スポンサーリンク

ココリコ・遠藤 極楽とんぼ・山本の謹慎10年間を語る

ココリコ・遠藤 極楽とんぼ・山本の謹慎10年間と老後ケアプランを語る TBSラジオ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

10年7ヶ月ぶりに復活したTBSラジオ深夜の伝説の番組『極楽とんぼの吠え魂』。過去に何度も出演していたココリコ・遠藤さんがいてもたってもいられず番組に乱入。山本さんの謹慎期間中の話や老後のケアプランを話し、自慢の開いた喉を披露していました。

#遠藤章造#極楽とんぼ#極楽とんぼの吠え魂 #ミスターロンリー#玉置浩二#深夜に熱唱#chari&co

ココリコ遠藤章造さん(@shozoen)がシェアした投稿 –

(加藤浩次)(DJヤマトをやって)思い出してきた?

(山本圭壱)思い出してきたね。

(加藤浩次)もう、だから残り30分を切ってますよ。もう、なんだかんだしゃべってきて。

(山本圭壱)行けるんじゃないの? このペースで。どんどんどんどんさ。

(加藤浩次)ちょっとだから楽しくなってきた。やっとね。

(山本圭壱)やっとね、わかってきたよ。この赤坂の夜、思い出してきたね。

(加藤浩次)がんばってやっていくということだもんね。じゃあ、このままの調子で……。

(遠藤章造)うわーっ! 極楽とんぼだ! 極楽とんぼじゃん。ちょ、ちょ、ちょっと! どういうことなんすか? 本当に。あら、ちょっと、ちょっと! もう!

(加藤浩次)どうした?(笑)。

(遠藤章造)いてもたってもいられませんよ! 本当に。

(加藤浩次)自己紹介、お願いします!

スポンサーリンク

いてもたっても遠藤

(遠藤章造)あの、いてもたっても遠藤です! ご無沙汰しております!

(山本圭壱)エンドゥー!

(遠藤章造)いやいやいや、ちょっと待って下さいよ。

(山本圭壱)エンドゥー!

(遠藤章造)そう。エンドゥーですよ!

(山本圭壱)オンブー!

(遠藤章造)いや、遠藤ですよ。遠藤。オンブーじゃないですよ。ちょっと待って下さいよ。

(加藤浩次)いやー、来てくれたんですか。

(遠藤章造)いやいや、だってちょっと待って下さい。10年ぶりですか?

(山本圭壱)10年ちょっとだね。

(遠藤章造)ちょっと俺も家で普通に……僕いま体を鍛えてたりしているんで。ライザップしていて。で、腹筋で「コミット、コミット」って言いながらやっていて。で、ネットをババッといじっていたら、あれっ? 極楽とんぼさんがラジオを復活されるっていうことで。これはコミットしている場合じゃないと。いてもたってもいられなくて、来て……まだ大丈夫ですよね? 時間的にも。

(加藤浩次)いや、うれしいよ。来てくれたら。もう、昔はしょっちゅう来てくれていたもんね。いてもたってもさんね。

(遠藤章造)いやいや、もう、極楽とんぼさんのラジオが終わって、加藤さんがやられてからも何回か呼んでいただいたんですけど。いてもたってもいれなくなって。でも、やっぱりしっくり来ますね。この2人のこの感じ。

(山本圭壱)すまなかったな。10年間な。

(遠藤章造)いやいやいや。もう本当に本当に。

(加藤浩次)手探りでここまでやって来たけどね。

(山本圭壱)カトちゃん、お前が支えてくれたんだ。ありがとうな。ありがとなー!

(遠藤章造)いやいや、本当にカトコーさんは本当にでも……。

(加藤浩次)「カトコーさん」?

(遠藤章造)えっ?

(加藤浩次)うんうん。加藤。加藤。

(遠藤章造)カトコーさんですもんね。極楽とんぼのカトコーさんは本当にね、がんばってます……。

(加藤浩次)「カトコー」? いや、俺は加藤。「カトコー」ってあんま呼ばれたことないから。

(遠藤章造)ああ、そうですか? 俺、ずっとカトコーって呼んでませんでしたっけ? 加藤浩次で。

(加藤浩次)いや、「加藤さん」だったけどな。でも、こうやって3人でラジオをしゃべれるっていうのもうれしいことだよね。

(遠藤章造)いや、ありがたい話ですよね。こうやって本当に。

(加藤浩次)遠藤章造さんが。

(山本圭壱)章造遠藤がな。

(遠藤章造)いまバーッと来たら、本当に10年前のみなさんが勢揃いで。すごいことですよ。リスナーの方も喜んでるでしょうね。本当にね。

(加藤浩次)ありがたい。

(山本圭壱)みんな、歳取ったなー。

(遠藤章造)いや……まあ、そうっすね。10年経ってますからね。いや、ふざけてるんすか?

(加藤浩次)わかんない。なんか、さっきDJヤマトのコーナーやっていたから、なんかおかしくなった。

(山本圭壱)ノリがもう、こっちでいいのかな? と思って。(ププーッ!)。

(加藤浩次)終わったから。それは、もう。

(遠藤章造)そうっすね。さっきまでやってましたからね。それ。

(山本圭壱)(プ~)。オイ、お前、屁こいたろ? 加藤(笑)。

(遠藤章造)山本さん、楽しいですね。

(加藤浩次)楽しいのか?

(遠藤章造)楽しくなってきたんですね。

(山本圭壱)東京でラジオができるなんて、俺、思ってなかったもん。お前。

(加藤浩次)楽しんでくれてるなら、いいよ。

(山本圭壱)宮崎のちっぽけなラジオでしかやってねえからよお!

(遠藤章造)いや、その「ちっぽけ」っていうの、やめなはれ。それ。

(山本圭壱)範囲の狭いラジオしかやってねえからよお。小さいながらも住みよい我が家。

(加藤浩次)遠藤さんが来てくれてんのよ。言ったら、山本と遠藤はもうずーっとの仲じゃない?

(遠藤章造)そうですよ。軍団山本でずっとやらせていただいて。

(加藤浩次)20年以上だね?

(遠藤章造)僕らココリコが25年目になるんで。もうだから25年ですよね。極楽さんとも。

(加藤浩次)っていうことか。もう最初からだもんな。俺らがいたわけだもんね。そっからだから、ロンブーの淳と遠藤は山本と仲良かったもんな。いまでもね。だから全国ツアーのライブとかでも最後ね、淳と遠藤と脇田と庄司とね、来てくれて。

(遠藤章造)軍団でね、ちょっとダンスをさせていただいて。そうなんですよね。

(加藤浩次)ずーっと心配していたよ。お前のことを。

(山本圭壱)そりゃそうだろ。

加藤・遠藤:「そりゃそうだろ」?

(山本圭壱)ああ、違う。「そりゃあ、わかるよ」ってことだよ。

(加藤浩次)だってだから、遠藤は山本と仲良かったから、あんまり俺とはそんなにだったじゃない?

(遠藤章造)そうですね。どっちかって言うと。

(加藤浩次)気も使うしさ。

(遠藤章造)まあ、そうですね。山本さんの反目の人っていうイメージでしたから。やっぱりなかなか、コンビってどうしてもちょっと違うじゃないですか。

(加藤浩次)で、それが、やっぱり俺が『スッキリ!!』終わって『ヒルナンデス!』前に俺の楽屋に来て、「山本さん、大丈夫ですか? でも僕がいま電話したら、甘やかすことになってしまうんで……」みたいな話もしていたのよ。ずっと。それはもう。で、それで1回、「全然お前、電話よこさねえな!」って山本にキレられたんだろ?

スポンサーリンク

謹慎期間中の軍団山本の役割分担

(遠藤章造)あのー、理不尽なことで怒ってらっしゃることはありましたよ。やっぱりね、荒れている時期は……いや、10年ですから、やっぱり波がありますから。絶対に。で、それぞれにね、なんとなくの担当があったんです。

(加藤浩次)えっ、それどういうこと?

(遠藤章造)なんとなくね、淳は淳で本当に山本さんと密になって山本さんの進路というか、復帰するためには加藤さんと一緒になって、こうやってこうやって……って。で、僕は僕でなんとなく山本さんが機嫌よくなるように、腐らんようにしておこうっていうので。まあまあ、イエスマンまではいかないですけど、「山本さん、どうですか?」っていう感じの立ち位置で一応やっていたつもりではいたんですけど。で、そうなんですよ。僕がなんとなく山本さんに連絡を取るのも、山本さんがいまこういう状況やってわかっているから、あんまりちょっとって思って取っていなかったりすると……。

(加藤浩次)言ってたもんな。「あえて、僕はそうさせてもらいます」って。俺、絶対に合っていると思うよ。遠藤は。

(山本圭壱)連絡が遅いよ。お前は。淳は毎週とかしてくれた。

(遠藤章造)いろんなことを考えて、これはいま、ホンマに山本さんに連絡しない方がいいなってみんなの結論の達したから、「じゃあ、やめとこうぜ」って言っていたら、山本さんの方から電話がかかってきて。留守番電話にふてくされた電話で。「もう本当に、全然お前は連絡してこねーな」っていう感じで。「淳の方がかわいい」みたいなことを延々に入れている留守番電話があったりとか。

(加藤浩次)それはさ……。

(遠藤章造)いや、ありましたよ。そんなんが。もう長い、10年ですから。いろいろありますから。浮き沈みが。

(加藤浩次)47がさ、44に言ってるわけでしょう?

(遠藤章造)いやいや、ホンマにもうエエおっさん同士が本当に。

(加藤浩次)最終的にお前ら、一緒に住もうとしてるもんな。老後(笑)。

(山本圭壱)宮崎にいい土地があるんだよ。

(加藤浩次)よく言ってたよな。その計画の話。

(遠藤章造)いや、だから僕もこの10年で離婚し、いろいろあってまた再婚させていただいて、子供もできて、楽しくやらせてもらったりしているんですけど。本当にうちの嫁にも言っていますよ。それは。うちの嫁とか、山本さんのことをそんなに知らなかったりするんで。

(加藤浩次)そうだよな。10年前は出会ってないんだもんな。いまの奥さんとは。

(遠藤章造)全然出会ってないんで。だから本当に山本さんのことは本当に、遠藤家で心配していますよ。

(山本圭壱)いや、それはありがたい。

(加藤浩次)言ってたぞ、裏では。遠藤。本当に。「最終的にはやっぱり引き取ろうと思っている」っていう。お前を。

(山本圭壱)遠藤の家に? いいの?

(遠藤章造)俺の家というか、まあまあみんなで……。

(加藤浩次)いや、そのぐらいまで覚悟が。俺は絶対にお前を引き取る気はないから。

(山本圭壱)お前、それはお前……子供が全部出て行ったら、俺が行ってもいいだろう? それは。

(加藤浩次)いや、俺はだってユータとかいっぱいいるから。

(山本圭壱)ユータはだってあれは別でいいじゃん。俺だって一部屋ぐらい余るだろう? お前。

(加藤浩次)俺に引き取られるよりは、遠藤に引き取られる方がいいだろう?

(山本圭壱)遠藤のところ……俺、両方にあってもいいもん。別に。

(遠藤章造)はい?

(山本圭壱)部屋は。

(遠藤章造)あ、ああ……。はい。まあ、そうっすか?

(加藤浩次)いや、遠藤はそのぐらいの覚悟だったってことよ。

(遠藤章造)まあまあ、そういう話もちらほらと奥さんにはしていましたけどね。山本さんを……。

(加藤浩次)知らないんだよ。お前のことを知らない奥さんがそれをOKしてくれてるんでしょう?

(遠藤章造)まあ、そうですよね。

(山本圭壱)ありがたいな。

(遠藤章造)「ありがたい」というか。まあまあ、それはまあまあ、だから山本さんにもがんばっていただいて。こういう場を作ってもらっているわけですから。

(山本圭壱)俺もがんばるよ。

(遠藤章造)まあ、がんばってますけどね。

(山本圭壱)もっとがんばるよ。

(遠藤章造)まあまあ、全然それはいいんですけど。

(加藤浩次)わざわざこうやって来てくれてさ。明日だって仕事があるのにさ。

(遠藤章造)いや、明日も『ヒルナンデス!』なんでね。全然あれなんですけども。

(山本圭壱)全然あれなの? 『ヒルナンデス!』は。

(遠藤章造)いや、『ヒルナンデス!』で、もうVTRをしっかりと見させていただくということなんでね。

(山本圭壱)「全然あれ」って何よ? じゃあ。

(遠藤章造)いや、時間的に全然余裕ありますよっていう。

(山本圭壱)なんだよ? 「全然あれ」って。代わるぞ。いつでも、俺が。

(遠藤章造)いや、無理ですよ。山本さんは。『ヒルナンデス!』は。

スポンサーリンク

山本に『ヒルナンデス!』は絶対無理

(加藤浩次)『ヒルナンデス!』は無理だよ。どんだけ出たくても、お前は無理だよ。

(山本圭壱)なんで?

(加藤浩次)お前、『ヒルナンデス!』は絶対に無理だよ。

(遠藤章造)いや、マジで無理ですよ。『ヒルナンデス!』は。

(加藤浩次)俺らいま2人でマジで言ってるからな! お前、絶っ対に『ヒルナンデス!』無理だからなっ!

(遠藤章造)いや、マジで絶対に無理っすからね。

(山本圭壱)なんでだよ? あれ、だって何人もいるじゃねえか。あそこにポッといてもいいじゃん?

(加藤浩次)お前なんて『ヒルナンデス』、ぜってー無理だからなっ!

(遠藤章造)無理ですよ。山本さん。本当にマジで無理ですよ。

(山本圭壱)マギーと代えればいいじゃん?

(加藤浩次)……お前、なに言ってんだよ、おっさん。

(遠藤章造)おっさん。

(加藤浩次)なに言ってんだよ? お前。

(山本圭壱)いや、遠藤が月曜日だから、ねえ。だからそういう感じにしたの。じゃあ、マギーさんの横に行こうか? 俺が。

(遠藤章造)いや、だから『ヒルナンデス!』っていうのは好感度なんですよ。ぶっちゃけた話で言うと。

(加藤浩次)そう。

(山本圭壱)いや、あるでしょう? もう、いい加減。

(加藤浩次)誰が?

(山本圭壱)俺。

(加藤浩次)好感度?

(山本圭壱)ゼロじゃないでしょ?

加藤・遠藤:いや、ゼロでしょう(キッパリ)。

(加藤浩次)ゼロっていうか、マイナスでしょう?

(遠藤章造)ゼロじゃないですか。『ヒルナンデス!』をそんなナメられたら……『ヒルナンデス!』は好感度の番組なんで。

(加藤浩次)そうよ。だって主婦の方たちが見ていたりとかね。女性の方も多いから。見ているのは。

(遠藤章造)ためになる情報を。

(山本圭壱)わかった。俺、『ひるおび!』行く。恵さんの。

(加藤浩次)しゃべれないでしょ?

(遠藤章造)無理でしょう。時事ネタ、知らないでしょう?

(山本圭壱)いや、恵さんの方に行くわ。

(加藤浩次)新聞なんか読んだことないでしょ

(山本圭壱)スポーツ新聞は読む。

(加藤浩次)野球のところだけでしょ?

(山本圭壱)カープのところだけね。

(遠藤章造)ないですもん。そんな野球の話なんて。基本的に。

(山本圭壱)俺、恵さんのところに行く。

(遠藤章造)「恵さんのところに行く」?

(山本圭壱)『ひるおび!』に行く。それでいいか?

(遠藤章造)いや、「いいか?」っていうか……。

(山本圭壱)TBSラジオさんからなんとか言ってもらう。

(加藤浩次)そんなの、できるわけないじゃん。

(遠藤章造)違いますからね。TBSテレビとラジオは。無理じゃないですか?

(加藤浩次)ぜってー無理だよ。

(山本圭壱)森本さんのラジオ(『森本毅郎スタンバイ!』)に出る。

(遠藤章造)そんな簡単に、無理ですね。

(加藤浩次)無理無理。それはもう無理な話よ。

(山本圭壱)おぎやはぎのところ。おぎやはぎのJUNK(『おぎやはぎのメガネびいき』)に行く。

(加藤浩次)出るの? 「出る」って言っても、それは無理でしょう?

(遠藤章造)おぎやはぎさんが決めることですから。無理じゃないですか?

(山本圭壱)なんとか言いに行くから。

(加藤浩次)いや、それは無理よ。それはもう、今日で最後よ。

(山本圭壱)さ、最後!? 最初じゃないの? これ、スタートで来たんじゃないの?

(加藤浩次)違う違う。最後の1回なんだから。

(遠藤章造)『吠え魂』の一応締めっていうことでしょう? 極楽とんぼさんの『吠え魂』の最終回がちゃんとできなかったっていうことでしょう?

(加藤浩次)そうよ。

(山本圭壱)じゃあ4月からだ。4月から、極楽とんぼの別ので始まるとか、そういうことだ。

(加藤浩次)ないないない。あるわけないよ。

(山本圭壱)じゃあ、何しにきたんだ、俺は?

(加藤浩次)最後をやりに来たんだよ、お前は! 帰れ、宮崎に!

(遠藤章造)(笑)

(山本圭壱)なんだよ……。

(加藤浩次)帰れ!

(山本圭壱)もうちょっと、いさせてくれよ……。

(加藤浩次)まあでも本当に、そのぐらいの気持ちよ。

(遠藤章造)本当、そうですよ。本当にもう10年……。

(加藤浩次)遠藤さんの山本さんに対する思いとか、やっぱり俺はすげーなと思って見ていたよ。

(山本圭壱)いや、ありがたいですよ。それはね、ありがたいですよ。それはやっぱり、ちょっと連絡が取れないで俺もちょっとイラッとして、そういう留守電を入れたことも覚えてます。それは覚えてますけども、まあでも、最終的に俺の家にじゃあいまお前、来てみ? 俺の家に。

(遠藤章造)俺の家に?

(山本圭壱)俺の家に来てみ? お前の昔から気に入っている、あのジェームス・ディーンみたいなあの写真、まだちゃんと寝室に飾っているわ。

(遠藤章造)すげー。まだ俺が20代後半ぐらいの時の写真でしょ?

(加藤浩次)いっつも見てるんだよ。

(山本圭壱)俺な、携帯のこの中にも写真、入れとるん。エエか、見せて?

(遠藤章造)携帯の、iPhoneの中に。

(山本圭壱)これ!

(遠藤章造)いや、その写真、入れなくていいでしょう? 入れなくていいでしょう、それ?

(山本圭壱)これ、最初の頃の。

(加藤浩次)それ、なに? 山本と、彩華(いろは)ちゃんと千秋の3ショットですね。

(遠藤章造)それ、いらないでしょう? それ、僕も持っていませんよ、そんな写真。

(山本圭壱)これ、お前の家で撮ったじゃねえかよ。

(遠藤章造)それ、もらっていいですか? その写真。

(山本圭壱)ダメだよ、これ。

(遠藤章造)なんでこんなん持ってるんですか?

(山本圭壱)これ、だからお前の家で撮ったじゃねえか。

(遠藤章造)いや、これ覚えてますよ。僕の誕生日の時でしょ?

(山本圭壱)チェキで。

(遠藤章造)はいはい。僕の誕生日の時です。だから10……。

(山本圭壱)お前も目が遠くなったな! どんだけ離して見るんや?

(遠藤章造)まあ老眼を……。

(加藤浩次)いまね、メールを見てるんですよ。僕、メールをいろいろ目を通していたんですけど。これ、ラジオネーム「週末美容師」からいただきました。愛知県の方ですよ。「いてもたっても遠藤さん、お久しぶりです。待っていました。いてもたっても遠藤さん、喉、開いてますか? 久々の美声が聞きたいです」。なるほど。

(遠藤章造)ああ、そうか。そうですね。『吠え魂』では本当にいろいろと歌わせていただきましたからね。

(加藤浩次)これはね、本当にリスナーの待ち望んでいるものだと思いますよ。うん。まあ、急に来たから喉は開いてないんじゃない?

スポンサーリンク

遠藤の喉は開いているか?

(遠藤章造)あの、加藤さん。喉、開いている/開いてないで言うと、開いてます。

(加藤浩次)そんなに?

(遠藤章造)開き気味です。

(加藤浩次)こんな時間にそんな……。

(遠藤章造)開いてるかどうか? で言うと、まあ完璧に開いてるとは言えませんけど、開き気味。開きかけてます。

(加藤浩次)俺、もうやっぱ年齢も年齢だしね、開いてないで歌ってくれっていう無理強いはできないの。

(遠藤章造)それはそうです。やっぱり体によくないですからね。歳も取ってきてますから。開き気味ではありますよね。

(加藤浩次)開ける?

(遠藤章造)「ウォ~~~♪」。ゴホン、うん。だいぶ開き気味ですけどね。

(加藤浩次)行ける? フェイバリット。

(山本圭壱)かわいらしい顔して……。

(遠藤章造)おっ、いいんですか? 本当に。

(山本圭壱)かっこいいな、お前……。

(遠藤章造)あの、せっかく極楽とんぼさん……。

(加藤浩次)ちょっと黙っててもらえるかな?

(山本圭壱)すいません……。

(遠藤章造)こっちでやっているんで。邪魔しないでもらっていいですか?

(山本圭壱)いや、横にお前、座ってるじゃん? かわいらしい顔してんだよ。

(遠藤章造)(笑)。あの、49のおっさんが45のおっさんをそんな風に言うの、やめてもらっていいですか? 気持ち悪いんで。

(加藤浩次)ちょっと、だから喉が開いてるんだったら。

(遠藤章造)一応、歌わせていただけるんだったら、ちょっと今回こういう機会なんで、山本さんにですね、僕の方から1曲。玉置浩二さんの『MR.LONELY』っていう歌があるんですよ。すごくいい歌詞なんで。

(加藤浩次)はいはい。「山本に」ってことですか?

(遠藤章造)山本さんに僕の方から捧げさせていただければなと。この場を借りてという。

(加藤浩次)じゃあ、お願いできますか?

(遠藤章造)喉が開くかどうかもあれなんですけども。精一杯歌わせていただこうかなと。

(加藤浩次)わかりました。じゃあ、遠藤さんで玉置浩二『MR.LONELY』です。どうぞ。

(遠藤『MR.LONELY』を熱唱する)

(加藤浩次)ありがとうございました!

(遠藤章造)ありがとうございました。本当に

(加藤浩次)いやー、いい歌詞だねー。

(山本圭壱)汗かいてるね。やっぱり。

(遠藤章造)そうですね。汗をかきますね。

(加藤浩次)いい歌詞だねー。

(遠藤章造)いやー、歌詞が好きで歌わせてもらったんですけど。

(加藤浩次)これ、もう山本さんに向かっている歌じゃないですか。これ、歌詞が。

(遠藤章造)そうかもしれないですね。『MR.LONELY』っていう僕の好きな歌だったんですけどもね。ちょっと喉がそこまで……まあ、歳なんですかね? 開いているつもりでいてても、実際には開いてなかったのかもしれない。

(加藤浩次)うーん。でも、開いている箇所、何箇所もありましたよ。

(遠藤章造)そうですよね。結構好きで、いっつも開かせているつもりなんですけどね。この曲は。

(加藤浩次)そうですね。いやー、これ本当に……ラジオネーム「ワシントン」。「さすがいてもたっても遠藤さんです。2017年『吠え魂』歌謡大賞間違いなくとれると思います。この調子でがんばってください」。

(遠藤章造)ありがとうございます。まだあるんですかね? これね。久々やったですね。そのフレーズね。

(加藤浩次)ありがとうございます。本当に。

(遠藤章造)いやいや、本当に。

(山本圭壱)ありがとう。

(加藤浩次)えっ?

(山本圭壱)「ありがとう」って言ったのよ。

(遠藤章造)あ、響きました?

(加藤浩次)歌詞、聞いてたか?

(山本圭壱)聞いた。「何もないけど」のあたりな。「何もないけど 野に咲く花のように」。

(加藤浩次)そう! もういま、まさに山本さんの。いやー、いい歌を歌ってもらいましたよ!

(山本圭壱)「なにもないけ~ど~、野~に咲く♪」

(山本・遠藤)「花のよ~うに~♪ 君と、暮らしていた頃~を~♪」。

(遠藤章造)「思って♪」。

(山本圭壱)「元気で~、いるか~ら~~~♪」。

(遠藤章造)やっぱいい歌ですね。

(加藤浩次)いや、いい歌よ。

(山本圭壱)何もないけどね。元気でいるんだよ。

(加藤浩次)ありがとうね。遠藤ね。

(遠藤章造)いえいえ、すいません。本当になんか、急に来て。

(加藤浩次)ありがとう! ありがとうございます!

(CM明け)

(加藤浩次)いやー、遠藤さんもありがたい歌を歌っていただいて。よかったですね。

(山本圭壱)ありがとうございます。

(加藤浩次)もう残りあと本当に3分、4分になりました。まあいろいろね、本当にラジオをやらしてもらうということで、最後ということで。まあ多少ね、山本さんもふざけてやっている部分もありましたけども。

(山本圭壱)まあ、そうですね。

(加藤浩次)でもまあ、楽しく山本さんもできたんじゃないですか?

(山本圭壱)まあ、楽しくやらせていただきました。もちろん。ありがとうございます。

(加藤浩次)これはもう、山本さんからしっかりね、本当に最後になりますから。『吠え魂』の最終回をこうやってやらせてもらいましたから。10年ぶりに。リスナーのみなさんに一言、お願いします。

(山本圭壱)いや、本当にまあ10年7ヶ月ですか。こうやってまた、こういう形にはなりましたが、『吠え魂』をTBSラジオさんでしゃべらせていただけるというのも、武闘派のリスナー。あとはやっぱりいろいろな方々が……「『吠え魂』のラジオを聞いてました」っていう方々がずっとこの10年7ヶ月、小さいところからコツコツずっと言ってくださっていたのはありがたい話なんですよ。で、僕の中の照れくさい部分もありまして。街中で「『吠え魂』、聞いてます!」って言われても、ついつい、「あっ、どうもありがとう」みたいな。ちょっと無愛想になる瞬間もあったりはしたんですけど。なんすかね? いま、ようやくこの2年ぐらいですかね? そうやって言われると、こみ上げてくるものがあったのはたしかですね。

(加藤浩次)まあ、感謝の気持ちをしっかり言葉にした方がいいと思うよ。最後。しっかり。

(山本圭壱)どういう形でまたラジオができるかとか、いろんなことはまだわかりませんが、いまこのように、こうやって加藤と2人で『吠え魂』をやらせていただいたことは、本当にTBSラジオのスタッフのみなさん、あとはリスナーの方々のおかげです。本当におかげだと思っていますので。またいつか、会える日を楽しみにしております。

(加藤浩次)さらに感謝の気持ちを。ちゃんと。「ありがとうございます」と。

(山本圭壱)感謝の気持ち。本当に、本当に、ありがとうございました!

(加藤浩次)いや、本当に山本さんもね、途中でね、ヤマトとかふざけだした時も今日、ありましたけど。でも、山本さんは本当にしっかり、感謝の気持ちがあると思います。僕も当然ラスト。この『吠え魂』が最後ということでやらせていただいて。次に進めます、僕ら。これで、『吠え魂』最終回をやらせてもらったということで、次の極楽とんぼ。この10年間、間が空きましたけど、またどういう形でみなさんに笑っていただけるかわかりませんし、我々がどこまでできるかわかりませんけども。ここからがんばっていきたいと思いますんで。1回、この『吠え魂』っていうのをね、「最終回を迎えて終わらせていただく」っていう言葉をはっきり言わせていただけるのは、ありがたかったと思います。本当にリスナーのみなさん、ありがとうございました!

(山本圭壱)ありがとうございました!

(加藤浩次)また、いつか。さようなら。

<記事終わり>


https://miyearnzzlabo.com/archives/42220

タイトルとURLをコピーしました