スポンサーリンク

マツコ・デラックスと柳原可奈子 Berryz工房への想いを語る

マツコ・デラックスと柳原可奈子 Berryz工房への想いを語る ニッポン放送
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マツコ・デラックスさんがニッポン放送『柳原可奈子のワンダフルナイト』に出演。活動休止直前のBerryz工房への想いやハロプロの大好きな曲を柳原さんと熱く語っていました。
マツコ・デラックス 柳原可奈子 ハロプロ愛を語り合う の翌週のトークです。

スポンサーリンク

大好きなハロプロの楽曲

(柳原可奈子)というわけで、先週に引き続き、マツコさんと2人でハロプロの話をしていこうかなと。

(マツコ・デラックス)やった。

(柳原可奈子)ありがとうございます。

(マツコ・デラックス)いいえ、本当に先週は、本っ当に実のない話ばっかりで。

(柳原可奈子)(笑)。ねえ。

(マツコ・デラックス)ねえ。最後につんくさんの手紙がなければ、こんなのがあんた、スペシャルウィークに流れていいのか?っていう内容だった。いいの?

(柳原可奈子)いいんです。

(マツコ・デラックス)あんた、最近筋肉少女帯かけてるらしいわね。

(柳原可奈子)(爆笑)

(マツコ・デラックス)本当にハロプロファンか!?

(柳原可奈子)違う。だから、最近のも聞いてるよ。聞いてる。ほら。マツコさん、最近だとあれが好きじゃん。ほら、いろんなカラーの。

(マツコ・デラックス)ああ、『What is LOVE?』ね。

(柳原可奈子)好きだよね。マツコさん、最近の中だとね。

(マツコ・デラックス)ちょっとコンサートでついでにPV撮ったやつね。

(柳原可奈子)そうそうそう(笑)。あれ、好きだもんね。マツコさんね。

(マツコ・デラックス)大好き、大好き、大好き。

(柳原可奈子)でもほら、やっぱ私さ、昔のもよく聞いてるじゃない?最近のも聞いてるけど。

(マツコ・デラックス)昔のばっかり聞いてるんじゃなくて?

(柳原可奈子)(笑)。すごい、まあほら、ベストソング・・・

(マツコ・デラックス)いや、聞きますよ。そりゃ。私も昔の、聞くもん。

(柳原可奈子)うん。マツコさんもだってね、『宇宙でLa Ta Ta』ばっかり聞いてるもんね(笑)。

(マツコ・デラックス)(爆笑)

(柳原可奈子)『宇宙でLa Ta Ta』。ぜんぜん言えないけど(笑)。

(マツコ・デラックス)『宇宙でLa Ta Ta』。1日1回聞いてるわよ、かならず。

(柳原可奈子)(笑)。だからもう、ほら・・・

(マツコ・デラックス)『宇宙でLa Ta Ta』、『宇宙でLa Ta Ta』、『ガタメキラ』ね(笑)。

(柳原可奈子)『ガタメキラ』(笑)。太陽とシスコムーンしばりなのね!だいたい(笑)。

(マツコ・デラックス)かならず太シスは1回は聞く。

(柳原可奈子)じゃあ私、メロディーズと吉川友。

(マツコ・デラックス)あと、GAMね。

(柳原可奈子)そうそうそう(笑)。GAM、GAM、GAM。すっごい聞いてるから。

(マツコ・デラックス)私も1曲しかないごまっとうとか聞くもん。

(柳原可奈子)ごまっとうでしょ(笑)。ええと、『SHALL WE LOVE?』。

(マツコ・デラックス)『SHALL WE LOVE?』。うん。

(柳原可奈子)よく聞いてるもんね。

(マツコ・デラックス)もうぜんぜん(アップフロントの)マネージャーがよろこんでない。いまの話をしろ!っていうね。

(柳原可奈子)いまもいいよ。

(マツコ・デラックス)いまもいいのは前提だもん!

(柳原可奈子)大前提なの!ということで1回ちょっとお知らせを挟みます。

(CM明け)

(柳原可奈子)さあ、というわけで今夜のワンダフルナイトは先週に引き続き、マツコ・デラックスさんに来ていただいています。さあ、もうどうする?

(マツコ・デラックス)どうする?ってなによ!?

(柳原可奈子)どうする?マツコさん、もうさ、ほら、曲。決めるけど、マツコさんのそもそものハロプロのきっかけはなんだったんですか?

(マツコ・デラックス)あれ?私、先週話さなかったっけ?いや、だからもう、もともとシャ乱Qさんの曲なんか、CD買ったりまではいかなかったけど、いいなと思っていて。あれだよね。やっぱり『サマーナイトタウン』『抱いてHOLD ON ME!』だよね。


(柳原可奈子)ああー。えっ?いくつぐらい?マツコさん、その時。

(マツコ・デラックス)えっ?あれ、いくつ?あれ、16年ぐらい前?15年ぐらい前?15年前っていったら、私、結構いい年よ(笑)。

(柳原可奈子)そうか。

(マツコ・デラックス)いい年だって。だから、もう。私、結構いい年になって・・・バカみたい。私(笑)。

(柳原可奈子)(笑)

(マツコ・デラックス)結構いい年から始めました(笑)。

(柳原可奈子)そもそもでもさ、アイドル好きっていうのはあったんでしょ?

(マツコ・デラックス)もう、それはずっとあったけど。でも、やっぱりちょっと
離れてて。やっぱり、荻野目ちゃんあたりで終わって。それからしばらく・・・まあ、アイドルらしいアイドルもなかったじゃん。ずっと。

(柳原可奈子)うんうんうん。

(マツコ・デラックス)それで、別にアイドルが好きっていうか、だから昔のアイドルっていう時にさ、アイドルを好きっていう感じでもなかったよね。歌謡曲の延長だったじゃない。で、なんか変なヒップホップとかR&Bみたいなのばっかりになって、なんか、ニューミュージック?古い?

(柳原可奈子)ニューミュージックってなんだ?(笑)。なんて言うの?

(マツコ・デラックス)いや、だからなんかアイドルっていうか歌謡曲がなくなっちゃってたじゃない?

(柳原可奈子)ああ、みんなが聞くみたいなものが。うん、たしかに。

(マツコ・デラックス)で、そんな中でだからなんか、ちょっと歌謡曲なんだけど、つんくさんのってなんかファンクっていうかさ、あの路線がだから好きになっちゃったから。太シスの『宇宙でLa Ta Ta』が好きなのよ。

(柳原可奈子)なるほどね(笑)。あの、新宿の路地裏にあるっていう・・・

(マツコ・デラックス)路地裏。路地裏・・・路地裏に太シスはあるか!?ないわよ、あれ。

(柳原可奈子)かと言って、表参道のおしゃれな・・・(笑)。

(マツコ・デラックス)絶対にない!

(柳原可奈子)どこにあるんだろうな(笑)。

(マツコ・デラックス)なんかね、成田空港の裏の、よくスチュワーデスが来るバーみたいなところにいるわよ。ああいうの。

(柳原可奈子)(笑)

(マツコ・デラックス)だからもうなんか、もうあの私、入り方がちょっと、みなさんとちょっと違うと思う。

(柳原可奈子)なるほどね(笑)。

(マツコ・デラックス)で、その後、だからあれよね。ハロプロじゃなくなっちゃうんだけど、やっぱりつんくさんの曲でいちばん好きなのは、『カレーライスの女』。

(柳原可奈子)出た。出ました。これ、毎回私たちの個人的な会議の中で、いちばん最初にあがるっていうね。いいよね。

(マツコ・デラックス)こんなしょっぱい歌、ない!

(柳原可奈子)しょっぱいね!この曲ね!ちょっとこう、BGMがわりに流しておきましょう。

(マツコ・デラックス)あっ、いいね。そういうこと、できるの?じゃあさっきの、やればよかったじゃない。

(柳原可奈子)そうだね(笑)。

(マツコ・デラックス)さっきって言いうか、先週。なんであんた、あれだけなのよ!あんた!(笑)。

(柳原可奈子)(笑)

(マツコ・デラックス)気づいたんだ。おっせーな!ニッポン放送、気づくの。

(柳原可奈子)そうそうそう(笑)。ちょっとさ、1曲決めようよ。なんか、私たちの中で、ちょっと決めようよ。

(マツコ・デラックス)だってあんた、そろそろBerryz活動休止よ。

(柳原可奈子)そうだよ。だってもう・・・

(マツコ・デラックス)あんた、だから『VERY BEAUTY』でいいでしょ?(笑)。

(柳原可奈子)(笑)

(マツコ・デラックス)あんたはそういう女よね。

(柳原可奈子)言い当てるよねー!

(マツコ・デラックス)あんたはそういう女よ。あたしはやっぱりさっきの、あっ、反省した!こっから行け!っていうタイミングがいちばん興奮するから。

(柳原可奈子)『WANT!』でしょ?

(マツコ・デラックス)『WANT!』だし、んー!『ヒロインになろうか!』だよね。

(柳原可奈子)(爆笑)。っぽい!あんたっぽい!

(マツコ・デラックス)ぽいでしょ?あたしっぽいでしょ?『ヒロインになろうか!』だもん。熊井ちゃんセンターね。

(柳原可奈子)熊井ちゃんセンター。銀髪ね。

(マツコ・デラックス)銀髪?あ、あのPVね。

(柳原可奈子)PV。PV。銀髪。銀髪。うわー!

(マツコ・デラックス)これ、大丈夫?聞いてる人。

(柳原可奈子)大丈夫。大丈夫。大丈夫。

(マツコ・デラックス)うん。YouTubeで見て。びっくりするPVが出てくるから!

(柳原可奈子)(笑)。ええー?

(マツコ・デラックス)どうしよう?

(柳原可奈子)だって、Berryzにありがとうの気持ちを込めて1曲なんて選べないけど。お疲れ様でした、ありがとうの気持ちを込めて。Berryzにね。

(マツコ・デラックス)じゃあやっぱり、こうなってくると代表曲ってなったら、なんだろう?『1億3千万総ダイエット王国』?

(柳原可奈子)(爆笑)。出た!私たちの定番ソングじゃない(笑)。

(マツコ・デラックス)(笑)。もうだってほら、お互いに決められないんだったら、もう、あたしとあなたの中で、Berryzって言ったらやっぱり、ダイエットじゃない?

(柳原可奈子)うん。

(マツコ・デラックス)これ、ファンは怒ってるんだろうな、これ。

(柳原可奈子)(笑)。でも、なんだろうね?あの、ほら、なんかのサイトの1位はさ、『Loving you Too much』だったりとかさ。

(マツコ・デラックス)でもこれね、タイトルがね、ちょっとふざけ気味のタイトルだけど。これね、名曲よ!よくよく聞くと。

(柳原可奈子)名曲、名曲。

(マツコ・デラックス)あのね、途中からね、最後の方になんて言うんだろう?そういうことだったんだ!っていう歌詞なのよ。

(柳原可奈子)歌えないよね。どのアイドルグループも歌えないよね。

(マツコ・デラックス)歌えないよ。こんなの。うん。歌いたい!って言うかどうかもわかんないし。これ。なかなか、ハードルの高い曲だよ、これ。Berryzだからできるんだよ、こんなこと。サラッとこんな歌、歌っちゃうんだから。

(柳原可奈子)そうね。本当、そう。路地裏だ、これは。

(マツコ・デラックス)・・・路地裏じゃないってつんくさん、言ってたじゃない。

(柳原可奈子)(爆笑)

(マツコ・デラックス)『もう路地裏じゃなくなったよ』って言ってたんだよ。あんた。あんた、本当にすごいね。あんたって、本当自分しか好きじゃないわね。本当に。

(柳原可奈子)(爆笑)

(マツコ・デラックス)ああ、もう!Berryz、あんた、どうする?

(柳原可奈子)どうする?

(マツコ・デラックス)Berryzがいなくなったら、どうすんのよ、あんたは?

(柳原可奈子)どうする?

(マツコ・デラックス)あたしね、ちょっと考えないようにしてたの。半年前ぐらいに絶望を迎えてたんだけど。ちょっと、どうしよう?

(柳原可奈子)どうしようか?

(マツコ・デラックス)・・・(笑)。

(柳原可奈子)(笑)。いや、もう語れないもんね。これは。

(マツコ・デラックス)キャプテンのダンスが見れなくなる日々なんて考えられないんだけど。ちょっと。

(柳原可奈子)そうだよ。あの、お色気が見れなくなっちゃう。

(マツコ・デラックス)すごいよ。キャプテンのね、ダンスのね、真骨頂を見たい方はね・・・あ、まあこういうのは言わない方がいいな。YouTubeでみんな、見て。で、『あっ!』って思って。『これっ!』って。

(柳原可奈子)そうだね。

(マツコ・デラックス)『これを言ってたの!?』っていうね。

(柳原可奈子)(笑)。やっぱ、違うもんね。

(マツコ・デラックス)違う。

(柳原可奈子)使いが。使いが違う。

(マツコ・デラックス)ああー!見て、見て、見て。もうこれも、1人だけもう・・・

(柳原可奈子)うわー!全力だね。

(マツコ・デラックス)いいなー!キャプテン、いいなー!

(柳原可奈子)いいねー。

(マツコ・デラックス)でもキャプテン、全員いいんだよね。なに?このグループ?

(柳原可奈子)いいね!

(マツコ・デラックス)なに?これ、どんなん?これ、奇跡よ、これ!

(柳原可奈子)奇跡ね。これ、集まったのね。悲しいなー。

(マツコ・デラックス)見事にまとまっていると言えばまとまってるけど・・・言うの、やめた。

(柳原可奈子)(笑)。ちょっとなに?すごい言葉選んだね。

(マツコ・デラックス)これ、個性って言ってしまうとね、個性集団って言ってしまうと、簡単なのよ。そんなものはいっぱいいるのよ。

(柳原可奈子)やっぱさ、それってさ、その、モーニングってやっぱこう、先輩後輩があるじゃない?それがないっていうのも一因なのかな?

(マツコ・デラックス)あっ、かもね!だってこれさ、たまにこういう奇跡の女子校あるよ。

(柳原可奈子)(笑)

(マツコ・デラックス)えっ?なに、あれ?っていうね。

(柳原可奈子)あ、あるあるある!

(マツコ・デラックス)あるよあるよ。たまーにね。だからこれ、奇跡が起きたのよ。これ。

(柳原可奈子)やっぱさ、変な話さ、嫌な言い方だけど、目の上のたんこぶじゃないけど、先輩がいる分には、それ以上に輝けない感ってあるじゃない。あんまりかわいくしすぎても・・・みたいな。

(マツコ・デラックス)メイクも濃くできないしさ。

(柳原可奈子)そうそうそう。

(マツコ・デラックス)これ、もう濃いどころじゃない騒ぎの人が何人かいるからね。やっぱり(笑)。

(柳原可奈子)そうね、そうね(笑)。どう発注して、どう仕上がったのか?みたいなね。

(マツコ・デラックス)そうなのよ、これ。すごい、これ。これ、もうアイドルではないわよね?これ、最終形態は(笑)。

(柳原可奈子)(笑)。そうだよね。

(マツコ・デラックス)すごいね、これ。

(柳原可奈子)だから、あのさ、田中れいなちゃんとかがさ、どんなに奇抜にしてもさ、ハロプロのアイドルっていう枠を超えない奇抜さっていうか。なんかそういうのあったじゃない?

(マツコ・デラックス)こう、かわいらしさみたいなものはキープしてるんだよね。やっぱね、Berryzはそこをもう軽々と超えたね。特に最後の2年間ぐらい。

(柳原可奈子)そうだよね!そういうのがさ、やっぱり好きよね。そういう、マツコさん心をくすぐる部分でもあるでしょ?

(マツコ・デラックス)そう。だから、あんた心はくすぐんないかもしれないけど。

(柳原可奈子)いやいやいや(笑)。

(マツコ・デラックス)あたし心はやっぱりこれ、くすぐり続けたわね!特に後半の3、4年はくすぐり続けたわよ!

(柳原可奈子)そうだね。

(マツコ・デラックス)『WANT!』あたり、ちょっともう、ずーっとかけといてよ!後ろで。

(柳原可奈子)いいね。かけよう。かけよう。

(マツコ・デラックス)そういうのもアリだよ。もう。これ、副音声とかできないの?もううるさいデブ2人の声をカットして。曲だけ聞かせてくれ!みたいなね。

(柳原可奈子)(笑)。そうしよう、もう。ちょっと。

(マツコ・デラックス)まあ、やっぱりなんだろう?この時は、あたしもう、行けー!って思ってたもんね。派手なんて言葉じゃ片付けられないことになってったじゃない。最後の方はもう。シルク・ドゥ・ソレイユみたいになってたわよ。もう。

(柳原可奈子)(爆笑)

(マツコ・デラックス)いや、だからもう12年かけて、すごいものを見せてくれたわね。一代ショーを。子どもだったんだから。全員。

(柳原可奈子)そうだよ。

(マツコ・デラックス)それがいま、もうなにか熟女がいるんだからね。

(柳原可奈子)(笑)。こんなにさ、変化を見せてくれるグループってさ・・・

(マツコ・デラックス)ないね。

(柳原可奈子)10年、やってらんないでしょ。

(マツコ・デラックス)やってらんなかったんだろうね。本当に。

(柳原可奈子)(笑)。ねえ、そうだよね。

(マツコ・デラックス)うん。がんばったよ。本当に。

(柳原可奈子)(笑)。ねえ、ここいらでさ、昔の曲を聞いてさ、成長したね!ってやらない?『ファイティングポーズ(はダテじゃない!)』とかさ。

(マツコ・デラックス)いや、だってあんた、あれでしょ?

(柳原可奈子)もっと、すっごい子どもの頃の曲、聞いてさ。

(マツコ・デラックス)デビュー?

(柳原可奈子)『あなたなしでは(生きてゆけない)』とかさ、聞いてみる?

(マツコ・デラックス)聞いてみよっか?

(柳原可奈子)うん。大人になったね!ってしたくない?

(マツコ・デラックス)そうね。

(マツコ・デラックス)これ、録り直してない?

(柳原可奈子)ああ、懐かしい。Mステでね、マイク、ぷらーんとさせて。

(マツコ・デラックス)これ、原曲?

(柳原可奈子)これ、なに?いつの?

(マツコ・デラックス)じゃないよね?ぜんぜんね。

(柳原可奈子)うわー!

(マツコ・デラックス)いろいろあんのね。知らないのがいろいろあるのね!

(柳原可奈子)全部聞かないとね。

(マツコ・デラックス)本当に。

(柳原可奈子)うわー。でも、本当、こっから追っかけたら、もう1回やったら10年かかる。いままでの。

(マツコ・デラックス)どうする?これ、もう。LFにたのんで、Berryz特番。緊急で作ってもらう?

(柳原可奈子)やろう!やろう!好きなとこ、歌おう!

(マツコ・デラックス)もう・・・7時間ぐらい?7時間じゃ済まないか。

(柳原可奈子)済まないよ。

(マツコ・デラックス)で、どうすんのよ?今日の、本当に黙って聞いてもらう1曲は?

(柳原可奈子)(爆笑)

(マツコ・デラックス)どれにすんの?

(柳原可奈子)どうする?

(マツコ・デラックス)いっぱいBerryzかけたけど、どうする?あんたとしては、やっぱりモー娘。なわけ?それともなに?

(柳原可奈子)うーん・・・

(マツコ・デラックス)太陽とシスコムーン、行く?

(柳原可奈子)(笑)

(マツコ・デラックス)『ガタメキラ』、行っちゃう?

(柳原可奈子)かけよっか?『ガタメキラ』。

(マツコ・デラックス)本当に!?いやいやいや!

(柳原可奈子)いや、もう黙って聞こう。『ガタメキラ』。

(マツコ・デラックス)『ガタメキラ』なの?『宇宙でLa Ta Ta』なの?

(柳原可奈子)『宇宙でLa Ta Ta』。

(マツコ・デラックス)あと、あややの『奇跡の香りダンス。』っていうのもアリよ。

(柳原可奈子)うわっ、いいね!いいね!

(マツコ・デラックス)だから、どうすんのよ!?1曲。

(柳原可奈子)だから、ちょっと待って。はい。じゃあ、マツコさん。曲振り、お願いします。

(マツコ・デラックス)決まってないじゃないのよ!

(柳原可奈子)(笑)

(マツコ・デラックス)なに?なに?・・・本当に!?

(柳原可奈子)行こう。行こ。

(曲のイントロが流れる)

(マツコ・デラックス)太陽とシスコムーンで、『宇宙でLa Ta Ta』。

(柳原可奈子)(爆笑)

(マツコ・デラックス)もう、本当!?

(柳原可奈子)柳原可奈子のワンダフルナイト、そろそろエンディングでーす。もう終わっちゃった。2週。

(マツコ・デラックス)っていうか・・・よかったの?

(柳原可奈子)ぜんぜんいい。ぜんぜんいい。ありがとうございました(笑)。

(マツコ・デラックス)本当に?『宇宙でLa Ta Ta』でよかったの?

(柳原可奈子)(笑)。最後でね、後浦なつみと迷ったんだけど(笑)。

(マツコ・デラックス)迷ったんだけど。だからあんたさ、そういうさ、なんか本筋じゃないところばっかり!なんかGAMとか、そんなのばっかり出してくるでしょ?あんた!

(柳原可奈子)(笑)。好きなんだもん。なんか。路地裏中の路地裏が。

(マツコ・デラックス)だからつんくさん、路地裏じゃないって言ってんじゃん!路地裏はシャ乱Q時代って言ってんじゃないの!

(柳原可奈子)ごめんごめん!読解力がなかった。あー、もうやだ!もうちょっと、本当、あと2週ぐらい来てよー。

(マツコ・デラックス)また呼びなさいよ。アンジュルムがちょっと定着したところでさ。反省会も開かなきゃいけないし。

(柳原可奈子)まだほら、(モーニング娘。)’15の話もしたいし。

(マツコ・デラックス)またあの、活動休止したBerryzの歌、一緒に歌わなきゃいけないし。

(柳原可奈子)一緒に歌いたいし(笑)。まだほら、Juice=Juiceの話もしてないし。

(マツコ・デラックス)あっ、Juice=Juice!ぜんぜん触れてねーじゃん!

(柳原可奈子)そうだよ!マツコさん。Juice=Juice。

(マツコ・デラックス)あと、カントリーガールズ問題っていうのもありだよ。

(柳原可奈子)そうだよ、そうだよ。ももち。

(マツコ・デラックス)あとあの、まだ名前が・・・この時点ではもう決まっているかもしれないけど。収録時は決まっていない新グループね。

(柳原可奈子)そうだ。浜ちゃん。

(マツコ・デラックス)問題もあるし。まあ、問題って言ったって、なにも語れないわよ。まだ、なにもやってないんだから。

(柳原可奈子)(笑)。そうだー。名前ね。

(マツコ・デラックス)いろいろだからほら、半年後ぐらいにはまた、進展があるかもしんないから。

(柳原可奈子)ほら、たぶん見に行くしさ。Berryzも。

(マツコ・デラックス)行っちゃう。またあたし、倒れるんじゃない?

(柳原可奈子)大丈夫(笑)。そん時はね、大丈夫だよ、きっと。

(マツコ・デラックス)誰が足つるのかしら?今度。

(柳原可奈子)いやだ(笑)。

(マツコ・デラックス)もう、あたし30分こむら返りだからね。あん時、もう。

(柳原可奈子)本当。本当、ぜひまた・・・

(マツコ・デラックス)終わり!?

(柳原可奈子)そう、ごめんね。

(マツコ・デラックス)ダメだよ!

(柳原可奈子)いや、超楽しかった。本当にありがとう。

(マツコ・デラックス)もう1回、あそこのカフェからカフェラテ持ってきてもらって、やろうよ!

(柳原可奈子)(笑)。やろう!やろう!本当にやりたい!

(マツコ・デラックス)じゃあちょっと、半年後ぐらい?

(柳原可奈子)うん、うん。ぜひ、お待ちしてます。

(マツコ・デラックス)まあ・・・よろしく。

(柳原可奈子)よろしく。ありがとうございました。ぜんぜん話し足りないね。

(マツコ・デラックス)足りないよ。やっぱり。勝田問題だけで5時間は話せるからね。

(柳原可奈子)(爆笑)。勝田問題ね!勝田ありがとう問題だもんね。

(マツコ・デラックス)そうだよ。勝田ありがとうだもん。

(柳原可奈子)じゃあね!みんな、バイバーイ!

(マツコ・デラックス)ええっ!?

(柳原可奈子)(笑)

<書き起こしおわり>
https://miyearnzzlabo.com/archives/23401

タイトルとURLをコピーしました