町山智浩 トランプ政権の閣僚の顔ぶれと選考基準を語る

シェアする

町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で大統領就任式を目前に控えたドナルド・トランプの政権の閣僚の顔ぶれについてトーク。閣僚に選ばれた人々の選考基準について話していました。



(町山智浩)僕、今週末。金曜日に首都ワシントンでのドナルド・トランプ次期大統領の就任式の取材に行くんですよ。ずーっと外でやっているんですよね。その時期のワシントンってものすごく寒いんですよ。いま。でも、ほとんどが外なんで。パレードもそうだし、就任の宣誓式もそうだし。その前後のいろんなイベントが全部外なんで、ずーっと外にいることになるんですよね。

(赤江珠緒)何十万人と人が集まってくるでしょう?

(町山智浩)えっ? 何百(万人)ですよ。

(赤江珠緒)何百ですか。

(町山智浩)何百です。大変な数になりそうなんですけども。いままでと違って、大統領を支持する人だけじゃなくて、支持しない人たちも来ることになっているんで(笑)。

(山里亮太)だって支持率、めちゃくちゃ低いですもんね。

(町山智浩)そうなんですよ。37%から40%ぐらいらしいんですね。いまね。で、これは前代未聞らしいんですよ。就任式の直前にこれだけ支持率が低いっていうのは。で、この間、オバマ大統領が退任しましたけども、退任直前の1月9日ぐらいにAP通信がアメリカ中でオバマ大統領の支持率を調べたら、57%でした。これから大統領になるトランプが37とか8とか言っているのに、オバマ大統領はもう辞めるのに57%なんですよ(笑)。

(赤江珠緒)そうなんですね。

(町山智浩)これはかなり大変な事態になっていますね。アメリカね。

(赤江珠緒)普通はお祝いムードというかね、ご祝儀的にもうちょっと数字も上がりますもんね。

前代未聞の支持率の低さ

(町山智浩)そうですね。やっぱり民意が選んだっていう風に数字ではっきり言えないんですよね。37%だとね。実際に得票数も低かったですから。いままでの大統領選だったら負けていた得票数なんでね、非常に民意かどうかってことでモメてますけどね。ただ、もう動いちゃっているんで。トランプ政権の閣僚の指名がかなり進んでいますけども。そのね、閣僚の選び方がすごく面白いんで、その話をしたいと思うんですよ。トランプがまず閣僚でいちばん大事な、日本で言うと外務大臣にあたる国務長官に選んだ人はですね、レックス・ティラーソンっていう人なんですが。この人は世界最大の石油会社エクソン・モービルのCEOなんですね。社主ですね。

(赤江珠緒)うんうん。

(町山智浩)それだけならいいんですけど、この人はロシアと合弁企業を立ち上げたりしている人なんですよ。

(山里亮太)と、なると……外務大臣がそれをやるとなると、ロシアとの関係を一気に詰めていくっていうことですか?

(町山智浩)そうなんですよ。だからロシアはね、トランプのためにアメリカのハッキングをしたとかね、トランプのエロビデオを持って脅しているとかっていう噂もありますけど(笑)。

(赤江珠緒)ありますね、いまね。

(町山智浩)そうなんですよ。なんかおしっこプレイをコールガールにさせたっていう……まあ、それは本当かどうかわからないんですけどね。ただ、ロシアとの関係は非常に親密でトランプ自身が「ロシアとの関係がよくなって悪いのか?」って記者会見で開き直りましたからね。「いいことだ!」ってはっきりと言いましたからね。だからまあ、いまアメリカは本当に戦後ロシアと1940年代からずっと対立してきているのを大きく変わりつつあるので。世界戦略地図がすごく変わっている状態ですね。現在ね。

(赤江珠緒)ねえ。

(町山智浩)で、やっぱりロシアに対して怖いということで、ずっとヨーロッパを守るためにNATO(北太平洋条約機構)っていうのがあったんですね。ずっと、ヨーロッパを守るアメリカと一緒の軍事同盟ですけども。それをもうなくすってトランプは言っているんですよ。で、これでどうなるか?っていうと、「ロシアに対してアメリカがヨーロッパを守らない」って言っているわけですよね。

(赤江珠緒)うーん。

(町山智浩)これは大変な事態になりつつあると思いますね。

(赤江珠緒)しかも、外務大臣が自分の会社のことも考えざるをえないぐらい大きな会社ですからね。

(町山智浩)そう。だから、一応そこからは手を引くって言っているんですけど、でもやっぱり大株主なんですよ。いまの国務長官はエクソン・モービルの。だから結局、「手を引く」と言ったところで自分の会社ですからね。エクソン・モービルがシベリアとか樺太で石油会社をロシアと共同経営しているんでね。

(山里亮太)もうがっちりつながっているんだ。ロシアと。

(町山智浩)この人はロシアと対立できるわけないですよね。だから彼自身、エクソン・モービルの最大の株主なんですから。

(山里亮太)絶対に便宜を図るに決っているじゃないですかね。そんなの。

(町山智浩)そう。だからこれはもう、おかしいんです。で、今回、トランプ政権の閣僚に指名された人たちはみんなね、「これ、おかしいんじゃないの?」っていう人がすごく多くて面白いんですけど。たとえば、リック・ペリーさんっていう前のテキサス州知事の人をエネルギー省の長官にしたんですよ。で、このリック・ペリーさんという人は前に大統領選の予備選に出た時に、「エネルギー省をなくす」って言っていた人なんですよ。

(山里亮太)えっ? 真逆の人?

(町山智浩)「エネルギー省を廃止する」って言った人をエネルギー省の長官に指名したんですよ。トランプさんは。すごく面白いのはこのリック・ペリーっていう人が「エネルギー省をなくす」って言った理由は、「エネルギー省はエネルギーを増やしたり開発したりすることを全然していないから、意味がない。だからやめるべきだ」って言ったんですよ。でも、アメリカのエネルギー省はそれが仕事じゃないんです。

(山里亮太)あ、その省の仕事すらちゃんと理解できていないんだ。

(町山智浩)そうなんです。アメリカのエネルギー省の仕事は要するに原子炉とかに使う核燃料の管理なんですよ。いちばん大事な仕事は。それが民間に出回ったり、外部に出たりしないように徹底的に管理することがエネルギー省の仕事なんですけど、それを知らないで「廃止すべきだ」って言ったリック・ペリーが長官になりました。はい(笑)。

(山里亮太)ええっ? 「エネルギー」っていう単語だけで「こんな仕事してるんだろ?」って予想していたんだ。

(町山智浩)だから、勉強してなかったんですね。

(赤江珠緒)究極のデタラメみたいな感じになっていますけども。

(町山智浩)あのね、トランプの閣僚は全部そんな感じなんですよ。たとえばですけど、環境保護庁の長官にオクラホマ州の検事総長だったスコット・プルイットっていう人を選んだんですね。このスコット・プルイットさんはいままで何度も環境保護庁に対して裁判を挑んでいた人なんですよ。

(山里亮太)えっ、どういう裁判ですか?

(町山智浩)環境保護庁は大気汚染とか水質汚染を理由に、いろんな企業……工業とかの規制をしていたんですね。排気ガスとか排水とかの規制をしていたんですが、それが企業に対する妨害であるということで、何度も裁判で訴えているんですよ。この人は。

(赤江珠緒)えっ? じゃあなに、環境保護の観点では動かないっていうこと?

(町山智浩)環境保護庁そのものに対して、それを廃止すべきだとまで言っていた人を環境保護庁の長官にしたんです。今回、トランプ政権は。

(山里亮太)じゃあ、あまり機能しないようにしていこうっていう?

(町山智浩)たぶんそうですよね。環境保護庁の仕事自体を減らしていく方向に行くでしょうね。で、もうひとつですけど、労働長官……これは労働基準法を守らせて、最低賃金とかを上げていったりする仕事ですよね? その仕事に選ばれた人は、アンドリュー・パズダーっていう人なんですが。この人はハンバーガーのファーストフードチェーン、ありますよね? カールスジュニアっていうのの経営者なんですよ。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)最も安い賃金で労働者をこき使っている人なんですよ(笑)。

(山里亮太)へー。じゃあ最低賃金の引き上げとかに対しては反対派の?

(町山智浩)最低賃金に対しては徹底的に反対せざるをえない人ですよ。だって、自分の会社の利益が下がっちゃうんだもん。

(山里亮太)それを、賃金を引き上げるところの?

(町山智浩)その人をトランプは労働長官にしたんですよ。

(赤江珠緒)えっ? アメリカの人たちは、「よりによってこの人?」みたいなのを次々発表されているという?

(町山智浩)だから最もそれぞれの省庁の業務に反対している人だけを選んでいるんですよ。

(山里亮太)それはもう、意図的にですよね? なんか意味があるんですか?

(町山智浩)完全に意図的になんですよ。だからこれは、要するに共和党の持っているイデオロギーである「政府を小さくする。政府の仕事をどんどん小さくして、政府の企業に対する規制を減らしていく」というのが彼らのポリシーなので、政府自体の各省庁の仕事をどんどん減らしていく人を選んでいるんですよ。

(山里亮太)はー! 普通だったらもっと段階を経て、ちょっとずつやっていくところを一気にボン! となくす人事にしているんですね。じゃあ。

(町山智浩)そうなんですよ。徹底的にその省庁自体の廃止を訴えている人をその省庁の長官にするっていう形を今回、とっています。たとえば、これすごいことになっていて。保健福祉長官……要するに、健康保険とかの長官はオバマケア、公的医療保険の撤廃を掲げていたトム・プライス下院議員なんですよ。

(山里亮太)そうか。オバマケアをやめちゃうって言ってましたもんね。

(町山智浩)だから、保健福祉長官に「保健福祉をやめる」って言っている人を指名しています。

(赤江珠緒)反対に、逆張りにしてきた。

(町山智浩)そうですよ。すごいですよ。だから、もっとすごいのもありますよ。教育長官に選んだ人っていうのは女性なんですが、ベッツィー・デボスっていう人なんですね。教育長官っていうのは公立学校の運営や管理をするわけですけども、この人は公立学校を否定している人なんです。

(赤江珠緒)公立学校を否定?

(町山智浩)「私立の学校に政府がお金を援助することで、公立学校はなくてもいい」っていうことをずっと訴えている人なんですよ。その人を教育長官にしたんです。公立学校そのものに反対している人を。で、この人自身が子供を公立学校に入れてないんですよ。

(赤江珠緒)えっ、なんで? なんでそんな人を選んだんですか?

(山里亮太)その前に、なんでこの人はそんなに公立が嫌いなんだろう?

(町山智浩)まず、山ちゃんの質問から行きますと、この人が公立学校を嫌いなのは、この人がキリスト教原理主義者なんです。で、アメリカは日本もそうなんですけど。世界中の学校がそうなんですけど、公立学校では宗教を教えちゃいけないことになっているんですね。

(赤江珠緒)はー!

(町山智浩)それは、いろんな宗教の人がいるから、国が押しつけちゃいけないわけですよ。だからキリスト教的なことは一切語られないんですよ。学校の中では。それでは、子供がダメになるから、私立だったらキリスト教学校が許されるわけなので、そっちの方に政府がお金を入れるという形でキリスト教的な教育を復活させようっていうことを訴えている人なんですよ。

(山里亮太)偏っているな……

(町山智浩)で、この人を教育長官にしたんで、大変な事態になるんですが。なぜ、この人が教育長官になったか?っていうと、いますごくモメているのはこの人はあのアムウェイの創立者の息子の嫁さんなんですよ。

(山里亮太)超お金持ち。

(町山智浩)莫大なお金があるんですよ。で、かなりお金を寄付その他で動かしていたことがすでにわかっています。この人自身の資産は51億ドルとかとんでもない金額なんですね。

(山里亮太)それで? お金で役職が?

(町山智浩)まあ、とにかくすごいロビー活動をしていた人ですね。で、あと中小企業を推進するための中小企業長官っていうのに選ばれた人は、プロレスのWWEを夫婦で経営していた(ビンス・マクマホンの)奥さんの方のリンダ・マクマホンっていう人を選んだんですね。この中小企業庁っていうのは、アメリカは大企業ばっかりですから中小企業を守るための省庁なんですけども。WWEっていうプロレス団体はアメリカ最大のプロレスの、一種のコングロマリットと言っていい大企業なんですよ。

ドナルド・トランプとWWE

プチ鹿島 ドナルド・トランプがWWEプロレスで学んだことを語る
プチ鹿島さんがTBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』の中で、ドナルド・トランプ氏についてトーク。トランプ氏が2007年にアメリカのプロレス団体WWEに参戦し、ビンス・マクマホンC...

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)中小企業じゃないんです。で、数々の小さい中小プロレス団体を潰してきたんですよ。このリンダ・マクマホンさんは。昔、アメリカにはたくさんプロレス団体があったんですよ。この人が全部潰したんですよ。引き抜きとか、いろんなことをやって。もうWWEしか残っていない状態ですよね。

(山里亮太)独占したんだ。

(町山智浩)独占したんですよ。それも、お金とかいろんなので引き抜きとかで。で、その人を……要するに、中小企業潰しのプロを中小企業を守る中小企業長官にしたんですよ。

(山里亮太)いや、本当にだから全否定するための布陣なんだ。前政権を。

(町山智浩)これがトランプ政権なんで、これはすごいSFのような状況になっていますけども。

(山里亮太)アメリカ、めちゃくちゃになっちゃうんじゃない?

いちばんモメている閣僚候補

(町山智浩)そう。で、いまいちばんモメているっていうか、非常にみんな怒っているのは憲法を守るための司法長官に指名した人が、ジェフ・セッションズっていう人なんですよ。で、この人は南部アラバマ州のセルマ出身の人なんですね。アラバマ州セルマっていうのは、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアが公民権運動のために戦った場所なんですよ。

町山智浩 キング牧師を描く映画『グローリー/明日への行進』を語る
町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中でマーティン・ルーサー・キング牧師の誹謗力闘争と血の日曜日事件を描いた映画『グローリー/明日への行進(原題:Selma)』を紹介していま...

(山里亮太)はい。

(町山智浩)で、このジェフ・セッションズという司法長官に指名された人は、徹底的なアメリカの黒人の地位を向上させる公民権運動に反対してきた人なんですよ。ずーっと反対してきた人なんですよ。

(赤江珠緒)うわー……

(町山智浩)たとえば、今度日本で『ラビング 愛という名前のふたり』っていう映画が公開されるんですけど、その映画で1960年代まで南部各州では黒人と白人の結婚が法律で禁じられていたんですね。で、黒人と白人が結婚したりすると、黒人の方だけが刑務所にブチこまれるっていう状況がずーっと続いていたんですよ。60年代まで。で、それが憲法違反だということで、異人種間結婚が許されるようになったんだけど、その異人種間結婚に対して反対したのがこのジェフ・セッションズさんなんですよ。

(赤江珠緒)え、ええっ……反対した?

(町山智浩)反対していた人です。この人。で、公民権運動に反対するだけじゃなくて、黒人の地位向上に味方する白人の弁護士のことを「白人の裏切り者」と呼んだこともありますね。で、その後に、1986年にこの人はレーガン大統領に最高裁の判事に指名されたことがあるんですが、過去に差別的なことをしていたことがバレて、公聴会で徹底的に糾弾されて結局指名されなかった人なんですよ。

(山里亮太)じゃあ、もうダメな……

(町山智浩)承認されなかった。すでにその結果が出ていて、しかもその後に上院議員になったんですけど……彼は南部では人気があるんでね。上院議員になった後も、たとえばオバマ大統領がやった不法移民に対して市民権を獲得させる法律にも反対していて。あと、オバマ大統領がヒスパニックのソトマイヨールさんっていう女性を最高裁判事に任命した時も、それにも反対して。あと、刑務所での拷問を禁止する法律に対しても反対しているんですよ。あと、貧困家庭への食費援助の削減には賛成しています。

(山里亮太)うわー、むちゃくちゃだ……

(町山智浩)徹底的に人権弾圧の人をトランプは司法長官に選んでいます。法律を守る、憲法を守る、人権を守るべき司法長官にこの人、ジェフ・セッションズを選んでいるんですよ。

(赤江珠緒)いや、この人選ったらね……

(町山智浩)この人選はわざと嫌がらせをしようとしているのかな?っていうね。面白いぐらい、すごいですね。

(赤江珠緒)あと、みなさんすごくお金持ちって聞きましたけども。

(町山智浩)ものすごいお金持ちですよ。もう全員の資産を足すと、100億ドルを軽く超えると言われてますね。今回の閣僚の人たちはね。

(赤江珠緒)だからすごい、トランプさんの仲間みたいな人が集まるんですね。

(町山智浩)そうなんですよ。だから財務長官のゴールドマン・サックスのスティーブン・ムニューチンっていう人にしたんですね。財務長官っていうのはウォール街を見張るべき人なんですよ。ウォール街を見張る仕事をウォール街のOBにやらせるんですよ。でも、ブッシュ政権の時もそうしていたんですけど、どうなったか?っていうと2008年の金融危機っていうのはそれで起こっちゃったんですよ。

(赤江珠緒)ふーん!

(町山智浩)つまり、泥棒に刑務所の管理をさせるみたいなことだったんでね。泥棒に警察官をさせたみたいな感じだったんですよ。だから、金融が暴走してウォール街が2008年の金融危機を引き起こしたんで。それで、オバマ政権はそれを管理するために、そういう人を財務官僚にしなかったんですよ。ところが、またそういう人が財務官僚になったんで、また暴走が始まると思うんですが。いちばんの問題は、トランプが予備選の間からずっと選挙中、ゴールドマン・サックスを敵扱いしていて。ウォール街をを敵扱いして。金持ちを「エスタブリッシュメント(既得権者)」と呼んで……「ヒラリーは既得権者だ。ヒラリーはウォール街の仲間だ。ヒラリーはゴールドマン・サックスからお金をもらっているんだ」と言って徹底的に叩いたんですね。他の共和党の立候補者も含めて。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)で、「私はウォール街と戦うんだ。エスタブリッシュメントと戦うんだ。既得権者と戦うんだ」って言っていたのに、閣僚は全部既得権者なんですよ。

(山里亮太)うーわ! 「騙された!」ってなっているんでしょうね。

閣僚が全員エスタブリッシュメント

(町山智浩)これはもう本当に騙されたっていう感じですね。本当にもう、彼に投票した人たちは「騙された!」ってここで思わないのかな? という気もしますね。はい。で、どのぐらい続くかどうかわからないですけどね。こんな状況でね。で、株価が上がったのは、要するに株価バブルみたいなものを作り出すような人選をしているからっていうこともありますけども。今後はどうなるかわからないですが、まあ確実に上がるだろうと思うのは石油価格ですね。

(山里亮太)はー、そっか。

(町山智浩)だって、エクソン・モービルの会長が国務長官をやりますから、これは上げていく方向に行くでしょうね。たぶんね。あと、環境破壊は進むでしょうね。だって、「環境保護をしない」って言っている人が環境庁の長官ですからね。

(山里亮太)じゃあ、あれとかも破棄するのかな?

(赤江珠緒)ああ、パリ協定?

(町山智浩)当然、その方向に向かっていくでしょうね。ただ、いますごく困っているのは、オバマケアをどうするか?っていうことで、共和党はオバマケアを撤廃するっていう方向に行っているんですけど、トランプはさすがにこれは止めようとしているんですよ。っていうのは、選挙中から「保険は他のいいものにするんで、健康保険を奪ったりはしませんよ」ってトランプは言っていたんですよ。それなのに、それに代わる新しい案を出さないで、共和党はもうとにかく撤廃するっていう方向に向っているんで、これはトランプさん、さすがに完全に公約違反になっちゃんで。「せめてそれに代わる案を出してからにした方がいいんじゃないか?」みたいなことで動いているんですけど、これはもう止まらない状態になっていますね。

(山里亮太)もうヤバいな、これは……

(町山智浩)これはね、ちょっとトランプと共和党がうまく噛み合っていないところなんですよ。

(山里亮太)でも、その状況で迎える就任式ってどえらいことになりそうですね。

(町山智浩)すごいことになりそうですよ。いまね、それを潰す!って言っているアナーキストみたいな人もいれば、女性たちがトランプみたいな性差別者の大統領を許せないということで、大デモンストレーションを行うって言っているんですけど、それに対して、アメリカの「バイカー」と呼ばれているオートバイに乗っている人たち、いますよね? ハーレーダビッドソンとかに乗っている。あの人たちが全米からいま、ワシントンに向って走っているんですよ。

(山里亮太)えっ、なんでですか?

(町山智浩)いや、トランプを守るために。すごいですよ、いま。何万というバイカーたちが「トランプを守るんだ!」って言ってワシントンに集中しているんですよ。いま。

(山里亮太)『マッドマックス』みたいな(笑)。

(町山智浩)『マッドマックス』みたいな人たちが。すごいことになるだろうなと僕は思っているんですけども。

(赤江珠緒)そうか。でもだから、そういう熱烈な支持者もいるんですもんね。

(町山智浩)はい。あとね、ジェフ・セッションズっていう司法長官がマリファナを徹底的に禁ずるって言っているんで、それに対抗する人たちがトランプの就任式にマリファナをバラまくっていうマリファナテロを計画してますね。

(赤江珠緒)もう、わけがわからない……

(山里亮太)でも、町山さんはそこに取材に行くわけですから。気をつけないと。

(町山智浩)もう、すごいことになるだろうなと思うんですけども。あ、そうだ。それは、言っちゃいけないんですけども、ニコ生で中継しますので(笑)。

(赤江珠緒)ああ、就任式の模様を取材されて。

(町山智浩)はい。また現場からお送りします。お楽しみに。

(山里亮太)また伝説になるんだ。いや、すごいですね。どうなっちゃうんだろう?

(赤江珠緒)たしかに、前代未聞の就任式になりそうですね。なんなんでしょう?

(町山智浩)モメてたらそっちの方に行くようにしますんで。

(赤江珠緒)(笑)。いや、気をつけてくださいよ。

(町山智浩)はい。

(赤江珠緒)ありがとうございます。今日は就任式目前ということで、トランプ次期大統領の周辺について町山さんにお話いただきました。

<書き起こしおわり>