スポンサーリンク

ピエール瀧 自宅に作り付けの棚を設置した話

ピエール瀧 自宅に作り付けの棚を設置した話 たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピエール瀧さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。最近作ったものという話題の中で、自宅に作り付けの棚を設置した話をしていました。

(赤江珠緒)瀧さんはなんかそんな、最近作ったり、あります?なにか作ったとか?

(ピエール瀧)最近作った?あの、作ったというか、ちょうど一昨日かな?一昨日、作り付けの棚を作りまして。

(赤江珠緒)作り付けの棚を?

(ピエール瀧)あの、キャビネットみたいなやつとか、そういうのを。いままで、出来合いのものを買ってきて、そこにこう、壁の横の方に寄せて作っていたんですけども。これ、壁んところに作っちゃえ!っていうことで。

(赤江珠緒)ああー。

(ピエール瀧)もう、寸法を図って。各引き出しのサイズも決めて。作っちゃえ!っつって作ったところ、それが一昨日ぐらいにできまして。

(赤江珠緒)うん。

(ピエール瀧)で、友達の家具職人に作ってもらったんです。友達っていうか、うちのピエール学園の(笑)。

スポンサーリンク

ピエール学園お抱えの家具職人が作る

(赤江珠緒)あ、そりゃいいじゃないですか。ピエール学園にお抱えの家具職人がいらっしゃった。

(ピエール瀧)いるんです。草野球チーム、持っておくといいですよ。そういう時に使えて(笑)。

(赤江珠緒)本当ですね。助かりますね。

(ピエール瀧)で、作って。『瀧さん、できたんで。組みたてまーす!』って組み立てたところ・・・

(赤江珠緒)うん。

(ピエール瀧)『一番左の引き出しが、コンセントが邪魔で開かないです』って。

(赤江珠緒)ああー!ああー!そのへんの設計が・・・

(ピエール瀧)もう、開かない。そこらへんきっちり作ってきちゃったから、左端の引き出しをギューッと開けると、コンセントが5ミリぐらいあるじゃないですか。

(赤江珠緒)ああ、あります。どうしてもあります。

(ピエール瀧)横の壁についているやつが。あそこにガキン、ガキンって当たって、開かないんですよ。

(赤江珠緒)あら!

(ピエール瀧)『ああ、これなー!どうするか・・・』って言ったら・・・

(赤江珠緒)むしろ、ぴっちり作っているだけに、目立つでしょう。そこが。

(ピエール瀧)本当にぴっちり作ったんで。寸法でビシッと作っているから。で、『どうしましょうか?』っつって。このいちばん下がデカい引き出しなんです。勉強机で言うところの。

(赤江珠緒)おおー。

(ピエール瀧)デカいものを入れるようの引き出しなんで。『お前、ここ開かなかったら意味なくねえか?』って言ったら、『そうっすねー。うーん、わかりました。引き出しの前面の板のいちばん端を約7、8ミリ、切ります』っつって(笑)。

(赤江珠緒)(笑)。ええっ!?

(ピエール瀧)その場で、丸ノコでチュイーーン!って切って。カコッ!ってはめて。『あ、開くようになりました』。で、その上に2段あるんです。まだ、引き出しが。

(赤江珠緒)うんうん。

(ピエール瀧)『収まり悪いんで、こっちも切っちゃいましょうか?』って(笑)。

(赤江珠緒)(笑)

(ピエール瀧)上の段も、チュイーーン!って切って。見事に収まったんで、いま満足です。

(赤江珠緒)そうですか(笑)。よかったよかった。やっぱり応急手当というか。そういうこともできちゃうんだね。

(ピエール瀧)はい。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました