スポンサーリンク

ダースレイダーとTOJIN BATTLE ROYAL D.L(Dev Large)を語る

ダースレイダーとTOJIN BATTLE ROYAL D.L(Dev Large)を語るInter FM
スポンサーリンク

ダースレイダーさんとTOJIN BATTLE ROYALのカツヤさん、ハタジロウさんがInter FM『BLACK SWAN RADIO SHOW』で亡くなったD.L(Dev Large)さんを偲び、思い出をトークしていました。2015年5月放送の書き起こしです。

(ダースレイダー)『Yes, yes y’all, yes, yes y’all,五獣塔から兄貴が熱唱!』。BLACK SWAN RADIO SHOWでも熱唱しています。これは『驚異の新人千目多移嘆現る』という曲なんですが。この曲がフィーチャリングされているTOJIN BATTLE ROYAL in thd house!

(ハタジロウ)Yeah,TOJIN BATTLE ROYAL in the house!

(ダースレイダー)いらっしゃいませー。

(姫乃たま)いらっしゃいませ。

(ダースレイダー)ということで、TOJIN BATTLE ROYALからカツヤ&ハタジロウの2名に来ていただきました。そしていま、イントロで聞いてもらったのが『五獣塔 feat.千目多移嘆』という、新人がブレイクしそうでブレイクしそう・・・みたいな新人ラップがフィーチャリングされているんですけども。まあ、TOJIN BATTLE ROYALというグループ、博多の唐人ゾーンから、いまや全国区のヤングボーイズを熱狂させているというグループに今回登場してもらったのは、まあ僕とTOJIN BATTLE ROYALのある種共通の師匠筋というか。

(ハタジロウ)はい。

D.L Dev Largeの別名たち

(ダースレイダー)メンターというか、先生がいるんですけど。その先生のことをいろいろしゃべろうかなということで。まあその先生っていうのはいろいろ名前がある人なんですけども。大峠雷音だったり、Dev Largeだったり、D.Lだったり、ジミーチョットヘンデスだったり。まあ、いろんな名前がある人なんですけども。どのぐらい名前、知ってますか?

(ハタジロウ)あと、なにがあったっけ?

(カツヤ)ヒデさん。

(ハタジロウ)ヒデさん(笑)。

(ダースレイダー)ヒデさんとか。たしかに(笑)。

(ハタジロウ)コンちゃん。

(ダースレイダー)コンちゃんとかね。あの、そのへんはもう・・・

(カツヤ)HUSTLER BOSE。

(ダースレイダー)あ、HUSTLER BOSEとかね。三つ目のボーズEYEとかね。いろいろあったと思うんですけども。まああの、そういう先生がいまして。で、先生にいろいろ教わったことを電波の上でもね、みんなと共有できたらなってことをね、思っているんですけども。まあそもそもじゃあ、デブラージ・TOJIN BATTLE ROYALっていうのの出会いっていうかね。どういった、そもそものつながりだったんですか?

TOJINとDev Largeの出会い

(カツヤ)97年ぐらいですかね?

(ハタジロウ)そうだね。

(ダースレイダー)97年に最初、遭遇して?

(カツヤ)まあ最初にハタジロウさんが音源を送った・・・

(ハタジロウ)うん。あの、彼がもともと『FRONT』っていう雑誌の記事を書いていて。そこに俺たちのデモテープを手紙付きで『ぜひ聞いてくれ』ってことで送って。で、しばらく音沙汰はなかったんだけど、ある時、博多にライブで来た時にね、『実は俺たち、デモ送ったTOJINです』っつったら、『おお!覚えてる、覚えてる。君たちか!』って言ってくれて。

(ダースレイダー)うん。

(ハタジロウ)それで覚えてくれていたことに俺たち、すげー感動して。それで、そっから俺たちの関係が始まって。『じゃあもっと全国区でやった方がいいよ!』ってことなんかをその時に言ってくれて。そっから始まったっていう感じですね。

(ダースレイダー)なるほど、なるほど。で、僕なんかがTOJINを知ったきっかけっていうのは、El Dorado。デブラージ率いるクルーのEl Doradoオールスターズで赤坂BLITZで行った『IMPACT』というね・・・

(カツヤ)いろいろ事件のあった・・・

(ハタジロウ)(笑)

(ダースレイダー)あのイベントで、そのEl Doradoオールスターズでボーン!って出た一発目ね。そもそもイベントの一発目がEl Doradoで。それの一発目がTOJIN BATTLE ROYALだったという。

(ハタジロウ)98年ですね。

(ダースレイダー)98年。

(ハタジロウ)8月。

(ダースレイダー)で、僕はそれをお客さんで見に行っていたんですけども。そん時、TOJIN BATTLE ROYALのハタナイ総裁がですね、膝を守るためのニーパッドを装着した状態でラップしているのを見て、『あ、なるほど。ラッパーとニーパッドは相性が悪いぞ』と。

(カツヤ)食い合せが悪い(笑)。

(ハタジロウ)食い合せ(笑)。

(ダースレイダー)俺、『ラッパーはやっぱニーパッドしない方がよさそうだな』みたいなことを最初に学ばせてもらったのが。あん時は楽屋の弁当事件とかいろいろあったと思うんだけど。

(カツヤ)そうですね。外部的には妄想族がね、ジャックしてっていうのが・・・

(ハタジロウ)乱入してきてね。

(ダースレイダー)ライムスターの後にダーッ!と出てきてね。あれもなかなかの事件でしたけど。でも結構、頭のインパクトも割りとね、同じぐらいありましたよ。

(ハタジロウ)あのコール・アンド・レスポンスがね、『SAY ゲロゲーロ!』。

(ダースレイダー)『ゲロゲーロ!』っつって。『SAY ゲロゲーロ!』っていうのを当時ね、やっぱりコール・アンド・レスポンス。ヒップホップのパーティーだったらみんな返すんですよ。

(ハタジロウ)うん。素直だし(笑)。

(ダースレイダー)熱いヘッズだから。言われたことはぜったいもう返すのが、ほぼ初です。

(ハタジロウ)ザワザワと(笑)。

(ダースレイダー)コール・アンド・レスポンスがコールだけで終わるという。ぜんぜんレスポンスなしみたいな。

(カツヤ)ざわつくというね。

(ダースレイダー)それで、そのTOJIN BATTLE ROYALのファーストっていうか、それまでの。冬眠前の蔵出し的な・・・

(ハタジロウ)蔵出しですね。

(ダースレイダー)失われた音源を取り戻す作品がまず最初にリリースされるんですけども。その時に、カツヤさんから僕が当時やっていた『月刊ラップ』っていう雑誌とDVDがセットにやつで。そのD.Lさんから、『せっかくTOJINやるんだけど、ちょっとどう広げていいかわかんないから、ダース、手伝ってくれ』みたいなので。で、対談をその誌面でやるというので。僕とサイプレス上野とMEGA-Gと宇多丸、デブラージ。それでTOJINがカツヤさん。で、対談を月刊ラップで。

(カツヤ)中野でね。

(ハタジロウ)中野で、喫茶店出。

(ダースレイダー)やろうっていうので集まったのが、僕としてはTOJIN、デブラージっていうそのゾーンに直接入ってくるきっかけで。で、そん時に、対談をまんだらけ。中野のブロードウェイの喫茶店でやっていたんですけど。しょうもない話を大声でしすぎたせいで怒られるというね(笑)。

(カツヤ)コーヒー一杯でね、誰も・・・

(ダースレイダー)誰もたのまずに、ひたすらバカ話をして笑いまくっていたら、普通に怒られるっていう(笑)。

(ハタジロウ・カツヤ)(笑)

(カツヤ)強制退去ね。

TOJIN BATTLE ROYALレコーディング

(ダースレイダー)で、そうこうあってTOJINも復活するっていうけど、それは過去音源であって。いよいよ新作を作るぞ!っていう。

(ハタジロウ)2012年かな?

(ダースレイダー)それもやっぱりデブラージさんがすごく気合を入れて。

(カツヤ)自分たち以上に(笑)。

(ダースレイダー)もう、なんとかしよう!っていう。総合プロデューサーとして。で、ある日、僕の方にD.Lさんから電話がかかってきて。『何やってんの?』『あ、まあ普通に・・・』『ちょっとさ、秘密のミッションをやってほしいんだよ。ダースも風の噂で聞いてると思うけど、TOJIN BATTLE ROYALがついに、新作を作り出すらしいんだ』とか言って。なんか小声で言ってるんですけど、自分がいろいろ仕掛けているんだから、自分がそんなに内緒話みたいにしなくてもいいのに、とか(笑)。

(ハタジロウ・カツヤ)(笑)

(ダースレイダー)思うんですけど。『だけど、聞いてくれ。すげーいっぱい曲を作っているんだけど。総裁が全部サビを作っちゃって。全部総裁の声ばっかりなんだ』。

(ハタジロウ・カツヤ・姫乃)(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Inter FM
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました