スポンサーリンク

AKLO 『Outside The Frame』ツアーを語る

AKLOと渡辺志保 Summer Jam Tokyo2016を振り返る INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

AKLOさんがblock.fm『INSIDE OUT』にゲスト出演。渡辺志保さんと『Outside The Frame』ツアーの抱負や見どころなどについて話していました。

(渡辺志保)ツアーの抱負なんかをここで聞いていきたいんですけど。AKLOさん、今回はバンドスタイルで……

(AKLO)そう。今回ね、バンドで。でも、すごい久しぶりで。前回のワンマンの時はDJと2人だったんだけど。しかもDJはステージにも上がらないで、本当に1人みたいな感じだったんだけど、今回はバンドで。何度もね、それこそバンドだから練習しないといけないし。で、メンバーも一生懸命選ばないといけないし……とか。いろんな過程があるんだけど。そういうのもすっごく楽しかったし、最高の素晴らしい音で超イケてる音楽を奏でてますよ。

(渡辺志保)本当に。

(AKLO)もう、めっちゃ楽しみ。

(渡辺志保)違いますか? やっぱりバックDJが1人だけっていうのと、みなさんでバンドで音を創りだすっていうのは?

スポンサーリンク

バンドスタイルでのライブの見どころ

(AKLO)全然違うのが、たとえば向こうはみんなミュージシャンだから、いろいろ途中で「こんなアレンジはどう?」とか提案してくれるんすよ。

(渡辺志保)ああー、なるほどね。

(AKLO)で、俺らは音を作っている側もその現場にいるんですけど。それで、「ああ、いいね」とか言えるし。だから全員コミュニケーション取りながらビルドアップしていく。曲をバンドアレンジで新しいものにできる。だからむしろ、「こっちの方がいいんじゃん!」とかなったりとか、超アガッてて。

(渡辺志保)なるほどね。じゃあ、いろんな意味でディベロップしていくというか、ブラッシュアップしながら、進化していくみたいな?

(AKLO)進化していく感じがあって、それがすごく楽しい。

(渡辺志保)いいですね。この間、私もAKLOさんに個人的にお話をした時に、バンドリーダーみたいな形で務めてらっしゃるのが、キーボーディストのSWING-Oさんということで。SWING-Oさんって、RHYMESTERさんとか、あとCOMA-CHIちゃんとか。いろんな、本当名だたるアーティストの方をプロデュースとかサポートしてらっしゃるミュージシャンの方なので。私もSWING-Oさん、この間お会いしたのがRHYMESTERさんの『人間交差点』フェスの場所でして。

(AKLO)うんうん。

(渡辺志保)そのSWING-OさんとAKLOくんがどんなケミストリーを生み出すのか。最高に楽しみですね。

(AKLO)いや、まさに。今回は俺ら、バンドを入れるっていうことで、俺らの楽曲通りをただバンドでやりたいわけじゃなかったの。新しいフレイヴァーをどうしても足したかったの。だからそういう意味で、さっき言ったようにケミストリーになるようなものにしたかったし……っていうのもあって。今回はすごくマッチしたし。それだけじゃなくて、今回はDMCワールドチャンピオンのDJ IZOHもターンテーブルで半端じゃなくカマすし。

(渡辺志保)すごいね!

(DJ YANATAKE)そうだよね。そこ、すごい楽しみなんだけど。

(AKLO)ヤバいでしょ?

(渡辺志保)いったいどんなことになるのか……

(AKLO)本当にだから、もうハイエンド・シットですよ。

(渡辺志保)おっ、ハイエンド・シット(笑)。なるほど。ちなみにね、そのIZOHさんも参加されるということですけども。その他、ゲストがもうすでに発表されておりますけども。8月3日(水)東京赤坂BLITZの会場はJAY’ED、K DUB SHINE、KREVA、Mummy-D、そしてSALU。8月6日(土)大阪梅田Shangri-LaではJAY’ED、そしてSALUが参加ということで。もうこれね、並び、メンツを聞いただけで、これが、あの曲があのメンツで再現されるのかな? とかね。これがああいう風になっちゃうのかな? とかね。

(AKLO)そうだね(笑)。たしかに、それはそうだわ。

(渡辺志保)ニヤニヤしちゃいますけども。

(AKLO)いやー、でも半端じゃないメンツを集めているよね。本当に。

(渡辺志保)軽くフェスみたいな感じになるんじゃないですか?っていう気がしますけどもね。

(AKLO)それがまた、バンドでやれるからね。最高だよ。

(渡辺志保)ねえ。厚みがすごそうだよね。

(AKLO)いや、これを見逃したらもうね、ないからね。

(渡辺志保)ないからね。

(DJ YANATAKE)いつぐらいからバンドで練習したりするもんなんですか?

(AKLO)結構……1ヶ月ぐらい前からかな? 始まりは。

(渡辺志保)そうなんだ、そうなんだ。ちなみに、AKLOさんの方からお客さんにこういう風に盛り上がってほしいとか、ここではこういう風にお前ら、全員やってくれよ! みたいな。そういうリクエストはございますか?

(AKLO)基本的には音楽をフィールしてくれれば体は揺れていくと思うんで。俺はそれを見ているのがいちばんうれしいんだけど。決まり事は本当はない方がいいんだけど。けど、やっぱじゃあ『サーフィン』だったら、俺が「WAVE……WAVE……♪」って。その間にちょっとタイミングを早く……普通さ、手を振る時って(小刻みに)「WAVE, WAVE, WAVE……」ぐらいのスピードだけど、(ゆっくりした)「WAVE……WAVE……♪」っていうフロウにあわせて、手をゆっくり振ってほしい。横にね。

(渡辺志保)ゆっくりね。なるほどね。

(AKLO)そうすると、それが波みたいに見えて、ウェーブ感が出て。それがいいかなと。みんなでウェーブを作ろう!っていうね。

(渡辺志保)そうなんだ。ちょっとじゃあ、私たちもウェーブの練習をしてうかがいたいと思うんですけど。このへんでじゃあ、AKLOさんの最新アルバム『Outside The Frame』から1曲、聞いていただきたいと思うんですけども。どの曲にしましょうか?

(AKLO)そしたら、いまね、話した通り。『サーフィン』。しかも、Mummy-Dさんが入っているリミックスの方を。

(渡辺志保)いいんですか? オンエアーさせていただいても、いいんですか?

(DJ YANATAKE)これは、それが生で見れちゃう的なやつってことですか?

(AKLO)ヤバいっす。

(渡辺志保)しかも、バンドサウンドでね、再現されるということなので。じゃあみなさんも、そのウェーブの練習をしながら、ぜひ聞いていただきたいと思います。AKLOで『サーフィンRemix feat. Mummy-D』。

スポンサーリンク

AKLO『サーフィンRemix feat. Mummy-D』

(渡辺志保)はい。いまお聞きいただきましたのはAKLOくんの最新アルバム『Outside The Frame』から、こちらはiTunes、そしてタワーレコードさんで購入していただいた方への限定特典シングルになりますかね。『サーフィンRemix feat. Mummy-D』でございました。スタジオ内でもいまね、フックのところでウェーブを練習を。

(AKLO・ヤナタケ)「WAVE……WAVE……WAVE……♪」。

(渡辺志保)ご本人の指導付きでやっておりますけども。

(AKLO)ヤナタケさん、合格です。

(DJ YANATAKE)ありがとうございます。ありがとうございます(笑)。

(渡辺志保)(笑)。というわけでね、お送りしておりますが……

(中略)

(渡辺志保)はい。まあでもね、いま聞いていただいたのはMummy-Dさんが参加したリミックスということで。しかもね、フックを歌っているのはご存知JAY’EDさんということで。こういった場面ももしかしたら、実現するんでしょうか?

(AKLO)ヤバいよ。

(渡辺志保)ヤバいよ。はい(笑)。じゃあいま、ゲストのみなさんとも一緒にリハーサルをやっている感じですか?

(AKLO)そうそうそう。

(渡辺志保)そうなんだ。

(AKLO)この間もね……でも、あんまり言うとネタバレだから。っつっても、まあメンバーでネタバレなんですけど。でも、やってますよ。一緒に。

(渡辺志保)なるほど。でもさ、JAY’EDさんとかSALUくんとか、何度となく一緒に同じ舞台を経験している方じゃないですか。そういった方たちとまた、自分のワンマンでバンドセットで歌うってなると、ちょっと違います? 意気込みは。

(AKLO)ああー。またいつも一緒にやっているメンバーとやるっていう? でも、そこに関してはやっぱりすごい安心感があって。だから、結構ほら、ワンマンって喉的にも体力的にもいろんなことが。ずっと1人なわけだから。基本は。で、ずっと歌っていて……みたいな。だから、信用できる仲間がラップしている間はちょっと、水を飲んだりとかさ(笑)。

(DJ YANATAKE)まあでも、それは必要だよね。

(AKLO)ってできるから。それもあってね、「ここもあそこも、みんなSALUくん見てるから……この間に俺は水を飲むぞ」みたいなね。

(渡辺志保)そうなんだ(笑)。給水ポイントですか。

(DJ YANATAKE)アメリカのラップとかを聞いていてもそうだけど、いま『INSIDE OUT』でかかっているようなさ、本当に遅くて地味に聞こえる曲。でも、AKLOのアルバムでも実はそういう曲、あると思うんだけど。でもたぶんね、ライブを見たら全然違う印象になると思うね。完全に倍でジャンプしてやるような感じになると思うから、めっちゃハードだよね。たぶんね。

(AKLO)そうですね。だから本当にちゃんと体力をつけて来てほしい(笑)。

(DJ YANATAKE)(笑)

(渡辺志保)わかりました。ちなみにAKLOさんってこういうワンマンの前に気をつけていることとかってあるんですか? 生活習慣とか。メンタルの面でもフィジカルの面でも。

(AKLO)いや、それはあれだよ。筋トレとかもするし。今回のワンマンに向けた体づくりはね、してますよ。

(渡辺志保)へー! すごい。プロだねえ。当たり前だけどね。

(DJ YANATAKE)でもたぶんね、本当に2時間とか1時間半とかショーをやるって、たぶん俺らの想像を超えていると思うんだよね。

(渡辺志保)集中力もね、すごいだろうしね。

(DJ YANATAKE)だって普通に客で行ったら、めっちゃ疲れるもんね。それの何倍も、アピールしながら歌いながらやっているんだから。やっぱり演者はすげーなと思いますけどね。

(渡辺志保)ちなみに今回はグッズもいろいろ。また新しく。聞いておりますけども。

(AKLO)そうでした。そうでした。今回はね、いろいろありますけども。まずキャップはね、斜めについている銀色の刺繍なんだけど。それはなにか?っていうと、定規なの。

(渡辺志保)定規(笑)。

(DJ YANATAKE)ああ、鉄定規(笑)。

(AKLO)鉄定規(笑)。

(渡辺志保)『McLaren』でお馴染みの。

(AKLO)鉄定規グッズがまずあるのと……

(DJ YANATAKE)鉄定規については、『McLaren』のMV解説っていうのをして。その時のをみやーんさんが書き起こししてくれたのがあるので、そちらを参照してください。

DJ YANATAKE AKLO『McLaren』MV元ネタ解説
DJ YANATAKEさんがblock.fm『INSIDE OUT』の中でAKLOのニューアルバム『Outside the Frame』からの先行シングル『McLaren』を紹介。ミュージックビデオの元ネタなどを解説していました。

(AKLO)で、実はiPhoneケースとかもあるんですけど。それも実はちょっと目盛りがついていて。実は定規として使える仕様になっていて。

(渡辺志保)これは便利。なるほど。

(AKLO)実は隠れ定規みたいな。そんなのもあるし、あとTシャツが思いっきりね、フォトTみたいなやつ。いま、そういうのも流行っているのもあって。でも、やるからには思いっきりやろうぜ! みたいな。

(DJ YANATAKE)俺も見た瞬間に「買う!」って思って。AKLO、まさかのN.W.A.フォントっていう。

(渡辺志保)ああ、そうなんだ!

(AKLO)そうそう。さすがっすね。気づきましたね。

(DJ YANATAKE)もう超ヤベー!って思って。もう、宮古島のかかかかかずきからも予約が入ったんで。2人分買いに行きます。

(渡辺志保)なるほど。みなさん、長蛇の列になる前に、ぜひぜひグッズをゲトッていただきたいと思います。で、ライブ本編はなんとAbemaTVでも生放送されるということでね。もし行けないという方もね。

(AKLO)そうなんすよね。まあね、でも本当今回、バンドだから。本当に生で見ないとあれなんだけど。どうしても、たとえば海外にいるとかだったら。国内の人はもう……来て!(笑)。

(渡辺志保)(笑)。そうですね。というわけで、スマホでもPCでも見れるということで、そちらでAKLOさんの世界観を体感するもよしという感じでしょうか。楽しみですね。どうですか? 緊張してますか?

(AKLO)いやいや、もう楽しみでしかないです。本当に、ここまで来ると。もうやることはやったし、あとはカマすだけっす!

(渡辺志保)かしこまりました。

(DJ YANATAKE)衣装とかも決まってるんですか?

(AKLO)そうですね。

(DJ YANATAKE)そういうのもね、楽しみですよね。

(渡辺志保)じゃあ、ここでまた『Outside The Frame』から1曲、聞いていただきたいなと思うんですけども。お次はなににしましょうか?

(AKLO)そうですね。これはね、みんなの体力があるうちにやっておきたいなと思っている曲。なぜなら、これは超ターナップしまくるからだぜっ!ってことで、聞いてください。AKLOで『Outside The Frame』!

スポンサーリンク

AKLO『Outside The Frame』

(渡辺志保)はい。いま聞いていただいておりますのはAKLOさんの最新アルバム『Outside The Frame』から表題曲『Outside The Frame』です。これをね、生でみなさんとヤンヤヤンヤできるの、すごく楽しみにしておりますが。

(AKLO)ばっちりカマしますよ。

(渡辺志保)というわけで、AKLOさんね、ツアー直前にわざわざスタジオまでお越しいただきまして、どうもありがとうございました。

(AKLO)いえいえ、こちらこそ、ありがとうございます。

(渡辺志保)またいつでも遊びに来ていただければと思いますので。お待ちしております。というわけでAKLOさんのツアー、控えております。8月3日(水)東京赤坂BLITZにて。ゲストにはJAY’ED、K DUB SHINE、KREVA、Mummy-D、そしてSALU。8月6日(土)大阪梅田Shangri-Laにて。ゲストにJAY’ED、そしてSALUの二名を迎えてお送りすると。そしてバンドメンバーにはSWING-O、そしてDJ IZOHなどなど参加!

(AKLO)イエス!

(渡辺志保)という感じでございますが。最後にAKLOさん、一言いただけますか?

(AKLO)いやー、もう本当にとにかくね、これね、KREVAさんのリリックで「行けるなら絶対行っとけ!」っていうやつがあるけど。それをね、もうサンプリングさせていただきたい。行っとけ絶対行っとけ!って本当に思っております。『Outside The Frame』ツアー、東京8月3日 赤坂BLITZ。大阪は8月6日梅田Shangri-La。行けるならどっちか、絶対行っとけ!っていう感じで、本当にとにかく来てほしい。俺ら、本当にこのためにいろいろ準備してきているし。本当に見に来てくれると、みんなで一緒に盛り上がれるし。いいことしかないぜ!っていう感じです。ぜひ来てください!

(渡辺志保)なるほど! ありがとうございました。というわけで今日はゲストにAKLOさんをお迎えしてお送りしました!

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました