町山智浩・山里亮太『マタンゴ』を語り合う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

町山智浩さんと山里亮太さんがTBSラジオ『たまむすび』で本多猪四郎監督の映画『マタンゴ』について話し合っていました。


(赤江珠緒)先週ね、切通理作さんとのトークイベント、どうでした?盛り上がりましたか?

(町山智浩)はい。あの、立ち見も出まして。本当、ありがとうございました。みなさん、どうもでした。

(山里亮太)町山さん、先週ね、ご紹介いただいたじゃないですか。本多猪四郎監督の話。

(町山智浩)はいはい。

(山里亮太)あの日の帰り道に、もう『マタンゴ』を買って帰りましてね。見ましたよ。

(町山智浩)(笑)。ありがとうございます。

(山里亮太)まー、たしかに水野久美さん。いやらしかったですねー!

(町山智浩)ねえ。でも、あれを小学校の時に親と一緒に見た気分っていうのはね、ちょっと説明できないですね。

(赤江珠緒)(笑)

(山里亮太)たしかに(笑)。

(赤江珠緒)なるほどー。

(山里亮太)あのキノコをカプッとね、先っぽをかじる感じ。いま見ても、すげー面白かったです。

(町山智浩)ねえ。だから、あれを見てからスーパーマリオをやると、すごい別の気分になりますね。

(赤江珠緒)(笑)。ちょっと待って。スーパーマリオに持っていかれるとは、びっくりしましたね。

(町山智浩)いや、おんなじもんですよ。メタファーですから。

(山里亮太)あれを表現してるんですね。あれをイメージして。

(赤江珠緒)でも、無人島で遭難した時の極限状態の人間心理みたいなね。表してね。

(町山智浩)あれも深い意味があるんでね。あのトークイベントで話したんですけど。今度、本にしますから読んでください。

(山里亮太)あ、読みます。

(赤江珠緒)わかりましたー。

(山里亮太)最後のメッセージの重さとかね、すごかったですけど。

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事