安住紳一郎 飲食店での注文の決め方を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

安住紳一郎さんがTBSラジオ『日曜天国』の中で飲食店でのオーダーの決め方について話していました。

注文の多い料理店 (大人になっても忘れたくない いもとようこ名作絵本)

(安住紳一郎)君津市の女性の方です。「私の迷うことは主人と行く外食です。主人はあまり外食が好きではなく、『1ヶ月に1回ならいいよ』と言うのですが、『明日外食に行くのだ』というだけで興奮して眠れず、『何を食べたいか?』だけを考えます。『お寿司、ハンバーグ、パスタ、もうなんでもいいわ!』。興奮が止まりません。月に一度迷うことです」。

(中澤有美子)いやー、かわいい!(笑)。

(安住紳一郎)ねえ。同じレストランの話ですね。藤沢市の62歳女性の方。「私がかならず迷うことはファミリーレストランで何を注文するかです。ご存の通りあのメニュー、和食、洋食、イタリアン、スイーツ。私は頭の中で1ページめくるごとに『これも、あれも……次は……いやいや、ハンバーグ、エビフライ。カロリー高そう、値段高そう』。値段といっても980円と1100円。たった120円の差なのに。なぜかファミレスでは気になりますね。最後に主人に『なにを食べるの? 私はなにを食べたらいい?』。最後はかならず『少し、私にもくれる?』。私、62歳。主人は65歳。主人は最近、『いま食べないと、明日はもう食べられないかもしれないんだから好きなものを食べろよ』と大岡越前のような一言で決着します」。

(中澤有美子)フフフ(笑)。いいですねー。

(安住紳一郎)そうですね。

(中澤有美子)いいですね。そう。いつまでも迷いって止まらないんですね。

(安住紳一郎)人は決められないからね。本当にファミリーレストランとかに行ってハンバーグを食べたいからそのレストランに行ったはずなのに、なんかメニューを見ているうちにその値段の得する・損するとか「これはメニューの割には安いんではないか?」とか。

(中澤有美子)いろんな要素が(笑)。

(安住紳一郎)「このフェアはいいんじゃないか?」とか。

(中澤有美子)フェア。そう。

(安住紳一郎)「380円でドリアもつくんだったら、このドリアセットか?」とか。そういう風になっちゃって、全く当初の目的と違うものをたのんでいる時とか、ありますよね。ハンバーグを食べたいって行ったのに、なんだかんだで「さば味噌定職をお願いします」とか。

(中澤有美子)あれ? あれれれ?(笑)。

(安住紳一郎)あれ? みたいなことがあったりとかね。あと、大人数で行っていると、周りの人がたのんでいる、他の人が提示したメニューに対しての「真似してはなるまい」とか「かぶっては恥ずかしい」みたいなところがあったりして。なんかゲームをやってるみたいなことで。「へっ?」みたいな。

(中澤有美子)「へっ?」(笑)。

(安住紳一郎)「こちらの方からご注文をどうぞ」みたいになってね。「和風ハンバーグ」「おろし味噌ハンバーグ」「あ、ああ……同じのを言われたから……ああ……ジャンバラヤでお願いします」みたいな。

(中澤有美子)アハハハハハハッ! 本当に?(笑)。

(安住紳一郎)本当に。そうですよね。楽しいですよね。本当に決められない。選択肢が多いと多いで決められないっていうね。

(中澤有美子)本当、そうですよねー。

(安住紳一郎)弱いですよねー。そう。「おすすめはなんですか?」って聞くのもねえ。私はもう大嫌いなんですよね。

(中澤有美子)ああ、そうですか。そんな感じ、しますねえ。

スポンサーリンク

「おすすめはなんですか?」問題

(安住紳一郎)そうですよー。「おすすめは?」って聞くって……まあ、いいと思いますけどね。生き方としてはね。私は見ず知らずの人に自分の漕ぐ船のオールは任せるなんてとてもとても信じられない。いや、その人が料理長とか責任者的な人ならわかっているだろうけども。そんな、どれぐらい働いているのかもわからないアルバイトのウェイターやウェイトレスの方に「おすすめ、なにかありますか?」なんて韓国人旅行者じゃあるまいしって思ってね。

(中澤有美子)「ファミレスの時に聞かない」っていうことですね。そうかそうか。

(安住紳一郎)うーん。そう思いますね。自分の決断だったら失敗しても責任取れるけどね。っていう風に思いますね。まあ、これははっきり意見が分かれるんですけどね。そう。本当に分かれるんですけど、私たちがしている仕事の種類のタイプだと、一緒に食事に行って「おすすめ、なんですか?」って聞く同僚がいたらもう烈火のごとく、「はあ? もう仕事ごとやめたらいい! 向いてないよっ!」なんて。

(中澤有美子)フフフ(笑)。

(安住紳一郎)違います? 極端?

(中澤有美子)うんうん(笑)。

(安住紳一郎)極端だな。うん。「そんなやつになにもできるはずはないっ! 先に失礼します!」って。

(中澤有美子)フフフ(笑)。

(安住紳一郎)こわーい。

(中澤有美子)「よかった、怖い人、行っちゃって」ってなりますよ(笑)。

(安住紳一郎)うん。いや、でもね、そうだと思いますよ。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする