでライブを見てきたんでしょう? それで先日、友達のDJ TIGUがニューヨークに行っていたけど、ニューヨークのクラブとかどこに行ってもシティガールズの『Act Up』がいちばん盛り上がっていて。みんなが歌いまくっているっていう。

(渡辺志保)すごい! そうなんだ。そう。ローリングラウドでシティガールズ……いまはJTがお勤め中だからヤングマイアミのピンのショーだったんだけど。やっぱり『Act Up』がいちばん盛り上がるし、みんないちばん歌っていましたね。っていうのもやっぱりアメリカだと「#actupchallenge」っていう、ここ2、3年シーンを牛耳っているチャレンジ問題がありますけども。やっぱり「#actupchallenge」がすっごい盛んだし。あと、リル・ヨッティがリリックを書いたっていうニュースも逆に追い風になって『Act Up』が非常に人気が高くなった気がしますね。

(DJ YANATAKE)日本のDJだと結構『Twerk』の方をかけている感じがしますけども。『Act Up』が結構盛り上がってるっていうのを。

(渡辺志保)現地ではそんな感じらしいですね。みたいな感じで、なのでまだメンツをチェックしていないという方がいたら、ぜひぜひどんなラッパーが選ばれているのかチェックをしてほしいし。もし「あ、こいつは知らないな」っていう人がいれば、いまはSpotifyでもAppleMusicでもなんでも聞けますから。ぜひぜひ曲も一緒にチェックしてほしいと思うし。あと、個人的にはこの『INSIDE OUT』でもちょいちょいかけていたComethazineっていう若いラッパーがいるんだけども。Comethazineが選ばれてるのが結構「おおう、アツい!」って思いましたので。

(DJ YANATAKE)うんうん。

(渡辺志保)細々と『INSIDE OUT』で推し続けてきてよかったなという風に思っています。では、ここでちょっとその10 Freshmanに選ばれました2人のコラボ楽曲がありますので、聞いてもらいましょう。メーガン・ジー・スターリオン feat. ダベイビーで『Cash Shit』。

スポンサーリンク

Megan Thee Stallion『Cash Shit ft. Da Baby』

(渡辺志保)はい。いまお届けしたのは今年大ブレイクしましたメーガン・ジー・スターリオンとダベイビーによる『Cash Shit』でした。

(DJ YANATAKE)まず、上半期まとめの1個目のトピックの整理としてはXXLフレッシュメンの発表を見る限り、今年もいい新人が育っているよと。そのうち、フィメールMCで注目されている人が増えているよっていうことでいいですか?

(渡辺志保)はい。ありがとうございます。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました