EGOが宇多丸に語る TOKYO TRIBE 染谷将太ラップ指導の舞台裏

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

TBSラジオ『タマフル』にZEEBRAさんとEGOさんが出演。園子温監督の映画『TOKYO TRIBE』でラップ指導をつとめたEGOさんが、宇多丸さんにその裏話を話していました。

(宇多丸)ちなみにいま、SIMONっていう名前が出たからあれだけど。EGOくんって言えば、この番組ね、リスナーそんなにHIPHOPヘッズとかばっかりじゃないからさ。どっちかっていうと映画ヘッズとかが多いわけなんだけど。には、いまタイムリーな話題として、園子温監督の『TOKYO TRIBE』でラップ指導をやってるんだよね。SIMONくんと一緒に。

TOKYO TRIBE

(ZEEBRA)そうだね。本人も出演もしてるし。

(宇多丸)どうでした?ラップ指導。

(EGO)そうですね。自分、染谷将太のMC SHOWを全部やらせてもらったんですけど。まあ、教える立場だったんすけど、教わることの方が多かったな、みたいな。

(宇多丸)ああ、そう。たとえば?

(EGO)役者の本当、プロ意識だったりとか。もうド素人なはずなのに、短期間であそこまで持っていくか!?みたいな。

(宇多丸)そうなんだよ。これね、TOKYO TRIBEに関してはね、作品全体の評価はね、映画評コーナーもあるから、あえてそこは伏せておきますよ。僕も見てるけど。まあ、どう言うかは伏せておくけど、でもそのまず、染谷くんのラップ。いきなり最初に出てくるじゃない。『えっ、イケてるんだけど・・・』っていう。普通にかっこいいんだけど・・・みたいな。だからEGOくんだって聞いて、ああ!っていう。思いました。

(EGO)そうっすね。まあこっちもかなり難しいラップを提示して。

(宇多丸)そう。普通に今っぽいフロウのラップだから。わかりやすくさ、それこそ俺ら世代とかのわかりやすく整理されたラップじゃないじゃん。だから、『あっ、乗れてんじゃん。ぜんぜん』みたいな。たたずまいもいいし。

(EGO)たたずまいも全部教えました。

(宇多丸)あ、そうなんだ!たたずまい。ラッパーっぽいたたずまい。

(EGO)で、会った初日に、『普通にラップできるようになってもらいたいんじゃなくて、もう世界の誰が聞いてもかっこいいようなものをやってもらわないと困る!』みたいなことを言ってプレッシャーかけて(笑)。

(ZEEBRA)ハードル、高っ!

(宇多丸)でも、これこの映画のキモだと思うしさ。そこダサかったら、要するに一瞬目でアウトじゃん。

(EGO)そうっすね。実際、そのまあ、海外の映画祭も決まっていたんで。最初から。もう、そこで・・・

(宇多丸)そこで自分が指導したのがダサい、ワックだって言われたら、ちょっとね。

(EGO)それはもう困るぜ!っていう感じでプレッシャーをかけて。でも本人は、結構HIPHOP好きで。染谷くん、PUNPEEとか、Sick Teamとか好きだって。

(宇多丸)THE OTOGIBANASHI’Sとかと仲がいいって聞くもんね。

(EGO)ああ、そうっす。

(ZEEBRA)ほうほうほう。

(宇多丸)だからまあ、世代的にもそこは自然にできたりもするんだろうけど。に、しても。

(EGO)に、してもすごいっす。

(宇多丸)やっぱりEGOくんの教え方と、やっぱり基本の、骨格がちゃんとしてるのがあると思うけどね。それね。

(ZEEBRA)あのね、それこそね、ウチのレーベルにね、高校生ラップ選手権のね、覇者のT-Pablowっていうのと、YZERRっていう双子がいるんだけどね。

(宇多丸)この間、初めて会ったよ。

(ZEEBRA)そうそうそう。あいつらのね、レコーディングなんかもいろいろ教えてくれたりとかして。

(宇多丸)ああ、そう。だからやっぱりアルバムすでにさ、この前に3枚出している、一種ベテランとして、ちょっとレーベル牽引役っていうか、フラッグシップっつーか。

(ZEEBRA)そうそうそう。お兄さん役としてね、素晴らしいですよ。

(宇多丸)たのもしい人、連れて来ちゃったね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする