スポンサーリンク

カレー屋まーくんとPUNPEE おすすめ料理・インド風ポテトサラダのレシピを語る

カレー屋まーくんとPUNPEE おすすめ料理・インド風ポテトサラダのレシピを語る SOFA KING FRIDAY
スポンサーリンク
スポンサーリンク

カレー屋まーくんさんがJ-WAVE『SOFA KING FRIDAY』に出演。PUNPEEさんとおすすめの簡単おつまみ、インド風ポテトサラダのレシピについて話していました。

(PUNPEE)じゃあ、せっかくカレー屋さんに来てもらっているので。なんか簡単に作れる、カレーではなくてもいいんですけど、おつまみ的なものとか……。おつまみって結構重要じゃないですか。

(カレー屋まーくん)そうね。インド人は酒を飲まないけど、日本の人は飲みたがるからね。

(PUNPEE)なんか簡単にラジオを聞いている人でも作れるようなサイドメニュー的なものは?

(カレー屋まーくん)基本的に簡単に作って美味しいっていうのは、素材を生かしているようで生かしていないインド料理では難しかったりするんだけども。でも、誰でも失敗しない簡単なやつだと、ポテサラね。インド風。

(PUNPEE)インド風ポテトサラダ。

(カレー屋まーくん)でも「インド風」って言っておいていま思ったんだけど、使っている食材はインド食材じゃなくてタイ食材だったりするんだけど(笑)。まあ、俺は「タイはインド」って思っているから。まあ、絶対に違うんだけど(笑)。でも、「エスニックは全部インドでいいや」ってことにしているから。普通にポテトサラダ、もうスーパーのお惣菜のとかでもいいから、そのポテサラにタイ料理で使う「シラチャー」っていう赤いチリソースね。

(PUNPEE)ふーん。シラチャーはちなみに、普通にそのへんのスーパーでも売っているんですか?

(カレー屋まーくん)いま、東京だったらそのへんのスーパーで売っていると思う。赤いチリソース。タイ料理……ナンプラーを売っている店だったら、絶対に隣にあるかな?

(PUNPEE)へー。それを?

(カレー屋まーくん)シラチャーをポテサラに混ぜて、ガラムマサラを振って。それで、あってもなくてもいいけど、パクチーを刻んだのを混ぜたらすげー美味い。

(PUNPEE)それは普通にまーくんも出したりとかしている?

(カレー屋まーくん)俺も普通に店で出していたし。

(PUNPEE)へー。シラチャー。俺もやってみよう。

(カレー屋まーくん)そう。出している店、ないと思う。

(PUNPEE)ああ、それを? どこでそれは習得したんですか?

(カレー屋まーくん)習得していない。俺が家でやっている面白料理(笑)。

(PUNPEE)フハハハハハハハハッ!

(カレー屋まーくん)そう。飲みながら勢いで作っている面白料理。「これ、すげえな! こんな簡単にすごいものができた!」みたいな。

(PUNPEE)へー! 結構、そういうところからのインスピレーションは多いですか? 家でノリで作っていたら美味しかったみたいな?

スポンサーリンク

ひとつの調味料をいろいろ変換してみる

(カレー屋まーくん)そうね。まあ、基本的に1個の調味料があったら、それをいろんなものに変換して入れてみるっていうのがね。和食をどうやってエスニックと混ぜるか?っていうのを割といろいろと試したりしていて。たとえば、和食で「甘い」っていうと、砂糖はあんまり使わないから、たとえば「みりん」だったりすると、そのみりんと同じような甘みが生まれるエスニックの調味料……スイートチリソースだなって。「じゃあ、みりんの代わりにスイートチリソースを入れてみたらどんな感じになるかな?」みたいなそういう変換をしてみて。

(PUNPEE)うん。

(カレー屋まーくん)「この食材はこの食材に変換したらどうなるかな?」みたいな実験をいろいろとやっていくと……で、いま、インスタでそういう料理のレシピ公開みたいなのを最近、やっていて。

(PUNPEE)インスタの名前は何でやっているんですか?

(カレー屋まーくん)「pinkbicyclecurryshop」でやっているね。料理だけのインスタにしている。

(PUNPEE)ああ、じゃあそれもちょっと自分、この後にリツイートとかしておきます。

(カレー屋まーくん)うんうん。

(PUNPEE)そんな感じのカレー屋まーくんですが……書籍の他にもなにか告知などは?

(カレー屋まーくん)告知はあるんだかないんだか……。

(PUNPEE)等々力のお店は?

(カレー屋まーくん)ああ、お店をね、駒沢と等々力の間の辺鄙な住宅街のところで週末……最近、なんもやっていないから週末だけ。最近、ミールスっていう南インドの定食をすっごい研究していて。それの現地っぽいのを作るんじゃなくて。でも、日本の食材を使ってとかでもない、日本人の作る南インドの定食屋みたいなののお店屋さんごっこをやろうかと思って。それが5月18、19の土日、プレオープンでやって。6月は毎週やれればいいかな?っていう。

(PUNPEE)うん。

View this post on Instagram

『PINK BICYCLE INDIAN FOOD LABORATORY』 世田谷区深沢5-2-9 今年になってあれだけ嫌いだったサンバルが急に食べれるようになり(歳を取ると急に好きになるものありますよね)それに伴いミールスの研究をしていました。 美味しいと言われるミールスってまず間違いなくボヤっと淡く味を決めていて水彩画のように混ざり合うから成立します。 一方、僕のインド料理の特徴は旨味と塩の決め方にあり、味のキワを決めると混ぜた時なかなか調和が取れなくなります。キワを決めるって料理に大してファイナルアンサーするということなんで当たり前です。 しかし一品一品の主従関係、役割をはっきりさせれば僕の味付けでもミールスが成立し、他のミールスに比べ劇的に目まぐるしく味が変わるプレートが見えてきました。まだまだ頂上には辿り着いてはいないのですが、お金を払っても楽しんで登って頂けるレベルにはなりましたので『研究室』という形でお披露目して行こうかと思います。初日は18,19日の土日12〜15時過ぎまでです。 等々力と駒沢の中間辺りの住宅街というアクセス困難な場所なのでお店としては難しく昼間の仕事をやりながら週一、二回営業です。僕のことですので、誰も来なかったり、これ以上美味しくはならないなと思ったらさっさと止めてしまうかと思いますのでいつまでもあると思うな親とカレー屋でよろしくお願い致します。 #ポエりたい #中年ポエマー #酒飲んでポエッ #DJポメッポメッ  #中年三か条 #パラのらない #スピらない #エモらない #カレー #カレー屋まーくんのあなたの知らないスパイスの世界 #スパイスカレー #何だよスパイスカレーって?#クラフトカレー #スパイス #カレーもう食べたくない #こんなの作っても家では刺身を喰ってるだけ #ミールス #インド料理

pink bicycle curry shopさん(@pinkbicyclecurryshop)がシェアした投稿 –

(カレー屋まーくん)まあ、地方が入るかも知れないから。東京にいる時にはやって。タイミング、タイミングでできれば毎週やっていこうかなって。

(PUNPEE)なるほど。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました