スポンサーリンク

宇多丸 星野源『アトロク』ゲスト出演を振り返る

星野源と宇多丸 アルバム『POP VIRUS』を語る アフター6ジャンクション
スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇多丸さんがTBSラジオ『アフター6ジャンクション』の中で前日のゲスト、星野源さんとの放送を振り返り。放送後に細田守監督が現れた話などをしていました。

(宇多丸)あとですね、この番組がらみで言うと昨日、星野源くんに来ていただきまして、アルバム『POP VIRUS』について私が先走った質問を投げかけたり、嫉妬するだのですね、地団駄を踏むだの、みたいなくだりがありました。

(日比麻音子)はい(笑)。

星野源と宇多丸 アルバム『POP VIRUS』を語る
星野源さんがTBSラジオ『アフター6ジャンクション』にゲスト出演。宇多丸さんや宇垣美里さんと自身のアルバム『POP VIRUS』についてあれこれと話していました。

(宇多丸)で、その後、星野くんはそのままちょっとスタジオで雑談して。実はスタジオにMIT教授のイアン・コンドリーという、以前にこの番組にもチラリと出ていただきましたけども。それと、番組の終わり際になんと細田守監督がスタジオに現れて。

(日比麻音子)おおっ!

(宇多丸)まあ、星野くんもいるならば……っていうことで。で、もともと僕とイアン・コンドリーと細田さんと構成作家の古川耕の4人の、なぜかその4人の会がいつも何年かに1回、開かれるんですけども。

(日比麻音子)そうですか!

(宇多丸)それをやろうぜっていう時にちょうど星野くんの回だったんで。星野くんにも会いたいし……っていうことで実はいらしていてということですね。で、だからすごいですよ。

(日比麻音子)まあ、豪華な顔ぶれで。

(宇多丸)『未来のミライ』コンビで。しかもアカデミー賞にいま、ノミネート中っていうのもあって。すごい豪華なあれがあって。その後に我々、やいのやいのと行ったんですけども。星野くんはそのままニッポン放送の『オールナイトニッポン』。火曜日1時からのやつをやりに行って。そこの放送内ですごくまたこの『アフター6ジャンクション』に出た話をいっぱいしてくださって。

星野源『アトロク』宇多丸との『POP VIRUS』談義を振り返る
星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中でTBSラジオ『アフター6ジャンクション』に出演した際の模様を振り返り。宇多丸さんの『POP VIRUS』談義などについて話していました。

(日比麻音子)はい。メッセージもたくさん、あちらの番組にも行っていたみたいで。

(宇多丸)そうですよ。ありがたいことで。で、だからお互いに局を超えてエールを送りあうというね。まあ、その頃こっちはJUNKがありますけどね。だからその筋を通す意味で『爆笑問題カーボーイ』の収録していた、録っていたスタジオに銃を持って殴り込みに……。

(日比麻音子)アハハハハハハッ! ああ、そうだったんですか?

スポンサーリンク

爆笑問題にも筋を通す

(宇多丸)先週、エレベーターホールで太田さんと偶然会って。太田さんと会うとだいたいエアガンで空撃ちされるわけですよ。で、先週はこっち、丸腰だったんで。完全にやられる一方だったのがちょっと悔しかったので。大量の火器を持って殴り込みをして一応、なんの筋だかわかりませんけども、筋を通しておいたというね。

(日比麻音子)ちゃんとそこをきっちりとね、カタをつけたというね。

(宇多丸)カタをつけてまいりました。ということもありました。とにかく星野くん、本当に話もめちゃめちゃ面白かったですし。ありがとうございました。あとはゴールデングローブ賞のノミネート。そしていまはアカデミー賞のノミネートを控えた細田さんの話も本当に面白かったですけども。これはまたいずれね、改めて番組でもうかがってみたいと思います。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました